//-------//
Update:2018/3/8

*ニュースソース追加:コメントでのご指摘ありがとうございます。

//-------//

---記事引用開始---

アメリカのトランプ大統領は1日、国内の産業を守るため、外国製の鉄鋼に25%の追加関税を課す方針を表明した。日本も対象となるのかなど、詳細は来週、発表される。

トランプ大統領は鉄鋼業界の幹部らとの会合で、外国製の鉄鋼に25%、アルミには10%の追加関税を課す方針を表明した。

(中略)

輸入制限の最大の標的は多額の貿易赤字を抱える中国だが、今回は対象国を明らかにしなかった。日本も対象となるのかなど、詳細は来週、発表される。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

*追加情報:
輸入制限については、一部の国家が除外される模様です。

参考:米輸入制限、除外を検討 同盟の日本にも可能性

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14374508/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://finance.yahoo.com/news/trump-says-u-steel-aluminum-141528279.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

少し古い話題になってしまいました。申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
トランプの娘イヴァンカの会社(*アパレル)は、中国製商品ばかりを取り扱っているわけだが?

2.海外のパネリスト
>>1
中国製ばかりなのは、イヴァンカの会社に限った話じゃないだろ…

3.海外のパネリスト
>>1
この話題が報じられてから米株は下がりっぱなしだよ…しかもその損失は、我々の税金からまかなわれるのだ。

4.海外のパネリスト
トランプはホテルを建設する際、アメリカの鉄ではなく、中国の鉄を使っていたらしい…

5.海外のパネリスト
>>4
賢い判断だ。ビジネスマンなら利益を求めるのはあたりまえ。

6.海外のパネリスト
>>4
ホテルの建築材にまで注文を出すオーナーなんかいるわけないだろ。

7.海外のパネリスト
歴史的にみれば、重関税を課すことによって得られる恩恵は少ない。トランプは経済史をもっと学んだほうがいい。

8.海外のパネリスト
>>7
トランプは本を読まないからなぁ…誰か、アニメで説明してあげてくれ!

9.海外のパネリスト
この政策が米鉄鋼業界の再興につながるとは考えられない。むしろ、(輸入鉄鋼へ重関税が課せられることにより)国内製造費がかさみ、いずれ消費者へと、その負担が跳ね返ることだろう。また、規制対象国からの反発も十分予想され、トランプを支持する労働者層(*鉄鋼業界など)が、最も大きな損失を被ることになりうる…なんとも皮肉なことだ。

10.海外のパネリスト
トランプはこれまで、いくつもの事業を頓挫させてきた。今度は、米国を破産させる気なんだろう。

11.海外のパネリスト
外国製鉄鋼・アルミに課された関税は、巡り巡って、結局アメリカ人が支払うことになる。まさに「アメリカ人に再び重税を!」だね…

12.海外のパネリスト
最近、トランプ・ファミリーに関する色んなスキャンダルが出ていたから、世間の関心を逸らす必要があったんじゃない?彼は確かな計画や考えを持たず、思い付きで政治を行っている。

13.海外のパネリスト
「貿易戦争」とやらのおかげで、アメリカの評価は急落している。これでも、トランプの支持者達は、「彼が勝ち続けている!」と虚勢を張るのか?

14.海外のパネリスト
大統領っぽいことがしたくて堪らないんだろうな。でも、それらを実行することにより、事態は混迷を深めていく。いずれ、(一部の選手がトランプさんと対立している)フットボールの観覧すらも禁止される日が来るかもしれない。

15.海外のパネリスト
今回の決断は対中国戦略などでは決してありえない。そもそも、中国は米鉄鋼輸入元国トップ10にすら入っておらず、カナダ、ブラジル、韓国などの親米国家が上位を占めている。つまり、この処置は、アメリカの友好国に対する絶縁状みたいなものさ。トランプには長期的視点というものが存在していないんだろう。

16.海外のパネリスト
中国で作られるトランプ企業の製品には、一切関税がかからないはず。

17.海外のパネリスト
報復関税が課せられる可能性に、トランプは未だ気付いていない。

18.海外のパネリスト
さてさて、お次はどんな「お馬鹿」をやらかしてくれることやら…