今週日曜日、スロベニアで行われた総選挙の結果、反移民を訴える中道右派:スロベニア民主党(SDS)が第一党の得票率を獲得した。

開票結果によると全投票の内、約25%がSDSを支持しており、第二党となった中道左派「LMS党」の得票率(12.7%)を、大きく上回っている。一方、過半数の支持は得られておらず、内閣を樹立するためには、他党との連立が不可欠であるという。SDSを率いるのは同国元首相であるJanez Jansa氏であり、反移民を強く訴えているハンガリーのオルバーン・ヴィクトル首相の熱烈な支援者であることが、よく知られている。

選挙戦などを通じて、SDSは移民対策に投じられている国費を、国家の安全保障等に費やすべきであると主張、”スロベニア人の安全と幸福を最優先に考える国家を目指す!”などと、訴えてきた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.bbc.com/news/world-europe-44349007?ocid=socialflow_twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
BBC公式ツイッター
https://twitter.com/BBCWorld/status/1003338491697270784
[コメント傾向(*総コメント数)]
左右両方(*70件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
共産主義の弾圧を経験した国家は、賢い判断を下すことができる。

2.海外のパネリスト
スロベニアなんかに移民するやつはいないよ。所詮人口300万人程度の小国ではないか?むしろ、移民労働者を排出する立場だろ?クロアチアみたいにね…。

3.海外のパネリスト
素晴らしい知らせだ!他の欧州諸国も彼らに続いて欲しい!!

4.海外のパネリスト
スロベニア、スロバキア、ハンガリー、チェコ、ポーランド、イタリア、オーストリア、デンマーク…移民流入主義を止めてくれ!!!

5.海外のパネリスト
移民に反対だって?じゃあ、メラニアを引き取ってくれるのかい?

(注:トランプ米大統領の嫁メラニア夫人は、スロベニア出身。)

6.海外のパネリスト
誰か、メラニアにこのニュースを知らせてくれ!

7.海外のパネリスト
さすがに、これでEUも従来の移民政策を変更することになるだろう。私は親EU主義者であるが、この政策に関しては、以前より問題が多すぎると思っていた。

8.海外のパネリスト
悲しいことだ。「反移民政党の勝利」を知らせるニュースに、歓喜のコメントが溢れている…

9.海外のパネリスト
移民流入を議論する前に、君たちスロベニア人の(他国への)出稼ぎ移民について議論すべきでは?

10.海外のパネリスト
私はソロベニアを愛していた…大好きな国家の一つだったのに…この記事を読んで大変落ち込んでいる。スロベニアの人々は他国の人々に対しても、親切で友好的だった。どうか、あの当時を思い出して欲しい。

11.海外のパネリスト
>>10
スロベニア人は何も変わってはいないよ…今でも親切で有効的さ。

12.海外のパネリスト
今こそ欧州諸国は団結して、望まれぬ移民を食い止めるべきなんだよ。ネオ・リベラル主義者達が「奴隷的労働者」の確保を目論んでいるが、そんなくだらない目的のために、祖国の文化や風習を壊されるわけにはいかない!

13.海外のパネリスト
スロベニアのような中・東欧諸国とは違い、我々西ヨーロッパ諸国は多様性を重んじてきた。それがゆえ、彼らとは違い、多くの面で社会の質を改善することができたのである。

14.海外のパネリスト
結局「無国境主義」というものは、どの国においても、全く人気を得ることができていない。

15.海外のパネリスト
どうやら欧州諸国の中には、EUが作り出した「移民流入地獄」から、抜け出す意思を持つ国家もあるようだ。

16.海外のパネリスト
>>15
個人的意見として、EUは存続すべきだと思う。だが、その移民政策については抜本的な見直しが必要だ。

17.海外のパネリスト
近年のヨーロッパにおける選挙では、「反移民」を訴えることこそ、勝利を手にするための「必須条件」になりつつある。

18.海外のパネリスト
>>17
既存政党が、国民の声を長年無視し続けてきた「ツケ」だよ。