海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



ドイツの首都ベルリンにおいて、「女性への暴力・性的嫌がらせ事件」が急増、深刻な社会問題となっている。ドイツ紙”Bild”によると、2017年度、ベルリン警察が対応した「女性への暴力・性的嫌がらせ事件」の総数が295件に達していることがわかった。これは2016年度の156件と比べ、およそ、2倍の数値となっている。

今年に入ってからも、これら傾向は顕著であり、年明けわずか二週間たらずで、11件もの性的被害が、報告されているという。

ベルリン警察によると、「女性への暴力・性的嫌がらせ事件」が急増している原因として、「法律の厳格化(“tightening of the law”)」をあげている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.bild.de/regional/berlin/sexualstraftat/mehr-sexualdelikte-in-berliner-oeffis-54619880.bild.html
https://voiceofeurope.com/2018/01/explosion-sexual-assaults-harassments-berlins-public-transport/#.WnHMM8hvkh4.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/958701780350767104
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
一体、ドイツの男共はどこにいるんだ!?自国の女性を守ることすらできんのか!?

2.海外のパネリスト
ドイツ女性の皆さん、護身武器にはアイスピックがおススメですよ。

3.海外のパネリスト
ありがとう!メルケル!!

4.海外のパネリスト
とても悲しいことだ…だが、こういった話題が報道されるだけ、ドイツはまだマシなのかもしれない…アラブ諸国においては、女性の犯罪被害など、ほぼ無視されてしまう。

5.海外のパネリスト
>>4
君は何言っているんだ?ヨーロッパにはもう「言論の自由」など存在しない。ムスリム犯罪者を糾弾しただけで、イスラム教恐怖症者のレッテルを貼られ、検閲を受ける事になる。

参考記事:6.海外のパネリスト
男ばかりの移民を受け入れ続けてきたのだ…そりゃこうなるだろう。

7.海外のパネリスト
女性が犯罪被害に苦しめられる話には、もうウンザリしている…たまには、男が女性に虐げられるニュースも聞いてみたいものだ。

8.海外のパネリスト
これだけの問題が噴出しているのに、イギリスのメイ首相は、Brexitの実行をあと数年遅らせようとしている。ふざけた話だ!彼女は即刻追放されねばならない!!!

9.海外のパネリスト
リベラル達の反応:これも多様性のひとつ…受け入れなさい!

10.海外のパネリスト
品行方正な移民達を送ってくれてありがとう!!!

11.海外のパネリスト
全てEUの責任。

12.海外のパネリスト
多分ドイツ人達は、なぜこんな状況になっているのか、まったく理解できていないんだろうなぁ…

13.海外のパネリスト
多様性とは、”強さ”ではなく、”弱さ”なのだ。

14.海外のパネリスト(*写真)
メルケル「慣れろ。」

15.海外のパネリスト
ドイツにおいて、野性動物などに(護身用の)ペッパースプレーを使用することは可能であるが、対人間に対しては許可されていない…法律を変更する必要がある。

16.海外のパネリスト
こんなニュース、僕は信じないよ!だって、イギリスの大手メディアでは一切報じられていないもの!!!(*皮肉)

17.海外のパネリスト(*写真)
イスラムの男性達にとって…女性は商品であり、奴隷である。彼らは女児とも結婚でき、複数の妻を持つことができる。女性達の権利は著しく制限されており、男性達は彼女達を完全に支配している。これこそ、男がイスラムに惹かれる最大の理由だ。

18.海外のパネリスト
ドイツ人はメルケルに票を投じた…彼らは、この悲劇を自ら招いたのだ。

19.海外のパネリスト
これらの加害者を責めてはいけない…差別者扱いされてしまうからね?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


*ニュース動画の題名:"100% of French women" sexually harassed at least once on public transport(”フランスの女性は100%、公共交通機関において、最低でも一度は痴漢被害に遭っている。”)

