日本のロボット技術開発が非常に先行している理由の一つには、少子高齢化が進む同国の現状が大きく関係している。

人口1億2000万人を有する日本は、現在、世界でも有数の高齢化社会を迎えつつある。全人口の内、およそ34%が60歳以上であり、2050年までには、この数値が50%近くにまで上昇すると考えられている。

それと同時に、子供を授かろうとしない若者達が急増していることも、事態をさらに混乱させている。一部の専門家達は、日本の若者達が「異性関係」への興味を失っていることに警鐘を鳴らす。近年発表された報告によると、30代日本人男性の内、約3割近くが「未経験」であるという。

また、ある研究グループの調査では、今後50年間で日本の人口が、現在の半数にまで減少するとの試算も出ている。それゆえ、日本政府は子育て支援の拡充など、出生率の上昇に向け、懸命な努力を行う一方、移民の受け入れに活路を見出すべきとする意見もある。ロボットなどの最新技術は、そうした少子高齢化に対処する有効な選択肢の一つだ。

現在、日本では家庭用ロボットの普及が進んでおり、2025年までには、300万台にまで家庭用ロボットが増えると見積もられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.cbsnews.com/news/robots-replacing-humans-cbsn-originals/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米CBS公式ツイッター
[コメント傾向]
中立?
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
アフリカや中東などの第三国から、沢山、移民を受け入れたら良いじゃないか?w

2.海外のパネリスト
ロボットとは、仮に愛し合ったとしても、子供は授かれないよ…

3.海外のパネリスト
人よりも、ロボットの数が多くなる時代が来るかもね…

4.海外のパネリスト
日本人は少子高齢化の対策として、高齢者の就労支援や移民の受け入れよりも、「ロボットの導入」という道を選んだわけだ…

5.海外のパネリスト
そのうち、「子供型ロボット」も誕生するのかしら?

6.海外のパネリスト
日本人の考えていることが、本当に理解できない。

7.海外のパネリスト
きっと日本人男性には「テストステロン(男性ホルモン)」が少ないんだよ。運動したら増えるらしいよ!

8.海外のパネリスト
不十分過ぎる育児支援をモット充実させて、ふざけた長時間労働の是正を行うべき!そうすれば、人々はもっと「異性関係」に興味を持ち、多くの子供を授かるようになるはず!!

9.海外のパネリスト
>>8
貴方の意見に賛成。もし、日本社会が過労死を減らし、人生の余暇を人々に与えることが出来れば…そして、日本人男性の「女性嫌悪・蔑視(misogyny)」を修正させることが出来れば…出生率は自ずと上昇するでしょう。あと、未婚女性がシングルマザーとして、安心して生きていける社会を目指すべき。

10.海外のパネリスト
欧米において、(家族や恋人よりも)自分の趣味や興味を優先する男性は、アダルト・チルドレンと評価されてしまうだろう。おそらく、日本の女性達は、そうした日本人男性達の正体を、よく見抜いているんだ。

11.海外のパネリスト
アニメと労働によって衰退する日本。

12.海外のパネリスト
中絶が多すぎるんじゃない?

13.海外のパネリスト
しょうがないな…人口減に悩む日本に、我が国の不法移民達を差し上げようじゃないか?!

14.海外のパネリスト
「救いはロボットか?」…ロボットが妊娠できるの?

15.海外のパネリスト
試しに移民を受け入れてみたら?めちゃくちゃ子供が生まれるよw

16.海外のパネリスト
私は長年サイボーグについて研究してきたが…人型ロボットの存在には正直、気持ち悪さを感じる。

17.海外のパネリスト
なんだか変な記事ね…私はロボットよりも、絶対人間の方が好き!

18.海外のパネリスト
日本は今後、「バージン島」として有名になるだろう…

19.海外のパネリスト
少子高齢化の対策?普通に男女でラブラブすればいいじゃないか?!何も難しいことなんかないだろ!?

20.海外のパネリスト
よろしければ…僕が日本人女性達のお相手になりますよ?

21.海外のパネリスト
さっき「ベクシル 2077日本鎖国」を見た…ロボットは少子高齢化の救済策にはならないと思う…

(*ベクシル 2077日本鎖国:2007年8月18日に公開された日本のCGアニメーション映画。)

22.海外のパネリスト
この話題…10年くらい前から、米メディアで繰り返し報じられてる。