スウェーデン国内における「対女性暴力事件の急増」と、「移民」の関係を指摘した警察官に対して、調査が行われていることが分かった。

海外の報道によれば、警察官であるPeter Springare氏がスウェーデン民間テレビ局「TV4」の番組内にて、「外国生まれの移民達によって地元の女性たちが犠牲になっている。このような暴力は、ここ10~15年間に行われた(政府による)移民受け入れ政策の影響で急増したものだ。」などとコメント。その発言がきっかけとなり、彼の所属するBergslagen警察署は、Springare氏への内部調査を始めたという。

同警察署の広報責任者は、今回の報道を認め、Springare氏のコメントがスウェーデン警察への不信感を高めている、などと批判した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/02/14/swedish-whistleblower-cop-notice-gang-rape-cultural-phenomenon/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/BreitbartLondon/status/963759740852559876
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
この人はアメリカに来たほうがいい…スウェーデンでは、法律が機能していないのさ。彼こそまさに”本物の難民”と認定されるべきだ。

2.海外のパネリスト
彼には真実を述べる権利がある。誰もそれを妨害することは出来ない。

3.海外のパネリスト
>>2
今のスウェーデンは共産主義国だからね…

4.海外のパネリスト
10年前、今日のスウェーデンにおける惨状を、誰か想像できただろうか?

5.海外のパネリスト
正義を求める人が迫害を受けるのであれば、もはやそこに正義はない。これぞ、多文化主義のパイオニアであるスウェーデンが辿り着いた理想卿なのだ。

6.海外のパネリスト
どの国の政府であれ、自らの失政を隠すために同じようなことをしている。まず、被害者を嘘つき呼ばわりし、まるで何も問題が存在していないかのような対応をする。その上で、自分達に楯突く人々を厳しく罰するのだ。

7.海外のパネリスト
スウェーデンの政治家達は「リベラリズム」を実現するため、移民達による自国女性達への暴力を容認している。

8.海外のパネリスト
いずれ、地元民よりも移民が優遇される社会が構築されるだろう。スウェーデン人には心から同情するよ。

9.海外のパネリスト
かつて、*マーク・トウェインはこう述べた…「真実を得るに値しない人々に、それを告げてはならない。(“never tell the truth to people who are not worthy of it”)」。この場合、「真実を得るに値しない人々」とは、「スウェーデン政府」を示す。

(*マーク・トウェイン:アメリカ合衆国の作家、小説家。ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。)

10.海外のパネリスト
不正と戦う人を罰するのか?まったく素晴らしいね!!

11.海外のパネリスト
プラトン「真実を述べる人以上に憎まれる人はいない。('No one is more hated than he who speaks the truth.')」

12.海外のパネリスト
「犯人引き渡し条約」を締結していない国からは、一切移民を受け入れないほうがいい。

13.海外のパネリスト
っていうか…こんなもんわざわざ指摘されなくても、皆、知ってるでしょ?それとも、今まで知らなかったの?

14.海外のパネリスト
ロンドンには沢山のトイレ(*強制送還?)が必要だ…このままじゃあ「肥溜め(*shithole)」になっちまう…

15.海外のパネリスト
「政治的公平性」を求める動きは、もはや歯止めが利かなくなっている。いずれ、ヨーロッパの価値観崩壊を招くことであろう。

16.海外のパネリスト
我々は今、「真実を述べること」が「ヘイトスピーチ」と認定される時代を生きているのだ。

17.海外のパネリスト
不法移民を放置し、愛国者の警察官を迫害する国家…

18.海外のパネリスト
見てごらん。これこそ、かつて世界最高の国家と称えられたスウェーデンを、イスラム国家へと変貌させる社会実験の結果だ。同様の現象は、ドイツなどのヨーロッパ諸国でも近い将来、散見されることであろう。