フランス国家犯罪対策局(France’s national crime agency)の報告によると、2015~2016年の2年間にかけて、同国の公共交通機関における女性の犯罪被害者数が、22万人以上に達していることが明らかとなった。これらの犯罪には、性的暴力、キス、痴漢などが含まれている。

同局によると、これらの数値は”控えめな見積もり(conservative estimate)”であるとされ、実際の件数は、より多いものと思われる。その上で、家庭や路上などの犯罪と同様に、公共交通機関・施設などにおける犯罪への注意を促している。

公共交通機関における犯罪率の高さは、首都パリにおいて特に顕著であり、他のフランス都市と比べ、7倍近くになっているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.reuters.com/article/us-women-france-sexcrimes/220000-women-sexually-harassed-on-public-transport-in-france-study-idUSKBN1EF2J2
https://voiceofeurope.com/2017/12/hundreds-of-thousands-of-women-sexually-harassed-and-assaulted-on-french-public-transport/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/944904760498540545
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択
//------------------//

1.海外のパネリスト
あれ~?どうしてですかねぇ~??(*皮肉)

2.海外のパネリスト
フランスの女性達には、テーザー銃をプレゼントするべきだね。

3.海外のパネリスト
私の国であるインドも、似たような状況になっている…

4.海外のパネリスト(*写真)
”人を撃つのに、憎しみはいらない。ただ職務に忠実であれば良いのだ。” By *ジェームズ・マティス

(*ジェームズ・マティス:現アメリカ合衆国国防長官。海兵隊大将としてアメリカ統合戦力軍司令官、NATO変革連合軍最高司令官、アメリカ中央軍司令官を歴任した。狂犬、戦う修道士などの異名を持つ。)

5.海外のパネリスト(*写真)
毎日、銃ショップの商品棚で、数々のライフルが埃を被っている。今こそ行動すべき時!護身用銃を持とう!!!

6.海外のパネリスト(*写真)
”私は「明白な真実」、「簡潔な議論」、そして、「当たり前の常識」を提供しているに過ぎない。” By *トマス・ペイン

(*トマス・ペイン:18世紀に活躍したイギリス出身のアメリカ合衆国の哲学者、政治活動家、政治理論家、革命思想家。)

7.海外のパネリスト
*ハーヴェイ・ワインスタインは、今フランスにいるらしいw

(*ハーヴェイ・ワインスタイン:アメリカ合衆国の映画プロデューサー。2017年に女優などへのセクシャルハラスメントを長年に亘って行っていたことが明るみに出て、様々な役職を剥奪された。全世界に広まった反セクハラ運動の発端。)

8.海外のパネリスト
フランスって、ローマ帝国とか、ゴート族とか…支配されてばっかりだよね…

9.海外のパネリスト(*イギリスの方)
今回の出来事に関していえば、宗教は関係ない…フランス人として生きながら、精神を病まない人間などいないのだ。つまりは、そういうことさ…

10.海外のパネリスト
なんでこんな状態が許されているのか?

11.海外のパネリスト
おかしい!おかしい!おかしい!!!なぜ!?なぜ!?なぜ!?!?!?

12.海外のパネリスト
(*移民を擁護していた)マクロンに票をいれた女性達も、これらの被害に遭っているのだろうか?だとすれば、ぜひとも彼女達には現実を悟り、次回の大統領選挙においては、正しい判断を下してくれることを祈る。

13.海外のパネリスト
これは痴漢という行為を利用した公共空間の侵略に等しい。当局はもっと真剣にこの問題に取り組むべきだ。これを放置すれば、より深刻な事態を招くことになるだろう。

14.海外のパネリスト
イスラムとは、宗教の振りをした戦争の手段である。

15.海外のパネリスト
>>14
フランスが正気を取り戻すまで、旅行にはいかない。

16.海外のパネリスト
EU政治家「欧州の女性達は、これらの出来事を受け入れるべきです…これは、移民達の生き方なのですから…」

17.海外のパネリスト
え~誰がそんなことしてるんですか~見当もつかないなぁ~(白々)

