海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

米メディア「いかにして日本は銃による犠牲者を無くしたのか?」[海外の反応]



(*少し音量が大きいです。ご注意ください。*6年ほど前の動画です。)

//--------//
Update 2018/3/2
*動画注釈追加 コメントでのご指摘ありがとうございます。
//--------//

銃乱射事件が起きるたびに、米国では銃規制に関する議論が活発になる。そして、次のような問いが投げかけられるのだ。

”いかにして米国内における銃乱射事件の発生を防ぐべきなのか?”

この問題に対して、世界には着実な進展を遂げている国家がいくつか存在している。見本とすべき一例としては、1億2700万人もの人口を抱えながら、年間の銃による犠牲数がわずか10名程度しか存在しない日本が挙げられる。

イギリスの銃火器規制支持団体「Action on Armed Violence」の事務局長であるIain Overtonさんは、BBCの取材に対し、日本の取り組みについて以下のように説明する。(*意訳)

”日本では銃火器の保有が非常に厳しく制限されており、銃規制法案を成立させた最初の国家としても知られています。市民生活において、銃火器の存在を絶対に認めないとする明確な意思を、彼らは保持しているのです。”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://finance.yahoo.com/news/japan-almost-completely-eliminated-gun-200700252.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

フロリダで発生した銃乱射事件の影響もあり、元記事に投稿されたコメント数が7000を超えています。少し前までは、日本の銃規制を批判する意見もよく見られましたが、今回は称賛の声がほとんどでした。また、日本社会・家族制度の長所が紹介される一方で、アメリカ社会における家庭崩壊を嘆く声が非常に多い印象を受けました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
日本人は銃の規制だけではなく、子供の教育もよく出来ている。

(*フロリダの銃乱射事件は19歳の少年によって引き起こされた。)

2.海外のパネリスト
銃による犠牲者が年間たったの10名!?アメリカでは一日10名だよ…

3.海外のパネリスト
>>2
白人警官が黒人を撃ちまくるからね…

4.海外のパネリスト
国家組織に対する尊敬を忘れない日本とは違い、米国では警察等に対して反抗することが、美徳とされている。我々はまったく異なる文化を保有しているのだ。

5.海外のパネリスト
>>4
日本人は移民受け入れを最低限に抑えることにより、自らの文化を維持し、守っている。

6.海外のパネリスト
アメリカのような多文化社会では往々にして国民間対立が、とても強くなる傾向がある。一方、日本のような単一文化社会では、それらの問題はほとんど見受けられない。これは人種の問題ではなく、文化の問題なんだよ。

7.海外のパネリスト
>>6
米国の国民間対立は、もともと(アメリカへと移住してきた)ヨーロッパ人のDNAに起因している…所詮は内紛民族なのさ。

8.海外のパネリスト
銃の問題だけではなく、犯罪全般においても日本は抑え込みに成功している。例えば、アメリカにおいて「女性に対する暴力事件」の件数は日本の23倍に達しているし、銃を使用しない傷害事件の件数も100倍近い。これは銃の有無ではなく、「良くない行い」を決して許容しないという「日本的社会構造」がもたらす成果である。

9.海外のパネリスト
仕事で何回も日本に行ったことがあるけど、犯罪行為自体はテレビでよく報道されているよ。ただ、銃の使用はほとんど聞かない。大体ナイフが使われているみたいだね。

10.海外のパネリスト
ここオレゴン州では、そこら中に銃を保有している人々がいる。だが、それらを使った犯罪は非常に少ない。大切なことは…銃を持っている連中が、正常な精神を保有しているのか否かということなんだ。銃を乱射するような奴らは、もともと、そういう連中なのさ。

11.海外のパネリスト
銃犯罪を減らす上において重要なことは、銃規制ではなく、家族を大切にする文化や正しい道徳観念の存在にある。だからこそ、日本では公共物の破壊や、窃盗、不良少年たちが少ないのさ。

12.海外のパネリスト
>>11
まさにその通り!この国の親達は子供を自ら育てようとせず、デイケア施設に全てを丸投げしている。

13.海外のパネリスト
>>11
日本は文明社会、そして、米国は野蛮社会。

14.海外のパネリスト
>>11
家族を大切にする文化や正しい道徳観念の存在…どちらも今のアメリカでは、すでに失われているものだ。

15.海外のパネリスト
スイスでは、一定年齢以上の男性達は皆、自動小銃を自宅に保有している。だが、銃犯罪はほとんど発生していない。つまり、銃の存在が問題なのではない。

16.海外のパネリスト
アメリカは日本のような島国じゃないからね…不法移民も多いし…

17.海外のパネリスト
>>16
銃乱射事件に関して言えば、地元の白人によって引き起こされる場合がほとんどだよ?

