米・コロラド州の警察官が4歳児の願いに答え、”幽霊探し(hunt for monsters)”のため、彼女の引越し先を捜索する動画が、話題を呼んでいる。

Sidney Fahrenbruchさん(4)は、最近引っ越した家に、幽霊が沢山いると怯えていた。そのため、地域のバーベキュー大会で知り合った警察官のDavid Bondayさんに、家の捜索を依頼、彼はその要請を快諾した。

取材に対して、Fahrenbruchさんは、”みんなが寝静まった後、物音が聞こえるの…”と語り、幽霊達が、彼女や彼女の家族を傷つけるのではないかと、日々不安だったと語った。

捜索を終えたBonday氏は、”いかなる幽霊も発見することが出来なかった。この家は完全に安全である。”と述べ、この結果にFahrenbruchさんも満足したと報道されている。

現在、Fahrenbruchさんは家族に対して、将来Bondayさんのような警察官になり、幽霊などで困っている人を助けたいと語っているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/4-old-girl-asks-colorado-112735797.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
1973年、私が警察官になりたての頃、とあるお婆さんから”家に見知らぬ人々がいる”とする苦情が届いた。それ以前にも、彼女は同じような内容を繰り返し警察へ通報していたようだ。先輩警察官と一緒に彼女の家に行くと、そのお婆さんは”見知らぬ人々が私の家に住み着いている…まったく出て行こうとしない…”と、訴えてきた。先輩警察官は彼女に対して、この家には誰もいないことを懸命に説明していた。すると、彼女は私に向かって、”貴方も彼らが見えないのか?”と問いかけてきたので、私は”いや、見えますよ。”と答えた。そして、その見えざる人々に対し、私はこの家から即刻去るよう命令した。先輩警察官は私を白い目で見ていたが、そのお婆さんはとても喜んでいた。それ以降、彼女からの苦情は無くなった。私は時折、様子を見るため彼女の家を訪ね、楽しく話をした。警察官は、人々の人生に寄り添うべき存在であると思う。

2.海外のパネリスト
>>1
素晴らしいね。あなたはその老婆を救ったのだ。

3.海外のパネリスト
>>1
貴方の職務に感謝します。

4.海外のパネリスト
>>1
アメリカの警官全てがあなたの様な人だったらいいのに…

5.海外のパネリスト
話を聞いてあげる。気にかけてあげる…それが大事なんだね。きっとこの娘はすごく安心しただろう…

6.海外のパネリスト
彼女が大人になれば、本物の幽霊に出会うことだろう…

7.海外のパネリスト
>>6
男…ね…

8.海外のパネリスト
>>7
悲しいこと言うなよ!…まぁ…事実だけどさ…

9.海外のパネリスト
>>7
そうならないで欲しいな…

10.海外のパネリスト
>>6
俺の嫁…

11.海外のパネリスト
>>6
トランプ…

12.海外のパネリスト
なんて可愛らしい…警察官も良い人…いい話…

13.海外のパネリスト
小さな子にとって、夜、お化けを怖がるのは自然なこと。

14.海外のパネリスト
>>13
私の子供も、小さい頃はよく幽霊を怖がって泣き叫んでたわ…今じゃすっかりその事を忘れてるけどね…お化けよりも大きくなったのかな…

15.海外のパネリスト
守り、そして、仕える…これぞ警察官!

16.海外のパネリスト
6歳の息子から”お化けって本当にいるの?”って聞かれたから、”映画に出てくるようなのは存在しない。でも、本当に恐るべきお化けは人間達なんだよ”って答えてあげた。息子はその答えに納得してくれたけど、嫁と娘からは超無視された…

17.海外のパネリスト
>>16
6歳児にその答えは厳しすぎない?もっとシンプルに説明してあげなよ…

18.海外のパネリスト
すぐに銃で撃ってくる警察官ではなく、こういう人達が増えてくれることを願う…