*EUにおける団結強化の必要性を訴えるCorina Cretu氏

EU高官であるCorina Cretu氏がロイターの取材に答え、欧州内で急増する移民スラム街(migrant ghettos)が、将来的に、ヨーロッパでの”不安定事案をもたらす核爆弾(a 'nuclear bomb' of unrest )”になりうるとの考えを示し、早急な対応を求めた。

欧州連合は現在、”Cohesion Policy(団結政策)”と名づけられた、加盟国間の不均等是正に向けた活動を積極的に推進しており、2020年までに、3100億ユーロ(日本円で約41兆円)ほどの資金を費やす予定になっている。

今回、Corina Cretu氏が移民スラム街の危険性を訴えた背景には、急増する移民達が、各欧州諸国内において孤立・隔離されている現状を踏まえ、”Cohesion Policy(団結政策)”の予算を投入することにより、この問題を解決したいとする意図が存在している。

以下はCretu氏によるコメント:

”もし移民スラム街の増加、孤立化を放置すれば、近い将来、それは(欧州にとって)核爆弾のような存在になってしまうでしょう。('If we allow ghettos or segregation of migrants, this will become a nuclear bomb in the future.')”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5377961/Migrant-ghettos-nuclear-bomb-future.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/962729438097141761
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
欧州連合こそ、ムスリム侵略を主導した最大の責任者である!これは彼らの戦術なのだ!!EU各国は、欧州連合の役人達を訴えるべき!

2.海外のパネリスト
>>1
オランダでは、欧州委員会のフランス・ティメルマンス第1副委員長(*オランダの議員でもある)に対して、実際に裁判が起こされているよ。進展はないけど…

3.海外のパネリスト
>>2
もっと多くの人々が、これらの活動に参加しなくてはいけない。EUが実行している人種置換計画を、食い止めねば!!

4.海外のパネリスト
移民のスラム街が急増しているだって?そろそろ僕らも、欧州連合から離脱するべきかもしれないね…

5.海外のパネリスト
近い将来、それらのスラム街に、地元民である我々が押し込まれることになるだろう。

6.海外のパネリスト
高い給料もらっているんだから、お前ら(*EUの役人)がしっかり対策を考えろよ!

7.海外のパネリスト
何を偉そうに…君たちが移民受け入れを決断したんじゃないか!こんなもの、自殺行為に他ならない!

8.海外のパネリスト
”もし移民スラム街の増加、孤立化を放置すれば、近い将来、それは(欧州にとって)核爆弾のような存在になってしまうでしょう。…近い将来???

9.海外のパネリスト
>>9
現在進行形だよね…

10.海外のパネリスト
ちょっと待って?移民割り当てを加盟国に強要しているのは欧州連合でしょ?なんで今更こんな事を言い出したの?あんたらが求めてきたことじゃないか!

11.海外のパネリスト
移民を受け入れる国家は、もれなく、移民達の出身国のような「肥溜め国家」へと変貌してしまう…

12.海外のパネリスト
まず、難民を排出する起原国家への対策を練るべきだ。

13.海外のパネリスト
幸運なことに、(反移民国家である)ここポーランドには、ムスリムのスラム街は存在しない。

14.海外のパネリスト
移民達は西洋文化に溶け込む気なんか更々ない…むしろ、望んで孤立(*独立)している…

15.海外のパネリスト
核爆弾化するスラム街に投下する核爆弾が必要。

16.海外のパネリスト
色々大層な事言っているけど…結局、彼女は”Cohesion Policy(団結政策)”の予算を確保したいだけ。無駄金以外の何者でもない。移民達に団結を求めても、拒絶されるだけさ。

17.海外のパネリスト
>>16
彼らの目的は、欧州との団結ではなく、欧州の侵略だからね…

18.海外のパネリスト
もしトランプが大統領にならなければ…今頃、アメリカも同じような状況になっていただろう。