先週の日曜日、CNNの番組”State of the Union”に出演した米国連大使のニッキー・ヘイリー氏は、中国が北朝鮮に対して適切な圧力を加えない場合、今後、アメリカ政府が中国との貿易関係を見直す可能性があることについて言及した。

”現在、ボール(*決定権)は中国の手の中にあります。アメリカを含む国際社会と連携をして北朝鮮に対する圧力を強めていくのか、それとも…我々と対峙するのか…トランプ大統領は、あらゆる選択肢を完全に把握されています。これまで、トランプ大統領が実証してきたように、我々は行うべきことは必ず行います。中国の行動次第では、様々な行動を検討する必要が出てくるでしょう。(we always have to look at what those options are ahead of what the actions are going to be by China.)”

その上で、ヘイリー氏はこのように付け加えた。”もし中国が我々と共に歩まない決断をすれば、それに対する何らかの”返答(response )”が、(アメリカから)行われると思います。トランプ大統領はすでに、(そうした場合の)米中貿易関係の見直しについて、明確に言及にされています。(I think there will be a response if they don’t go along with that. The president has made it clear that he will start looking at trade relations with China.)”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/video/2017/07/09/nikki-haley-china-not-stop-north-korea-will-start-looking-trade-relations-china/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

今回、原文で「look at」となっている語句を、「見直し」と一部で訳しています。厳密に言えば「考察」や「検討」がふさわしいと思うのですが、前後の文脈や、TOP動画でご紹介している国連総会でのヘイリー氏による発言内容(*アメリカの味方をしない国々との貿易を制限(cut)する。)を考慮し、このように解釈をしました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
常識をもった大統領を持てて幸せだ!久しくいなかったからなぁ…

2.海外のパネリスト
ヘイリーさんは、トランプにとって最高の腹心だね!!

3.海外のパネリスト
国益のために働いてくれる人たちが、ようやくホワイトハウスに帰ってきてくれたよ…

4.海外のパネリスト
>>3
ほんとにそれ!まさかアメリカを愛することのできる米大統領が誕生するとは…

5.海外のパネリスト
>>4
しかも、アメリカ生まれだよ!

(*オバマ前大統領に関しては、ケニア生まれとのゴシップが、未だ一部の人々の間で信じられています。)

6.海外のパネリスト
そろそろ中国に対して経済的な圧力をかけるべき時が来ていると思うよ。彼らは北朝鮮よりも、アメリカから多くの利益を享受しているんだからね!トランプ!奴らから搾り取ってやれ!!!

7.海外のパネリスト
彼女はCNNの番組になんて出演するべきじゃない。あいつらはフェイクニュースだぞ!

8.海外のパネリスト
>>7
君の意見には反対。CNNを見ている左翼たちの中に、彼女の発言から真実を見抜く人々がでてくるかもしれない…CNNは避けるべきものではなく、有効に活用すべきものだ!

9.海外のパネリスト
>>8
まさしくその通り!リベラル連中には教育が必要だし、彼女はその良い教師となるだろう。

10.海外のパネリスト
>>8>>9
彼らに正しい情報を精査するだけの能力があるとは思えない。

11.海外のパネリスト
中国には長年貿易で苦渋をなめさせられてきた…北朝鮮うんぬんは関係無しに、米中貿易において、何かしらの変化が必要だ。

12.海外のパネリスト
>>11
筋の通った意見だと思うよ。

13.海外のパネリスト
そろそろクリントン元大統領が、北朝鮮に核保有を許してしまったことについて、語り合うべきではないだろうか?

14.海外のパネリスト
>>13
ってか、クリントンが北朝鮮に核を売ったんだろ?

15.海外のパネリスト
>>14
正確には、核の技術…ね。

(*1994年10月、北朝鮮はアメリカのクリントン大統領との、北朝鮮との枠組み合意(October 1994 Agreed Framework)により、IAEAからの即時脱退を撤回。再度、核兵器の開発を凍結し最終的に解体することを約束する。この見返りとして、米国は以下の事項に合意した。北朝鮮に韓国標準型の軽水炉2基を供与する。軽水炉が完成するまでの間、毎年50万トンの重油を供与する。by wiki)

(*軽水炉:減速材に軽水(普通の水)を用いる原子炉である。by wiki)

16.海外のパネリスト
中国から得るべきものはなにもない。彼らが存在せずとも楽勝で生きていける。

17.海外のパネリスト
>>16
だよね~(原文:Truth~)

18.海外のパネリスト
もし今、オバマが米大統領だったら、中国に対して行える対抗処置なんて、せいぜいフェイスブックの友達一覧から、中国を外すくらいじゃない?w

19.海外のパネリスト
>>18
いやいや、それすら無理でしょ!「制限リスト」に入れるのが精一杯だよ。