ドイツの首都ベルリンにおいて、「女性への暴力・性的嫌がらせ事件」が急増、深刻な社会問題となっている。ドイツ紙”Bild”によると、2017年度、ベルリン警察が対応した「女性への暴力・性的嫌がらせ事件」の総数が295件に達していることがわかった。これは2016年度の156件と比べ、およそ、2倍の数値となっている。

今年に入ってからも、これら傾向は顕著であり、年明けわずか二週間たらずで、11件もの性的被害が、報告されているという。

ベルリン警察によると、「女性への暴力・性的嫌がらせ事件」が急増している原因として、「法律の厳格化(“tightening of the law”)」をあげている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.bild.de/regional/berlin/sexualstraftat/mehr-sexualdelikte-in-berliner-oeffis-54619880.bild.html
https://voiceofeurope.com/2018/01/explosion-sexual-assaults-harassments-berlins-public-transport/#.WnHMM8hvkh4.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/958701780350767104
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
一体、ドイツの男共はどこにいるんだ!?自国の女性を守ることすらできんのか!?

2.海外のパネリスト
ドイツ女性の皆さん、護身武器にはアイスピックがおススメですよ。

3.海外のパネリスト
ありがとう!メルケル!!

4.海外のパネリスト
とても悲しいことだ…だが、こういった話題が報道されるだけ、ドイツはまだマシなのかもしれない…アラブ諸国においては、女性の犯罪被害など、ほぼ無視されてしまう。

5.海外のパネリスト
>>4
君は何言っているんだ?ヨーロッパにはもう「言論の自由」など存在しない。ムスリム犯罪者を糾弾しただけで、イスラム教恐怖症者のレッテルを貼られ、検閲を受ける事になる。

参考記事:6.海外のパネリスト
男ばかりの移民を受け入れ続けてきたのだ…そりゃこうなるだろう。

7.海外のパネリスト
女性が犯罪被害に苦しめられる話には、もうウンザリしている…たまには、男が女性に虐げられるニュースも聞いてみたいものだ。

8.海外のパネリスト
これだけの問題が噴出しているのに、イギリスのメイ首相は、Brexitの実行をあと数年遅らせようとしている。ふざけた話だ!彼女は即刻追放されねばならない!!!

9.海外のパネリスト
リベラル達の反応:これも多様性のひとつ…受け入れなさい!

10.海外のパネリスト
品行方正な移民達を送ってくれてありがとう!!!

11.海外のパネリスト
全てEUの責任。

12.海外のパネリスト
多分ドイツ人達は、なぜこんな状況になっているのか、まったく理解できていないんだろうなぁ…

13.海外のパネリスト
多様性とは、”強さ”ではなく、”弱さ”なのだ。

14.海外のパネリスト(*写真)
メルケル「慣れろ。」

15.海外のパネリスト
ドイツにおいて、野性動物などに(護身用の)ペッパースプレーを使用することは可能であるが、対人間に対しては許可されていない…法律を変更する必要がある。

16.海外のパネリスト
こんなニュース、僕は信じないよ!だって、イギリスの大手メディアでは一切報じられていないもの!!!(*皮肉)

17.海外のパネリスト(*写真)
イスラムの男性達にとって…女性は商品であり、奴隷である。彼らは女児とも結婚でき、複数の妻を持つことができる。女性達の権利は著しく制限されており、男性達は彼女達を完全に支配している。これこそ、男がイスラムに惹かれる最大の理由だ。

18.海外のパネリスト
ドイツ人はメルケルに票を投じた…彼らは、この悲劇を自ら招いたのだ。

19.海外のパネリスト
これらの加害者を責めてはいけない…差別者扱いされてしまうからね?