先日、スウェーデンの首都ストックホルムで発生したトラック・テロの容疑者が、強制退去処分中であったことが判明した。

先週の金曜日に起きたテロ事件の容疑者が、中央アジア・ウズベキスタン出身の、イスラム国支持者である、39歳の男であることが確認された。警察によると、この人物は、2014年にスウェーデンにて、移民申請を提出したものの、2年後の2016年6月に、却下されている。

その後、2017年2月、不法滞在のため、この男に対して、国外退去処分が下されたが、テロ事件発生までの2カ月間において、拘束などは行われなかった。記者会見に応じた警察は、”彼は所定の住所(行政に届けられた住所)にいなかったのです。どこにいるか分からない人物を、国外退去させることはできない。”などと、責任逃れのコメントに終始している。

http://dailycaller.com/2017/04/09/stockholm-terrorist-was-ordered-to-be-deported-shortly-before-attack/

/------------------/
メディア(転載元):米・Dailycaller
コメント傾向:保守
コメント選出基準:人気
/------------------/

1.海外のパネリスト
最初っからこんなやつらを、受け入れていなければ良かっただけの話。時間も、金も、そして、命も…費やすことにはならなかった…

2.海外のパネリスト
>>1
スウェーディスタン(イスラム風の国名)は、イスラム法に支配されるだろう…そして、西洋諸国から離脱する…社会学者はいずれ、これを文明自殺と名づけるはずだ…内部圧力による自殺である…

3.海外のパネリスト
>>1
大きな代償を払い、彼らは学んだ。命を犠牲にして、彼らは学んだ…だが、遅すぎる…

4.海外のパネリスト
ここまでのことをされているのにも関わらず、未だにイスラム教を受け入れようとする、左翼国家が存在する理由がわからない…イスラム教徒達は、イスラム法による統治を望んでいる。そして、それを西洋のリベラル政治家達は支持しているのだ…

5.海外のパネリスト
>>4
"イスラム教徒達は、イスラム法による統治を望んでいる。そして、それを西洋のリベラル政治家達は支持しているのだ…"…この現象に病名を付けるとすれば、”基地外シンドローム”だね。

6.海外のパネリスト
>>4
国境を無くし、新たな世界秩序を打ち立てる…それが馬鹿なエリート達の理想郷なのさ…自分たちが崖の先に、追い込まれているとも気づかずに…

7.海外のパネリスト
こんなことが起きても、リベラル共は、この男を擁護するだろう…”私達が彼を受け入れなかったから、彼はテロを起こしたのだ!”と…しかし、普通に考えれば、これこそがこの男の本性であり、彼のような人物は、受け入れられるべきではないのだよ…

8.海外のパネリスト
>>7
左翼のいうことなんぞほっとけ。あいつらは権力を握り続けるために、議論をふっかけてきているだけだ。あんな奴らとの会話なんぞ、胸糞悪くなるだけ。

9.海外のパネリスト
”どこにいるか分からない人物を、国外退去させることはできない。”…だって!?なんて馬鹿で怠惰な連中なんだ!!!!!!”めんどくさいことはしたくなかった!”って、正直に言えよ!!!

10.海外のパネリスト
>>9
これぞ左翼のメンタリティ…

11.海外のパネリスト
一旦国外退去処分が下されたら、即日強制送還してほしい…

12.海外のパネリスト
>>11
ウズベキスタンに空港があるのか?

13.海外のパネリスト
>>12
パラシュートで落下するんじゃない?

14.海外のパネリスト
”彼は所定の住所(行政に届けられた住所)にいなかったのです。”…なるほど!じゃあ、警察には責任ないね!!!!!!!!!!!!!!!!(怒)

15.海外のパネリスト
>>14
まじでウケルよね。テロを起こした後なら、すぐに見つけられたくせに…

16.海外のパネリスト
受け入れなければ、国外退去処分にする必要もない。イスラム教国家に、彼らのオイルマネーで、イスラム移民の面倒をみさせよう!

17.海外のパネリスト
彼がなぜ強制送還されなかったのか…その本当の理由を、我々はみな知っている…差別主義者のレッテルを貼られたくないのだ…

18.海外のパネリスト
>>17
カナダじゃ、イスラム教を批判することは犯罪行為だよ…

19.海外のパネリスト
スウェーデンは、敵を認識することができていなかった…
スウェーデンは、敵を過小評価していた…
そして…
スウェーデンは、敵に…完全に…屈してしまった…
アメリカは、これを見習ってはいけない…