海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所

1

先週、日本の安倍首相は、議会での発言において、”移民受け入れ枠の増加は行わない(no intention” of accepting more migrants)”とする姿勢を示した。

さらに、受け入れる移民に関しても、”日本の経済・産業界を支えうる人物( “where they are truly needed” to “keep Japan’s economy and infrastructure sustainable”)”に制限する意向を、同時に表明している。

今回の安倍首相による意思表明に先立ち、先々週には、国際連合難民高等弁務官事務所コミッショナーである”フィリッポ・グランディ”氏が、日本政府に対して、”難民の更なる受け入れ”を求めたばかりであった。

2016年度、日本は28名の難民を受け入れていたが、2017年度は1~6月の半年間で、3名に留まっている。

日本は単一民族国家として知られ、厳格なポイント制による移民管理を導入、高技能を保有する移民のみを受け入れる一方で、2017年度に発表された「世界平和度指数(Global Peace Index)」においては、世界で最も安全な国の一つとして列挙されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/11/japan-accepted-3-refugees-six-months-wont-change-migration-policy/#.Wh1mbSedDrM.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/935502756873490432
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
たとえ”3名”でも多すぎる…

2.海外のパネリスト
>>1
日本のすごいところは、その3名の難民をしっかり追跡・調査しているところなんだ。これこそ、一番重要なポイント…ヨーロッパはそれを怠ったのさ…

3.海外のパネリスト(>>1)
>>2
(*これだけ少ないのだから)いっそ、祖国に送り返しちゃえばいいのに…

4.海外のパネリスト
賢明な判断である!!!

5.海外のパネリスト
ヨーロッパとは違い、日本には、国民を裏切るような政府が存在していないんだね…

6.海外のパネリスト
”日本人の生活が一番!” By 安倍首相

7.海外のパネリスト
我々も見習うべきだよ…

8.海外のパネリスト
日本の人々は、日本が日本であり続けることを望んでいる…国連の脅迫になんぞに、屈するはずが無い!

9.海外のパネリスト
自国の文化をいかにして守るべきか…その術を彼らは心得ているのだろう。

10.海外のパネリスト
日本の(難民に対する)姿勢を、非難することはできない…フランスやドイツが、移民によって侵略されている姿を見ているからね…

11.海外のパネリスト
>>10
それは違う…フランスやドイツは侵略されているのではなく、むしろ、自ら進んで、祖国を売り飛ばしているんだよ…自分の国を守ろうとする気概が、まったく感じられない…

12.海外のパネリスト(>>10)
>>11
フランスやドイツの政治指導者達は、祖国が崩壊しつつあることを、いい加減悟るべき…自国民の生活が犠牲になっているのだから…

13.海外のパネリスト
>>12
むしろ…彼らは祖国の崩壊を望んでいるのさ…

14.海外のパネリスト(>>10)
>>13
そうかも…でも、何故なの…意味が分からない…

15.海外のパネリスト
確かに…日本ではテロが起こらないよね…

16.海外のパネリスト
全世界は、日本を手本にするべきだろう…

17.海外のパネリスト
自国と自国民を最優先する…それは国家として、当然のこと。

18.海外のパネリスト
日本の文化と伝統を愛する日本人は、(移民無き)安定した社会を望む…論理的であり、自然であり、大変普通であり、かつ、正しい判断だ。

19.海外のパネリスト
アメリカやヨーロッパにおける多様性の”強さ(*皮肉)”を目撃し、日本人は、彼らが持つ真の”強さ”に気づいたのだろう…団結、単一性、共有価値観、そして国家への信頼…それこそ、彼らの”強さ”である。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//-----//
Update
2017/11/29 3:51
一部誤字を修正 SDP→SPD *コメントでのご指摘ありがとうございます。
//-----//

今月17日、第2ドイツテレビ(ZDF)によって最新世論調査の結果が発表され、回答者の68%が、連立不成立の場合、再選挙を望んでいることが分かった。反対を表明したのはわずか29%であったという。メルケル首相による連立協議が難航する中、ドイツ国民の苛立ちを顕著に表した結果となっている。

また、政党支持率においても、政権与党であるCDU/CSU与党連合は、17年ぶりの低水準(29%)に落ち込んでいる一方、右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は、前回から2%増の14%にまで、支持率を上げている。

現在、メルケル首相は再選挙回避に向け、ドイツ社会民主党(SPD)との連立交渉に最後の希望を託しているとみられるが、SPDの政党方針には、高税金高福祉・大規模移民の受け入れ・国境の開放などが存在しており、世論の批判を受け、難民・移民流入への締め付けを強め始めているメルケル首相率いるCDU/CSU与党連合にとっては、難しい選択を迫られることになるであろう。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/11/27/merkel-looks-left-right-grand-coalition-despite-majority-germans-want-fresh-elections-new-chancellor/
http://www.breitbart.com/london/2017/11/17/majority-germans-favour-snap-election-merkel-coalition-talks-stumble/
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/935126467675074560
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

ドイツ:連立交渉失敗によりメルケル首相の求心力が急低下?所属政党内から新たなリーダーを模索する動きも…

ドイツ:名門大学の教授がネット上で移民脅威論を展開…所属大学は同教授の解雇を検討中…

ドイツ:難民関連費用、わずか一年で73%増を記録…総額1.22兆円に達している模様…

//------------------//

1.海外のパネリスト
さっさとメルケルを追い出せ!

