//---------//
Update 2018/3/28
*タイトル一部削除:コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---------//

今週月曜日、アメリカ合衆国商務長官Wilbur Ross氏は、2020年度の国勢調査において国籍項目を追加すると発表した。これにより、全ての調査参加者は「正当なアメリカ市民であるか否か」を問われることになる。

これまで、国籍項目の追加に関しては様々な分野の専門家・利害関係者を巻き込み、活発な議論が繰り広げられてきた。その上で、完全、かつ、正確な地域単位の情報を収集するためには、国籍項目が不可欠であるとの判断が下された模様。

1950年以降、国勢調査からは国籍項目が削除されてきた。そのため、現在アメリカ国内における不法移民・非アメリカ市民の総数は、正しく把握されていない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/big-government/2018/03/26/big-victory-for-president-trump-commerce-department-puts-u-s-citizenship-question-back-on-census/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
正しくアメリカ市民の統計が行われれば、(不法移民が多く、かつリベラルの一大勢力地である)カリフォルニア州における大統領選挙人の数は、少なくとも20程度は減るだろう。

(注:各州から選出される大統領選挙人の数は、その州の上院と下院の議員数に等しい人数(合計535人)と決められている。上院議員は各州から2名ずつ、下院議員は州の人口に基づいて決められる。人口割合が多いほど、多くの選挙人を擁立できる。)
 
2.海外のパネリスト
>>1
これは大問題ですよ!不法移民を受け入れるような州は、大統領選挙に参加するべきではありません!

3.海外のパネリスト
ついでに、”前回の選挙に参加したか?”という質問項目も追加してほしい。結果に興味がある…

4.海外のパネリスト
いちカリフォルニア民として、今回のトランプ政権による決断を称賛する!これにより、不法移民による不正投票を無くすことができ、いずれ我が州はテキサスを超えるほどの共和党支持地域(Red state)となるだろう。

5.海外のパネリスト
>>4
意外かもしれないけど、カリフォルニアって結構保守層も多いんだよね。

6.海外のパネリスト
不法移民は”移民”ではなく、ただの”盗人”です。この事実を、リベラル達はあえて無視している。

7.海外のパネリスト
>>6
差別主義者め!!!

8.海外のパネリスト
>>7
もはや”差別主義者!”という罵りには、いかなる意味も存在しない。

9.海外のパネリスト(>>7)
>>8
もちろん知ってるよ。ただの皮肉さ。

10.海外のパネリスト
左翼達は銃購入者の身元確認を散々求めるくせに、住民達の素性を探ることには大反対するんだ。

11.海外のパネリスト
>>10
素晴らしき偽善者達よ。

12.海外のパネリスト
>>10
彼らはただの共産主義者だからね。

13.海外のパネリスト
>>10
不法侵略者達を喜んで受け入れる一方、自国民には非武装を要求する。これ以上の売国行為が存在するだろうか?

14.海外のパネリスト
こんなことしたらリベラル達がブチ切れしちゃうよ?先日の「銃規制要求デモ」とは比べものにならないほどに…

15.海外のパネリスト
>>14
「命のための行進」ならぬ「正当な国勢調査を求める行進」って感じ?

16.海外のパネリスト
「どのような人物がこの国に住んでいるのか?」それを知ることは我々の権利である。そして、誰を受け入れるかも、我々の判断で決められるべき事である。

17.海外のパネリスト
カリフォルニア州なら、国勢調査員に不法移民を任命するだろう。彼らならやりかねない。

18.海外のパネリスト
これらの調査で得られた情報は、即刻、連邦移民局に提供されるべきだ。

19.海外のパネリスト
>>18
っていうか、移民局の職員が国勢調査を実施すればいいんだよ。
 
20.海外のパネリスト
>>18
全米のウォルマートに移民局国勢調査用派出所を設置しよう!!