海外報道翻訳所

海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

米朝協議、合意に至らず…経済制裁解除を巡る駆け引きが原因か[海外の反応]




[ News Infromation ]

 ---[引用]ここから---

[ハノイ 28日 ロイター] - トランプ米大統領は、米朝首脳会談で合意できなかったのは北朝鮮側の制裁解除をめぐる要求が要因と述べた。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談後の会見でトランプ大統領は、「基本的に北朝鮮は制裁の全体的な解除を求めていたが、これには同意できなかった」と述べた。
 
---[引用]ここまで---

*引用元はこちら

[ News Sources ]
[ Comment Infromation ]

[コメント元]
米ヤフー
https://news.yahoo.com/president-trump-leaves-empty-handed-081838416.html
コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*161件)
[コメント選出基準]
人気・選択

[ Comments ]

1.海外のパネリスト
前回同様、何の成果も得られなかったようだ。

2.海外のパネリスト
たった一箇所の核関連施設の閉鎖と引き換えに、全経済制裁の解除を求めるなど、交渉とは言えない。トランプが席を立ったのは、正しい決断であった。

3.海外のパネリスト
>>2
会談冒頭で行った「独裁者の地位」を認めるような発言はしないほうがよかった。もしオバマ時代なら、話し合いをしただけで「弱腰」扱いされていただろう。

4.海外のパネリスト
トランプは、あの「金正恩」を「偉大なる指導者」として扱ってしまった。北朝鮮は、まさに、それを望んでいたのだ…

5.海外のパネリスト
>>4
私は民主党支持者であることを、まず最初に宣言しておく。かつて、我々はロシアと核協定を結ぶまでに、5回もの首脳会談を必要とした。その間、様々な紆余曲折もあった。今回の会談において、北朝鮮側は「何も」得ていない。彼らはもっと多くのものを期待していたはずだ。こうした話し合いは、今後も続けられていく。これは世界にとって良いことである。最も良くないことは、「何も行動しない」こと。

6.海外のパネリスト
米政府によるゴルバチョフとの巧みな交渉が、後のソ連体制の崩壊を招いた。今回の会談によって、同じことが北朝鮮に起きることを願いたい。

7.海外のパネリスト
>>6
当時のソ連と、今の北朝鮮を同一視するのはどうか?まったく状況が異なっている。

8.海外のパネリスト
>>6
トランプはとびっきり馬鹿だからなぁ…

9.海外のパネリスト
>>8
シー!!それは内緒にしておかないと!!!

10.海外のパネリスト
てっきり、金正恩とトランプは「恋仲」だと思っていたのに…

11.海外のパネリスト
>>10
トランプはプーチンのほうが好きなんだよ。

12.海外のパネリスト
会談前から「核放棄」が実際に確認されるまで、「経済制裁の解除」は行われないと明確にされていたはず…時間と金の無駄だったね。電話一本で済む話を、ずいぶんと大げさにしたものだ。所詮は、トランプショーの一部だったけだ。

13.海外のパネリスト
>>12
金正恩とのツーショット写真を示しながら、「自分がいかにノーベル賞候補にふさわしいか?」というツイートをするトランプの姿が目に浮かぶ。

14.海外のパネリスト
トランプ支持者よ。これでも「我々は勝ち続けている!」と、言えるのか?

15.海外のパネリスト
何の合意もできなかったけど、「トランプホテルin平壌」の話だけは、しっかりまとめているはず…

16.海外のパネリスト
米ソ会談の時も、メディアは「成果が出ない、成果が出ない!」と、話し合いの度に大騒ぎしたものだった。

17.海外のパネリスト
トランプは自分のことを「交渉の達人」と言っているが、実際には「交渉決裂の達人」だよね。

18.海外のパネリスト
端的に言って、北朝鮮はアメリカを怖がっている。実際、俺たちの方が遥かに強い。慌てる必要なんか、まったくないよ。

19.海外のパネリスト
>>18
(格下扱いしていた)ベトナムにはボロ負けしましたが?