2.海外のパネリスト
権力維持のためなら、形振り構わなくなっているな…それでも、彼女は満足していることだろう…メルケルが作り出した”馬鹿げた左派的無責任計画(*insane progressive foolhardy problem:移民政策を示していると思われる。)”は、今や、世界中の政府に影響を与えているのだから…

3.海外のパネリスト
ドイツは右派政党を必要としている!しかも、早急に!!

4.海外のパネリスト
きっと、首相の座を渡したくないんだろうなぁ…再選挙になれば、多くの議席を失うことは確実だし…

5.海外のパネリスト
オバちゃん奮闘記…

6.海外のパネリスト
>>5
誰のために奮闘しているのかってことだよね…少なくとも、ドイツ国民のためではないだろう…

7.海外のパネリスト
メルケルはまさに”*西の魔女”だよ。悪い魔女は懲らしめないとね…

(*西の魔女:1900年、ライマン・フランク・ボームによって発表された児童文学「オズの魔法使い」にでてくる悪い魔女。)

8.海外のパネリスト
きっと、自分が願うことは何でもかなうと信じていたんだろうなぁ…100万人の移民流入に関しても、議会を無視して、独断で決めちゃったわけだし…

(注:実際には、議会の圧力に屈した部分も多少あると思います。当時は、移民・難民受け入れを求める世論も強く、議会においても、彼らを支援する声が少なくありませんでした。参考

9.海外のパネリスト
(*移民・難民受け入れ大歓迎の)ドイツ社会民主党が政権入りだって!?絶対にありえない…そんなの最悪だよ!再選挙が一番!!!

10.海外のパネリスト
メルケルはまだ、ドイツを壊し足りないんだろう…

11.海外のパネリスト
ドイツ国民は、もう彼女を必要としていない。自由を愛する指導者に、道を譲るべきだ。

12.海外のパネリスト
>>11
ヒトラーの忘れられし妹:メルケル…

13.海外のパネリスト(>>11)
>>12
実娘だよ…

14.海外のパネリスト
ドイツにおける右派・左派政党間の隔たりは、本当に深いものだね…

15.海外のパネリスト
再選挙による新たな政治体制構築を、ドイツ国民は心から望んでいる。

16.海外のパネリスト
独裁者というのは、いつの世も、権力に固執するものなんだね…

17.海外のパネリスト
もし次回の選挙で、再び「AfD」が野党になれば…ドイツ社会民主党が、数百万人規模の移民・難民受け入れを決定するだろう…

18.海外のパネリスト
「CDU/CSU&ドイツ社会民主党」の連立って、いわば「右左連立」みたいなものでしょ?互いに反発し合うことになるんじゃないかな…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



米インディアナ大学病院に勤める女性看護師が、自身のツイッター上に白人女性への差別的コメントを投稿していたことが判明した。彼女はその後、同大学病院から解雇されている。

先週の金曜日、この看護師は、”Night Nurse(夜の看護師)”というハンドルネームを使用して、”白人女性は犯罪者や差別主義者しか生み出さない…(子供を)狼にでも与えておけ!(*意訳)”などと、ツイッター上にコメントを投稿したという。

該当ツイートを確認したインディアナ大学病院は、今週の日曜日、同看護師の在籍を認めると共に、彼女の解雇を決定、公に発表している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.foxnews.com/health/2017/11/26/indiana-night-nurse-says-white-women-raising-sons-who-are-rapists-and-killers-sparking-probe.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Fox News公式ツイッター
https://twitter.com/FoxNews/status/935148626778771456
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

黒人生徒に向かって白人教師が暴言を放ち、大問題に…一方、教師を擁護する声も…

米:チアリーダー達が、黒人男性コーチに”股割り”を強要されている動画に、全米が激怒…

英警察、”差別主義者”の批判を恐れ黒人に対する職務尋問ができない模様…

//------------------//

1.海外のパネリスト
黒人の子供達は犯罪者にならないとでも?

