ドイツ警察によると、議会から出てくるメルケル首相に接近を試みたとして、アフガニスタン人の男性が拘束されたという。

当時、この男性は訳のわからない言葉を叫んでいたとされ、周囲を警戒していた私服警官により取り押さえられたという。この際、車に乗り込もうとしていたメルケル首相との距離は、6メートルほどであった。

この男性(23)は精神的疾患を抱えていたとされ、今回の行動が”宗教的”もしくは”政治的”な動機に基づくものではないとの見解を、ドイツ警察は示した。現在、この人物に対しては公務執行妨害の疑いで調査が続けられえている。

*拘束された男性を見つめるメルケル首相
1

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/03/15/watch-afghan-migrant-storms-toward-merkel-psychological-problems/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/974412122829533184
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
”精神的疾患を抱えていた”?メルケルのことかい?

2.海外のパネリスト
ドイツメディアは、移民による犯罪を隠そうとしている。米マスコミと一緒だ!!!

3.海外のパネリスト
メルケルの移民を見つめる目線が冷たすぎるw

4.海外のパネリスト
自業自得過ぎてなんとも言えん。

5.海外のパネリスト
あれだけ世話してやったのに、襲いかかってくるなんて…残念だったね。

6.海外のパネリスト
何故彼を止めたんだい?これこそ、メルケル達が求めていた多様性社会だろ?

7.海外のパネリスト
国境開放により流入した移民達が、一体どういう連中なのか…これで彼女も理解できただろう。

8.海外のパネリスト
メルケルはいいよね…自分を守ってくれる護衛がいるんだから。我々には、そんな人達どこにもいないんだよ?

9.海外のパネリスト
一緒に写真を撮りたかっただけなんじゃない?だって彼女は、彼ら(*移民・難民)のアイドルなんだから…

10.海外のパネリスト(*動画)
(メルケル首相まで)あと6メートル!?おしい!!あとちょっとだったのに!!!

11.海外のパネリスト
むしろ、精神疾患を抱えていない中東移民・難民など存在するのか?

12.海外のパネリスト
全てのドイツ女性達にも、メルケル同様、ボディーガードを付けてやってくれ!

13.海外のパネリスト
これぞ、まさに彼女が望んだドイツの姿である。

14.海外のパネリスト
メディア等は、ドイツに流入してくる移民・難民達を「(高度なスキル・教養を持った)医者や技術者」であると報じていた。であるならば…きっと、この男性も「医者か技術者」なのだろう…(*皮肉)

15.海外のパネリスト
メルケル女史、貴女が招いた”多文化主義”のお味はいかがですか?

16.海外のパネリスト
酷いなぁ…せっかく会いに来てくれたんだから、ハグくらいしてあげればいいのに…

17.海外のパネリスト
ドイツの一般人にとって、難民達による襲撃は日常茶飯事。”難民歓迎”のプラカードを掲げていたお馬鹿さん達…この現実が見えてますか?

18.海外のパネリスト
類は友を呼ぶ…って…ところかね…