(注:ニュース・コメントの内容が若干古い可能性があります。何卒ご了承ください。)

現地時間今週月曜の午後、カナダ・トロント北西部「ヤング通り」にて、車が歩行者の列に突入する事件が発生。現時点で確認されている限り、10名の死者、及び、15名の怪我人が出ている。

カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル在住のAlek Minassian容疑者(25)が、車を運転していた人物として逮捕されている。彼はこれまで、警察の監視対象にはなっていなかった。

Minassian容疑者は「ヤング通り」の歩道を車で暴走し、歩行者を跳ねたとされている。会見を行ったトロント警察本部長Mark Saunders氏は「一連の行動が慎重に計算された行為であることは、疑いようがない。(中略)本事案がテロである可能性は排除できない。現時点では、全ての選択肢が残されている。」などと語った。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/toronto-fire-says-numerous-casualties-vehicle-hits-crowd-182502742.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

今回の事件を、イスラムテロと断定している海外コメントが散見されていますが、現時点で、公式には如何なる発表もされていません。予めご了承ください。

//------------------//

1.海外のパネリスト
被害に遭われた全ての方達に、哀悼を捧げます。

2.海外のパネリスト
>>1
貴方に同意する。犠牲者、または、そのご家族の為にネットでの募金活動を行うべきだ。

3.海外のパネリスト
今回の事件に対応したトロントの救急隊員、消防士、警察官、医師、そして、看護師達に、心からの敬意を表する。

4.海外のパネリスト
>>3
このような事態を招きながら、それでも、カナダ国民は国境解放を支持するのか?

5.海外のパネリスト
>>3
ジャスティン・トルドー加首相を讃えよ!アラーは偉大なり!!(*皮肉)

6.海外のパネリスト
今のカナダ社会においては「テロが起こりうるのか?」ではなく「いつテロが起きるのか?」と、問われるべきであった。

(*おそらく、遠まわしにカナダの「移民受け入れ姿勢」を批判している。)

7.海外のパネリスト
容疑者の名前と顔写真を出せ!

8.海外のパネリスト
>>7
名前は記事に書いてあるだろ!ちゃんと読めよ!

9.海外のパネリスト
>>7
なんでろくに記事も読まずコメントするの?顔写真にしても「Youtube」で探せば、いくらでも出てくる。

10.海外のパネリスト
>>7
Alek Minassianだよ。イラン系らしい…(注:未確認情報)

11.海外のパネリスト
我々の首相(*トルドー氏)は、今どこにいるんだ?

12.海外のパネリスト
>>11
あんなヤツ、いてもいなくても一緒さ。役立たずのクソッタレ野郎だからね…

(注:トルドー加首相はリベラル・移民擁護派であり、右派系の人々からは非常に嫌われています。)

13.海外のパネリスト
>>11
そのうち、(*犠牲者への哀悼を示すため)嘘泣きをしながらテレビで演説をするだろう。

14.海外のパネリスト
容疑者についての詳細な情報が未だ公開されていない。賢明な諸君なら、それが何故か理解できるね?

(*「イスラム教徒への差別を助長しないため、容疑者がムスリムであることを隠している」と、暗に主張している。ただし、現時点で容疑者についての詳細情報は、発表されていない。)

15.海外のパネリスト
>>14
容疑者の名前は「Alek Minassian」…Minassianという名前は、アルメニア人に多い。アルメニアはキリスト教国だよ?

16.海外のパネリスト
ちょっと前なら「車の暴走」と聞いても、すぐに「事故」だと判断していた。でも今や、「車の暴走」=「テロ(故意)」と、即座に連想するようになってしまったよ…。

17.海外のパネリスト
>>16
全てのムスリム・中東移民を排除すれば、再び「車の暴走」=「事故」と判断できる時代に戻れる。

18.海外のパネリスト
>>17
今回の容疑者は白人男性ですよ?

19.海外のパネリスト
まぁ…とりあえず「*多様性は我らが力(diversity is our strength)」ってことだよね?

(*多様性は我らが力(diversity is our strength):移民擁護派の人々・政治家が好んで使う言葉であり、反移民派からは度々バカにされる表現。トルドー加首相も使用している。)