(*ランペドゥーザ島にある移民・難民収容所にて起きた暴動の様子…)

イタリア領最南端にあるランペドゥーザ島の市長”Salvatore Martello”氏が声明を発表し、今年夏から継続している、アフリカ移民の大量流入により、同島が”無法地帯になっている(fallen into anarchy)”と、訴えた。

市長によると、移民達を恐れる観光客、ホテル経営者、地元の商業者などから、連日のように苦情が寄せられているという。

ランペドゥーザ島に設置されている移民・難民収容所では、警察やカラビニエリ(イタリアの国家憲兵)等によって警備が行われているものの、そこに収容されているアフリカ移民たちは、自由に施設を出入りしているという。

Salvatore Martello市長は書簡を公開し、同移民・難民収容所の閉鎖を要請した。

書簡内容は以下の通り

”(移民たちによる)嫌がらせ、女性への暴力、窃盗行為により、ランペドゥーザ島は崩壊寸前である…警察も無力だ…町の酒場はアフリカ移民たちで溢れており、酔っ払った彼らは、地元女性に対してセクハラ行為を働いている。私のもとには、連日、多くの人々から、そうした移民たちに関する苦情が届いている状態だ。”

ランペドゥーザ島は、ヨーロッパを目指すアフリカ移民たちの”足掛り”となっており、同島の全人口6000名を超えるほどの人々が、アフリカ大陸から流入してきている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.westmonster.com/lampedusas-mayor-we-have-fallen-into-anarchy-after-migrant-influx/#.Wb_Ln3-KbCQ.twitter
メディア:英West Monster(*イギリス版Breitbartとも呼ばれる…)

(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/909772964786302976)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これは誰の責任になるのかね?とりあえず、強制送還するしかないでしょ…

2.海外のパネリスト
移民受け入れを決めたイタリア人よ…その決断の結果、社会は豊かになったのかい?

3.海外のパネリスト
援助を中止せよ!、即刻追い返すべき!

4.海外のパネリスト
イタリアはもう少し、”シリア難民危機”の教訓から、学んでおくべきだったね…

5.海外のパネリスト
(移民擁護派は)一体何を移民に期待しているのか?仕事熱心な人々か?彼らはいずれ、国中の富を吸い尽くすだろう…

6.海外のパネリスト
アフリカ移民達は、ヨーロッパをアフリカ大陸にしようとしているのさ…第三世界にね…

7.海外のパネリスト
ヨーロッパという牛の乳を、イスラム教徒たちが搾り出している…

8.海外のパネリスト
自業自得だからなぁ…

9.海外のパネリスト
社会を豊かにする素晴らしき文化が、アフリカ大陸からヨーロッパへと、続々流入中…

10.海外のパネリスト
イタリア国民に銃を持たせるべきだ!

11.海外のパネリスト
事前に予想されていた事態が起きているだけ…

12.海外のパネリスト
無政府状態に”なっている”?”させている”の間違いじゃない?自分達で彼らを(地中海から)救助してきたんでしょ?

13.海外のパネリスト
両手を広げて暖かく迎え入れた移民達によって、自国が滅ぼされるとは…

14.海外のパネリスト
きっとこの移民達は、イタリア人の年金を払うため、一生懸命働いてくれるさwww(*皮肉)

15.海外のパネリスト
この惨事により、我々一般人は多大な被害を受けている…一方、この事態をまねいたエリート達は、厳重に守られた安全地帯から、その光景を眺めているんだ…

16.海外のパネリスト
昔、ヨーロッパにやられたことを、今、やり返しているだけ…

17.海外のパネリスト
もうEUは解散すべき。自主自立で行こう!

18.海外のパネリスト
どんどん酷くなっていくね…とりあえず、ヨーロッパ旅行は当面無理だな…

19.海外のパネリスト
そりゃ第三世界の住人を受け入れれば、第三世界になるよ…

20.海外のパネリスト
この市長さんは、現状を認めただけ立派。ドイツやスウェーデンは、未だにそれを隠しているからね…