18.海外のパネリスト
日本人は年長者、教師、警察などの国家機関に対する尊敬を常に忘れない。なおかつ、厳格な移民法が存在しており、不法移民達は即座に追放される。教師を尊敬する米国の子供達を想像できるか?不法移民に厳しく対応できる米地方行政を想像できるか?家族の絆を何より大切に思うアメリカ人を想像できるか?日本に銃犯罪が存在しないのは、銃規制だけの問題ではない。(中略)大きな津波に襲われ、甚大な被害が発生した時であっても、日本では略奪が一切発生しなかった。それに引き換え…米国にハリケーン・カトリーナが襲来した時、一体どれだけの醜い行為が被災地で繰り広げられたことか…「政府が何もしてくれない以上、生きていく為に略奪行為も許容されるべきではないか!」などという馬鹿げた反論は聞きたくもない。そんなことを言う暇があるのなら、何故日本人を見習い、清廉で尊厳のある生き方を探求しないのか?もはやアメリカの社会からは「誇り」が消え去ってしまったのだ。
 

イヴァンカさんの夫クシュナー氏、機密情報へのアクセス権限を剥奪される事態に…[海外の反応]




---記事引用開始---

アメリカ・トランプ大統領の娘婿のクシュナー上級顧問が外交など最高機密へのアクセス権限を失ったと、複数のアメリカメディアが報じた。政権内での影響力が弱まる可能性も指摘されている。

クシュナー上級顧問はこれまで、正式な許可がないにもかかわらず、暫定的な措置として外交や安全保障などの最高機密へのアクセスを認められてきた。しかし、ホワイトハウスを取り仕切るケリー首席補佐官が見直しを行い、先週、クシュナー氏のアクセス権限が格下げされて最高機密に接することができなくなったという。

アメリカメディアは背景として、本来権限のない人物が機密にアクセスしていた事例がホワイトハウス内で発覚したことから、ケリー首席補佐官がルールを厳格に適用したとの見方を示している。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180228-00000066-nnn-int

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Foxニュース公式ツイッター
https://twitter.com/FoxNews/status/968611068053422081
[コメント傾向]
保守(*クシュナー氏嫌いが多い)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございます。

トランプ支持者の間では、もともと、ユダヤ教徒であるクシュナー氏への潜在的な反発が、かなり強かったのですが、今回のニュースをきっかけとして、それらが表面化しているように思います。

//------------------//

1.海外のパネリスト
この男をホワイトハウスから追い出せ!彼にはその資格がない!!大統領の顔に泥を塗っている!!!

2.海外のパネリスト
ところで…機密情報メール送信問題で話題になったヒラリーのアクセス権限は、今、どうなっているのだろうか?

3.海外のパネリスト
やっとか…遅すぎるよ。

4.海外のパネリスト
我々のホワイトハウスから出て行け!

5.海外のパネリスト
この14ヶ月に渡り、彼にアクセス権限が与えられていたことに驚きを禁じえない…

6.海外のパネリスト
これはクシュナー氏が抱える、様々な疑惑の「氷山の一角」にすぎん…

7.海外のパネリスト
素晴らしい知らせだ!

8.海外のパネリスト
彼は選挙で選ばれていない。米政権内部にいるべき人物ではないんだ。

9.海外のパネリスト
嫁の父親に泣きついて、すぐに権限を取り戻すだろう。

10.海外のパネリスト
毎日、定例会議で大統領に報告される資料にもアクセスできていたらしい…

11.海外のパネリスト
>>10
トランプ自身も読んでいないのに…

(注:「トランプ大統領は会議資料を読んでいない&口頭で説明を受けている」というニュースが、最近話題になっていました。参考

12.海外のパネリスト
この事態をトランプは正しく理解できているのだろうか?誰か、彼のために漫画で説明してやってくれ。

13.海外のパネリスト
クシュナーはただの守銭奴さ。自らの地位を使って、金儲けに利用したんだ。

14.海外のパネリスト
ちょっと待て…彼は(名目上)中東政策担当に任命されていたはず。機密情報を知らずに、どうやって職務を果たすのか?

