今週日曜日、ハンガリー首相であるオルバーン・ヴィクトル氏が、同国テレビ局「Echo TV」の番組に出演し、”一度移民国家になってしまえば、引き返すことはできない。”との危機感を示した。ハンガリーでは、今月8日に総選挙が行われる予定。

オルバーン首相は同番組内にて、ハンガリー国内の左翼政党が移民支援を行う国際的なネットワークやメディアと結託していると批判。その上で次のように語った。

”西ヨーロッパにおいては移民に関する報道が検閲を受けている。この問題は往々にして無視され、誤魔化され、そして、改竄されている。”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/04/hungarys-prime-minister-we-must-avoid-becoming-an-immigrant-country/#.WsI4Vm81K-s.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VOE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/980808104148455425
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
自由主義社会の政治家における唯一の常識人。

2.海外のパネリスト
彼はヨーロッパが抱える問題を、正確に理解している。

3.海外のパネリスト
さて…(移住に備えて)ハンガリーの物価を調べておくか。

4.海外のパネリスト
>>3
まて、早まるな!船はまだ沈んじゃいない。人々は目覚めるさ…必ず。

5.海外のパネリスト
ヨーロッパに残された数少ない本物のリーダーである。EUの独裁者達から迫害を受ける彼に、神の祝福があることを祈る。

6.海外のパネリスト
聞いたか*レオ・バラッカー首相?アイルランドは決して、移民国家などになってはいけないんだ!私達はスウェーデンやドイツ、イギリスのようにはなりたくない!

(*レオ・バラッカー:アイルランドの首相)

7.海外のパネリスト
オルバーン首相よ!どうか、我らがテリーザ・メイ英首相に説教してやってください!!!

8.海外のパネリスト
かつて、ブレア(元英首相)は我々英国民の承諾を得ずに移民を受け入れた。そして今、この国は移民達によって支配され、第三世界となりつつある。

9.海外のパネリスト
ハンガリーに引っ越そうかなぁ…女性達も綺麗だし!

10.海外のパネリスト
いやいやいや…オルバーンの評価が高すぎる。ハンガリーの首都ブダペストには、4万人近いムスリム達が住んでいるし、非ハンガリー人達がここの土地や家、場合によっては村ごと買収している。オルバーンは何もしていない。

11.海外のパネリスト
”引き返すことはできない。”…イギリス人は、この言葉を痛いほど実感している。ありがとう英政府!!!

12.海外のパネリスト(風刺画)
メルケル独首相「なぜ日本ではイスラム教徒によるテロが起きないの?」
安倍首相「簡単だよ。私達は彼らを入国させていないんだ。」

13.海外のパネリスト
>>12
もう”バンザイ”としか言えないね!

14.海外のパネリスト(写真)
我々は今、我々とは異なる価値観を持つ敵と戦っている。彼らは表に出てこず、常に隠れている。彼らは正々堂々とせず、常にずる賢い。彼らは正直ではなく、常にさもしい。彼らは働かず、しかし、金勘定だけは好む。そして、彼らは自らの祖国を簡単に捨てるが、全世界の支配者を気取る。By オルバーン・ヴィクトル

15.海外のパネリスト
私達は”ヨーロッパ・ファースト”の国家になるべきなんだ!

16.海外のパネリスト
オルバーンにノーベル平和賞を贈ろう!!!

17.海外のパネリスト
移民危機は、国家を破綻させ、その文化を壊す。

18.海外のパネリスト
よくテリーザ・メイ英首相を責めている人がいるけど、前任者達に比べれば、彼女は遥かにマシさ。野党のリーダー達を見てみろ。クズばかりだぞ?

19.海外のパネリスト
どうか、貴方の理想とする国家像と国家観を維持し続けて欲しい。決してテロリスト達を入国させてはいけない。