NBCとウォールストリートジャーナルの合同調査によると、
アメリカ人の大部分が、トランプ時期米大統領がツイッターを使って、
様々なメッセージを発することに、反対していることがわかった。

調査によれば、回答者の69%が、
トランプ時期米大統領がツイッターを使って政治的な声明を示すことを、
「良くないアイデア」であるとし、
「ツイッターのようなインスタントメッセージは、誤った意図を伝えかねない」
との懸念に賛同している。
 
一方で、 トランプ時期米大統領のツイッター使用を支持する人々は、
全体で26%しかいなかった。

http://www.nbcnews.com/politics/first-read/nbc-wsj-poll-nearly-70-percent-americans-give-thumbs-down-n708116