海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

伊政治家「イタリアの文化がイスラムの流入により消滅しつつある!」[海外の反応]




反移民・欧州懐疑主義を掲げるイタリアの右派政党(*左派政党との見方もある。参考)である”北部同盟”の書記長マッテオ・サルヴェーニ氏が、ロイターの取材に答え、”移民の侵略を食い止める”との声明を発表した。

以下は、サルヴェーニ氏のコメントより抜粋:

”我々は今、攻撃を受けています。我々の文化、社会、伝統、そして、生き方が消滅の危機に瀕しているのです。~(中略)~肌の色を問題にしているのではありません。ただ、侵略の脅威が確実に存在していることを、訴えたいのです。もしこのまま、イスラム化が急速に進んでいけば、数百年続いてきたイタリアの歴史は、途絶えてしまうでしょう。この危機は、これまで余りにも過小評価されてきました。”

この声明は、”北部同盟”に所属する著名な議員”アッティリオ・フォンタナ”氏が、ラジオ局の取材に対して”私達イタリア人は、我々の民族、我々の白人血脈、我々の社会を今後とも存続させていくのか、それとも、(アフリカ系移民を受け入れることにより)消滅させるのかを、選択するべきなのです。”などと発言、大バッシングを受けたことに関連し、彼を擁護するため、発表されたものである。

イタリアでは、今年3月4日に総選挙を控えており、移民問題が大きな争点になっている。現在、中道右派の野党政党は、移民対策に消極的な中道左派政権を強く非難しており、世論調査でも、反移民を訴える中道右派への支持を集まっている模様。ただし、情勢は流動的である。

この4年間で、地中海を通り、アフリカなどからイタリアへと侵入した難民・移民の総数は、60万人を超えるとされている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.reuters.com/article/us-italy-election-league/northern-league-leader-says-italian-society-threatened-by-islam-idUSKBN1F4249

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/953257660996030464
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
さっさとEUから離脱すればいいのに…

2.海外のパネリスト
新世代十字軍の結成である!彼らを支援しよう!!

3.海外のパネリスト
ちょっと遅かったかな…すでに多くの野蛮人達がヨーロッパに侵入してしまっているからね…

4.海外のパネリスト
スウェーデンにおいては、素晴らしき国境開放政策のおかげで、今、国家が存続の危機に陥っている。戦うか、滅びるかの二者択一…

5.海外のパネリスト
何で欧州のムスリム達って路上で祈るの?通行の邪魔なんだけど…止めてくれないかなぁ。もし俺が道路の真ん中で突っ立っていたら、即座に警察が来て、めちゃくちゃ怒られるはず。

6.海外のパネリスト
これはフィクションではなく事実である。イタリアで起きる事は、世界中どこでも起こりうる。

7.海外のパネリスト
人海戦術による侵略行為ほど、効果的な戦術はない。

8.海外のパネリスト
それだけの危機感を持っているのなら、今すぐ、何らかの行動をとるべきだ!

9.海外のパネリスト
これまで、イタリアは地中海で漂流するアフリカ系移民・難民達を、わざわざ拾ってヨーロッパに連れてきていた。まったくもって自業自得だよ。

10.海外のパネリスト(カナダの方)
この国(カナダ)の左翼政権は、今、世界で起きている現実を直視していない。イスラム化が何をもたらすのかについて、もっと勉強するべき!

11.海外のパネリスト
ヨーロッパの政治家は嘘つきばかり…

12.海外のパネリスト
イタリア人よ!目を覚ませ!!とりあえずコーヒーを飲むんだ!!!

13.海外のパネリスト
どうやら、イタリアという国家は”肥溜め(Shit Hole)”になりつつあるらしい…トランプ大統領!アメリカを救ってくれてありがとう!!!

14.海外のパネリスト
だ・か・ら!さっさと移民達を送り返せばいいじゃないか…

15.海外のパネリスト
ムスリムの繁殖力は、凄まじいからね…数年で倍増するよ…

16.海外のパネリスト
もし俺がイタリア人なら、街中で豚を放し飼いするね…

17.海外のパネリスト
300年前、カシミールにムスリム一家が訪れた…その後、カシミール全土にムスリムが拡散することになる…「*カシミール紛争」の遠因。

(*カシミール紛争:カシミール地方をめぐって、インド共和国、中華人民共和国、およびパキスタン・イスラム共和国の3カ国が領有権を主張する地域紛争である。)

18.海外のパネリスト
もしイスラムというものが、そんなにも素晴らしいものであるのなら…なぜ、イスラムが支配する国家において、ここまで多くの問題が発生するのだろうか?
 