15.海外のパネリスト
こんなものは(ユダヤ教徒である)クシュナー氏への差別に他ならない!だが、トランプは彼を見捨てないだろう!(*皮肉?)

16.海外のパネリスト
>>15
はい?

17.海外のパネリスト
さあイヴァンカさん!遊んでいる暇はないですよ…今こそ、誠実な妻となり、夫を支えなさい。

18.海外のパネリスト
メシうまニュースw

19.海外のパネリスト
機密情報なんか、いつでも嫁の父親(*トランプさん)から直接聞けるだろ?


韓国:イヴァンカさんにだけ豪華スリッパ?同行した米報道官との待遇差が話題に…[海外の反応]




先週金曜日、米トランプ大統領の娘&大統領補佐官であるイヴァンカ氏と、ホワイトハウス報道官であるサラ・ハッカビー・サンダース氏が、平昌オリンピックにおける米国チームの激励、および、閉会式参加のために韓国を訪れた。しかし、両者に対する韓国側の対応には、大きな違いが存在していたようだ。

今回の訪問では、イヴァンカ氏とサラ氏の両者とも、韓国大統領官邸である「青瓦台」での夕食会に招待を受けていた。「室内では靴を脱ぐ」という韓国の慣習に従った2人に対し、韓国側はイヴァンカ氏にのみ「刺繍が施された美しいスリッパ」を用意、一方、サラ氏には通常のスリッパを提供しただけであったという。

この他にも、韓国側からはイヴァンカ氏に対して、2018年平昌オリンピック・パラリンピックの公式マスコットキャラクターである「スホランとバンダビ」人形などのプレゼントが、大量に送られたという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/lifestyle/ivanka-trump-sarah-huckabee-sanders-153650193.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守(反イヴァンカさん多)
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//

1.海外のパネリスト
もしヒラリーが自分の娘を補佐官として派遣していたら、縁故贔屓として大バッシングを受けていただろう。トランプの娘なら許されるのか?

2.海外のパネリスト
>>1
イヴァンカとサラは、平昌オリンピックの新競技「嘘つき&大食い大会」にでも、出場するつもりだったんだろう。

(*サラ報道官は、ぽっちゃりキャラとして扱われる場合がある。)

3.海外のパネリスト
>>1
クリントン大統領時代、ヒラリーもヘルスケア改革の責任者に任命されていたわけだが?

4.海外のパネリスト
>>1
縁故贔屓をしているのはトランプだけじゃないぞ!歴代の大統領も皆している!!

5.海外のパネリスト
他国からの贈り物は、法に違反しないのですか?

6.海外のパネリスト
>>5
同じ事をクリントンやオバマにも言ってやれ。

7.海外のパネリスト
>>5
300ドル以下(*3万円以下)なら大丈夫だった気がする…

8.海外のパネリスト
>>5
イヴァンカがもらったプレゼントは、後日、中国内にあるイヴァンカの店に商品として陳列されます。

9.海外のパネリスト
何故この人のために、私達の税金が使われねばならないのか?わずか一年で、9800万ドル(*100億円)もの金が、トランプの家族に費やされている。

10.海外のパネリスト
おいおい、誰がこんな馬鹿をアメリカ代表に選んだんだ?所詮、トランプのお遊びか…

11.海外のパネリスト
>>10
彼女は非常に優秀な起業家だよ?凄まじい利益を生み出している。ところで…彼女を馬鹿扱いする君の年収を、是非教えてくれないか?

12.海外のパネリスト
イヴァンカを含むトランプファミリーは、皆、アメリカに対する裏切り者だ!!!

13.海外のパネリスト
>>12
「悪口しか思いつかないのなら、なにもしゃべるな。」って、ご両親から教えられてこなかったのかい?

14.海外のパネリスト
サラさん…どんどん太ってきてるな…

15.海外のパネリスト
>>14
まるでウィスコンシン州の牧場にいる子牛を見ているようだ…

16.海外のパネリスト
>>14
まさにあんたの嫁。

17.海外のパネリスト
中国製イヴァンカ・ブランドの商品を、韓国に売りつけるつもりなんだろう。

18.海外のパネリスト
トランプとその家族を追放するべきだ!アメリカの恥である!!




スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。