海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//---------//
Update 2018/2/12
注釈追加 *コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---------//

(注:この記事内容自体は1年半ほど前の話題となります。海外コメントに関しましては、最新のものとなります。)

先週土曜、ドイツの週刊誌”Der Spiegel”は、独連邦財務省が取りまとめた会議用仮資料を引用し、2020年までに、ドイツ政府が難民対策費用として、約12.4兆円もの資金を費やす予定であることを報じた。

今回の報道は、昨年100万人以上もの難民を受け入れ、反移民感情が沸騰しているドイツ国民の感情をさらに炎上させるものになりうるだろう。(The figure is likely to stoke concerns)

”Der Spiegel”によると、独財務省の算出したこれらの難民費用には、彼らの住居や生活適応の支援、さらには、難民を生み出す起原国家への対策費が含まれているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.reuters.com/article/us-europe-migrants-germany-costs/german-government-plans-to-spend-93-6-billion-euros-on-refugees-by-end-2020-spiegel-idUSKCN0Y50DY

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/962099963323969539
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

最近、ロイターによる保守系記事の配信が少し目立ちます…気のせいかもしれませんが…

参考: 伊政治家「イタリアの文化がイスラムの流入により消滅しつつある!」

//------------------//

1.海外のパネリスト
グローバリスト達によって定められし運命…

2.海外のパネリスト
なぜ自国の高齢者達にそれらの予算を使うことができないのか?移民達など、犯罪予備軍に過ぎない!今すぐ侵入を阻止すべきだ!!!

3.海外のパネリスト
ここカナダでも同じことが起きている。トルドー加首相は、この国に尽くしてきた退役軍人に対して、労わるどころか、さらなる負担を要求している!

4.海外のパネリスト
どの国家においても、自国民がまず最優先であるべきだよ!

5.海外のパネリスト
ドイツが経済的に潤っているからこそ出来る政策…だが、それも長くは続かないだろう。

6.海外のパネリスト
米カルフォルニア州みたいになってきたね…

(*米カルフォルニア州は、アメリカの中でもリベラル勢力が非常に強い。)

7.海外のパネリスト
メルケル独首相は、自らがドイツに対して行ってきた数々の蛮行に対して、心から反省しなくてはいけない!

8.海外のパネリスト
このニュース…まったく知らなかった…恐らく、この手の話題を広めたくない人達が、沢山いるのだろう…

9.海外のパネリスト
彼らを反面教師とするべきなんだ…祖国を守るためには、保守系政治家を当選させる必要がある!

10.海外のパネリスト
フランスでは、移民達が沢山の支援を受ける一方、フランス人の高齢者ホームレス達が病院にも行けず、住居も与えられず、途方にくれている。

11.海外のパネリスト
ドイツよ!君達の苦難はまだまだ続く。アメリカで今審議中の新移民改正法が成立した暁には、米国内にいる多くの不法移民達が、あなた達の国を目指すことになるだろう。その数は180~400万人規模となる…よくよく準備をしておきたまえ。

12.海外のパネリスト
自国民を見捨て、侵略者達の面倒だけ見るのか?

13.海外のパネリスト
イギリスも他国を笑えない…

14.海外のパネリスト
>>13
オランダも然り…

15.海外のパネリスト
一度動き始めてしまったもの(イスラム化)を、止めることは難しい…もはやドイツは、まったく違う国になってしまったのだ。

16.海外のパネリスト
まぁ…政治家にとって…若い男性移民達のほうが、自国の高齢者達よりも、”都合の良い有権者(候補)”になりうるからね…そりゃ移民を優遇するさ…

17.海外のパネリスト
米民主党も、移民票欲しさに同じような政策を訴えていたなぁ…

18.海外のパネリスト
悲しいけど、これはドイツ人達が自ら決めた事…しょうがないね。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



反移民・欧州懐疑主義を掲げるイタリアの右派政党(*左派政党との見方もある。参考)である”北部同盟”の書記長マッテオ・サルヴェーニ氏が、ロイターの取材に答え、”移民の侵略を食い止める”との声明を発表した。

以下は、サルヴェーニ氏のコメントより抜粋:

”我々は今、攻撃を受けています。我々の文化、社会、伝統、そして、生き方が消滅の危機に瀕しているのです。~(中略)~肌の色を問題にしているのではありません。ただ、侵略の脅威が確実に存在していることを、訴えたいのです。もしこのまま、イスラム化が急速に進んでいけば、数百年続いてきたイタリアの歴史は、途絶えてしまうでしょう。この危機は、これまで余りにも過小評価されてきました。”

