海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



今月11日、ドイツ連邦裁判所は”イスラム法自警団(Sharia police)”を自称し、ムスリム自治区設立を訴えていた男性達への州裁判所による無罪判決を破棄、差し戻し判決を下した。有罪となる可能性が強まっている。

これらの男性達は、2014年9月、ドイツの都市”ヴッパータール”路上にて、”イスラム法自警団(Sharia police)”と記したベストを着用し、同地域が”ムスリム自治区(Sharia-controlled zone)”であるとの文章が記載されたパンフレットを配布していたという。

ドイツにおいて、政治的な文言が含まれているユニフォームを公共の場所で着用することは、ネオナチ対策の一環として法律上厳しく禁じられており、彼らは当局に逮捕された。

これら一連の騒動は、当時ドイツメディアでも大きく取り上げられ、社会的な大反発を生んだという。しかし、2016年に下された州裁判所の判決では、”イスラム法自警団(Sharia police)”の活動を、法律違反とは認定せず、容疑者全員に無罪を言い渡した。

今回、ドイツ連邦裁判所は、下級審における審査過程を「不十分なものである。(insufficient consideration)」と厳しく批判、自警団の活動が地域社会に与えた影響を過小評価している、などと述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.washingtonpost.com/world/europe/german-federal-court-overturns-sharia-police-acquittals/2018/01/11/fcce9c82-f6df-11e7-9af7-a50bc3300042_story.html?utm_term=.76a870f3d68d
https://voiceofeurope.com/2018/01/germany-new-charges-for-shariah-police-group-that-wanted-to-create-a-shariah-zone-in-wuppertal/#.WltCAPQ4QBE.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/952506206463184896
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
イスラム法に統治されたいのなら、サウジアラビアにでも行けばいいじゃない?

2.海外のパネリスト
ただ一言:強制送還

3.海外のパネリスト
これで分かったろ?ムスリム達が他文化を受け入れることなど絶対にないのだ…彼らにとって、イスラム法こそ、如何なる法律をも超越した、至上の規則なのだから。

4.海外のパネリスト
武装警察はよう。

5.海外のパネリスト
イスラム法自警団だって!?これドイツの話なの?それとも中東?

6.海外のパネリスト
現在のヨーロッパ社会において、イスラム法が存在できる余地はない。なぜ我々が、中世時代の風習に支配されねばならないのか?欧州各国の政府は、ムスリム達に迎合すべきではない!!!

7.海外のパネリスト
民主主義国家に来て、あえて反民主主義的思想を広めようとする彼らの意図が理解できないよ…

8.海外のパネリスト
警察行為を無断で行ったことや、国家の自治権に対する罪は問われていないのか…

9.海外のパネリスト
昨年ロンドンを訪れたけど、まさにムスリム自治区だったよ。

10.海外のパネリスト
同じ事を、イスラム国家でやったら…こんな程度の罰則じゃ済まないだろうなぁ…

11.海外のパネリスト
ようやく人々が抗議の声をあげるようになったか…

12.海外のパネリスト
偽警察など、許されてはならない!!!

13.海外のパネリスト
できるかぎりの厳罰を望む!出来うるならば国外退去処分に!!!

14.海外のパネリスト
ドイツ人たちよ!目を覚ませ!!

15.海外のパネリスト
>>14
無理。支配層のリベラル達が、それを阻止しているからね…

16.海外のパネリスト
西ヨーロッパの終焉が近づいている…10年前、旅行に行っておいて本当によかった。もはや、家族を連れて行きたい場所ではない。

17.海外のパネリスト
なぜドイツ人達は、このような事態を放置しているのだろうか?

