海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

スターウォーズの新作、中国での打ち切りが続出…本場米国でも、作品の賛否が分かれている模様。[海外の反応]




---記事引用開始---

香港(CNNMoney) 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「最後のジェダイ」が、このほど中国でも公開された。しかし興行成績は世界での実績に比べると振るわず、前作にも届かなかった。

調査会社コムスコアによると、「最後のジェダイ」が中国で公開された最初の週末の興行収入は推定2870万ドル(約32億円)。トップに立ったのは中国のコメディー映画の7870万ドルだった。

スター・ウォーズ・シリーズの中国での実績は、前回までの方が好調だった。最初の週末の興行収入は「ローグ・ワン」が3000万ドル、「フォースの覚醒」は5200万ドルに達していた。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14133919/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://www.yahoo.com/news/apos-last-jedi-apos-box-155300184.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
(2019年公開予定である)「スター・ウォーズ エピソード9」のチケット売り上げは、酷いことになるだろう。(配給元の)ディズニーはマスコミに金をばら撒いて、「最後のジェダイ」に関するネガティブ報道をコントロールしているみたいだが、多くのスターウォーズファンを失望させた事実を変えることは出来ない。「ハン・ソロ」が主役のスピンオフ映画も製作中らしいけど、こういった切り売り商法は、馬鹿げているよ。第一、ハリソン・フォードが演じない「ハン・ソロ」に、何の意味がある?

2.海外のパネリスト
現在、ルーカス・フィルムは「*キャスリーン・ケネディ」によって支配されている。ゆえに、今後の「スターウォーズ」・「インディ・ジョーンズ」シリーズは、さらにフェミニスト指向の強いものとなっていくだろう。

(*キャスリーン・ケネディ:アメリカの女性映画プロデューサー。特にスティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ゼメキス監督の映画の製作に携わることが多い。)

3.海外のパネリスト
中国人だけじゃない…アメリカ人も最近の「スターウォーズ」には飽き飽きしている。

4.海外のパネリスト
>>3
その点においては…中国人に先見の明があったと、言わざるを得ないねw

5.海外のパネリスト
>>3
米映画史に歴然と輝く興行収入記録を叩き出していますが?ちょっとした銀行並みですよ?

6.海外のパネリスト
>>3
見る人が増えれば、それだけアンチも増える。それゆえ、アメリカ人に、「スターウォーズ嫌い」が増えているとしても、それが「スターウォーズ人気」の陰りを意味するわけではない。熱狂的なファンはいるが、大衆からは見向きもされない「マニア向け映画」を製作しても、しょうがないんだよ。

7.海外のパネリスト
嫌味な記事を書くよなぁ…「最後のジェダイ」がいかに素晴らしい作品であったかは、実際に見た人達皆が理解している。君達の報道なんかに騙されないよ。

8.海外のパネリスト
確かに、「最後のジェダイ」に関しては米国でも酷評が目立つよね…

(注:映画大国アメリカにおいて、映画の論評・レビューは人気が高く、「文学」レベルにまで発展している。それゆえ、使われている語彙や表現の水準も非常に高く、一般的なニュース記事などと比べ、翻訳の難易度が桁違いに高い。当ブログ管理人も何度か映画レビューの翻訳を試みたものの、すべて途中で挫折している。orz)

9.海外のパネリスト
>>8
酷評?誰が言っているの?少なくとも、僕が知っている映画評論家は、この作品を絶賛しているよ?例えば、「リチャード・ローパー(*映画評論家)」なんかは「Sun-Times紙」において、好意的なレビュー記事を寄稿していた。まぁ…ディズニーが経営するテレビ局にも出演していたけどさ…

10.海外のパネリスト
>>8
”インターネット上では、スターウォーズの新作がクソだって言われている…インターネットは俺達よりもはるかに賢い!!…強欲と差別に満ち溢れているけどね…”

11.海外のパネリスト
>>8
そんなレビュー読んだことないけどなぁ…

12.海外のパネリスト
>>8
この作品に文句を言っているのは、一部の狂った昔のファン達だけ。大部分のまともな批評家達は称賛している。

13.海外のパネリスト
かつて、映画を宣伝するため、映画に関連するオモチャが製造・販売されていた…しかし、今ではオモチャを売るために、それに関連する映画が撮られる時代になっている。

14.海外のパネリスト
なんていうか…似たようなストーリーの映画が多すぎるんだよなぁ…新作であるスターウォーズの監督達には、もっとオリジナルの物語を描いて欲しかったよ。

15.海外のパネリスト
>>14
今の映画って、アクションシーンやCGに頼りすぎている。会話にもっと重点を置くべきだと思うんだ…会話なくして、物語は成立しないんだし…

