海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

ポーランド:ユダヤ人迫害への関与を否定する法案が可決。[海外の反応]




先週火曜日、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領はユダヤ人迫害運動”ホロコースト”に対する同国の関与を指摘した人物に対して、懲役刑を科す法案に署名した。この行為は、アメリカやイスラエルの激しい反発を招いている。

ドゥダ大統領はテレビ演説の中で、今回の法案がポーランドの国際的名声を保護するものになるとの認識を表明した。しかし、ユダヤ人国家イスラエルは同法案の修正を要請、ポーランドに対して、”ホロコースト”の記憶を共に受け継いでいくよう求めた。

また、ポーランドと親密な関係にあるアメリカも、ドゥダ大統領が下した決断に遺憾の意を示している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/polands-president-duda-says-sign-holocaust-bill-law-103802549--business.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供ありがとうございます。遅くなってしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
「ホロコーストの犠牲者(*ownership of the holocaust)」であり続けることは、とても都合が良いのだろう。

2.海外のパネリスト
>>1
600万人もの人々が命を奪われたのだ…犠牲者を主張して何が悪い?

3.海外のパネリスト
>>2
600万人はさすがに誇張されすぎている。ナチスの迫害を逃れるため、ヨーロッパからアメリカに渡ったユダヤ人達も、その数字に含まれているはずだ。(*未確認情報)

4.海外のパネリスト
>>2
犠牲者であり続ければ、それによって様々な恩恵を得られるからね。イスラエルにおいて”ホロコースト”を否定する人々は、5年以上の懲役刑になるらしい…言論の自由は何処にいったのか?

5.海外のパネリスト
結局、アメリカって国はイスラエルの奴隷・植民地なんですよ。イスラエルという国は、本来ドイツが単独で行っていたホロコーストという行為を、全世界の責任に摩り替えようとしているんだ。

6.海外のパネリスト
ユダヤ人収容施設がポーランドにあったのは確かだけど、それだけで彼らに”ホロコースト”の責任があるとはいえない。当時はドイツによって侵略・占領されていた訳だし、それらの収容所も、ナチスが建築・運営していたものだ。ポーランドに発言権はなかっただろう。

7.海外のパネリスト
ポーランドにおけるユダヤ人迫害というものは、ナチスの侵略がもたらした副産物である。ポーランド自体も、第二次世界大戦で数百万人の国民を失った…彼らもまた犠牲者なのだ。

8.海外のパネリスト
歴史を知らない若い人々は、メディアの報道に騙されて、ポーランドがユダヤ人を迫害していたと信じることだろう。しかし、メディアが伝える情報全てが正しいとは限らない。故意で有る無しに関わらず、大衆を大きくミスリードするものも存在している。

9.海外のパネリスト
>>8
実際ユダヤ人迫害に加担したポーランド人がいたことも事実だ。ポーランド政府が今すべきことは、過去の行為を反省し、悔い改めた姿を示すことではないのか?このような法案が成立することは、ポーランドに対する良くない印象をもたらすだろう。

10.海外のパネリスト
ポーランド内にあったナチス収容所は、ポーランドとはまったく関係のないものだ。彼らを”ホロコースト”の加害者扱いすることは、ポーランド人、ひいては、”ホロコースト”の犠牲になったユダヤ人やその他の民族に対する侮辱である。このようなポーランドに対する誹謗中傷は、ヨーロッパの保守勢力台頭を危惧する、左翼達の嫌がらせに過ぎない。

11.海外のパネリスト
>>10
収容所がポーランドに存在しただけで、ポーランドが”ホロコースト”の加害者扱いされるのは、確かにおかしい。マルクスやレーニンがユダヤ系であることを理由に、共産主義とユダヤ主義を同一視するようなものだ。

12.海外のパネリスト
>>10
ポーランド人はそれらの強制収容所で、数百万人のユダヤ人が犠牲になったことを知っていたはずだ。責任を逃れることは出来ない。

13.海外のパネリスト
>>12
それまで隣人として接していた近所のユダヤ人達を、ナチスに告げ口したポーランド人も沢山いた。

14.海外のパネリスト
イスラエルさんには、ぜひとも、パレスチナについてのご見解も伺いたいね。

15.海外のパネリスト
これまでアメリカは中国に対して、日本の戦中行為を許し、関係改善を行うよう求めてきた。それならば何故、イスラエルに対しても同じ態度がとれないのか?

16.海外のパネリスト
もういい加減、”ホロコースト”の話は止めにしないか?いつまでこの問題を引っ張るつもりなんだい?

17.海外のパネリスト
>>16
それによって利益を得る国家が存在しているのさ…

18.海外のパネリスト
>>17
学ばれないものは、忘れさられてゆく…忘れさられたものは、決して学ばれることはない。歴史的事実や蛮行は、後世のためにも、そして、再び繰り返さないためにも、伝え続けねばならない。

19.海外のパネリスト
ポーランドよ、アメリカとイスラエルに”うせろ!!(go suck a lemon)”と言ってやれ!