この声明は、”北部同盟”に所属する著名な議員”アッティリオ・フォンタナ”氏が、ラジオ局の取材に対して”私達イタリア人は、我々の民族、我々の白人血脈、我々の社会を今後とも存続させていくのか、それとも、(アフリカ系移民を受け入れることにより)消滅させるのかを、選択するべきなのです。”などと発言、大バッシングを受けたことに関連し、彼を擁護するため、発表されたものである。

イタリアでは、今年3月4日に総選挙を控えており、移民問題が大きな争点になっている。現在、中道右派の野党政党は、移民対策に消極的な中道左派政権を強く非難しており、世論調査でも、反移民を訴える中道右派への支持を集まっている模様。ただし、情勢は流動的である。

この4年間で、地中海を通り、アフリカなどからイタリアへと侵入した難民・移民の総数は、60万人を超えるとされている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.reuters.com/article/us-italy-election-league/northern-league-leader-says-italian-society-threatened-by-islam-idUSKBN1F4249

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/953257660996030464
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
さっさとEUから離脱すればいいのに…

2.海外のパネリスト
新世代十字軍の結成である!彼らを支援しよう!!

3.海外のパネリスト
ちょっと遅かったかな…すでに多くの野蛮人達がヨーロッパに侵入してしまっているからね…

4.海外のパネリスト
スウェーデンにおいては、素晴らしき国境開放政策のおかげで、今、国家が存続の危機に陥っている。戦うか、滅びるかの二者択一…

5.海外のパネリスト
何で欧州のムスリム達って路上で祈るの?通行の邪魔なんだけど…止めてくれないかなぁ。もし俺が道路の真ん中で突っ立っていたら、即座に警察が来て、めちゃくちゃ怒られるはず。

6.海外のパネリスト
これはフィクションではなく事実である。イタリアで起きる事は、世界中どこでも起こりうる。

7.海外のパネリスト
人海戦術による侵略行為ほど、効果的な戦術はない。

8.海外のパネリスト
それだけの危機感を持っているのなら、今すぐ、何らかの行動をとるべきだ!

9.海外のパネリスト
これまで、イタリアは地中海で漂流するアフリカ系移民・難民達を、わざわざ拾ってヨーロッパに連れてきていた。まったくもって自業自得だよ。

10.海外のパネリスト(カナダの方)
この国(カナダ)の左翼政権は、今、世界で起きている現実を直視していない。イスラム化が何をもたらすのかについて、もっと勉強するべき!

11.海外のパネリスト
ヨーロッパの政治家は嘘つきばかり…

12.海外のパネリスト
イタリア人よ!目を覚ませ!!とりあえずコーヒーを飲むんだ!!!

13.海外のパネリスト
どうやら、イタリアという国家は”肥溜め(Shit Hole)”になりつつあるらしい…トランプ大統領!アメリカを救ってくれてありがとう!!!

14.海外のパネリスト
だ・か・ら!さっさと移民達を送り返せばいいじゃないか…

15.海外のパネリスト
ムスリムの繁殖力は、凄まじいからね…数年で倍増するよ…

16.海外のパネリスト
もし俺がイタリア人なら、街中で豚を放し飼いするね…

17.海外のパネリスト
300年前、カシミールにムスリム一家が訪れた…その後、カシミール全土にムスリムが拡散することになる…「*カシミール紛争」の遠因。

(*カシミール紛争:カシミール地方をめぐって、インド共和国、中華人民共和国、およびパキスタン・イスラム共和国の3カ国が領有権を主張する地域紛争である。)

18.海外のパネリスト
もしイスラムというものが、そんなにも素晴らしいものであるのなら…なぜ、イスラムが支配する国家において、ここまで多くの問題が発生するのだろうか?
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



(*今回の記事は、「米外交専門誌”ナショナル・インタレスト”」に掲載されたコラムの意訳となります。あらかじめご了承ください。)

ここ数ヶ月において、日本がヨーロッパ諸国との繋がりを急速に深め始めている。昨年12月、英グリニッジの国立海洋博物館にて、日英の防衛・外務両大臣による2+2会談が行われた後、今年1月には、日本の東京にて、日仏の2+2会談が開催された。