16.海外のパネリスト
今回の作品は、スターウォーズシリーズの最高傑作だと思う。確かに、初代三部作は素晴らしかった…でも、今ではただのゴミ。もちろん、今観ても面白いよ?でも、ゴミはゴミ。

17.海外のパネリスト
スターウォーズの次回作が大失敗することを、ひたすら願っている。こんな偽者スターウォーズなんて、さっさと廃れればいい。

18.海外のパネリスト
まじでつまんない映画だった…返金して欲しい。

19.海外のパネリスト
>>18
分かる。時間の無駄使い。

20.海外のパネリスト
(1977年公開)「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の入場料は1.75ドル…でも、今作の入場料は20ドル…

21.海外のパネリスト
>>20
貨幣価値が変わっているわけで…チケット売り上げ枚数も記載するべきだよ。

22.海外のパネリスト
>>20
ご老人登場。


ドイツ:イスラム法自治区設立を目指した自警団、有罪となる公算が強まる。[海外の反応]




今月11日、ドイツ連邦裁判所は”イスラム法自警団(Sharia police)”を自称し、ムスリム自治区設立を訴えていた男性達への州裁判所による無罪判決を破棄、差し戻し判決を下した。有罪となる可能性が強まっている。

これらの男性達は、2014年9月、ドイツの都市”ヴッパータール”路上にて、”イスラム法自警団(Sharia police)”と記したベストを着用し、同地域が”ムスリム自治区(Sharia-controlled zone)”であるとの文章が記載されたパンフレットを配布していたという。

ドイツにおいて、政治的な文言が含まれているユニフォームを公共の場所で着用することは、ネオナチ対策の一環として法律上厳しく禁じられており、彼らは当局に逮捕された。

これら一連の騒動は、当時ドイツメディアでも大きく取り上げられ、社会的な大反発を生んだという。しかし、2016年に下された州裁判所の判決では、”イスラム法自警団(Sharia police)”の活動を、法律違反とは認定せず、容疑者全員に無罪を言い渡した。

今回、ドイツ連邦裁判所は、下級審における審査過程を「不十分なものである。(insufficient consideration)」と厳しく批判、自警団の活動が地域社会に与えた影響を過小評価している、などと述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.washingtonpost.com/world/europe/german-federal-court-overturns-sharia-police-acquittals/2018/01/11/fcce9c82-f6df-11e7-9af7-a50bc3300042_story.html?utm_term=.76a870f3d68d
https://voiceofeurope.com/2018/01/germany-new-charges-for-shariah-police-group-that-wanted-to-create-a-shariah-zone-in-wuppertal/#.WltCAPQ4QBE.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/952506206463184896
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
イスラム法に統治されたいのなら、サウジアラビアにでも行けばいいじゃない?

2.海外のパネリスト
ただ一言:強制送還

3.海外のパネリスト
これで分かったろ?ムスリム達が他文化を受け入れることなど絶対にないのだ…彼らにとって、イスラム法こそ、如何なる法律をも超越した、至上の規則なのだから。

4.海外のパネリスト
武装警察はよう。

5.海外のパネリスト
イスラム法自警団だって!?これドイツの話なの?それとも中東?

6.海外のパネリスト
現在のヨーロッパ社会において、イスラム法が存在できる余地はない。なぜ我々が、中世時代の風習に支配されねばならないのか?欧州各国の政府は、ムスリム達に迎合すべきではない!!!

7.海外のパネリスト
民主主義国家に来て、あえて反民主主義的思想を広めようとする彼らの意図が理解できないよ…

8.海外のパネリスト
警察行為を無断で行ったことや、国家の自治権に対する罪は問われていないのか…

9.海外のパネリスト
昨年ロンドンを訪れたけど、まさにムスリム自治区だったよ。

10.海外のパネリスト
同じ事を、イスラム国家でやったら…こんな程度の罰則じゃ済まないだろうなぁ…

11.海外のパネリスト
ようやく人々が抗議の声をあげるようになったか…

12.海外のパネリスト
偽警察など、許されてはならない!!!

13.海外のパネリスト
できるかぎりの厳罰を望む!出来うるならば国外退去処分に!!!

14.海外のパネリスト
ドイツ人たちよ!目を覚ませ!!

15.海外のパネリスト
>>14
無理。支配層のリベラル達が、それを阻止しているからね…

16.海外のパネリスト
西ヨーロッパの終焉が近づいている…10年前、旅行に行っておいて本当によかった。もはや、家族を連れて行きたい場所ではない。

17.海外のパネリスト
なぜドイツ人達は、このような事態を放置しているのだろうか?

