//-------//
Update 2018/4/24 19:20
一部語句を修正「カルフォルニア→カリフォルニア」:コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//-------//

先週土曜日、米ジョージア州ニューナンにて、約400名の武装警察官達による厳重な護衛のもと、小規模のネオナチ集会(*30名程)が実施された。その際、彼らに抗議するため左翼団体Antifa(*反ファシズム団体)が現れたものの顔を隠していたため、周囲を警備していた警察官により、数名が逮捕される事態となった。

(*左翼団体Antifa…近年、アメリカなどで勢力を広げる左派系抗議団体。反ファシズムを標榜しており、ネオナチのみならず、穏健右派の言論集会などにも出現、過激なデモを繰り返している。黒い衣装を身にまとい、顔を黒布で覆っている事が多い。参考参考

AR-15などを装備した武装警察は、50名ほどのAntifaメンバーに対して(*Antifaデモ参加人数自体は数百名規模と報じられている。)、顔を覆っているマスクを取るように指示、命令を拒絶した数名を逮捕したという。米ジョージア州法においては、白人至上主義団体などへの牽制として、顔を覆う行為を禁止する条項が1951年に制定されている。しかし、この法律はこれまで、ほとんど使用されたことがないという。

//------------------//
//News Info
//------------------/

https://www.yahoo.com/news/militarized-cops-tiny-georgia-neo-035904259.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

アメリカ各州においては、白人至上主義団体対策として、「顔を覆う行為」を禁じている法律が存在しているようです。米国メディア等では度々、日本の「マスク文化」を疑問視する意見が散見されていますが、このような文化的背景が、多少なりとも影響しているのかもしれません。

//------------------//
//Notification
//------------------//

現在、スマホのコメント欄において、ライブドアブログの強制広告「オーバーレイ&コメント内広告」が表示されています。ご不便をおかけしてしまい申し訳ありません。今後サーバー変更等、検討していきたいと思います。

//------------------//

1.海外のパネリスト
彼らが顔を隠しているのは、監視カメラの顔認識機能対策だろう。

2.海外のパネリスト
>>1
なぜそんな対策をする必要が…?

3.海外のパネリスト
>>1
(Antifa団体に寛容であった)オバマはもう居ない!残念だったな!!!

4.海外のパネリスト
カリフォルニア州バークレーでも、同じ法律を制定するべきだ!!!

(注:2017年、カリフォルニア州バークレーにおいて、親トランプ団体(右派・ネオナチ)と反トランプ団体(左派・Antifa)が、断続的に衝突を繰り返す自体が発生した。参考

5.海外のパネリスト
>>4
カリフォルニアでは無理だろう。

(注:カリフォルニア州は、米民主党の大票田であり、リベラルの牙城といわれている。)

6.海外のパネリスト
>>4
もうあるよ?

7.海外のパネリスト
素晴らしい対応だ!法律は平等に適用されねばならない!!

8.海外のパネリスト
法律が存在している以上、賛同するしないにかかわらず、それに従うべき。私はリベラルであるが、如何なる団体・人物も法律を無視することは、決して許されるべきことではないと思う。なぜなら、これらの法律こそ、アメリカをアメリカたらしめている存在なのだから。

9.海外のパネリスト
>>8
アリゾナ州には「ロバをバスタブで寝かせてはいけない。」という、謎すぎる法律があるよ。

(*実話だそうです…)

10.海外のパネリスト
基本的に、アメリカの各州には「顔を覆う行為」を禁止する法律が存在している。これは60~70年代に白人至上主義団体対策を目的として制定されたものであるが、これまでAntifa団体へは適用されてこなかった。

11.海外のパネリスト
とても喜ばしいニュースだ!左翼が弾圧される話題はいつでも大歓迎だよ。

12.海外のパネリスト
>>11
ネット上で「匿名」という名の「マスク」を被るネオナチ支持者…

13.海外のパネリスト
自らの素性を明かして集会を行っている人々と、自らの素性を隠して過激な抗議を行う人々…どちらが社会的により危険な存在であるかは、至極明白である。

14.海外のパネリスト
>>13
ハロウィーンの時はどうしたらいいの?

15.海外のパネリスト
>>13
Antifa団体なんかに所属していることが職場に知れたら、仕事を続けられなくなるからね。素性を隠さざるを得ないんだよ。

16.海外のパネリスト
我々には「言論の自由」がある。しかし、「顔を隠して過激な行動」を行う自由は与えられていない。

17.海外のパネリスト
Antifaの人達って、マスク無しでは抗議できないのかね?

18.海外のパネリスト
私の街:ルイジアナ州ニューオーリンズでは、「ハロウィーン」と「マルディグラ(*キリスト教祝賀祭)」を除いて、「顔を覆う行為」全般が禁止されている。「顔を覆う行為」は犯罪を促進しかねない。決まりは決まり。しっかりと守られるべきだ。