20.海外のパネリスト
”ユダヤ人って可哀想でしょ?キャンペーン(the Propaganda of poor jews)”には、もうお腹一杯です。


トランプ米大統領、北朝鮮・金正恩委員長との会談に応じる意向を示す[海外の反応]




---記事引用開始---

 【ワシントン、ソウル時事】トランプ米大統領は8日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の要請を受け入れ、5月までに米朝首脳会談に応じる意向を示した。

 現職米大統領と北朝鮮の最高指導者の会談が実現すれば初めて。4月末に予定される南北首脳会談に続き、米朝のトップ会談が開催されれば、朝鮮半島をめぐる緊張が緩和し、非核化実現につながる可能性もある。だが、外交担当者による入念な準備を経ずにトップダウンで交渉を進めるやり方は今後曲折も予想される。

 訪米した韓国の鄭義溶国家安保室長がトランプ氏らと会談し、5日からの訪朝時の金委員長との会談結果を説明。韓国大統領府高官によると、金委員長はトランプ氏へのメッセージの中で「直接会い、話をすれば大きな成果を出すことができるだろう」と敵対してきた北朝鮮との関係の転換に期待を示した。トランプ氏はこれを聞き、「よし、会おう」と会談受け入れを即断したという。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14409593/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://www.yahoo.com/news/donald-trumps-meeting-kim-jong-un-big-gamble-make-world-much-dangerous-place-092502922.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

一部の海外メディアにおいては、今回の決断に対する懸念の声が存在する一方で、米ヤフーのコメント欄などでは、米朝会談実現に対して、肯定的な意見が比較的多く見られました。

しかし、これまで北朝鮮が度重なり約束を反故にしてきたこと、また、(今回の会談実現を積極的に仲介してきた)韓国政府による「日本外し」の意向が見え隠れすることなど、米朝対話の有効性には、疑問が残ります。(*米朝会談実現の発表を、韓国の政府高官がホワイトハウスで行ったことにも少し違和感…まるで北朝鮮特使…)

仮に、核・ミサイル開発が凍結・破棄されたとしても、それだけで北朝鮮が抱える諸問題全てが解決する訳ではありません。米国や韓国にとっては、北朝鮮からの核・ミサイルによる攻撃阻止こそ、一番の優先順位かもしれませんが…

//------------------//

1.海外のパネリスト
全面的核戦争を繰り広げるよりも、話し合いを持つことのほうが大切。

2.海外のパネリスト
>>1
話し合いをしたからといって、全面的核戦争の勃発を防げるとは限らないぞ?

3.海外のパネリスト
もしこれが上手くいけば、歴史的な偉業となる。この会談が成功した暁には、トランプを支持する支持しないは別にして、大いなる賛辞を彼に与えるべきだ。

4.海外のパネリスト
>>3
俺はトランプが大嫌いだが…上手くいけば褒めてやるよ。

5.海外のパネリスト
トランプの失敗を願いすぎる余り、「交渉の失敗→北朝鮮との核戦争」を熱望する左翼の存在に辟易する。

6.海外のパネリスト
かつて、英首相チャーチルはこう述べた…「下らないおしゃべりであっても、戦争をするよりかはマシである。(Jaw Jaw is better than War War)」確かに、物議を醸したニクソンの中国訪問でさえ、長期的視点から見れば、成功だったと言えるだろう…

7.海外のパネリスト
チャーチルはこうも述べている…「虎の口に頭を入れながら、それと話し合うことは出来ない。」

8.海外のパネリスト
仮に北朝鮮の非核化と南北統一をトランプが導いたとしても、メディアは彼を叩き続けるだろう。

9.海外のパネリスト
なんでこれに文句を言う奴がいるの?外交交渉による解決が誰にとっても一番でしょ?

10.海外のパネリスト
>>9
これまでティラーソン国務長官に対して、北朝鮮との外交交渉を禁じてきた人物こそ、まさにトランプ総統ご自身なのですが?

11.海外のパネリスト
この期に及んでも、メディアはトランプの批判ばかりだね…それしか報じることがないのだろうか?