これらの話し合いでは、”インド太平洋領域における自由航行("free and open Indo-Pacific")”の重要性、及び、両国の”共通利益(common interest)”が確認された。中国やロシアの台頭をけん制する意図が見え隠れしている。

今回の日英・日仏2+2会談は、日米同盟、英仏の防衛協定、仏英米のNATO連合、*UKUSA協定などに匹敵する関係の構築を、目指したものと考えられる。

(*UKUSA協定:アメリカ合衆国の国家安全保障局(NSA)やイギリスの政府通信本部(GCHQ)など5カ国の諜報機関が世界中に張り巡らせたシギントの設備や盗聴情報を、相互利用・共同利用する為に結んだ協定のことである。)

さらに、昨年7月に合意された日欧EPA妥結によって、中国、韓国、そして、アメリカよりも大きな存在感を、今後、日本がヨーロッパにおいて示していくことになるだろう。

英仏との関係強化以外にも、日本は、隣国である中国の海洋進出を防ぐため、さらには、周辺地域の安定を実現するため、日米豪3カ国、もしくは、日米豪印4カ国による連携を、さら強めていくものと思われる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/a7b267d6-7405-3a66-857e-61c3e8926699/ss_japan-is-back-on-the-world.html
(記事元:米外交専門誌”ナショナル・インタレスト)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

記事内容が難しかったため、意訳に誤りがあるかもしれません。その場合は、ご指摘いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
日本国旗である「日の丸」が、いつの日か、中国本土に掲げられる日が来る事を願っている。

2.海外のパネリスト
>>1
在中国日本大使館では、すでに「日の丸」が掲げられているけどねw

3.海外のパネリスト
北朝鮮によるガラクタ核爆弾を使った挑発と、中国による周辺国への嫌がらせにより、日本の軍事化&核武装がより現実的になってきている。

4.海外のパネリスト
>>3
良い指摘だと思う。すべては中国の責任だ!

5.海外のパネリスト
ロシアと中国は忘れるべきではない…日本が”戦う怪獣(*ゴジラ)”を保有していることを…

6.海外のパネリスト
さて…そろそろ中国共産党のゴキブリ達(*五毛さんを意味すると思われる。)が、わんさか出てくる頃だな…

(*実際、五毛さんと思われる投稿が沢山ありました。ほとんどが低評価でしたが…)

7.海外のパネリスト
中国は、眠れる侍を起こしてしまった!

8.海外のパネリスト
やっぱり、戦後も日本に中国を統治させておくべきだった…もしそうしておけば、”大躍進政策”も”文化大革命”も発生しなかっただろうし、日本人の指導により、中国人達の各種マナーも、多少は向上していたはずだ。

9.海外のパネリスト
中国や北朝鮮は、まだ理解していないのさ…日本が再び軍事大国になりつつある現状を…。今、日本はアジア最強の海軍を保持しており、さらに技術開発においても、他国を圧倒している。日本に対する圧力は、結果的に、日本の軍事力をさらに強めるだけだ。

10.海外のパネリスト
アジアにおける民主主義の基盤は日本である!共産主義国である中国などではない!!

11.海外のパネリスト
>>10
全体主義国家である”中国”が、アジアの支配を狙っている。

12.海外のパネリスト
”日本がその存在感を再び示し始めている”だって?日本が存在感を示さなかった時などない。個人的に言わせてもらえば、日本は核武装をするべきだと思うよ。彼らがその気になれば、一週間で製造することが出来るだろう。

13.海外のパネリスト
>>12
日本は「核拡散防止条約」に調印していますよ。

14.海外のパネリスト
(中国の)影に埋もれるアジア地域において、日出づる国(日本:rising sun)の光が必要とされている。

15.海外のパネリスト
あ!中国の共産ゴキブリを発見!さっそく二匹も出てきたw

16.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>15
共産国ベトナムにボロ負けして、尻尾を巻いて逃げていったアメ公が何をほざいてやがるw

17.海外のパネリスト
>>16
言っとくが、米国はベトナム戦争に全力を投じていない。さらに言えば…朝鮮戦争時、トルーマン大統領がマッカーサーの進言に従い、核攻撃を決定していたら…今頃、中国は存在していないだろう。

18.海外のパネリスト
日本はとても貴重な同盟国だ。

19.海外のパネリスト
ここは米ヤフーのコメント欄なのか?それとも、中国のゴミ箱なのか?(*五毛さんが多いことへの皮肉。)
 

このページのトップヘ