//----------//
2018/5/6
*18:55  Sajid Javid氏のイスラム教棄教について、情報を修正:コメントでのご指摘、ありがとうございました。
//----------//

Windrush Scandal(当ブログ記事リンク)」の余波を受け、辞任に追い込まれたAmber Rudd前内相の後任として、パキスタン系移民の出身であるSajid Javid氏(46)が任命された。内務大臣は首相、外相、そして、財務相に並ぶ、英内閣の最重要ポストであり、少数民族出身者が同役職に就任することは、英政治史上初となる。

(注:Sajid Javid氏は、イスラム家系出身であることを認めながらも、自身の宗教においては”無神論者”であるとされている。(*英メディアによって見解は分かれる。参考参考参考)「政治的配慮により棄教を演じている」とする声もある。参考

内相に任命される前日、Javid氏は「Windrush Scandal」についてコメントを発表。「この事件はとても身近に感じられます。(強制送還対象となっていた)被害者達は私の母、父、叔父…もしくは、私自身であったかもしれないのですから。」などと、述べていた。

今後、Javid氏は内務省の最高責任者として、イギリスにおける移民政策や警察機構の管理、テロ対策などの陣頭指揮を担う立場となる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.thenews.com.pk/latest/311353-new-uk-interior-minister-is-son-of-pakistani-immigrants

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英ヤフー
https://uk.news.yahoo.com/sajid-javid-announced-home-secretary-amber-rudds-resignation-091800704.html?guccounter=1
[コメント傾向]
多種多様
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。

関連記事:


//------------------//

1.海外のパネリスト
お次は英史上初のムスリム宰相誕生かな?まぁ、その時はイギリス終焉の日となるだろうけど。

2.海外のパネリスト
>>1
左翼の連中はいつも政府を非難しているが、一体何が不満なのか…こんなにも国全体が「左寄り」になってきているのに。大学は左翼の溜まり場になっているし、「政治的公平性」の概念は左翼によって広められているし、首都ロンドンには左翼市長が誕生しているし…例を挙げていったらキリがない。

3.海外のパネリスト
>>1
「小英帝国」なんざすでに崩壊しているんだよ。経済にしても年0.1%程度の成長率しかないし、自国通貨ポンドにしても、ほぼユーロの付属通貨に成り下がっている。頼みの対米輸出もトランプ政権以降、25%の下げ幅を記録し、ナイフを使った犯罪や、子供達への暴力事件も相次いでいる。イギリス人は「自分達がヨーロッパを見捨てたのだ!」と粋がっているが、ヨーロッパこそ「イギリスみたいな恥さらしと一緒に居たくない」と感じているのさ。馬鹿な差別主義者のBriexit支持者達のおかげで、英国は「*永遠に行列に並ぶ国家(standing in queues forever)」に成り下がってしまったのだよ。

(*永遠に行列に並ぶ国家(standing in queues forever):オバマ前米大統領がイギリスのEU離脱を牽制して述べた皮肉を揶揄している。列という単語はアメリカでは「line」が主に使われるが、オバマ前米大統領はイギリスを標的とした嫌味とするため、わざわざ「queues」というイギリス英語を用いている。「君たちにも理解できる言葉で言ってあげるよ」的な、多少なりとも失礼な表現になるらしい。アメリカ人の一部には、英国の英語(や発音)を馬鹿にする風潮が少なからず存在している模様。)



4.海外のパネリスト
>>3
まず第一に、「ナイフ犯罪」や「子供達への暴力」は貴方達左翼が大好きな「多文化主義」によってもたらされていることを、理解して欲しい。あと、「Briexit(EU離脱)」と「差別」を同一に捉えているけど、もともと「白人至上主義の枠組み」である「EU連合」に所属し続けることこそ、まさに「差別主義」と評されるにふさわしい行動ではないか?

5.海外のパネリスト
この人が英内相に就任したことによって、現在、イギリスが抱える約200万人もの不法移民に関する対策、及び、国境管理は、ほとんど機能しなくなるだろう。恐るべき人選ミスだ。

6.海外のパネリスト
>>5
選挙で落選させるしかないね…

7.海外のパネリスト
>>5
不法移民200万人の根拠は?ソースを示してくれよ。

8.海外のパネリスト
今のイギリスは「踏んだり蹴ったり」の状態だ。

9.海外のパネリスト
少数民族の票を目当てにわざわざここまでするかね?与党・保守党も落ちたものだ。

10.海外のパネリスト
>>9
それでも、ジェレミー・コービン率いる野党・労働党よりかは遥かにマシ。もし、彼らが政権を取ったら、年間10万人以上もの移民が押し寄せてくるだろう。そこら中、テントだらけになるぞ?

11.海外のパネリスト
英国政治家も馬鹿だよね…リーク情報で辞任に追い込まれるなんて。英国政府内の情報が筒抜け状態であることは、よく知られていることなのに。

12.海外のパネリスト
ジョークはいい加減にして欲しい。任命者であるテリーザ・メイ英首相は即刻辞任すべきだ!

13.海外のパネリスト
Sajid Javid新内相って、「EU離脱反対派(remoaner)」でしょ?こんな人達ばかりを内閣に入れて、ちゃんと仕事ができるの?

14.海外のパネリスト
てっきりムンバイ地方政府の内相かと思った…

15.海外のパネリスト
>>14
彼はパキスタン系移民出身者だよ?ムンバイはインドの都市。地理もロクに理解できていないのかい?

16.海外のパネリスト
イスラム教を捨てたと公言しているが、本当だろうか?それとも、(ロンドン市長である)サディク・カーンのように、それを演じているだけだろうか?

17.海外のパネリスト
今回の件で分かったことは、パキスタン系移民であり、かつ、父親がバス・ドライバーである人物は、政治家になれるってことだ。

(*ロンドン市長であるサディク・カーン氏、及び、Sajid Javid新内相ともに、父親がバスドライバーであり、かつパキスタン系移民出身者。)

18.海外のパネリスト
今回の決断によって、不法移民の強制送還処置は中止されるだろう。そして、自らの仲間を優遇し、我々英国民を放り捨てるのだ。もはやイギリスは引き返すことの出来ない地点に着てしまった。