米フロリダ州ジャクソンビルのマクドナルドにて、従業員が態度の悪い客を平手打ちする出来事が発生、この状況は動画に撮られており、ネット上に拡散している。

出来事を目撃した人物の証言によれば、最初に客が従業員に対してコーヒーカップを投げつけ、口論が始まったとされる。

動画の中で、従業員は「私にコーヒーを投げつけたわね!?」などと、叫びながら客に殴りかかっている。

殴られた客は、メディアの取材に答え、次のようなコメントを残した。

「言葉になりません。(従業員の行動に)大変驚かされました。この対応はプロとして失格です。例え、事前に何があったとしても(*コーヒーを投げつけられたとしても)、このような行動は避けられねばなりません。彼らの仕事は客商売なのですから、客を殴りつけるべきではないのです。彼らは会社の顔です。こんなことは馬鹿げています。」

本事案についてマクドナルド社に問い合わせをしているが、現時点で返答はない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.kiro7.com/news/trending-now/mcdonalds-employee-in-florida-slaps-customer/731694301

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
http://boards.4chan.org/news/thread/245429
[コメント傾向]
政治版
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
最低賃金で働かされ、かつ、熱々のコーヒーを投げつけられてもなお、プロとして最高の仕事をしろと?なんなんだコイツ(客)は?

2.海外のパネリスト
>>1
時給が低いからといって、プロとしての矜持を失ってよい訳ではない。どこにだって酷い奴はいる。客だけではなく、同僚の中にだって…。そういった連中に対しても、最適な対応ができるスキルは絶対に必要だ。いちいち殴りかかってては生きていけない。

3.海外のパネリスト
>>2
ちょっと待て。君は熱々のコーヒーを投げつけられた経験はあるのか?試しに一度、自分で浴びてみろよ?

4.海外のパネリスト
>>2
裏拳を食らわせてやることこそ、こういう腐った客に対する最適な対応なのさ。

5.海外のパネリスト
>>2
「塩抜きポテト」を頼んでくるレベルなら「酷い客」で済むけど…今回は身体的な被害を受けているわけだし…

6.海外のパネリスト
>>2
俺は年収1000万を稼いでいるが、もし誰かが俺の顔にコーヒーを投げつけてきたら、回し蹴りを食らわせてやる。

7.海外のパネリスト
仕事ってのはそういうもの。だからこそ金をもらっている。嫌ならやめればいいだけ。

8.海外のパネリスト
>>7
彼らの仕事は給仕をすることであって、馬鹿にされたり、虐げられたりすることではない。

9.海外のパネリスト
素晴らしい従業員だ!飲食業に携わった人間なら、一度は夢見た対応である!”顧客第一主義”などクソくらえ!

10.海外のパネリスト
フロリダね…まぁ、こういうことが起こっても不思議じゃない。とりあえず、ファーストフード店員を見下すような奴は、殴られて当然だよ。

11.海外のパネリスト
こんな奴…”客”と呼ぶべきじゃない。

12.海外のパネリスト
まったく、黒人ってのは自制ってものを知らない…

13.海外のパネリスト
>>12
じゃあアンタは、火傷するような温度のコーヒーを顔に投げつけられても、我慢できるんだな?

14.海外のパネリスト
アメリカのサービス業って、いつも問題ばかり起こすよね…何故なんだろう…

15.海外のパネリスト
熱いコーヒーを他者の顔に投げつければ、通常、平手打ちじゃ済まないくらいの法的代償が求められる。これを理解できない奴は、ただの馬鹿。

16.海外のパネリスト
殴られるべき人間が殴られただけ。

17.海外のパネリスト
基本的人権の中には、正当防衛も含まれる。仕事中であろうがなかろうが、この権利は消失しない。

18.海外のパネリスト
>>17
今回の件は「正当防衛」とはいえないだろう。むしろ「報復」と判断されるべきものだ。家に押し入ろうとしている強盗を撃つことは「正当防衛」であるが、逃げようとしている強盗を撃つことは「正当防衛」にはならない。