米:大統領元側近、公聴会にてトランプ氏を巡る数々の疑惑を認める証言を行う[海外の反応]



(コーエン氏と、ウォーター・ゲート事件のジョン・ディーン氏との共通点・相違点が紹介されている。今回の発言が、ディーン氏の証言と同等の影響力(*大統領辞任)を持つかは、現時点で不明。)

[ News Infromation ]

【2月28日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン(Michael Cohen)被告は27日、議会証言に立ち、トランプ氏を「詐欺師でペテン師の人種差別主義者」と呼んで激しく批判した。同被告は、トランプ氏の下で10年間働いたことを恥ずかしく思うと述べた。

 コーエン被告は席上、トランプ氏は不倫相手だったポルノ女優への口止め料を違法な形で支払うことを同被告に指示したと証言。また、2016年大統領選挙の際、民主党のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)候補に打撃となる情報が内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」で公開されたことについて、同被告は、トランプ氏は事前に知っていたと述べた。トランプ氏はこれらの疑惑を否定している。


*詳細はこちら

[ News Sources ]
[ Comment Infromation ]

[コメント元]
米ヤフー
コメント傾向(*総コメント数)]
トランプ支持&不支持入り乱れ(*4869件)
[コメント選出基準]
人気・選択

[ Comments ]

1.海外のパネリスト
元顧問弁護士により、トランプが浮気相手である女性達へ、口止め料を払っていたことが明らかとなった。しかも、トランプは自身への疑惑をそらすため、彼にそれらの資金を一時的に立て替えさせていた。もしこれがオバマだったら…どうなっていたと思う?

2.海外のパネリスト
>>1
(トランプ支持の)Foxニュースは、きっとこの話題を今夜伝えないだろう。

3.海外のパネリスト
コーエンの証言を聞いていて一番悲しいのは、彼が喋っている事全て、私達がすでに知っているということなんだ。ただし、宣誓下に証言されることには意義がある。

4.海外のパネリスト
>>3
で、具体的にトランプの不正を証明する確固とした証拠は、提出されたのかい?

5.海外のパネリスト
>>3
前回の議会証言とはまったく異なることを話している。あの時だって、ちゃんと宣誓していたではないか?

(*前回の議会証言時、コーエン氏はトランプ大統領を守る発言を行っていた。今回の証言冒頭において、これらの発言が虚偽であったことを、同氏は認めている。)

6.海外のパネリスト
共和党は、コーエン氏が前回の公聴会で虚偽報告したことを責めているが…それらは全て、トランプを守るためであったことを、意図的に触れないでいる。

7.海外のパネリスト
>>6
こいつはタダの嘘つきだ!今回もまた嘘をついているだけ。こんな奴を信用するべきじゃない!!

8.海外のパネリスト
大統領の恩赦は期待できなさそうだね…

9.海外のパネリスト
>>8
彼自身、「トランプからの恩赦は受けない」って公聴会で言ってたよ。

10.海外のパネリスト
>>8
今日の証言さえなければ、かなり可能性あっただろうに…

11.海外のパネリスト
(不倫相手に渡した金額補填としての渡された)小切手のコピーを、証拠として持っているだって?だからなんだ?アンタはトランプの顧問弁護士だったんだろ?それはアンタ自身の給与じゃないのか?無料で働いていたわけじゃなあるまい?

12.海外のパネリスト
>>11
彼は口止め料の補填代金として、トランプ大統領から11枚の小切手を貰ったといいながら、今回明らかにできたのは一枚だけ…なぜ全てを公聴会に提出できないのか?

13.海外のパネリスト
共和党の連中は、コーエン批判を強める一方で、トランプを擁護する姿勢を一切見せていない。自分たちだけ助かるつもりか?

14.海外のパネリスト
>>13
コーエンの嘘を非難する前に、まず、トランプの嘘を非難するべきだ。

15.海外のパネリスト
>>13
彼の証言は推察にすぎん。君ら反トランプの連中は、空想を信じ込んでいるだけだよ。

16.海外のパネリスト
(公聴会でのコーエン氏証言より)「トランプは大統領になど、まったくなるつもりはなかった。彼が大統領選に立候補したのは、単に彼自身のブランドをより偉大にするためであり、アメリカを偉大にするためなどではなかったのだ。」

これ。

17.海外のパネリスト
少なくとも、弁護士軍団によって綿密に用意された原稿を、ただただ読み上げるだけじゃなかっただけ、トランプよりマシ…

18.海外のパネリスト
議会で偽証した人物が、大統領追求の最重要証言者として、再び議会に召喚されるという米史上初の出来事。

インド・パキスタン間にて軍事衝突が発生…大規模紛争への懸念が広まる[海外の反応]




