(*ドイツ・ベルリンでの反移民デモの様子)

(*元記事に合わせて、本記事内における「移民」表記を「難民」に統一いたしました。混乱を招いてしまい、申し訳ありません。2017/7/15 20:45)

ドイツ連邦政府が公開した情報によれば、家族と離れ、移住してきた人々などを対象とする”家族再統合法(family reunion rules)”により、今年度、シリア及びイラクから呼び寄せられる難民の家族が、数十万人に達するとの見解が示された。

内務省(The Ministry of the Interior)によれば、2017年度、1~6月までの難民認定者が90,389名に達していることを鑑み、本年度末までには、難民流入数が18万人程度まで膨れ上がるとの推計を発表している。

しかし、ドイツ紙ディ・ヴェルトの調査では、難民が家族を呼び寄せることにより、政府が現在想定しているものよりも、その総数や、その対策費用(住宅費、社会福祉費、教育費、統合促進費、犯罪対策費など)が増大するとの指摘を行っている。これらの報道に関して、ドイツ外務省(The Federal Foreign Office)は、(難民の家族)20万~30万人ほどが、追加で同国へと流入する可能性について認めた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/07/12/germany-expecting-up-to-300000-more-syrian-iraqi-migrants-in-2017-through-family-reunification-rules/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
そのうち、ドイツ人の税金だけでは不法移民達を養えなくなるだろう。まったくもって不安定なシステムと言わざるを得ない。それらの不法移民たちが皆、一生懸命働き、税金を納めてくれるなどという迷信は、早く捨てるべきだ。

2.海外のパネリスト
二つの異なる調査によれば、ドイツで住んでいる移民のうち、2025年までに働くようになるであろうと想定されているのは、全体の25%にすぎない…残りは全て社会保障頼りで一生生き抜くそうな…寄生虫達のために汗水垂らして働くドイツ人…がんばれ!

3.海外のパネリスト
>>2
ドイツの社会保障制度がいつまでも続くとは思えない。ドイツのメインバンク2行が資金繰りに苦慮しているとの噂も聞く。流入してきた大量の移民たちと共に、ドイツが第三世界の国家になる日も、近いのではないか?

4.海外のパネリスト
移民受け入れを促進した政治家達は、その支持者と共に刑務所へ収監されるべきだ!

5.海外のパネリスト
メルケルはきっとドイツが大嫌いなんだね…

6.海外のパネリスト
>>5
彼女は東ドイツ出身者だから…未だに冷戦における西ドイツの勝利が許せないんだろう。自由は共産主義を打ち破った…だが今、イスラム教がその自由を駆逐しようとしている。

7.海外のパネリスト
>>6
物事は多分もっと単純だよ。彼女はグローバリスト達から金をもらっているのさ。この世界を単一のルールで支配しようと試みる連中にね…メルケルは最高の働きをしたと、彼らに評価されているだろう。

8.海外のパネリスト
>>7
俺にはメルケルが金で動くような人間には見えない…憎しみでしか動かないさ…

9.海外のパネリスト
ドイツで離れ離れになった家族と再会?自分の国に帰って再会すればいいじゃないか?BBCの報道によれば、今シリアでは女性たちが武器を持ち、ISISと戦っているらしい…男達は皆ドイツへと逃げたのだろう…

10.海外のパネリスト
>>9
親と生き別れたシリア難民の子供をイギリスが受け入れた…しかし、その直後、戦火に巻き込まれたと考えられていたその子の両親から、”奇跡的に”連絡が届いたそうな…そして、家族一家そろってイギリスでの生活を要求しているのだとか…もちろん、イギリス国民の税金を使用した社会福祉制度にお世話になってね…一番いい方法は、両親のいるシリアへその子を返すことなんだよ…

11.海外のパネリスト
イギリス政府もかなりおかしくいけど、ドイツやスウェーデンのように、自国民を迫害している政府に比べればマシか…このまま彼らがイスラム教国化していけば、いずれヨーロッパ諸国へ、聖戦を挑んでくるかもね…

12.海外のパネリスト
15親等までの親族が、社会保障目当てに押し寄せてくるわけだ…

13.海外のパネリスト
我々がいま目撃している状況は、マルクス主義者たちにより、西洋人の税金が、イスラム教徒たちへと注ぎ込まれているということなんだ。彼らはまだわからないのか?

14.海外のパネリスト
ドイツが巻き起こした狂気は、ヨーロッパ全土を混沌の渦へと招いた。しかし、その代償はいずれドイツが支払うことになるだろう。自国文化の崩壊と共に…

15.海外のパネリスト
>>14
仮にメルケルが引き起こした混乱により、ドイツが破壊されたとしても、かつてのマーシャル・プランのような手助けは、決して行われるべきではない…

(*マーシャル・プラン:第二次世界大戦で被災した欧州諸国のために、アメリカ合衆国が推進した復興援助計画。米英仏3か国の占領下にあったドイツ西部も援助対象として認められた。by wiki)

16.海外のパネリスト
連邦議会総選挙が目前に近づいていながら、30万人近い移民の受入を表明するとは…もし仮に、メルケルの4期目が決定したら…もっと大規模な移民流入が起こり得るのではないか?

17.海外のパネリスト
>>16
間違いなく、彼女は手に入れたその権力を使って、ドイツの滅亡を促進させることだろう。

18.海外のパネリスト
ここ(*保守系ニュースサイト:Breitbart)でいくらコメントしてても意味無いよ…それよりも、Guardianとか、 Independentとかのウェブサイトに登録をして、そういったメディアを好むリベラル層に、イスラム侵略の現状を訴えたほうがいい…

19.海外のパネリスト
>>18
私は、Guardianから永久追放されました…

20.海外のパネリスト
>>18
あそこって、移民を疑問視するコメントは、速攻で削除するからなぁ…でも、形跡は残るから、それを見れば、どれだけの人々が事態の深刻さを理解しているかが分かるよ。