海外メディア「国際社会において、日本がその存在感を再び示し始めている。」[海外の反応]




(*今回の記事は、「米外交専門誌”ナショナル・インタレスト”」に掲載されたコラムの意訳となります。あらかじめご了承ください。)

ここ数ヶ月において、日本がヨーロッパ諸国との繋がりを急速に深め始めている。昨年12月、英グリニッジの国立海洋博物館にて、日英の防衛・外務両大臣による2+2会談が行われた後、今年1月には、日本の東京にて、日仏の2+2会談が開催された。

これらの話し合いでは、”インド太平洋領域における自由航行("free and open Indo-Pacific")”の重要性、及び、両国の”共通利益(common interest)”が確認された。中国やロシアの台頭をけん制する意図が見え隠れしている。

今回の日英・日仏2+2会談は、日米同盟、英仏の防衛協定、仏英米のNATO連合、*UKUSA協定などに匹敵する関係の構築を、目指したものと考えられる。

(*UKUSA協定:アメリカ合衆国の国家安全保障局(NSA)やイギリスの政府通信本部(GCHQ)など5カ国の諜報機関が世界中に張り巡らせたシギントの設備や盗聴情報を、相互利用・共同利用する為に結んだ協定のことである。)

さらに、昨年7月に合意された日欧EPA妥結によって、中国、韓国、そして、アメリカよりも大きな存在感を、今後、日本がヨーロッパにおいて示していくことになるだろう。

英仏との関係強化以外にも、日本は、隣国である中国の海洋進出を防ぐため、さらには、周辺地域の安定を実現するため、日米豪3カ国、もしくは、日米豪印4カ国による連携を、さら強めていくものと思われる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/a7b267d6-7405-3a66-857e-61c3e8926699/ss_japan-is-back-on-the-world.html
(記事元:米外交専門誌”ナショナル・インタレスト)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

記事内容が難しかったため、意訳に誤りがあるかもしれません。その場合は、ご指摘いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
日本国旗である「日の丸」が、いつの日か、中国本土に掲げられる日が来る事を願っている。

2.海外のパネリスト
>>1
在中国日本大使館では、すでに「日の丸」が掲げられているけどねw

3.海外のパネリスト
北朝鮮によるガラクタ核爆弾を使った挑発と、中国による周辺国への嫌がらせにより、日本の軍事化&核武装がより現実的になってきている。

4.海外のパネリスト
>>3
良い指摘だと思う。すべては中国の責任だ!

5.海外のパネリスト
ロシアと中国は忘れるべきではない…日本が”戦う怪獣(*ゴジラ)”を保有していることを…

6.海外のパネリスト
さて…そろそろ中国共産党のゴキブリ達(*五毛さんを意味すると思われる。)が、わんさか出てくる頃だな…

(*実際、五毛さんと思われる投稿が沢山ありました。ほとんどが低評価でしたが…)

7.海外のパネリスト
中国は、眠れる侍を起こしてしまった!

8.海外のパネリスト
やっぱり、戦後も日本に中国を統治させておくべきだった…もしそうしておけば、”大躍進政策”も”文化大革命”も発生しなかっただろうし、日本人の指導により、中国人達の各種マナーも、多少は向上していたはずだ。

9.海外のパネリスト
中国や北朝鮮は、まだ理解していないのさ…日本が再び軍事大国になりつつある現状を…。今、日本はアジア最強の海軍を保持しており、さらに技術開発においても、他国を圧倒している。日本に対する圧力は、結果的に、日本の軍事力をさらに強めるだけだ。

10.海外のパネリスト
アジアにおける民主主義の基盤は日本である!共産主義国である中国などではない!!

11.海外のパネリスト
>>10
全体主義国家である”中国”が、アジアの支配を狙っている。

12.海外のパネリスト
”日本がその存在感を再び示し始めている”だって?日本が存在感を示さなかった時などない。個人的に言わせてもらえば、日本は核武装をするべきだと思うよ。彼らがその気になれば、一週間で製造することが出来るだろう。

13.海外のパネリスト
>>12
日本は「核拡散防止条約」に調印していますよ。

14.海外のパネリスト
(中国の)影に埋もれるアジア地域において、日出づる国(日本:rising sun)の光が必要とされている。

15.海外のパネリスト
あ!中国の共産ゴキブリを発見!さっそく二匹も出てきたw

16.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>15
共産国ベトナムにボロ負けして、尻尾を巻いて逃げていったアメ公が何をほざいてやがるw

