(*一部の表現を修正しました。まぎわらしくてすみません。7/16 5:20)

先週の木曜日、シアトル発北京行きのデルタ航空機内にて一人の乗客(23)が突然暴れだし、それを制止しようとした乗務員が、その乗客の頭をワインボトルで殴る事件が発生した。現在、この乗客は、ワシントン州にて刑事告発されている。

起訴状によると、ファーストクラスに搭乗していたこの乗客は、トイレから出てきて後、突然、機内にある非常ドアを開けようとしたのだという。さらに、それを止めに入った乗務員や他の乗客に対して殴る蹴るなどの暴行を加えたとされる。

乱闘が激しくなる中、1人の乗務員が2本のワインボトルを手に取り、暴れている乗客の頭を目掛けて攻撃を与えた。これにより2本のワインボトルのうち、1本は割れたと報告されている。その後、この乗客は取り押さえられ、警察に引き渡されたが、犯行動機については黙秘を続けているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/gma/delta-flight-returns-seattle-passenger-assaults-flight-attendant-054204424--abc-news-topstories.html
(転載元:Good Morning America)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
この乗務員は昇進に値する!

2.海外のパネリスト
>>1
甘いね。デルタ航空だよ?割れたワインボトルの費用を、彼らの給料から天引きするさ。

3.海外のパネリスト
>>1
昇進?何に?パイロット?w

4.海外のパネリスト
そのうち、機内の様子を写した携帯の動画が流出するだろう…なんて腐った世の中だ…

5.海外のパネリスト
最近、この国には憤慨すべき出来事が多すぎる…ナルシズムとニヒリズムに満ちた現代よりも、70年前に生まれて、祖国のために戦いたかった…

6.海外のパネリスト
>>5
女性が一切の権利を保有せず、黒人への差別が今以上に激しかった時代に?

7.海外のパネリスト
1975年…始めて飛行機に乗ったとき、私はまだ8歳であった。当時は今のように規制が厳しくなかったから、乗務員が私をコックピットに入れてくれて、どのように飛行機を飛ばすのかを説明してくれたよ。

8.海外のパネリスト
>>7
同じ体験をしたことある!いい思い出♪

9.海外のパネリスト
今のアメリカ人は、目的地に着くまで、黙って座っていることすらできないのか…

10.海外のパネリスト
酒の提供を停止すべし!それで万事解決!!

11.海外のパネリスト
>>11
別に酒飲みだけが問題を起こすわけじゃないでしょ…

12.海外のパネリスト
>>11
馬鹿な人間を排除する!それで万事解決!!

13.海外のパネリスト
>>11
少なくともワインボトルは必要でしょうが!!!

14.海外のパネリスト
今後一生、この乗客が飛行機に搭乗できないようにするべきだ。

15.海外のパネリスト
>>14
そうだね。もし海外に行きたいときは、泳いだらいいよ。

16.海外のパネリスト
>>14
そんなこと言ったら、またリベラルが差別だのなんだの騒ぎ立てちゃうよ…

17.海外のパネリスト
なぜこの乗客が、こんな行為をしたかについての記述がない…

18.海外のパネリスト
>>17
同じこと思った…

19.海外のパネリスト
自己中の多い世の中になってしまったね…