2.海外のパネリスト
へぇ~それは知らなかった…とりあえず…新しい仕事が早く見つかるといいね♪

3.海外のパネリスト
確かに、彼女のコメントは馬鹿げているし、看護師という役職にふさわしくない人物であることは認める。でも、ここに寄せられる意見を読んでいると、彼女が行ったツイート内容にではなく、彼女の人種(*アフリカ系アメリカ人)に対する怒りで満ちているように思える。

4.海外のパネリスト
こういう精神性の人は、医療現場にいるべきじゃない。

5.海外のパネリスト
面接「なぜ前の仕事を辞められたのですか?」…w

6.海外のパネリスト
米民主党支持者の成れの果て。

7.海外のパネリスト
白人を罵倒する人達って、差別主義者認定されないのかな?

8.海外のパネリスト
ようやく正しい裁きが下される時代になった…

9.海外のパネリスト
彼女は来年、ハーバード大学に教授として迎え入れられるだろう…

(注:ハーバード大学は、比較的リベラル指向の強い大学と評されている。参考

10.海外のパネリスト
この看護師さんには、乳幼児の面倒を見て欲しくないよね…

11.海外のパネリスト
よくこんな人が看護師になれたな…

12.海外のパネリスト
>>11
関連当局に対して、彼女の看護師資格取り返しを訴えよう!!!

13.海外のパネリスト
え?この看護師って白人でしょ!?(*皮肉)

14.海外のパネリスト
>>13
残念。黒人でした…

15.海外のパネリスト
なんでこんなコメントを、投稿しちゃったのかしら…

16.海外のパネリスト
>>15
CNNを見過ぎたんだろう…

17.海外のパネリスト
差別反対!

18.海外のパネリスト
>>17
それを(差別発言が飛び交っている)Fox News公式ツイッターに書き込むとは…凄まじい皮肉だね… 

19.海外のパネリスト
こうして仕事を失った彼女は、今、国から社会保障費を受け取るのであった…

20.海外のパネリスト
彼女の親こそ、彼女のような差別主義者を生み出した人物、そのものではないか?

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所
ぽっちゃりモデル(Plus-size model)として活動しているAlyssa Alexanderさんが、約2万人のフォロワーを抱える自身のインスタグラムにて驚きのビフォーアフター写真を掲載、話題となっている。

通常、ビフォーアフター写真は、ダイエット前後の写真を掲載し、「どれだけ痩せたか?」を誇示するものが多いが、彼女の写真は、「どれだけ太ったか?」、そして、「(太ったことにより)いかに幸せになったのか?」ということを主張している。

Alyssaさんはこの写真に、次のようなコメントを添えた。(*一部抜粋)

//---

この写真は皆さんが想像しているものとは違います。これは「どれだけ痩せたか?」を示すものではありません。これは「(*太ることにより)いかに幸せになったのか?」を表すものなのです。

もちろん、痩せている頃の写真(*左)を好む方もいるでしょう…しかし、私は彼女が嫌いです…もはや、痩せていた頃の自分に戻るつもりはありません。

この頃の私はとても惨めでした…公の場で水着が着れなくなる事を恐れ、常に体重を気にしていたのです。いつも自己を抑圧し、全ての食事におけるカロリーを計算、毎日5マイル(約8キロ)のジョギングと、数時間に渡るジムでの運動を自分に課し、太ることで彼氏に嫌われないよう、毎日怯えながら生きていました。とても不安定で、強迫観念に捉われた少女だったのです…他人の目を常に意識し、完璧な人間であることに固執していました…

//---

Alyssaさんはメディアの取材に対して、次のように答えている。

”私は、太ることにより、より多くの幸せが得られることを悟りました…少しくらい太ったとしても、健康で幸せな人生が送れることを、多くの人たちに示したかったのです。それを、恥ずかしく思う必要などありません。(I wanted to show that you can still be a healthy, happy person even if you are plus-size or may have a little extra fat or curves on you. It’s not something to be ashamed of or hide)”

彼女は痩せすぎに対する警告を発すると同時に、バランスのとれた食生活、適度な運動による健康的な生活を推奨しており、”非抑制的な肥満”に対しては支持しない姿勢を示している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/lifestyle/plus-size-model-gained-weight-may-now-also-happiness-194840733.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー&Alyssaさんのインスタ
[コメント傾向]
米ヤフー:若干保守(*女性に対してちょっと厳しい…)
Alyssaさんのインスタ:応援的
[コメント選出基準]
人気・選択・順番

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、アメリカにおいては”ぽっちゃりモデル(body-positive model:自己身体肯定モデル)”が、よく話題になっています。近年、モデル業界における過度なダイエット・拒食症の蔓延が社会問題となり、これらの風潮を後押ししているものと思われます。

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

米:ぽっちゃりモデルさん、セルライト満載の写真をSNSに投稿し、物議を醸す…

米:セクハラ被害を訴えるハッシュタグ”#MeToo”が、SNS上で大流行中

アメリカ:女子高生が黒人差別用語を連呼する動画が拡散、全米に衝撃を与える…

//-------------------------------------------------------//
//-----From 米ヤフー-----//
//-------------------------------------------------------//

1.海外のパネリスト
なんでメディアはいつも、女性ばかり取り上げるんだ?デブ&ハゲ&ひ弱なオッサンも、たまには特集してくれ!俺だってモテたいんだよ!!!!!