12.海外のパネリスト
僕はトランプのファンじゃないけど、彼は歴代大統領の中で、一番北朝鮮の非武装化に対して尽力していると思う。それは認めてあげるべきじゃないかな。

13.海外のパネリスト
>>12
まぁ、交渉だけはすればいいんだよ。実際に核やミサイルを放棄するまで、制裁を続ければいいだけの話なんだから。

14.海外のパネリスト
>>12
過去の米政府も、北朝鮮対策はずっと行ってきた。だが幾度にも渡り、彼らに騙されてきたんだよ。歴史を無視すれば、必ずそれが繰り返される。

15.海外のパネリスト
一部の米メディアは、トランプが主導する和平を望まないだろう。

16.海外のパネリスト
>>15
彼らは、アメリカが利すること全てに反対するからね。

17.海外のパネリスト
イスラエル・パレスチナ紛争を解決し、世界中全ての飢饉や内戦を終結させ、様々な難病の治療法を生み出したとしても、左翼達はトランプを嫌う口実を見つけ出すだろう。

18.海外のパネリスト
なんにせよ、今の状態を続けるわけにはいかない…何かしら行動を始めねば…


独:大規模反メルケル・デモが発生するも、主要メディアからは極右扱いされている模様[海外の反応]




先月、ドイツの都市カンデルにて大規模な反国境開放&反メルケル・デモが発生した。同都市では過去に、15歳の地元少女が、アフガニスタン出身の難民に襲われ、命を落とす事件が起きている。

当初、ドイツメディアはデモの参加者を約1500名と報じていたが、地元警察の発表により、正確な参加者が4500名以上であることが判明、報道を訂正している。

同デモの参加者達は”メルケルは退陣すべき!”、”我々は沈黙しない!”、”ドイツを愛さないものは、ドイツから出て行け!”などと繰り返しながら、行進を行っていたとされる。

一部のドイツメディアは、彼らをナチス支持層の右派を暗喩する単語”rechten”などと表現しており。また、動画共有サイト”Youtube”では、同デモのライブ中継が強制的に中止されたという。

このデモを巡っては、取材に訪れた報道陣に対して警察が撮影禁止を命ずるなど、様々な圧力が報告されている。これは、公共場における撮影の自由を認めたドイツの法律に反する行為だ。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/03/germany-youtube-try-censor-increasing-anti-merkel-protests-country/#.Wpwvq65z5rQ.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/970353497731469312
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ついにドイツの人々が目覚まし、そして、行動を始めた。しかし、大手メディアは決してこれらを好意的に報じないだろう…

2.海外のパネリスト
最近ではカンデル以外でも、ドレスデン、ハンブルグ、コトブスなどの各独都市で、反メルケル・デモが毎日のように行われている。

3.海外のパネリスト
2016年のトランプ大統領選挙決起集会を思い出す。ここに集まる人々こそ、真に国を案ずる一般市民達なのだ。

4.海外のパネリスト
メルケル嫌いのドイツ人たちには、心から同情するよ。

5.海外のパネリスト
こういった動きに圧力がかかるようじゃあ、もうドイツはオシマイだね。確かに、差別心を持って参加している連中も少しはいるかもしれないが、それはあくまで一部だ。言論の自由は認められねばならない。

6.海外のパネリスト
真実を語り続けろ!決して彼らに支配されてはいけない!!徹底的に戦うんだ!!!

7.海外のパネリスト
あらゆる批判を全て統制するなんて、絶対に無理だよ…デモの参加者全員を逮捕しない限りね。

8.海外のパネリスト
日々、安全な場所でのうのうと生きているメルケルには、私達の状況を理解できないだろう。我々は今、狼の群れに投げ込まれた「羊」のようなものだ。

9.海外のパネリスト
このままいけば、ドイツもいずれ、中国のような全体主義国家へと変貌を遂げることにだろう。

10.海外のパネリスト
米Foxとかの保守系メディアにデモの映像を送ればいい。きっと取り上げてくれる。

11.海外のパネリスト
知り合いのドイツ人達は、皆、メルケルの政策に異議を唱えている。彼女は古臭い東ドイツ出身者だからね…21世紀を生きるだけの文化的価値観がないんだよ。

12.海外のパネリスト
国家による検閲を甘く見てはいけない。これこそ、グローバリズムの根幹を担う行為なのだ。

13.海外のパネリスト
我々は共に手を取り合い、立ち上がるべきなのだ!

14.海外のパネリスト
>>13
今こそ、私達の体に寄生するヒル達を一掃するべき時が来た!!!

15.海外のパネリスト
一部のEUメディアは、今回のデモ参加者達を”極右主義者(rechtspopulisten:ドイツ語?)”だと断定、地元住民たちから恐れられている、と報じている…嘘ばかり!

16.海外のパネリスト
私の国フィンランドでも、ネット上で政府や、移民、イスラムなどへの批判的な見解を示すと、YoutubeやFacebookから検閲を受けたり、アカウントを凍結される事態がおきている。

17.海外のパネリスト
今ドイツに必要なのは、デモじゃなくてクーデターだよ。国を取り返さなきゃ…

18.海外のパネリスト
いずれ、国家が望まない情報は一切ネット上に投稿できなくなるだろう。
 

スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。