18.海外のパネリスト
>>17
差別主義者扱いされたくないんだよ…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



先週の土曜日、バルト三国を訪問中である日本の安倍首相が、北朝鮮における核・ミサイル問題の脅威を訴え、同国への圧力支援を求めた。

自国でのオリンピックを控え、北朝鮮との融和ムード演出に躍起となっている韓国とは対照的に、安倍首相は、北朝鮮に対する”最大限の圧力”を、主張し続けている。

訪問先であるリトアニアの首都ヴィリニュスにて会見を開いた安倍首相は、次のような声明を発表した。

”我々は緊密に連携を取りながら、世界の脅威となりつつある北朝鮮に対して、法に基づいた国際秩序の強化・遵守の徹底を求めていくべきです。”

先月、国連において北朝鮮への新たな追加制裁が導入され、同国に対する全精製油輸出のうち、75%が禁止されるなど、厳しい処置がとられている。

今回、安倍首相は、第二次大戦中、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人達にビザを発行し、数千人の命を救った杉原千畝氏の記念館も視察した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/japan-pm-heads-europe-amid-n-korea-tensions-035714841.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択(*日本人の方と思われるコメントは、できる限り省いています。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

元記事であるAFPの文章より:

//***//

[原文]
he hammered home his hawkish message that Pyongyang's nuclear and missile programmes pose a global threat.

[意訳]
安倍首相は、北朝鮮の核・ミサイル問題が国際社会への脅威であるという、彼自身のタカ派的(hawkish)メッセージを繰り返し強調した。

//***//

北朝鮮の核・ミサイル問題は、タカ派・ハト派関係なく、脅威だと思います。

//------------------//

1.海外のパネリスト
アジア諸国は、互いにいがみ合うのではなく、仲良くなって欲しい…

2.海外のパネリスト
アメリカは日本の味方だ。

3.海外のパネリスト
日本国民同様、同盟国に対する配慮も怠らない安倍首相が好きだ。人類社会のために活動する国家は素晴らしい。今回の記事で、初めて勇気ある杉原千畝氏の名前を知った。彼についてこれから調べてみようと思う。安倍首相、貴方に神の祝福があります様に…健康に気をつけ、お仕事頑張ってください。From 米・テキサス。

4.海外のパネリスト
日本・アメリカ・韓国がぐずぐずしている間に、北朝鮮のミサイル開発は更に進んでしまう…さっさと潰しておけばよかったのに…

5.海外のパネリスト
中国や北朝鮮の取り扱いを、日本はよく理解している。もし、米国が日本や韓国と協力して中朝問題の解決に挑めば、良い結果を得ることが出来るだろう。

6.海外のパネリスト
北朝鮮という国は、中国の支援無しに存続することはできない。つまり、全ての責任は中国にある。

7.海外のパネリスト
日本やインドを追い越さない限り、中国がアジアの覇権を握ることはないだろう。ましてや、アメリカに対抗するなど、夢のまた夢。これが現実だよ。

8.海外のパネリスト
日本は今回のバルト3国訪問によって、ロシアとの関係を深めようとしている。

9.海外のパネリスト
>>8
別にロシアは関係ないでしょ?日本が何をしても、千島列島を手放すとは思えない…もし、そんなことをすれば、在日米軍に基地を造られてしまうからね…

10.海外のパネリスト
今回の日本政府による動き(*NATO加盟国との関係強化)は、トランプ政権下における米国の影響力低下を如実に示している…

11.海外のパネリスト
>>10
そう?むしろ、日米韓連合による(対北朝鮮)戦略の一環だと思うけどなぁ…

12.海外のパネリスト
>>10
あんたみたいなリベラル主義者って、ほんと救いようがないね。トランプが示した北朝鮮への断固とした姿勢によって、日米間の絆は、これまでで最も深まっている。負け犬左翼は、せいぜい遠吠えでもしておけ。

13.海外のパネリスト
>>10
だから言っておいたじゃないか…ちゃんとお医者さんに診てもらえって…

14.海外のパネリスト
日本人がユダヤ人を助けたの?日本って東アジアの国でしょ?なんで???

15.海外のパネリスト
何故バルト3国などに行ったのか?

