1

//---------//
Update 2018/1/9 4:45
コメント一部修正「ドイツ警察→ドイツ地方警察」*コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---------//

独保守政党”ドイツのための選択肢(AfD)”に所属するBeatrix von Storch議員が、ツイッター上にムスリムなどへの憎悪扇動コメントを投稿したなどとして、ドイツ地方警察から検察に対し、捜査依頼が行われている事がわかった。

今回の騒動は、「ケルン大晦日集団暴行事件」が発生したケルンなどを管轄するノルトライン=ヴェストファーレン州警察(以下:NRW警察)の公式ツイッターが、「新年の挨拶」をドイツ語、英語、フランス語のみならず、(イスラム教国の主要な使用言語である)アラビア語でも行ったことに対して、Storch議員が自身のツイッター上に、非難コメントを発表したことが発端となっている。

非難コメントの内容は以下の通り:

”一体、この国はどうなってしまったのか?なぜNRW警察の公式ツイッターがアラビア語でツイートしているのか?(中略)野蛮で女性への暴力を好むムスリム男性達に、そこまでして媚を売りたいのか?”

これらのコメントが投稿されてからわずか12時間後、ツイッター社は、憎悪を扇動する内容が含まれているなどとして、Storch議員のツイッターアカウントを凍結した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

英:インディペンデント紙
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/beatrix-von-storch-germany-afd-anti-muslim-twitter-north-rhine-westphalia-new-years-eve-a8138086.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/948256786020274181
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//News Info
//------------------//

コメントでの情報を参照させていただきました。ありがとうございます。

//------------------//

1.海外のパネリスト
これはメルケルによる権力維持計画の一環…しかし、ここまでのことをせざるを得ないほど、追い込まれているという事なんだろう…辞任も近いな…

2.海外のパネリスト
親愛なるドイツよ…もう過去に縛られるのは止めなさい…メルケルの言いなりになる必要などないのです。5年後10年後の祖国を考えて行動してください!

3.海外のパネリスト
全ての意見が妨害され、ファシスト達が望む考えだけが許される社会…

4.海外のパネリスト
酷いね…「言論の自由」を尊重するか、愚弄するか…それが今、我々の分岐点になりつつある…彼らが貴方の言葉を嫌う時、貴方は真実を話しているのだ…

5.海外のパネリスト
”真実”って~のは痛ぇ~よなぁ…AfDに投票を!!!

6.海外のパネリスト
良きドイツ人とは、何もしゃべらぬものだ!by メルケル

7.海外のパネリスト
「言論の自由」が消え去り、メルケルはドイツを第二次世界大戦前の権威主義社会へと、退化させてしまった…在独イスラム教徒を批判する者達は皆、迫害される…

8.海外のパネリスト
ドイツの女性達よ…気をつけなさい…あなた達にとっての暗黒時代がすぐそこまで来ている…

9.海外のパネリスト
イスラム=左翼=銀行=大企業=オバマ…全ては侵略部隊なのさ…

10.海外のパネリスト
正しい事を述べることが、なぜ「ヘイトスピーチ」認定されてしまうのか?融和的ムスリムなどはお伽噺話にすぎん!!ほとんど全てのイスラム教徒達は、如何なる国の法律よりも、自分達の教え(イスラム法)を最優先しているのだから…

11.海外のパネリスト
偽善戦士達(Social Justice Warrior)が多くなってきたからね…左翼の意見は良い意見…でも、保守が考えを述べると、すべて犯罪行為…

12.海外のパネリスト
社会が抱える問題を指摘すると、ネット上から除外される…イスラム教国からの資金が、SNS企業にも流れ込んでいるのだろう…

13.海外のパネリスト
人々が悟る間も与えず、メルケルはドイツを共産主義国へと変貌させたのだ。

14.海外のパネリスト
現代ヨーロッパにおいて、国民における「言論の自由」は、各国政府の権限によって個別に審査・付与されるものとなった…

15.海外のパネリスト
キリスト教徒、民主主義、西洋社会に対するイスラム教徒達の差別的・扇動的なコメントは全て許される一方、欧州人が訴えるイスラムの弊害は、全て”ヘイトスピーチ”扱いされてしまう…

16.海外のパネリスト
ナチス時代に逆戻りだね…

17.海外のパネリスト(*風刺画意訳)
ドイツ人A「我々は難民達を一生懸命保護してあげているのに、何故彼らは私達を攻撃してくるのか?」
ドイツ人B「きっと私達の対応が不十分なのだろう!もっと難民を受け入れてあげよう!そうすれば、彼らも攻撃を止めてくれるはず…」

18.海外のパネリスト(*風刺画意訳
ドイツ人「私の子供がムスリム移民達に暴力を受けている!」
ドイツ警察「うるさい差別主義者め!逮捕する!!!」