カナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバーさんが、今週水曜日の夜、カルフォルニア州ビバリーヒルズにある教会のミサに参加した帰り、車による歩行者との接触事故を起こしたことが分かった。

目撃者の証言によれば、当時、ジャスティンさんが運転する車の周りには、沢山のパパラッチが集まっており、被害者も、そのうちの一人であるという。

接触事故を起こした際、ジャスティンさんは即座に車から降りて、地面に横たわる被害者のもとに駆け寄ったとされる。

事故の調査を担当したビバリーヒルズ警察は、被害者の怪我が軽傷であり、命に別条がないことを明らかにした上で、ジャスティンさんが捜査に協力的であったと、述べている。

今回の事件は、先日、ジャスティンさんが、”想定外の事態”を理由に自身のコンサートツアーを中止してから、わずか数日後の出来事であった。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/music/justin-bieber-involved-car-collision-054400833.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Related Article

//------------------//

1.海外のパネリスト
多分彼の車と接触したパパラッチは、自分から車に当たりにいったんだと思うよ…写真だけじゃなかなか儲からないんだろう…

2.海外のパネリスト
>>1
間違いなく自分からいってるよね…賠償金(ghetto lottery)目的だ…

(*ghetto lottery:黒人が差別を根拠に個人や企業などを訴え、賠償金を手に入れることを示す。)

3.海外のパネリスト
>>1
彼は罠にはめられたんだよ…

4.海外のパネリスト
>>1
あいつらは写真のためならなんでもする…ダイアナ妃に対しても同じ事をしたのさ…

5.海外のパネリスト
普段、ジャスティンについては嫌味しか言わないんだけど…今回ばかりは彼の味方をせざるを得ない…パパラッチ達はセレブの車に群がるべきじゃない。あまりにも危険だ…彼らだけじゃなく、他の歩行者にも迷惑がかかる…

6.海外のパネリスト
>>5
こんなのは自業自得!怪我をしようがどうしようが、自分でどうにかするべき!!

7.海外のパネリスト
金目当て。それだけ。

8.海外のパネリスト
パパラッチの仕事は車の前に出て行くことなのさ…

9.海外のパネリスト
>>8
その場合はブレーキを踏む必要ないね!

10.海外のパネリスト
今回はシラフだったみたいだ…警察ともちゃんと話が出来てる…

(*ジャスティンさんは以前、飲酒運転で逮捕されており、その際、警察と口論になっている。参考

11.海外のパネリスト
教会のミサに参加?そんなに熱心な信徒だとは思わなかったなぁ…

12.海外のパネリスト
>>11
別に驚くべきことじゃないさ…あのトランプだって愛読書は”聖書”だと答えている…

13.海外のパネリスト
カナダへ強制送還になるのかな…

14.海外のパネリスト
>>13
だといいね!

15.海外のパネリスト
俺はジャスティンが嫌いだけど…これはパパラッチに責任があるよ。やっぱり彼らを規制する法律が必要だと思うね…写真を撮るためにどれだけ多くの人たちに迷惑をかけてきたか…

16.海外のパネリスト
>>15
みんな彼らのストーリーや写真を求めているんだ…ここのコメント蘭を見てみろ。このニュースに群がる人々を…

17.海外のパネリスト
パパラッチと接触?そんな奴、ほっとけばよかったのに…

18.海外のパネリスト
むしろ、意図的に轢かれようとした罪で、パパラッチのほうが罰せられるべきだ!