16.海外のパネリスト
>>15
君みたいな単細胞には一生理解できんよ。

17.海外のパネリスト
北朝鮮に核技術を提供したのは、ヒラリーとラムズフェルドだ。アメリカ政府は、米国人の安全なんか気にもしちゃいない。世界の非核化という観点から見れば、安倍首相のほうがはるかに仕事をしている。

18.海外のパネリスト
>>17
非核化などありえない!それは北朝鮮への屈服を意味し、ひいては、そのオーナーである、中国・ロシアへの従属を示すものだ!!!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//------------//
Update 2018/1/15 3:30
メディア情報を修正「マレーシアのメディア→カナダ・トロントのメディア」:コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//------------//

---記事引用開始---

(CNN) カナダ東部トロントで12日、イスラム教徒の女性が髪を覆うスカーフ「ヒジャブ」を着けて歩いていた少女が男に襲われ、ヒジャブを切り裂かれた。

警察によると、クワーラー・ノーマンさん(11)は弟と一緒に登校する途中の路上で襲われた。男はノーマンさんのジャケットのフードを脱がせ、はさみでヒジャブを切った。

トルドー首相は同日、ツイッターを通して「カナダは開かれた友好的な国。このような事件は容認できない」と述べた。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-35113110-cnn-int

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
https://ca.news.yahoo.com/toronto-police-investigating-report-man-154352131.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

カナダ・トロントを拠点とするメディア「the Toronto Star」によると、容疑者は20代のアジア人男性だそうです。

https://www.thestar.com/news/crime/2018/01/12/man-cuts-hijab-off-girl-in-scarborough-police-say.html

//------------------//

1.海外のパネリスト
リベラルメディアはさぞ悔しがっていることだろう…この事件の容疑者が、白人でなかったことに…

2.海外のパネリスト
>>1
もし白人が犯人だったら、今頃、”差別主義者!トランプ支持者!白人至上主義者!!”などの見出しが、紙面に躍っていたことだろう。

3.海外のパネリスト
>>1
同情を得るための自作自演じゃない?

4.海外のパネリスト
>>1
トルドーって、ムスリムが犠牲者の場合は、すぐに非難声明を出すんだね…カナダ人女性達が、難民に襲撃されても黙っているくせに…

5.海外のパネリスト
なんだかこの話…信じられないんだよなぁ…

6.海外のパネリスト
>>5
ハサミでヒジャブを切った後、逃走…その後戻ってきて、また切りつけたらしい…どうせ、子供の作り話だろう。目撃者はいるのか?っていうか、一緒にいた弟がやったんだろ?

7.海外のパネリスト
最初、このニュースを聞いた時、”酷いことだ!”と憤慨した。だが、被害にあった少女の話を聞いてみると、まるでリハーサルをしたかのような口ぶりであり、かつ、使う言葉も大人びたもので、とても11歳の少女が述べるようなコメントではない。まるで大人達に言わされているかのような対応だった。犯行自体も、綿密に計算されたものだし、突発的なものではない。もちろん、少女に対する暴力は許されないが、この物語をそのまま受け入れることもできない。

8.海外のパネリスト
>>7
まぁ…嘘だからね。

9.海外のパネリスト
>>7
彼女は、リベラルメディアが用意した発声講師による個人授業を受けている。

10.海外のパネリスト
>>7
私もあの会見を見ていて同じことを思った。まるで質問される内容と答えが、事前に取り決められたかのようなやり取りだった。仮に自作自演だったとしても驚かない。

11.海外のパネリスト
ムスリム以外にも、犯罪の被害に遭っている人々は日常的にいるのだが…なぜ彼らはメディアに取り上げられないのか?イスラム教徒以外の犠牲者は、同情されるに値しないとでも言いたいのか?

12.海外のパネリスト
>>11
この事件は本当に起きたのか…それとも、イスラム教擁護論を強めるための策略なのか…

13.海外のパネリスト
そもそも、子供達にヒジャブの着用を強制するなよ…

14.海外のパネリスト
イスラム保護法制定のために仕組まれた寸劇。

15.海外のパネリスト
私が小学生だった頃、女子の髪を引っ張った男の子がいた…なぜメディアは騒がなかったのか!?

16.海外のパネリスト
実行犯は馬鹿だし、処罰されるべきだ…しかし、リベラルメディアの騒ぎ方も常軌を逸している。もし、キリスト教徒の子供が、身につけていた十字架のネックレスを千切られたとしても、ほとんどニュースにはならかっただろう…移民/難民宣伝報道は今すぐ止めてくれ!!!

17.海外のパネリスト
とりあえず…彼女にヒジャブ着用を強制した人物を、まず罰するべきだね。

18.海外のパネリスト
少女の妄想話に群がる馬鹿な人々…


このページのトップヘ