海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

スウェーデン:直近五年間において、学校内の事件が2倍に増加[海外の反応]



(*スウェーデンの学校生活)

News Infromation

スウェーデンの国家機関「労働環境保全公社(The Swedish Work Environment Authority)」による報告では、2012年から2017年の5年間にかけて、国内の学校内事件が、約2倍に増加していたことがわかった。スウェーデンTV局「SVT」が報じている。

同公社の資料によると、これらの事件は小・中等学校における、脅迫、窃盗、身体的暴力が含まれているといい、今年度も、発生数が拡大傾向にあるという。

2018年現在において544件の学校内事件が報告されており、これは2017年の同時期までに確認された474件と比べて、14.8%の増加となる。2017年全体では767件もの事件が報告されており、これは、2012年の393件から、二倍近い数値となる。

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
VoE:
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1047245772591435776
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*118件)
[コメント選出基準]
順番・選択

Comments

1.海外のパネリスト
保守回帰に目覚め始めている他の欧州諸国を横目に、スウェーデンは相変わらずだね。

2.海外のパネリスト
スウェーデンでは”占領”を、なんと言うのだろうか?

3.海外のパネリスト
>>2
"服従"

4.海外のパネリスト
欧州にとって、悲しき損失だ。

5.海外のパネリスト
スウェーデン国民は、自分で自分を守らねばならない。

6.海外のパネリスト
誰も彼も受け入れたら、そりゃこうなるよね…

7.海外のパネリスト
544件の学校内事件?米国と比べたら遥かに少ないね。2018年6月現在、154件の銃乱射事件が発生しており、1000名以上が犠牲になっている。

8.海外のパネリスト
でも、こうした政策を進めた与党が、未だに第一党なわけで…

9.海外のパネリスト
>>8
前回の選挙は不正だったんじゃ…

10.海外のパネリスト
スウェーデン人が難民になる時代も、決して遠くはないだろう。

11.海外のパネリスト
>>10
自国を崩壊に導くような”おバカ”移民なんて…いらない…

12.海外のパネリスト
>>11
ほんとそれ。カリフォルニア(*米リベラルの大拠点)から、ここアリゾナへと移り住んでくる奴らがいるが、この場所をカリフォルニアに、変貌させようとしているんじゃなかろうか…

13.海外のパネリスト
移民を排除するか…学校を閉鎖するか…厳しい二者択一を迫られているわけだね。

14.海外のパネリスト
騒動の原因となっている生徒達を、彼らの国へと送り返せ!!

15.海外のパネリスト
一部の人々は、いかに「獰猛な動物」であっても、容易に手なづけられると勘違いしているのだ。

16.海外のパネリスト
それでも、きっとスウェーデン政府は何もしない。

17.海外のパネリスト
これぞ「国境開放政策」が生んだ成果だね。

18.海外のパネリスト
スウェーデンは、グローバリスト達による社会実験場と化している。

米:避難訓練において、トランスジェンダーの生徒が除け者にされる事件が発生…[海外の反応]




News Infromation

先週、ヴァージニア州スタフォード郡の中等学校において、体育の授業中、「銃乱射事件等を想定した避難訓練(a lockdown drill )」が行われた。その際、トランスジェンダーの生徒一名が、避難場所となっている更衣室への入室を(*教師の判断で)断れていたことがわかった。

この生徒(*原文:She「彼女」)は、その後、体育館で一人座って待つよう指導された後、教師が対応を検討している間、更衣室の廊下で待機させられたという。

今回の騒動は、地元のLGBTQグループ”Equality Stafford”によって、フェイスブック上に公開された。

以下は同団体によるコメント:

”本来、子供達を危険から守る為に行われる訓練において、この生徒は、他の生徒達における「大きな脅威」かの如く扱われ、除け者にされ、危険な状況に追いやられたのです。”

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*5394件)
[コメント選出基準]
人気・順番

Comments

1.海外のパネリスト
この生徒が抱える心理的問題に関してはともかく…実際、銃乱射事件が発生したら、男も女も関係なかろうに…

2.海外のパネリスト
>>1
そもそも、男と女に分ける必要&時間があるのか?クラスごとに避難すればいいではないか…

3.海外のパネリスト
>>1
避難場所として更衣室を使うわけで…緊急時に服を脱ぐわけじゃないんだから…

4.海外のパネリスト
僕はセキュリティの専門家じゃないけどさ…銃乱射が起きているときに、数百人の子供達を引率して、バカでかい学校をぞろぞろと歩き回り、最終的に更衣室に押し込めることが、果たして現実的な対応なのだろうか?そんなことしてる暇があるのなら、さっさと生徒達を校外に出したほうが良くない?

