(動画内容:東ロンドンの小学校が、ムスリムの保護者達に対して、イスラム教儀式である断食を子供達に行わせないよう要求したところ、激しい批判を受けたというニュース動画。2015年放送。)

大ロンドン都市圏南部クロイドン区にあるWolsey Academy小学校が、生徒の保護者達に対して、学校給食を全てハラール(イスラム教徒専用食)に変更するとの提案を行い、その賛否を尋ねたことが、物議を醸している。

これらの出来事に対して、一部の保護者達は強く反発を示し、ソーシャルメディア上で激しい議論が巻き起こされた。

ハラールは、イスラム法に基づき許可された食材を意味し、食肉の場合、イスラム教徒の肉屋が、イスラム式の食肉処理を行い、家畜を取り扱うことになっている。ただし、その過程においては動物達に多大な苦痛を与える工程も含まれているため、動物愛護団体などからは、強い懸念が示されている。

同地区のイスラム教団体は取材に対して、”多くのムスリム児童が通う小学校においては、子供達がムスリムとしての尊厳を持ち続けられるよう、配慮がなされるべきです。一方で、過度な論争を避けるために、ハラールへの全面移行ではなく、生徒達が自分で食事内容を選択できるようにするべきだったと思います。”などと、述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.westmonster.com/croydon-primary-school-proposes-only-serving-halal-meat/#.WczRNHxOFTQ.twitter
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/913352321798729728)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
みんな狂ってしまったのだろうか…ヨーロッパはヨーロッパの法律によって統治されるべきだ!それが嫌なら出て行けばいい…

2.海外のパネリスト
>>1
その通り!

3.海外のパネリスト
何度も言うけど、イスラムってのは”トロイの木馬”だから…

4.海外のパネリスト
ベーコンを全ての人たちに…Yummy!

5.海外のパネリスト
イスラム式の食肉処理法(ハラール)を禁じるヨーロッパ諸国も増えてきている。ロンドン?スーパーで普通に売ってるよ…

6.海外のパネリスト
ムスリムを受け入れれば、遅かれ早かれ、その国はイスラム国家になる…

7.海外のパネリスト
世界初の都市であるロンドンが、ムスリム達の手に落ちた…

8.海外のパネリスト
豚肉を給仕すべき!食べたくなければ、食べなければいいんだし…

9.海外のパネリスト
イスラム式の食肉処理法は、動物達にとって苦痛でしかない…

10.海外のパネリスト
>>9
イギリス人ってもっと清潔なイメージがあったんだけどなぁ…午後4時ピッタリに紅茶を飲む!みたいな…そういった文化も、すでに消えてしまったのかもね…

11.海外のパネリスト
選択制にしたほうがいい。イスラム法に従う必要なんかない…ここはイギリスだ。

12.海外のパネリスト
文化統合が非常に上手く進んでいるね…逆の方向に…

13.海外のパネリスト
ムスリム&左翼連合による工作としか思えない…

14.海外のパネリスト
そもそも、何でイスラム教徒がキリスト教国に来るんだろう…

15.海外のパネリスト
>>14
彼らの目的が、キリスト教の破壊だからさ…

16.海外のパネリスト
保護者は子供達に弁当を持参させ、給食費の支払いを拒否するべき!もしくは転校しよう!!!

17.海外のパネリスト
ありえない!ハラールなんかいらないよ!

18.海外のパネリスト
イギリスはもう…イギリス人のものではないのだ…(That's when you know your country is no longer your country)