今月20~21日にかけて行われたチェコ共和国の総選挙において、”チェコのトランプ”と評される大富豪Andrej Babis氏率いる右派政党”ANO Party”が、第一党に飛躍したことが確認された。一方、これまで政権与党を担ってきた左派勢力・社会民主党は歴史的大敗を喫した。

Babis氏は総額40億ドル以上(*日本円で4400億円以上)にも達する自己資産の一部をつぎ込み、2011年”ANO Party”を設立、既存政府の腐敗を批判しつつ、ユーロ通貨の導入、EUによる過度な支配、そして、移民の大量流入などを問題視してきた。それゆえ、彼らはチェコ共和国において、最も急進的な反イスラム、反移民、反EU政党であると言われている。(*選挙勝利後、反EUに関しては少し表現を抑えている模様。)

今回の選挙においては、”ANO Party”以外にも、複数の右派政党が大幅に得票率を伸ばしている。獲得議席数上位6政党のうち、3つの政党が「反移民・反EU」を主張しており、今後、それらの政党による大連立政権が発足することも考えられる。先日行われたオーストリアでの選挙結果に引き続き、ヨーロッパ内に燻っていた中央集権的欧州連合への不満が、選挙によって表面化する事態となった。(参考:当ブログ内記事

//--------//

*選挙結果(上位6政党)

1.ANO[YES] Party(得票率:29.64% 前回比:+10.98
[傾向]右派 
[政策]反イスラム・反移民・反EU

2.Civic Democratic Party(得票率:11.32% 前回比:+3.59
[傾向]右派 
[政策]反過激派イスラム・反移民・反EU

3.Czech Pirate Party(得票率:10.79% 前回比:+8.13
[傾向]左派? 
[政策]反腐敗・反巨大企業など

4.Freedom and Direct Democracy Party(得票率:10.79% 前回比:New
[傾向]超右派
[政策]反イスラム・反移民・反EU

5.Communist Party of Bohemia and Moravia(得票率:7.76% 前回比:–7.15
[傾向]共産党系 

6.Czech Social Democratic Party(得票率:7.27% 前回比:–13.09
[傾向]左派(*前政権与党)
[政策]親EU・反米

//--------//

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://en.wikipedia.org/wiki/Czech_legislative_election,_2017
http://www.breitbart.com/london/2017/10/21/eurosceptic-czech-trump-ahead-early-count-national-election-anti-migration-freedom-party-second/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/921771159020101636
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
2018年に行われるオランダの地方選挙でも、右派勢力の躍進が予想されている。この流れはまだまだ続くだろう…

2.海外のパネリスト
朗報が次から次へと…

3.海外のパネリスト
女性の人権が踏みにじられ、子供達が虐待を受け、動物たちが酷い扱いを受けるような世界を…誰も望まない…(注:イスラムの教義を批判している。)

4.海外のパネリスト
どうかイスラムによる侵略を止めてくれ!!!

5.海外のパネリスト
EUの壁に、新たなヒビができたようだな…

6.海外のパネリスト
これだけ連日の選挙で負けまくっているにも関わらず、*ヒー・フェルホフスタットのようなEU中心主義者達は、未だ自分達の権威を振りかざそうとしている。

(*欧州議会で所属する欧州自由民主同盟の会派代表。元ベルギーの議員)

7.海外のパネリスト
特権階級者達が私達を裏切った…だからこそ、ヨーロッパ全土の一般市民達が、彼らに反旗を翻しているのだ。

8.海外のパネリスト
いやぁ~ヨーロッパの旅行先候補が増えちゃって増えちゃって…迷っちゃうなぁ~w

9.海外のパネリスト
東ヨーロッパの諸国って、イスラムの脅威にちゃんと対応できる政治家をいつも選ぶよね…なぜだろうか?

10.海外のパネリスト
>>9
歴史上、色々な圧政や侵略に苦しんできたからじゃない?そういった危機に対してすごく敏感なんだよ。

11.海外のパネリスト(>>9)
>>10
同じような感覚を、イギリス人も保持していればよかったのに…

12.海外のパネリスト(>>10)
>>11
イギリス人の中にも、良識のある人たちは大勢居る…だけど、フェイクニュースを伝えるマスコミの力が大きすぎるんだ。

13.海外のパネリスト
ようやく常識が常識として、まかり通る世の中となった…

14.海外のパネリスト
左翼の連中(Left)っていうのは、所詮、食べカス(Left-overs)に過ぎん。捨ててしまえ!!!

15.海外のパネリスト
神により祝福されしヨーロッパ国家が増えてきている…

16.海外のパネリスト
”左翼勢力の崩壊(Left collapses)”…なんて耳心地の良い言葉なんだろうか…

17.海外のパネリスト
>>16
それな!(Yes indeed.)

18.海外のパネリスト
神がチェコの人々に、常識を与えてくださったのだ!

19.海外のパネリスト
この結果を受けたグローバリストの歯軋りが凄い。

20.海外のパネリスト
右派連立政権の樹立を心から願います!!!

21.海外のパネリスト
全欧州諸国の良いお手本。