5.海外のパネリスト
>>4
もっとも合理的な対策は、「銃を乱射している奴」を撃つことだ。

6.海外のパネリスト
>>4
だって、更衣室は「銃禁止エリア」に設定されているんだもん!絶対に安全さ!!!

(*「銃禁止エリアの設定」を誇示する、一部リベラル系学校・施設・会社に対する嫌味と思われる。)

7.海外のパネリスト
「*コロンバイン高校銃乱射事件」が起きた直後、俺の学校でも全校生徒を対象とした「銃乱射事件用避難訓練」が行われた。皆一斉に、フットボール場の屋外観客席まで誘導された。その時、待機場所となっていたそのフットボール場で、俺は教師に言ってやったんだよ。「実際に銃乱射事件が起きて、これと同じことしてたら…俺達は天国で再会することになりますよ。」ってね。

(*アメリカ合衆国コロラド州のジェファーソン郡立コロンバイン高等学校で1999年4月20日に発生した事件。同校の生徒二名が銃を乱射、12名の生徒と1名の教師を射殺し、犯人両名は自殺した。重軽傷者は24名。)

8.海外のパネリスト
こんな下らない避難訓練をするくらいなら、「武装警備員」を常駐させておくべきではないのか?

9.海外のパネリスト
どっちの更衣室でもいいから、とりあえず入れてやれよ…銃乱射事件が発生してる時、誰も性別なんか気にしないだろう。現在学校現場における「常識」と「品位」の欠如は、あまりにも顕著である…

10.海外のパネリスト
学芸会の上演中、非通知式避難訓練が突如として行われ、事前に知らされていなかった私(*教員と思われる)は、とっさに全ての教え子達を男子の更衣室に移動させた。でも、どの生徒も服を脱がなかったから、問題はなかったよ。

11.海外のパネリスト
>>10
なぜ貴方は男子更衣室を選んだの?近かったから?それとも、男子生徒を女子更衣室に入れたくなかったから?

12.海外のパネリスト
きっと学校関係者が、後々、批判が出ることを恐れたんだろう。

13.海外のパネリスト
避難”訓練”の目的は、それを通して問題を見つけることにある。彼らはその”問題”を見つけることができた。あとは、それを修正すればよい。

14.海外のパネリスト
>>13
彼らが見つけた”問題”とは、この生徒に”精神的疾患”があり、かつ、それが世間で異常に称賛されているということだ。

15.海外のパネリスト
>>13
修正?精神科医でも呼ぶのか?

16.海外のパネリスト
体育の授業には参加していたんでしょ?その時使った更衣室に、いけばよかったんじゃない?

17.海外のパネリスト
>>16
先生に止められたんでしょ?

18.海外のパネリスト
これが避難訓練で、本当によかった。

伊紙「独が伊に移民を押し付けようとしている!」独政府「嘘だ!」




News Infromation

先週土曜日、伊新聞”La Repubblica”が「ドイツ当局によって、移民達のイタリア輸送が計画されている」と報じた。この話題に伊内相マッテオ・サルヴィーニ氏が反応を示す事態となっている。なお、ドイツ側は同報道を否定している模様。

”La Repubblica”によると、ドイツ当局は、早ければ10月中にも、同国内の移民をイタリアへとチャーター機を用いて輸送する計画であるという。このニュースに対し、伊内相マッテオ・サルヴィーニ氏は即座に声明を発表。

