海外メディアの報道によれば、米カルフォルニア州にて、強盗を試みた犯人(30)が、止めに入った男性を”過剰防衛”で、告訴する検討をしているという。

今年6月、犯人の男性はヘルメットを被り、銃(おもちゃ)とナイフを取り出しながらスターバックスの店舗に押し入った。客として居合わせたCregg Jerriさん(58)は、その光景を目の当たりにし、勇敢にも、犯人を後ろから椅子で殴りつけたという。その後、犯人の男がナイフで攻撃してきたものの、Jerriさんはそのナイフを奪い取り、逆に犯人を17回刺したとされる。この格闘により、Jerriさんは首に怪我を負った。

一方、犯人の両親は、17回にもわたるナイフでの反撃により、息子(犯人)の命が危機に瀕したとして、Jerriさんの”過剰防衛”を主張。刑事告訴を検討していると伝えられている。しかし、複数の専門家によれば、Jerriさんがこの件で起訴される可能性は、”低い(marginal)”という。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/starbucks-armed-robber-suspect-might-132946865.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
過剰防衛って…首を刺されてるんですけど?

2.海外のパネリスト
カルフォルニアのような極度にリベラル化した地域でも、まだ”正当防衛”の概念は残っているんだな…

3.海外のパネリスト
むしろ、被害者のほうは”育児放棄”を口実に、犯人の両親を訴えたらいいよ。

4.海外のパネリスト
己の行動が招いた、当然の報いである。

5.海外のパネリスト
こんなのを担当する弁護士いるのかね…絶対勝てないでしょ?

6.海外のパネリスト
>>5
君はカルフォルニアの裁判員達を甘く見ている…とんでもない馬鹿ばかりなんだぞ?

7.海外のパネリスト
この両親は、自分達を責めるべきだ。

8.海外のパネリスト
息子が迷惑をかけた、スターバックスの店員や客に、まず謝ったらどうなの?

9.海外のパネリスト
カルフォルニアだからなぁ…犯人が勝訴する可能性も微レ存。

10.海外のパネリスト
銃(おもちゃ)とナイフを持って、店に押し入り、止めに入った人間を傷つけた挙句、”過剰防衛”で相手を訴えるだと?何考えてるんだか…仮に50回刺されたとしても、誰も気にしないだろう…

11.海外のパネリスト
今の混乱したアメリカであれば、こういった変な連中の主張が認められても、不思議じゃない…

12.海外のパネリスト
なんてクソみたいな家族なんだ…

13.海外のパネリスト
もし、俺が被害者の立場なら…17回どころの騒ぎじゃないね…

14.海外のパネリスト
17回は多すぎだろ!1回で仕留めろよ!!!

15.海外のパネリスト
此の親にして此の子あり…

16.海外のパネリスト
むしろ、訴えさせたほうがいい…その後、名誉毀損で逆告訴して、たっぷり慰謝料をせしめるんだ!

17.海外のパネリスト
両親も一緒に逮捕すればよかったのに…

18.海外のパネリスト
ほんと、リベラルってのは犯罪者を、弱者に仕立て上げるのが上手いね…