(*今回の記事は、「米外交専門誌”ナショナル・インタレスト”」に掲載されたコラムの意訳となります。あらかじめご了承ください。)

ここ数ヶ月において、日本がヨーロッパ諸国との繋がりを急速に深め始めている。昨年12月、英グリニッジの国立海洋博物館にて、日英の防衛・外務両大臣による2+2会談が行われた後、今年1月には、日本の東京にて、日仏の2+2会談が開催された。

これらの話し合いでは、”インド太平洋領域における自由航行("free and open Indo-Pacific")”の重要性、及び、両国の”共通利益(common interest)”が確認された。中国やロシアの台頭をけん制する意図が見え隠れしている。

今回の日英・日仏2+2会談は、日米同盟、英仏の防衛協定、仏英米のNATO連合、*UKUSA協定などに匹敵する関係の構築を、目指したものと考えられる。

(*UKUSA協定:アメリカ合衆国の国家安全保障局(NSA)やイギリスの政府通信本部(GCHQ)など5カ国の諜報機関が世界中に張り巡らせたシギントの設備や盗聴情報を、相互利用・共同利用する為に結んだ協定のことである。)

さらに、昨年7月に合意された日欧EPA妥結によって、中国、韓国、そして、アメリカよりも大きな存在感を、今後、日本がヨーロッパにおいて示していくことになるだろう。

英仏との関係強化以外にも、日本は、隣国である中国の海洋進出を防ぐため、さらには、周辺地域の安定を実現するため、日米豪3カ国、もしくは、日米豪印4カ国による連携を、さら強めていくものと思われる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/a7b267d6-7405-3a66-857e-61c3e8926699/ss_japan-is-back-on-the-world.html
(記事元:米外交専門誌”ナショナル・インタレスト)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

記事内容が難しかったため、意訳に誤りがあるかもしれません。その場合は、ご指摘いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
日本国旗である「日の丸」が、いつの日か、中国本土に掲げられる日が来る事を願っている。

2.海外のパネリスト
>>1
在中国日本大使館では、すでに「日の丸」が掲げられているけどねw

3.海外のパネリスト
北朝鮮によるガラクタ核爆弾を使った挑発と、中国による周辺国への嫌がらせにより、日本の軍事化&核武装がより現実的になってきている。

4.海外のパネリスト
>>3
良い指摘だと思う。すべては中国の責任だ!

5.海外のパネリスト
ロシアと中国は忘れるべきではない…日本が”戦う怪獣(*ゴジラ)”を保有していることを…

6.海外のパネリスト
さて…そろそろ中国共産党のゴキブリ達(*五毛さんを意味すると思われる。)が、わんさか出てくる頃だな…

(*実際、五毛さんと思われる投稿が沢山ありました。ほとんどが低評価でしたが…)

7.海外のパネリスト
中国は、眠れる侍を起こしてしまった!

8.海外のパネリスト
やっぱり、戦後も日本に中国を統治させておくべきだった…もしそうしておけば、”大躍進政策”も”文化大革命”も発生しなかっただろうし、日本人の指導により、中国人達の各種マナーも、多少は向上していたはずだ。

9.海外のパネリスト
中国や北朝鮮は、まだ理解していないのさ…日本が再び軍事大国になりつつある現状を…。今、日本はアジア最強の海軍を保持しており、さらに技術開発においても、他国を圧倒している。日本に対する圧力は、結果的に、日本の軍事力をさらに強めるだけだ。

10.海外のパネリスト
アジアにおける民主主義の基盤は日本である!共産主義国である中国などではない!!

11.海外のパネリスト
>>10
全体主義国家である”中国”が、アジアの支配を狙っている。

12.海外のパネリスト
”日本がその存在感を再び示し始めている”だって?日本が存在感を示さなかった時などない。個人的に言わせてもらえば、日本は核武装をするべきだと思うよ。彼らがその気になれば、一週間で製造することが出来るだろう。

13.海外のパネリスト
>>12
日本は「核拡散防止条約」に調印していますよ。

14.海外のパネリスト
(中国の)影に埋もれるアジア地域において、日出づる国(日本:rising sun)の光が必要とされている。

15.海外のパネリスト
あ!中国の共産ゴキブリを発見!さっそく二匹も出てきたw

16.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>15
共産国ベトナムにボロ負けして、尻尾を巻いて逃げていったアメ公が何をほざいてやがるw

17.海外のパネリスト
>>16
言っとくが、米国はベトナム戦争に全力を投じていない。さらに言えば…朝鮮戦争時、トルーマン大統領がマッカーサーの進言に従い、核攻撃を決定していたら…今頃、中国は存在していないだろう。

18.海外のパネリスト
日本はとても貴重な同盟国だ。

19.海外のパネリスト
ここは米ヤフーのコメント欄なのか?それとも、中国のゴミ箱なのか?(*五毛さんが多いことへの皮肉。)