”ベルリン(独)であろうが、ブリュッセル(EU)であろうが…許可なくイタリアに対して、移民をチャーター機で放り込もうとするならば、我々は全ての空港・港を遮断するであろう。”

イタリア・ドイツ間においては、これまで(*第一到着地であるイタリアで難民登録をした)移民の受渡に関して協議が続けられているものの、合意には至っていない。

ドイツ内務省の広報は取材に対して、”近日中の対イタリア移民輸送計画は、存在していない。”等と、報道内容を否定している。

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*387件)
[コメント選出基準]
人気・順番

Comments

1.海外のパネリスト
サルヴィーニよ!よくやった!これからも頼む!!イタリアにはすでに多くの社会問題が堆積している。これ以上は受け入れられない。

2.海外のパネリスト
>>1
そもそも、難民達の受け入れを決めたのはドイツじゃないか。彼らが面倒を見るべきだろう。

3.海外のパネリスト
あと10年もすれば、ヨーロッパで訪れるべき価値のある国は、サルヴィーニ率いるイタリアと、ハンガリーくらいしか残っていないだろう。

4.海外のパネリスト
>>3
10年後どころか…今すでにそうなんだけど。

5.海外のパネリスト
>>3
EUは、まるでリベラルの巣窟である「カルフォルニア」のようだ。

6.海外のパネリスト
今のドイツは、(*ナチス全盛期である)1930年代以上に世界から嫌われている。

7.海外のパネリスト
もともと存在していた欧州連合内の亀裂は、「ムスリム欧州侵略」によって、さらに広がってしまった。イタリアはEUによって押し付けられている「多文化主義」に反対する、数少ない加盟国の一つだ。

8.海外のパネリスト
国境開放政策によってヨーロッパ全体に破壊をもたらしたメルケルが、未だにドイツ首相を務めている現状を理解できない。

9.海外のパネリスト
>>8
非ヨーロッパ市民には理解できないだろうけど、イタリアのパスポート一つでEU加盟国を自由に旅行できることの利点は、凄まじいものなんだよ。これぞまさに「国境開放政策」である「シェンゲン協定」のおかげさ。

10.海外のパネリスト
>>8
第三世界は、自分達が面倒を見ることができない子供達を、量産することにしか興味がない。仕事もなく、他国に移住して、その国の社会保障費で子供を育てようとする。問題は永遠に残り続ける。

11.海外のパネリスト
>>8
金持ち&経営者にとって、文字もろくに読めない(*労働環境に文句を言えない)&低賃金の移民の存在は、非常に都合が良いものなのさ。

12.海外のパネリスト
っていうかさ…チャーター機で彼らを祖国に送り返せば、皆幸せになるんじゃ。

13.海外のパネリスト
「国境開放政策」を支持して、生き残る国など存在しない。歴史を学べ!!

14.海外のパネリスト
左翼達こそ、現在、ヨーロッパのみならず、アメリカでも起きている「中東・アフリカ系イスラム教徒達」による侵略行為の牽引者なのだ!

15.海外のパネリスト
>>14
これぞまさにオバマが望んだことなのだよ。

16.海外のパネリスト
(*国境強化を推し進める)我らが大統領トランプの正しさ示す証拠が、また新たに出てきてしまったようだね。

17.海外のパネリスト
ドイツ国籍を捨てた者として、イタリア政府の方針を全面的に支持する!なぜ、イタリアがドイツの「国家自滅政策」の犠牲にならねばならないのか?ドイツ政府は「イギリスのEU離脱騒動」&「各欧州諸国における右派勢力拡大」から、何も学んでいないのだ。

18.海外のパネリスト
もしヒラリーが大統領になっていたら、米国も同様の問題を多く抱えていただろう。

19.海外のパネリスト
>>18
彼女が大統領…恐ろしくて考えたくもない…

20.海外のパネリスト
>>18
そうなることがわかっていたから、俺は支持政党を変えた(*トランプを支持した)。俺こそ、最高の愛国者だ!!

21.海外のパネリスト
>>18
個人的にトランプは嫌いだけど、ヒラリーが当選しなくてよかったとは思う。今頃、アメリカは「第三世界」になっていただろうからね…
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。