■ヨーロッパ右派政治家達による始めての合同会議

ドイツの都市コブレンツにおいて、
ヨーロッパ各地から右派政治家が一堂に会して、
会議が開かれた。

ドイツの右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」によって、
主催された本会議は、ヨーロッパの右派政党間結束を強める目的として、
組織され、「ヨーロッパに自由を!」を標語としている。

フランス国民戦線からマリーヌ・ル・ペン党首、
オランダ自由党よりヘルト・ウィルダース議員、
さらに、ドイツからはAfDのフラウケ・ペトリー党首など、
今日、ヨーロッパにおける反移民・反EUの舵取り役を担ってきた、
政治家達が参加した。

従来、ヨーロッパ各国において、
右派政党による大掛かりな会合は、
ほとんどみられることがなく、
あった場合でも、
秘密裏に行われることがほとんどであった。

トランプ新大統領の影響が見え隠れ…

会議では、ル・ペン氏が、メルケル首相の移民政策を厳しく批判、
「ドイツ国民の意思を無視して、無数の難民を受け入れた」と述べた。
また、トランプ新米大統領の就任に関して、
「(EU体制崩壊への)Brexitに続く、第二の祝砲だ!」と、
反EUの姿勢を鮮明に打ち出した。

トランプ新大統領のヨーロッパ右派政治家に対する影響は非常に大きく、
オランダ自由党のヘルト・ウィルダース議員は、自身のツイッターにおいて、
トランプ氏の標語である「アメリカを再び偉大にしよう!」をもじり、
「我々の国を再び偉大にしよう!」というハッシュタグを、
会議の告知ツイートに使用した。

ル・ペン党首、ウィルダース議員、ペトリー党首などは、
トランプ氏が大統領選に勝利した際に、
即座に祝辞を送るなど、親密な関係が噂されている。

大手メディアとの確執

今回の会議には、多くのメディアが駆けつけたものの、
過去の報道がジャーナリズムの基準に達していないとして、
主催者により、大手のメディアが取材を拒否されている。

排除されたマスコミ関係者からは、「これは報道の自由に対する暴挙である!」
との声も聞かれ、ヨーロッパにおける右派政治家と大手メディアとの確執が、
表面化してきている。

これは、大手メディアへの批判を続けるトランプ氏と大手メディアの関係を、
想起させるものである。

https://www.theguardian.com/world/2017/jan/21/koblenz-far-right-european-political-leaders-meeting-brexit-donald-trump