韓国の総合電子部品メーカー・サムスン電機は、
シャープを含む、パネル供給会社に対して、
LCDパネル供給を停止したことに対する賠償金4億9200万ドル(日本円:およそ550億)
を求める訴えを、国際仲裁裁判所に申し立てた。

また、国際商業会議所に対しても、
損失への賠償金、そして、
LCDパネルの再供給するよう求めた。

パネル供給停止を受け、
サムスンはLGディスプレイなど、
別のパネル会社と交渉を加速させることにより、
本件の影響を最小限に抑えようとしている。

LCDパネルの世界的な需要は急速に伸びており、
それに合わせて、価格の高騰も招いている。

http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20170120000814