*はっぱ隊について…(By wiki)

フジテレビ系列局で放送されていた番組「笑う犬の冒険」内の一連のコントに登場する集団。2001年4月18日にシングル「YATTA!(作曲・ダンス☆マン)」でCDデビューまで果たす。同曲はオリコン初登場6位を記録。同年6月6日には完全版ビデオクリップ他収録のビデオもリリース。2003年3月13日にアメリカ・ABCの番組「ジミー・キンメル・ライブ!」にゲストとして出演した。なぜか海外の人たちにも、昔から人気が高い。

コメント&動画:
https://www.youtube.com/watch?v=rW6M8D41ZWU
/------------------/
メディア:Youtube
コメント選出基準:人気
/------------------/

1.海外のパネリスト
天国に行ったら、こんな感じに出迎えて欲しいな…

2.海外のパネリスト
>>1
じゃあ、日本に行けばいい。こういう人達がいるよ。

3.海外のパネリスト
>>1
むしろ、これは地獄でしょ?

4.海外のパネリスト
>>3
地獄の中でも一番奥のほうだよね。

5.海外のパネリスト
Youtubeはこの動画のために存在している。

6.海外のパネリスト
>>5
ほんとそう。

7.海外のパネリスト
この動画はインターネットの伝説となっている。次世代のために保存されるべき、Youtubeの貴重な財産だ!

8.海外のパネリスト
>>7
この曲を聴いていて思った…これこそ、日本の最も誇るべきものだ!

9.海外のパネリスト
彼らは日本のコメディアンなんだ。この曲が発売された2001年当時、日本は厳しい経済状況に直面していて、失業率や自殺率も、とても高かった。日本の人たちが、とても落ち込んでいた時代だった。このコメディアン達は、そんな人々を勇気付けようと、この曲を発表したんだよ。この曲が発売されてから、日本は再び力を取り戻し、実際、自殺率も驚くほど低下した。この歌の主題はとてもシンプルなもの。”たとえ辛い事があっても、毎日しっかり寝て、しっかり起きていれば、君の人生は大成功だ。仮に、裸だったとしても、はっぱ一枚しか着るのもなかったとしても、生きてさえいれば、それでいいんだ!”

10.海外のパネリスト
>>9
半裸の男たちが日本を救ったのか…

11.海外のパネリスト
>>9
この曲を聴くたびに、意味も分からず微笑んでしまっていたけど、意味を知ると、より心に染みてくるね!

12.海外のパネリスト
2005年(動画がアップロードされた年)か…100年前のように思える…

13.海外のパネリスト
>>12
年をとるわけだ…

14.海外のパネリスト
あぁ…懐かしい…11歳のときにこれを見た…今は23になっちゃったよw

15.海外のパネリスト
結婚式の時、この曲でダンスしたなぁ…

16.海外のパネリスト
>>15
Youtubeに載せるんだ!!!

17.海外のパネリスト
私の葬式にはこれを流してくれ…

18.海外のパネリスト
>>17
いや!俺の葬式では、みんなにこの曲を歌っておどってほしい!

19.海外のパネリスト 
おし、まかせろ!もしものときは、友人数人を誘って、君らの墓場で踊ってやる!!!