現在、SNS上において、女性達が自らのセクハラ被害を証言する運動が起きている。”#MeToo”というハッシュタグを使用して行われているこの活動は、米女優であるアリッサ・ミラノさんのツイッターコメントに呼応する形で急速に広まった。


//--------//

[意訳]

もしあなたが”セクハラ”や”性的暴力”の被害者であれば、ぜひ”#Me Too”というハッシュタグと共に、このツイートに返信をください。

これは私の友人によって提案されたものです。この活動により、多くの女性たちが”セクハラ”や”性的暴力”の被害に遭っている事実を、世の人々に知らせることが出来るでしょう。

//--------//

フェイスブック上では、わずか一日で、470万人以上の利用者達による合計1200万件の”#Me Too”関連記事、コメント、レスが投稿されたという。これは全米におけるフェイスブックユーザーの内、45%以上を占める割合となる。また、ツイッター上においても、”#Me Too”というハッシュタグ付きのツイートが、2日間で120万回以上つぶやかれたとされる。この数字にはリツイートや、ハッシュタグを付けていないものは含まれていない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/metoo-hashtag-reached-nearly-half-facebook-accounts-america-consequences-just-begun-141545258.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
アリッサ・ミラノさんのツイッターに寄せられたコメント
https://twitter.com/Alyssa_Milano/status/919659438700670976/photo/1
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
セクハラ被害の記憶は、未だに、私の日常生活すべてに影響を与えている。それは私の心をバラバラに壊してしまった。今はその欠片を少しづつ拾い集めている最中。

2.海外のパネリスト
それは私が15で、彼が24の時だった…ちゃんと”やめて欲しい”と言ったんだけどね…一番悲しいのは、彼が兄の友達だったこと…信じてたんだけど…なかなか忘れられない。

3.海外のパネリスト(アリッサさん)
>>2
なんて恐ろしいこと…さぞ辛かったでしょう…

4.海外のパネリスト(>>2)
>>3
こういう事って、なかなか公言し難いですよね…実際ここ数年、兄は私と口も利いてくれません…それがとても悲しいです。

5.海外のパネリスト
>>4
私の父も、私が言ったことを信じてくれなかった。真実を口にするのは大変なこと…

6.海外のパネリスト
私の場合は、17歳の時…相手は56歳だった…今でもたまに会う機会がある…相手は笑顔で話しかけてくるけど…正直怖いし、握手すらしたくない…

7.海外のパネリスト
私は9歳のときだった…

8.海外のパネリスト(アリッサさん
>>7
信じられない…そんな…

9.海外のパネリスト
>>8
もっと前に、誰かと相談できていればよかったんだけど…言えなかった。良い機会を与えてくれてありがとう。

10.海外のパネリスト
義父達(stepfathers)に…当時、誰も信じてくれなかった…今はやっと自由になれたけど…私達は皆生存者…プライドを持って生きていくべき。

11.海外のパネリスト(*男性)
これは女性だけの問題じゃない…

12.海外のパネリスト
>>11
同じく…俺も…

13.海外のパネリスト
>>11>>12
確かに…これは女性だけの問題ではない。声を上げてくれてありがとう。

14.海外のパネリスト
大学に居た時、暖炉の前でうたた寝していた私に男が近づいてきて、体を触られた。あまりにも怖くてしばらく抵抗できなかったけど、寝返りを打った振りをして追っ払うことができた。人生で一番最悪の経験…

15.海外のパネリスト
私が働いていた時、当時の上司が私を部屋へ呼んで色々と私的な事柄を聞いてきた。それだけじゃなく、私の体について評価してきたり、”君は僕のタイプだ!”とか…挙句の果てには、デートにも誘ってきた…(ちなみに、私は結婚もしてるし、子供も居る。)彼は、私の個人ファイルを見たらしく、自宅の住所も知っているみたいだった。これらのことを会社に報告したら、彼らは上司ではなく”私”を、他部署へ異動処分にした。EEOC(*米雇用機会均等委員会)にも訴えたけど、会社側からは示談金が提示されただけ…もちろん、受け取りは拒否した。その後、会社を辞めることになったけど、これらの行動に関しては、正しい判断だったと思っている。

16.海外のパネリスト
>>15
同じような事が、僕の同僚にも起きたよ…彼女は何も言わずに辞めちゃったけどね…でも、僕もそのすぐ後に退職することになったから、その時、ちゃんと告げ口しておいた!

17.海外のパネリスト(>>15)
>>16
私の場合、擁護してくれる人はいなかった…皆、仕事を失うのが怖いから…

18.海外のパネリスト
IT聡明期…技術関連の現場は、女性にとって本当に大変職場だった…ハリウッドにも似てるけど、回りは皆、変な人達ばかり…当時は、セクハラっていう概念すらなかった…

19.海外のパネリスト
>>18
ハリウッドも変な人ばかりだよ…どうしようもない連中が集まる場所なのさ…