カナダ・ウィニペグに住むビクトリア・カラスさんは、食品デリバリー会社SkipTheDishesの第二面接を受ける予定となっていた。しかし、彼女が会社へと送った一通のメッセージが、全てを台無しにしてしまった。

以下、ビクトリアさんが、会社へ送った問い合わせの内容である。(抜粋)

//-----------------//
お聞きしたいことがあるんです。もし、この職につくことができた場合、時給は、どの程度いただけるんでしょうか?それと、各種社会保障も付与されますか?こんなことを聞いてしまい、すみません。面接に時間をとっていただき、ありがとうございます。
//-----------------//

これに対して、SkipTheDishes社人事課は、次のように返信を行った。(抜粋)

//-----------------//
あなたの質問は、あなたがわが社との関係を、第一の優先課題と捉えていないことを、示すものでした。それゆえ、次回の面接につきましては、取り消しとさせていただきます。
//-----------------//

ビクトリアさんは、このやり取りをツイッター上にアップロードし、「時給と社会保障について会社に問い合わせたら、面接キャンセルされた…」と、書き込んだ。それに対して、多くの同情と、会社に対する怒りの声が寄せられている。

https://www.yahoo.com/news/reason-woman-job-interview-canceled-215408983.html

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(Hello Giggles)
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気
/------------------/
 

1.海外のパネリスト
まず仕事を得てから、交渉したらよかったのに…それで、内容に不服なら止めればいいだけでしょ?

2.海外のパネリスト
>>1
僕は企業で採用の面接官を勤めているんだけど、やっぱり給料を聞いてくる人は、基本断るよ。それってやっぱり、働く動機があまりにも不純な感じがするんだよね…たとえ、今回の問い合わせがなかったとしても、面接で落ちてるよ、この娘は…

3.海外のパネリスト
>>1
最近では、一番初めに給料面について、交渉になることも多くなってきているみたいだよ…やっぱり大事なことだと思う…

4.海外のパネリスト
>>1
時給を聞くのは当たり前でしょ。わざわざ時間をとって、面接に時給を聞きに行くなんて…馬鹿みたい…あたりまえの質問です。

5.海外のパネリスト
気持ちはわかるけど…初めに聞くことじゃないかな…とは思う…

6.海外のパネリスト
>>5
初めじゃないでしょ?第二面接っていってるわけで…最初の面接でも、給与について教えてくれなかったから、聞いたんじゃないの?時給も分からない仕事、二回も面接にいくの、めんどくさいじゃん!

7.海外のパネリスト
>>5
うちでは基本、(電話で?)給与面についてから話し合うけどね…どれくらい支払うべきかわからない人を、面接には呼べないよw

8.海外のパネリスト
職業募集要項に、給与や待遇についてちゃんと明記されていないなら、その会社はダメってことだよ。

9.海外のパネリスト
俗に言う”圧迫面接(No-No's of a job interview)”って奴ね。私達はもっと雇用主に対して強く出るべき。面接に受かってから、仕事を断ってもいいし、給与面について交渉に持ち込んでもいい。私達労働者にとっては、賃金こそ、最大の関心事項なんだから…

10.海外のパネリスト
こんな会社に雇われなくて、逆によかったんじゃない?多分、もっとむちゃくちゃ言ってくるよ?

11.海外のパネリスト
題名みたとき、てっきりアリシア・シルヴァーストーンみたいな服装で、面接に行ったのかと思った…

(*アリシア・シルヴァーストーン:セクシーなアメリカの女優さん。)

12.海外のパネリスト
>>11
おれがいるwwwww

13.海外のパネリスト
>>11
むしろ受かるだろw

14.海外のパネリスト
こういう、給与や待遇面を公開したがらない企業に限って、転職率が高かったり、業績が悪いんだよね…

15.海外のパネリスト
この会社もクズだけど、ネット上でボイコットをわめき散らしている奴らも同様にクズ。

16.海外のパネリスト
リクルーターを介しているのなら、給与の問い合わせは理解できるけど、直接会社に聞くのは、どうかと思う…そりゃうざがられるよ…

17.海外のパネリスト
この間、新人の教育を任されたんだ…そいつはおしゃべりな奴で、自分の給与をうっかり口走ったんだけど…それが俺よりも多かったんだ…業績トップクラスの俺より…だから上司に文句をいって、教育担当係としての手当てを求めたんだ。結果、肩書きは変わったけど、給与は大幅に増えた…でも、こんな形で昇給するのは、不本意なんだよね…

18.海外のパネリスト
仕事の本質は、金儲けにある。