フランスの大衆紙である「シャルリー・エブド」が、米テキサス州、及び、ルイジアナ州を直撃した「ハリケーン・ハービー」による洪水被害を揶揄する表紙を掲載し、波紋を呼んでいる。

その表紙には、ネオナチ風の人々が水中で行進している様子が描かれており、"神は存在する。(ハリケーン・ハービーによって)神はテキサスにいるネオナチ達を皆沈めてしまった!”などとする、フランス語のキャプションが付けられている。この風刺画は、先月発生した米都市「シャーロッツビル」での、右左間衝突と、「ハリケーン・ハービー」の災害を、題材にしたものと考えられる。

先月下旬、アメリカ南部に到達した「ハリケーン・ハービー」はテキサス州、及び、ルイジアナ州にて大規模洪水をもたらし、現時点で35名の犠牲者、複数の行方不明者、及び、数千人の避難者を出している。

「シャルリー・エブド」を巡っては、2015年、イスラム教開祖ムハンマドの風刺画掲載などを発端に、イスラム過激派による同編集部への襲撃事件が発生、当時の同誌編集長を含め、12名が亡くなった。

襲撃後、「シャルリー・エブド」には世界中から多くの同情が寄せられたが、現在は非難が殺到している状態だ。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/charlie-hebdo-apos-harvey-cover-124454364.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
今回、ハリケーンの被害にあった地域は、テキサス州の中でも特に米民主党(リベラル)支持層が多い場所なんだけど…

2.海外のパネリスト
>>1
彼らはあまりにも馬鹿であるが故、そういった知識を持ち合わせていないのだよ。

3.海外のパネリスト
>>1
そのとおり!*ヒューストンは民主党支援が盛んなことで有名だよね。

(*アメリカ合衆国テキサス州南東部に位置する都市。今回、「ハリケーン・ハービー」により大きな被害を受けた。)

4.海外のパネリスト
「シャルリー・エブド」が襲撃を受けた後、アメリカ人はフランス国旗を掲げ、彼らに哀悼の意を示した。そして今、我々が皆苦しんでいる時に…彼らは私達を嘲笑している…

5.海外のパネリスト
>>4
所詮フランス人なんざそんなもんさ!もう二度と旅行にいかない!!過去、二度の大戦において、アメリカがあいつらを助けてやったのに…

6.海外のパネリスト
>>4
典型的なリベラル主義者の振る舞いですな。

7.海外のパネリスト
まあ、好きにしたらいいさ…俺達テキサス人は、あの”平和な宗教団体”(*イスラム教を意味する)と違って、報復攻撃なんか絶対にしないから…

8.海外のパネリスト
自分で自分達の愚かさをさらけ出しているだけ。

9.海外のパネリスト
もし今度、再び「シャルリー・エブド」がイスラム過激派によって襲撃される時がきたら…祝杯をあげようと思う…

10.海外のパネリスト
>>9
彼らと同じレベルにまで、落ちるべきじゃないよ…

11.海外のパネリスト
君たちのお仲間であるリベラル達や”Antifa”、黒人至上主義の連中は、他のみんなが一生懸命、被災者救助をしている最中、街中の店や空き家に押し入り、物を盗んでいる…


(*0:05~)

12.海外のパネリスト
被災者の多くは貧しい黒人やアジア系の人々だ…「シャルリー・エブド」は差別主義者である!

13.海外のパネリスト
>>12
おまけにとんでもない馬鹿!

14.海外のパネリスト
>>13
馬鹿でないフランス人など存在するのかね?

15.海外のパネリスト
こういう(リベラル)連中を見ていると、保守であることを誇りに思える…

16.海外のパネリスト
確かに、テキサス州は保守的な地域ではある。だが、全ての人々が”ネオナチ”ではない。信じられないほどの憎悪であり、差別だ。

17.海外のパネリスト
この国のリベラルメディアによって、アメリカに関する間違った情報が海外に広まり、そして、フランスのリベラルメディアによってさらに曲解され、浸透していく…

18.海外のパネリスト
>>17
犠牲になった人々を中傷する…これ以上のヘイトスピーチがありえるのだろうか?