18.海外のパネリスト
>>17
差別主義者扱いされたくないんだよ…


安倍首相、対北朝鮮圧力をバルト3国に要請…海外ネットの反応は概ね好意的[海外の反応]




先週の土曜日、バルト三国を訪問中である日本の安倍首相が、北朝鮮における核・ミサイル問題の脅威を訴え、同国への圧力支援を求めた。

自国でのオリンピックを控え、北朝鮮との融和ムード演出に躍起となっている韓国とは対照的に、安倍首相は、北朝鮮に対する”最大限の圧力”を、主張し続けている。

訪問先であるリトアニアの首都ヴィリニュスにて会見を開いた安倍首相は、次のような声明を発表した。

”我々は緊密に連携を取りながら、世界の脅威となりつつある北朝鮮に対して、法に基づいた国際秩序の強化・遵守の徹底を求めていくべきです。”

先月、国連において北朝鮮への新たな追加制裁が導入され、同国に対する全精製油輸出のうち、75%が禁止されるなど、厳しい処置がとられている。

今回、安倍首相は、第二次大戦中、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人達にビザを発行し、数千人の命を救った杉原千畝氏の記念館も視察した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/japan-pm-heads-europe-amid-n-korea-tensions-035714841.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択(*日本人の方と思われるコメントは、できる限り省いています。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

元記事であるAFPの文章より:

//***//

[原文]
he hammered home his hawkish message that Pyongyang's nuclear and missile programmes pose a global threat.

[意訳]
安倍首相は、北朝鮮の核・ミサイル問題が国際社会への脅威であるという、彼自身のタカ派的(hawkish)メッセージを繰り返し強調した。

//***//

北朝鮮の核・ミサイル問題は、タカ派・ハト派関係なく、脅威だと思います。

//------------------//

1.海外のパネリスト
アジア諸国は、互いにいがみ合うのではなく、仲良くなって欲しい…

2.海外のパネリスト
アメリカは日本の味方だ。

3.海外のパネリスト
日本国民同様、同盟国に対する配慮も怠らない安倍首相が好きだ。人類社会のために活動する国家は素晴らしい。今回の記事で、初めて勇気ある杉原千畝氏の名前を知った。彼についてこれから調べてみようと思う。安倍首相、貴方に神の祝福があります様に…健康に気をつけ、お仕事頑張ってください。From 米・テキサス。

4.海外のパネリスト
日本・アメリカ・韓国がぐずぐずしている間に、北朝鮮のミサイル開発は更に進んでしまう…さっさと潰しておけばよかったのに…

5.海外のパネリスト
中国や北朝鮮の取り扱いを、日本はよく理解している。もし、米国が日本や韓国と協力して中朝問題の解決に挑めば、良い結果を得ることが出来るだろう。

6.海外のパネリスト
北朝鮮という国は、中国の支援無しに存続することはできない。つまり、全ての責任は中国にある。

7.海外のパネリスト
日本やインドを追い越さない限り、中国がアジアの覇権を握ることはないだろう。ましてや、アメリカに対抗するなど、夢のまた夢。これが現実だよ。

8.海外のパネリスト
日本は今回のバルト3国訪問によって、ロシアとの関係を深めようとしている。

9.海外のパネリスト
>>8
別にロシアは関係ないでしょ?日本が何をしても、千島列島を手放すとは思えない…もし、そんなことをすれば、在日米軍に基地を造られてしまうからね…

10.海外のパネリスト
今回の日本政府による動き(*NATO加盟国との関係強化)は、トランプ政権下における米国の影響力低下を如実に示している…

11.海外のパネリスト
>>10
そう?むしろ、日米韓連合による(対北朝鮮)戦略の一環だと思うけどなぁ…

12.海外のパネリスト
>>10
あんたみたいなリベラル主義者って、ほんと救いようがないね。トランプが示した北朝鮮への断固とした姿勢によって、日米間の絆は、これまでで最も深まっている。負け犬左翼は、せいぜい遠吠えでもしておけ。

13.海外のパネリスト
>>10
だから言っておいたじゃないか…ちゃんとお医者さんに診てもらえって…

14.海外のパネリスト
日本人がユダヤ人を助けたの?日本って東アジアの国でしょ?なんで???

15.海外のパネリスト
何故バルト3国などに行ったのか?

16.海外のパネリスト
>>15
君みたいな単細胞には一生理解できんよ。

17.海外のパネリスト
北朝鮮に核技術を提供したのは、ヒラリーとラムズフェルドだ。アメリカ政府は、米国人の安全なんか気にもしちゃいない。世界の非核化という観点から見れば、安倍首相のほうがはるかに仕事をしている。

18.海外のパネリスト
>>17
非核化などありえない!それは北朝鮮への屈服を意味し、ひいては、そのオーナーである、中国・ロシアへの従属を示すものだ!!!


スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

最新コメント
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスランキング
ご意見・ご要望

コメントの削除・編集希望等もこちらへ!!

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。