18.海外のパネリスト
全ての車両に警備員を配置すべきかもね…もしくは…在仏ムスリムを全て追い出すか…

19.海外のパネリスト
なぜ攻撃者たちの情報が公開されていないの?
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



先週火曜日、オーストリアとハンガリーの首脳がウィーンにて会談を行い、EUの移民政策に対して、共同で対抗していくことを誓い合った。

右派として知られるオーストリア首相セバスティアン・クルツ氏は、同じく保守派であるハンガリー首相オルバーン・ヴィクトル氏との協議において、移民の流入経路となっているバルカン・ルートの閉鎖、及び、EU国境管理の厳格化を話し合ったという。

また、クルツ氏はEUによる移民割り当て制度も批判し、EU加盟国への圧力を止めるよう訴えた。以下はオルバーン氏との、共同会見におけるクルツ氏の発言。

”EU各国が抱える最大の課題は、ヨーロッパに流入する不法移民達を食い止めることであり、さらに、それら不法移民の発生地である起源国に対して、適切な支援を行うことにある。欧州諸国に難民達をばら撒いたところで、これらの問題は解決しない。("A key task of the EU - of us as member states - must be to stop illegal migration into Europe and to develop aid in the countries of origin. Only distributing (refugees) in Europe does not work,")”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.euronews.com/2018/01/30/austria-s-kurz-backs-hungary-s-orban-against-eu-migrant-quotas

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/959074488959885312
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
すばらしい知らせだ!ヨーロッパの国境は尊重されねばならない!!

2.海外のパネリスト
*ヴィシェグラード諸国には、今後とも頑張ってほしいな。

(*ヴィシェグラード諸国:チェコ・スロバキア・ハンガリー・ポーランドの中央ヨーロッパ4カ国を示す。)

3.海外のパネリスト
ようやく常識的な思考回路が、欧州に戻ってきたようだ。

4.海外のパネリスト
どうせなら、*オーストリア=ハンガリー帝国の復興を協議すればよかったのに…

(*オーストリア=ハンガリー帝国:かつて欧州に存在した国家。ハプスブルク帝国の一つであり、その最後の形態である。)

5.海外のパネリスト
国境を守ることは、国家を守ることである!!!

6.海外のパネリスト
ヴィシェグラード諸国の4カ国は、EUの移民政策に対して、果敢に抵抗している!これからも、この調子で突き進んでくれ!!!

7.海外のパネリスト
現在までに、7つのEU加盟国が、移民割り当て制度に反対を表明しているようだ…この傾向が、西ヨーロッパ諸国にも、広まってくれればいいんだけど…

8.海外のパネリスト
祖国を愛する誇り高き人々だ。

9.海外のパネリスト
やっぱり国境管理は絶対に必要だよ。

10.海外のパネリスト
少しづつではあるが、EU諸国が、現状の深刻さを理解するようになってきた。

11.海外のパネリスト
やはり難民の受け入れは、制御可能な範囲にとどめるべきなんだよ。他の国家も彼らを見習ったほうがいい。

12.海外のパネリスト
この問題に対処できない国は、いずれ、人口爆発という別の問題を抱えることになるだろう。

13.海外のパネリスト
欧州諸国は、イギリスが起こしたEU離脱運動に参加すべきだ。

14.海外のパネリスト
そのうち、どこかの賢明な旅行会社が”「絶対安全な」EU諸国限定ツアー”を企画するだろう。

15.海外のパネリスト
ハンガリーもオーストリアも、「移民・難民流入」の被害者だからね。

16.海外のパネリスト
EUの移民政策が失敗したことによって、欧州諸国は、自国の統治権強化を推進し始めている。EU支配からの脱却は、良いことだ。

17.海外のパネリスト
近年、難民を装う侵略者達が、大量に流入してきているが、これらの部外者達に対して、如何なる対応もしない国家は、もはや愚かとしかいえない。一体どれだけの被害を目にすれば、現実を悟るのか?

18.海外のパネリスト
国境管理を厳格化すれば、すべて解決する。


このページのトップヘ