//---------//
Update 2018/5/5
*12:50 一部文章の修正:Windrush世代移民→Windrush世代移民等(*Windrush世代移民以外も、英内務省による強制退去処分対象となっていた為。)
Update 2018/5/6
*9:50 一部文章の修正:ムスリム内務大臣→イスラム文化出身の内務大臣(*公には無神論者であることを公言している模様。)
//---------//

英内相Amber Rudd氏が、「特定移民(*Windrush世代移民)」を標的とした強制送還処置に関して、嘘の証言を議会で行ったため、辞任に追い込まれる事態が発生した。

(*Windrush世代移民:第二次世界大戦後、イギリスは国内の労働人口不足を補うため、アフリカ大陸やカリブ諸島、インドなどから、大量の移民を招き入れた。それらの移民達は「HMT Empire Windrush号」という船に乗って英国を訪れたことから、「Windrush generation(Windrush世代)」と呼ばれている。彼らの多くは、当時のイギリス政府から英市民権が与えられ、同国での居住を正式に許可されている。参考

この話題は、先週の金曜日、英ガーディアン紙の特集記事において、Rudd氏が「Windrush世代移民等を標的とした強制送還目標」を認識していたメモが示され、当初、同対応を「知らない」と否定していた同氏の説明に矛盾が生じていたという。一連の騒動は「*Windrush Scandal」の一部として報じられ、英メディアなどで「特定移民に対する差別行為」として、大きく取り上げられてきた。

(*Windrush Scandal:2017年11月から2018年4月にかけて、英内務省が「Windrush世代」の子孫達等を標的とし、強制送還処置を試みていた出来事等を示す。この件が公になった後、メイ英首相は、被害にあった移民グループに対して謝罪を行い、賠償を申し出ている。一方、英内務省の責任者であるAmber Rudd氏は、当初、「Windrush世代移民」等を対象とした強制送還目標を「知らなかった」と述べていたが、後に、それが嘘であると判明。大バッシングを受ける結果となり、辞任に追い込まれた。)

今回辞任することになったAmber Rudd前内相の後任には、パキスタン系移民の子孫であるSajid Javid氏が任命された。同氏はイスラム教徒としても知られており、英内閣においては史上初のイスラム文化出身の内務大臣となる。ちなみに、英首都ロンドンの市長も、同じくパキスタン系移民の子孫でムスリムのサディク・カーン氏

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.theguardian.com/politics/2018/apr/27/amber-rudd-was-told-about-migrant-removal-targets-leak-reveals
https://en.wikipedia.org/wiki/British_African-Caribbean_people#The_.22Windrush_generation.22
https://uk.news.yahoo.com/home-secretary-wants-windrush-immigrants-treated-fairly-103821089.html
https://uk.news.yahoo.com/theresa-may-accepts-amber-rudds-resignation-210800932.html
https://www.theguardian.com/politics/2018/apr/29/amber-rudd-resigns-as-home-secretary-after-windrush-scandal

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英ヤフー
https://uk.news.yahoo.com/theresa-may-accepts-amber-rudds-resignation-210800932.html
[コメント傾向]
多種多様:若干反英政府気味?
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。

*今回、ニュースの詳細が若干複雑であった為、解釈が不正確になっている部分もあるかもしれません。もし、情報に誤り等ある場合は、ご指摘いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
重要なことは、「誰が責められるべきか?」ではなく、「いかにしてこの事態を収拾するか?」ということ。誰しもが、自らの正当な市民権を脅かされるべきではない。真にこの国から追放されるべき人物は、一部の役立たずな政治家達だ。

2.海外のパネリスト
>>1
可能であれば、「追放すべき政治家」の第一候補に、”*ダイアン・アボット氏”を入れてあげてください。 

(*ダイアン・アボット氏:野党・英労働党に所属する黒人女性政治家。様々な言動で、注目や批判を多く浴びている人。「イギリスが”差別”を発明した!(the British invented racism)」などの発言で有名。)

3.海外のパネリスト
>>1
「~一部の役立たずな政治家達だ。」…「一部」どころじゃないけどねw

4.海外のパネリスト
別に「何か」を「目標」にすることくらい、当たり前でしょ?警察だって得点稼ぎのために、「目標」を定めて路駐を取り締まっているし、「英労働年金省」にしろ、社会保障制度除外者の選定を常に行っている。

5.海外のパネリスト
>>4
「目標」を作ること自体は問題ないよ。大事なことは、「標的」にすべき人物を誤らないことだ。

6.海外のパネリスト
>>4
今の英国には”誠実さ”というものが、抜け落ちてしまっている。我々庶民が混乱を味わう中で、金持ち達は、さらに私腹を肥やしているのだから。

7.海外のパネリスト
>>4
簡単な話、最初っから「知らない」なんて嘘の答弁をしなければよかったんだよ。

8.海外のパネリスト
こういう内部文章を次々に漏洩しているのは、一体誰なんだ?政府の要職についている人物なら、全てお咎め無しなのか?

9.海外のパネリスト
>>8
Windrush移民受け入れに関して、現政府を責めるのはオカシイ。彼らに英国市民権と居住許可を与えるという馬鹿げた決断を下したのは、今から数十年前の英政府である、

10.海外のパネリスト
ところで…*イヴェット・クーパーはいつになったら、シリア出身の「ヒゲを生やした自称少年達」を、自宅に招き入れるんだい?君は約束しただろ?

(*イヴェット・クーパー:イギリスの政治家。野党・英労働党所属。)

11.海外のパネリスト
>>10
そんな約束、守るわけがない。彼女はただの偽善者だよ。

12.海外のパネリスト
英メディアがまた政府を虐めてる…

13.海外のパネリスト
>>12
政府に対して肯定的な報道を、彼らが行うと思うかい?

14.海外のパネリスト
>>12
彼女は偽証した。追及を受けるにふわさしい行為をしたんだよ。

15.海外のパネリスト
パキスタン・バングラデシュ系移民による「英少女達への暴力事件」を覆い隠すため、この話題が利用されているように思える。「Windrush Scandal」なんて、あの出来事に比べれば、遥かに小さな問題なのに…

16.海外のパネリスト
議会に対して嘘をついた人間全てを英政府から追放したら、多分、誰も内閣に残らないんじゃない?

17.海外のパネリスト
>>16
それは野党・英労働党にも言えることでしょ?

18.海外のパネリスト
なんでこんな小さなミスで、いちいち大騒ぎするべきかね?間違いがあったら、それを真摯に正せばいいじゃない?今回の事案にしても、大切なことは「(Windrush世代移民達における市民権の)何が合法」で、「何が不法」であるのかという、基準をしっかり示さなかったことでしょ?辞職して何になるの?

19.海外のパネリスト
>>18
小さなミス?議会に嘘をつくことが?