1


・ドイツの学校で、イスラム教義に関する宿題が出され、海外のネットを騒がしている。

・問題となっている宿題は、イスラム教の信仰告白である「シャハーダ」を答えさせるというもの。

・後日、生徒とイスラム教指導者との懇談会が予定されていたとされる。

・この課題を発見した保護者(*ポーランド出身)は激怒。”私の子供にこんな宿題はさせない!私達はカトリック信者なのだから!!(*ポーランドはカトリック大国)”などと、述べているという。

・この保護者の友人により、今回の騒動がFacebookで紹介され、ネットで拡散した。

・記事を投稿した人物は次のように述べている。”学校に子供を預けてはいけない!彼らは私達の知らぬ間に、子供達をムスリムに改宗させようとしている!!!”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/11/polish-mother/#.WgWl25EqsfQ.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/928973794970144769
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

記事の構成を試験的に変更してみました。(*要点抽出型)しばらく、従来の方式と併用していきたいと思います。読みづらい・分かりにくい等の問題がありましたら、お知らせいただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
ついに、ここまで来ちゃったか…

2.海外のパネリスト
ドイツ人がこれを望んでいるのだから、好きにさせてあげよう…あ、でも…アメリカでは絶対嫌だよ?

3.海外のパネリスト
コレを学校で教えているってことは…もちろん、*使徒信条も教えているんだよね?

(*使徒信条:キリスト教のうち、西方教会における基本信条(信仰告白)のひとつ。)

4.海外のパネリスト
あ~アメリカ人でよかった!…オーストラリア在住だけど…

5.海外のパネリスト
やぱりポーランド人は賢いね…ちゃんと抗議ができる。

6.海外のパネリスト
ヨーロッパの事を思うと悲しくなる…どうかイスラム化を止めてほしい…

7.海外のパネリスト
なぜドイツはこんな状態になっているんだ?

8.海外のパネリスト
>>7
私はドイツ出身だが…同じ問いかけを、いつも自問している…

9.海外のパネリスト
ドイツはヨーロッパの遺産となったのだ…

10.海外のパネリスト
保護者達は、自分の子供が学校で、どのように教育されているのかについて、常に気を配るべきだ!必要があれば、転校させることも考慮するべき!!教育機関が、子供達の思想信条に介入することなど、あってはならない!

11.海外のパネリスト
一方、カナダの保護者達は、教師に対していかなる抗議もできない、チキンぶりを発揮するのであった…

12.海外のパネリスト
ドイツの保護者達は、なぜこの事態を放置しておけるのか?子供達を守る気が無いのか?

13.海外のパネリスト
>>12
子供達のイスラム化を妨害することは、ドイツにおいて犯罪に等しいのだよ…

14.海外のパネリスト(>>12)
>>13
俺がドイツ人なら、とっくに逃げ出してるね…

15.海外のパネリスト
国民の税金を使って、こんな教育をしているとは…怒りが倍増する…

16.海外のパネリスト
リベラルが私達に与えるものは、行き過ぎた世俗主義と、一方的な忍耐、そして、マルクス主義的文化論だけだ…我々は自国の文化と、国境を守らねばならない!

17.海外のパネリスト
こういう宿題を出すなら、ムスリムの生徒達にも、他宗教に関する課題をやらせないと公平じゃないよね…だって、それが民主主義だもの…

18.海外のパネリスト
わかってないなぁ…多文化主義を吹聴して、アフリカ人や中国人を受け入れ続けたところで…いつか、ヨーロッパがアフリカや中国になるだけなんだよ…それを多様性とは言わない…

19.海外のパネリスト
左翼がイスラムを利用し、西洋文明を滅ぼす…