[ News Infromation ]

[イスラマバード 27日 ロイター] - パキスタン軍報道官は27日、パキスタン領空でインド機2機を撃墜したことを明らかにした。2機のうち1機は、両国が領有権を争うカシミール地方のインド支配地域に墜落。もう1機はパキスタン支配地域に墜落し、パイロットを拘束したという。

インド政府のコメントは得られていないが、同国の警察当局は、カシミール地方でインド空軍機が墜落し、パイロット2人と民間人1人が死亡したことを明らかにしていた。

パキスタン軍報道官によると、同国はカシミール地方のインド支配地域を空爆した。その後、インド空軍機がパキスタン領空に侵入したという。

*詳細はこちら

[ News Sources ]
[ Comment Infromation ]

[コメント元]
米ヤフー
コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*358件)
[コメント選出基準]
人気・選択

[ Comments ]

1.海外のパネリスト
核を保有する敵対する二カ国が、突然、軍事衝突を始めた…一体何が起ころうとしているのだろうか?

2.海外のパネリスト
>>1
今起きている爆撃なんぞ、今日の核が持つ破壊力に比べれば、そよ風のようなものさ。

3.海外のパネリスト
>>1
インドとパキスタン両国の対立は、非常に根深い。核が使用される可能性は否定できないし、一方が使えば、必ず報復の核攻撃が行われるであろう。「冷静さが取り戻されることを祈る。」

4.海外のパネリスト
>>1
「お馬鹿なトランプ」が、余計な口出しをしないことを心から望む。

5.海外のパネリスト
パキスタンの軍じゃあ、インド軍には勝てんだろう?

6.海外のパネリスト
>>5
インドがパキスタンに勝てたのは、パキスタンに対空防衛システムが存在していなかった時代の話。地上戦においては、パキスタンが常に勝利をしていた。

7.海外のパネリスト
>>5
確かに、パキスタンの軍用車はインド軍と比べて小さいし、装備も旧式だけど…戦争というものは、常に大きな軍用車、最新式の装備を持つものが、勝利するわけではない。

8.海外のパネリスト
>>5
一体、インドが何回戦争に勝利したというのか?何度も繰り返し支配された側であろう?

9.海外のパネリスト(*おそらくインド系の方。)
1947年、カシミール地方にパキスタンが侵攻して以来、両国の対立が60年も続いている。

10.海外のパネリスト(*おそらくパキスタン系の方)
>>9
お前は歴史の授業に出ていなかったのか?カシミール地方を占領したのはインドのほうだろ?パキスタンは、カシミール地方の人々の団結を助けただけだ!

11.海外のパネリスト
>>9
イギリスが全部悪い。

12.海外のパネリスト
とりあえず、レッド・ツェッペリンの「カシミール」って曲は好き!



13.海外のパネリスト
いちいちパソコンの修理を勧めてくる「インドのコールセンター」を、パキスタンには爆撃してもらいたい。

14.海外のパネリスト
>>13
PCの使い方もロクに知らないお前のようなバカが居る限り、「コールセンター」は無くならない。今じゃ、インドのガソリンスタンド店員すら、ちゃんとパソコンを使いこなしているぞ?

15.海外のパネリスト
>>13
今は冗談をいうべき時じゃない。

16.海外のパネリスト
戦争させちゃえばいい。俺たちには関係ないよ。国連あたりがなんとかするだろ?米憲法には「世界中の紛争に参加しろ」とは、書いていないのだから…こんなものの為に金を使うくらいなら、この国の道路補修やホームレス対策をしてくれ。

17.海外のパネリスト
>>16
ヒトラーがヨーロッパを侵略した時、米国のリベラル達は、まさに君と同じような事を言っていたのだ。

18.海外のパネリスト
>>16
アメリカが他国の戦争に介入するのは、「石油」が絡んでいる時だけさ。

19.海外のパネリスト
中国よ…頼むから関わってくるなよ?アンタが今絡んできたら、もう収拾つかなくなるぞ?

スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応いたします。

当ブログの政治傾向:
保守的

RSS(全般):
http://foreignnews.biz/index.rdf

RSS(海外の反応のみ):
http://foreignnews.biz/archives/cat_382414.xml

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

関連コンテンツ
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。
ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
スポンサーリンク