17.海外のパネリスト
>>16
言っとくが、米国はベトナム戦争に全力を投じていない。さらに言えば…朝鮮戦争時、トルーマン大統領がマッカーサーの進言に従い、核攻撃を決定していたら…今頃、中国は存在していないだろう。

18.海外のパネリスト
日本はとても貴重な同盟国だ。

19.海外のパネリスト
ここは米ヤフーのコメント欄なのか?それとも、中国のゴミ箱なのか?(*五毛さんが多いことへの皮肉。)
 

米大統領「移民法の改正は必ず行う!政府機関の閉鎖?構うものか!!!」[海外の反応]




---記事引用開始---
[ワシントン 6日 ロイター] - トランプ米大統領は6日、移民制度を巡る法律の改正で合意できなければ、連邦政府が閉鎖されても構わないとの姿勢を示した。

(中略)

現在のつなぎ予算の期限である今月8日までに移民問題で合意し、新たな予算が可決されない限り、政府機関は再び閉鎖されることになる。

一方、ホワイトハウスのサンダース報道官は6日の定例会見で「われわれは政府機関閉鎖を支持しておらず、それは職務を果たしていない民主党の責任だ。大統領は長期的な合意と移民問題での合意を望んでおり、われわれは民主党が交渉の席に着き、職務を果たすよう希望する」と述べ、トランプ氏の発言を釈明した。
---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20180207013.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米AP通信公式ツイッター
https://twitter.com/AP/status/960963791130329088
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//News Info
//------------------//

トランプ大統領が提唱する移民法の改正(*不法移民対策の強化がメイン)については、比較的多くの支持が寄せられていますが(参考)、政府機関の閉鎖を容認する今回の発言には、批判が目立ちました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
これは国家に対する裏切り行為である!事の重大性をまったく理解していない!!

2.海外のパネリスト
今回の移民法改正に関しては、多くのアメリカ国民が賛同を示している。移民達にとっても、この改正はメリットが大きい。もし、米民主党の連中が本当に移民の幸せを願うのならば、この提案を支持するべきだ。

3.海外のパネリスト
>>2
超党派による改正案の成立を拒んだのは、むしろトランプのほうだろ!!!

4.海外のパネリスト
トランプは休暇を取りすぎている!ゴルフ禁止令を作ってくれ!

(注:トランプさんは、ゴルフが超好き。)

5.海外のパネリスト
そもそも、トランプの嫁であるメラニア夫人も、1990年代にアメリカへ渡ってきた経済移民だ…しかも、その後に両親を呼び寄せている…今なら”連鎖移民(chain immigration)だ!”として、大バッシングを受けていたことだろう。

6.海外のパネリスト
トランプ「政府機関を閉鎖?構うものか!…その間、ゴルフにいけるからね♪」

7.海外のパネリスト
素晴らしきリーダーシップを、如何なく発揮してる…(*皮肉)

8.海外のパネリスト
ホワイトハウスの報道官は、いつもトランプの尻拭いをしているなぁ…

9.海外のパネリスト
昔、トランプが「The Art of the Deal(交渉の美学)」っていう本を出していたけど…彼にとって”交渉の美学”とは、取引を決裂させることなんだね…

10.海外のパネリスト
>>9
こちらにメリットがないと判断した時、交渉を取り止める決断をすることも、実際の取引では、とても大切な事なんだよ。

11.海外のパネリスト
もし政府機関が停止するようなことになれば、それは間違いなく、大統領の責任である!

12.海外のパネリスト
トランプは酔っ払っているのか?

(*トランプさんはお酒を飲まない。参考

13.海外のパネリスト
すばらしい交渉術だね…(*皮肉)

14.海外のパネリスト
前回に引き続き、米民主党のわがままにより、政府機関の閉鎖がもたらされようとしている。彼らはまるで駄々っ子のようだ。

15.海外のパネリスト
なぜトランプは、いつも米国民を傷つけようとするのだろうか…おそらく彼は、他者から愛されたことがないのだろう…

16.海外のパネリスト
約束したことをしっかりと実行する…こんな大統領は、米国史上トランプしかいない!

17.海外のパネリスト
もういやだ!耐えられない!!こんな馬鹿な大統領には、もううんざりだ!!!

18.海外のパネリスト
現在、共和党は上下両院で多数派を形成している。つまり、これは米民主党の問題ではない。共和党における内紛問題なのだよ。

19.海外のパネリスト
政府機関の閉鎖が決まれば、米経済は急落することになるだろう…


スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

最新コメント
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスランキング
ご意見・ご要望

コメントの削除・編集希望等もこちらへ!!

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。