メルケル首相率いる右派政党”CDU”と、マルティン・シュルツ氏率いる左派政党”ドイツ社会民主党(SPD)”の大連立が、現実になりつつある。先日、両政党は声明を発表、難民危機は終焉を迎えたとし、最大年間22万人の移民受け入れについて合意に至ったことを明らかにした。

移民受け入れはSPDが一貫して訴えてきた政策であり、前回の選挙後、連立交渉に苦しみ続けたメルケル首相陣営が、SPDの支持を得るため、大幅な譲歩を求められた可能性もある。

発表によれば、年間18~22万人の移民を受け入れることに両党が合意したとされ、2015年の難民危機が繰り返されないよう、秩序ある移民政策を導入するとしている。

また、ドイツに住んでいる難民・移民達の家族を受け入れる”家族再会法(family reunion rules)”の再施行も検討されており、毎月1000人程度の家族メンバーが対象になるという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/01/13/german-grand-coalition-declares-migrant-crisis-will-let-220000-migrants-per-year/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/952194343808495619
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ヨーロッパのリベラル政治家達って、米民主党議員よりも救い様がないな…

2.海外のパネリスト
そのうち、SPDは無制限の移民受け入れを要求してくるぞ!

3.海外のパネリスト
移民賛成派の議員って、絶対、どこかからお金をもらってるよね…

4.海外のパネリスト
重婚多産のムスリム達は、短期間で人口を倍増することができる。

5.海外のパネリスト
22万人?0人でいいよ…

6.海外のパネリスト
難民危機は、ドイツにおいて、この先も継続してゆくだろう…

7.海外のパネリスト
とあるTVインタビューにて…

TV「もし、難民申請者がさらにドイツに流入してきたらどうしますか?」
シュルツ氏「ならば、さらに受け入れたらよい。」

8.海外のパネリスト
ドイツ&ヨーロッパに破壊をもたらす最強コンビ(メルケル氏&シュルツ氏)が、結成されてしまった…

9.海外のパネリスト
メルケルさんは一体何がしたいのかね…

10.海外のパネリスト
難民危機が終焉を迎えただって?違うね…これから始まるのさ…

11.海外のパネリスト
神よ、彼らをお許しください。自分が何をしてるのか知らないのです…

12.海外のパネリスト
正規移民や、再移民、移民家族の流入なども考慮すれば、最終的な年間移民流入数は50万人を超えるだろう。

13.海外のパネリスト
メルケルはグローバリストの指示通り動いている。ドイツの人々よ、我々はこれまで幾度も警告を発してきたが、あなた達はそれらを全て無視し、自滅の道を選んだのだ。

14.海外のパネリスト
今後、ドイツ国民の税金が、年間22万に及ぶ移民達に垂れ流されていく。

15.海外のパネリスト
人種置換が着々と進みつつあるね。

16.海外のパネリスト
22万人なんてケチなこと言ってないで、ギリシャに足止めされている数十万人の難民達も、一緒に受け入れたらどうだい?

17.海外のパネリスト
ドイツが何を決めようが彼らの勝手だけど…他のヨーロッパ諸国にそれらを強制するなよ?

18.海外のパネリスト
ヨーロッパはこうして終わる…爆発によってではなく、すすり泣きと共に…

(注:イギリスの詩人、劇作家、文芸批評家であるT・S・エリオットによる1925年の作品「The Hollow Men」の一節を流用・改変したもの。元文章:「世界はこうして終わる…爆発によってではなく、すすり泣きと共に…(This is the way the world ends...Not with a bang but a whimper.)」第一次世界大戦後の混沌とした社会における虚無を詠っている。「世界の終わり」は、戦争のような大規模なイベントによってではなく、静かなる混乱と崩壊によってもたらされるという意味…だと思います…多分。