(*調査会社”Ipsos MORI”のプロモ動画)

英国第二位の調査会社である”Ipsos MORI”が、世界25カ国における移民への認識調査結果を発表し、世界中で、移民に対する否定的感情を持つ人々が増えている現状が、明らかとなった。今回、同調査の対象となった国には、ドイツ、フランス、ハンガリーなどのヨーロッパ諸国、日本、中国、韓国などのアジア諸国、そして、アメリカ、ロシア、オーストラリアなども含まれていたが、中東諸国からはトルコのみが参加している。
//------------------//
*”Ipsos MORI”によるツイッター 質問内容と結果訳(意訳)
Q1.(左上):この五年間で、あなたの国に移民が増えたと思いますか?
[結果] 増えすぎた:75%|同じ:20%|減った:6%
Q2.(右上):移民は肯定的・否定的、どちらの影響をもたらすと思いますか?
[結果] 肯定的:21%|普通:34%|否定的:42%|分からない:3%
Q3.(左下):あなたの国において、移民が望ましくない変化を起こしたと思いますか?
[結果] そう思う:44%|どちらでもない:28%|そう思わない:24%|分からない:4%
Q4.(右下):あなたの国には移民が多すぎると思いますか?
[結果] 多い:48%|どちらでもない:27%|少ない:21%|分からない:5%
//------------------//

調査結果によると、参加者のうち平均して42%の人々が、移民が”否定的影響を持つ(had a negative effect)”と答えており、かつ、48%の回答者が”(自国における)移民の受け入れ数が多すぎる”という意見に賛同している。

今回、移民を多く受け入れている国において、移民に対する否定的感情が増えている傾向が見受けられた。特に、スウェーデンにおいては、移民への風当たりが強まっており、今回、移民を肯定的に捉えていると答えた人々はわずか25%しかおらず、2011年の調査結果である37%を、大きく下回った。

また、多くの国々において、難民に偽装したテロリストの侵入を警戒する声が聞かれ、国境警備の強化を求める意見が目立った。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.ipsos.com/sites/default/files/ct/news/documents/2017-09/ipsos-global-advisor-immigration-refugee-crisis-slides.pdf
http://www.breitbart.com/london/2017/09/14/global-study-more-people-say-immigration-negative-biggest-change-sweden/
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
問題なのは移民そのものではない。その移民達が”誰であるのか?(WHO the immigrants are)”ということなのだ。また、”なぜ彼らが移民を決断したのか?”・”なぜ移民をするのか?”ということが、問われなければいけない。移民の”量(quantity)”ではなく、”質(Quality)”が問われているのだ。

2.海外のパネリスト
こんな調査意味あるの?移民への反感が増加していることくらい、普通に生きてればわかることじゃない…新聞のヘッドラインでも読んでみたら?移民に関する犯罪が、この4年間でいかに増えたことか…

3.海外のパネリスト
>>2
不法移民を支援し、その行為を助長している人々へ、この言葉を送る…”よくよくあなたがたに言っておく。羊の囲いにはいるのに、門からでなく、ほかの所からのりこえて来る者は、盗人であり、強盗である。(ヨハネによる福音書 10:1)”

4.海外のパネリスト
>>2
移民受け入れを行っているヨーロッパの国々が、いかに愚かであるかを証明するためには、こういった調査が必要なんだよ。

5.海外のパネリスト
社会保障を目的とせず、移住した国のためにしっかりと奉仕する人々であれば、誰でも歓迎できるんだけどね…

6.海外のパネリスト
質問で問われている”移民”が、ムスリムか、そうでないかによって、結果が変わってくると思う。

7.海外のパネリスト
そりゃ、移民を嫌う人が多くなるはずだよ…最近の移民はほとんどがイスラム教徒なんだもん。異教徒に対しては、何をしても許されると思っている人達だからね…民主主義も受け入れないし…

8.海外のパネリスト
皮肉なことに、この調査ではトルコ人たちが、自国に移民が増えたと不満を述べている。でも、彼ら自身、ヨーロッパへ大量に移民してるし、そこで色々面倒事を起こしている…

9.海外のパネリスト
現実というものは、なぜこうも”お花畑リベラル達”にとって、いつもツライものばかりなのか…

10.海外のパネリスト
移民を推し進める政治家や企業家の自宅に、数人の移民を泊めさせよう。きっと、これまでの考えを変えるはずだ。

11.海外のパネリスト
>>11
どちらかといえば、俺は移民を擁護する著名人のほうがムカつく。あいつらの家に不法移民を大量に送り込みたい…きっと面倒を見てくれるだろう…彼らの自費で…

12.海外のパネリスト
一般人の感覚として、移民の脅威を間近に感じるようになってきたってことなんだろう。

13.海外のパネリスト
優秀な社会ほど、”少子高齢化”が進み…劣った社会ほど、”人口爆発”が起こる…興味深いことだ…

14.海外のパネリスト
現代移民の抱える最大の問題点は、その閉鎖性にある。おそらく、みんなの地元にも、”移民専用区域”みたいな場所があるんじゃないかな?彼らは移住先の社会に溶け込もうとしないんだ。”多文化主義”なんて、存在していないんだよ…

15.海外のパネリスト
>>14
そうかな?例えば、*アーミッシュの人達も閉鎖的コミュニティーだけど、別に誰からも不満は聞かれない。やっぱり敵対的な移民たちの姿勢が、一番の問題なのさ。

(*アメリカやカナダなどに居住するドイツ系移民の、非常に厳格なキリスト教集団を示す。移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足生活をしていることで知られる。原郷はスイス、アルザス、シュワーベンなど。人口は20万人以上いるとされている。By wiki)

16.海外のパネリスト
>>15
アーミッシュは、他者に自分達の文化や意見を押し付けてこないし、まず第一に、暴力を振るってこない。こっちに迷惑をかけなければ、その人たちがどういう生き方をしようが構わない。

17.海外のパネリスト
>>15
ちょっとまって。アーミッシュの社会は閉鎖的じゃないよ?ちゃんと国や地方の法律を守って生きているし…

18.海外のパネリスト
文化や伝統は、築くのに何世代もかかるが…滅びるのは一瞬だ…