2.海外のパネリスト
>>1
Fox Newsを見れば?毎日特集してるよ…

(注:Fox Newsは米保守系メディアであり、トランプ大統領の報道を連日行っている…)

3.海外のパネリスト
>>1
禿げた男性を好んでくれる女性もいる…ハゲのポニーテール(*後ろ髪だけ束ねる)は、結構人気あるんだよ?

4.海外のパネリスト
>>1
でも、最終的には人格が最重視されると思う…

5.海外のパネリスト
>>1
やばいな…もしそんな特集が報じられたら…今の仕事を辞めて、モデル業を始めないと…w

6.海外のパネリスト
最近、女性用洋服サイズの通常基準が、徐々に引き上げられてきている…良い傾向だとは思うけど…少し大きすぎるかな…多少は痩せる努力もしたほうがいいよ…健康にもいいし…

7.海外のパネリスト
>>6
僕の彼女は太っているけど、血圧・コレステロール共に正常値だよ。健康か否かは、体重うんぬんよりも、遺伝が果たす役割が大きいと思う。

8.海外のパネリスト
>>6
洋服のサイズは変わらないのに…キツくなっていくのは何故…

9.海外のパネリスト
米ヤフーは、デブ化とブス化を推奨している…

10.海外のパネリスト
デブはデブ…如何なる美辞麗句を並べ立てようとも、現実は変わらない…

11.海外のパネリスト
>>10
だから何?太ってたらいけないの?人生を楽しく生きていければ、それでいいじゃない?

12.海外のパネリスト
デブであることがニュースになる世の中…

13.海外のパネリスト
>>12
トランプのニュースばかりの世の中…

14.海外のパネリスト
>>12
今は、”全員一等賞(Everyone wins a trophy)”の時代だからねぇ…

15.海外のパネリスト
高校時代の女友達…十数年経ったら、皆デブになってた…

16.海外のパネリスト
インスタグラムに写真を載せているだけで、モデルを名乗るとは…ただの”かまってちゃんナルシスト”だろ…

17.海外のパネリスト
なんで太った女性ばかりが称賛を浴びるんだ!?三段腹(spare tires)男子も取り上げてくれよ!!!男女平等の精神は何処に行った!?

18.海外のパネリスト
別に太ろうがどうしようが、彼女達の勝手だけど…そういう女性を避けるのも、俺達(男)の勝手だから…

//-------------------------------------------------------//
//-----From Alyssaさんのインスタ-----//
//-------------------------------------------------------//

19.海外のパネリスト
どっちの写真も美しい…

20.海外のパネリスト
これまでの人生…私は「痩せすぎてる!」、もしくは、「太りすぎてる!」のどちらかしか、言われてこなかった…家族からこういう言葉を浴びせられると、本当にツライ…特に、子供を生んだ後なんかは、体重に関していつも馬鹿にされて悩んでいた…だからこそ、あなたのポジティブな生き方に救われました。ありがとう。

21.海外のパネリスト
右の写真(right one)こそ、正しい姿(right one)だよ。

22.海外のパネリスト
痩せている頃のあなたは、ちょっと嫌な感じ…でも、太っている貴方となら、是非友達になりたいわ。

23.海外のパネリスト
体重を減らしたからって、必ず幸せになれる訳じゃない…多少体重が増えても、健康的な生活を送ることが一番だと思います。

24.海外のパネリスト
美しさの基準は、人それぞれ…

25.海外のパネリスト
右の写真からは、幸せが湧き出てきている…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



英BBCによると、ドイツのメルケル首相が、”ドイツ自由民主党”、及び、”緑の党”との連立交渉失敗をきっかけに、窮地に追いやられている状況が判明した。

報道によると、彼女が所属している政党CDU内部において、メルケル首相に代わる新たなリーダーの選出運動が、水面下で活発化しているのだという。

そうした状況下において、メルケル首相は、左派政党”ドイツ社会民主党”との連立交渉を懸命に模索しているとされる。

前回の選挙後、”ドイツ社会民主党”は、政権与党入りを明確に否定していたものの、現在はその方針を転換、話し合いには応じる姿勢を示している。しかし、現在までに大きな進展はない模様。

ドイツ自由民主党、及び、緑の党との連立交渉失敗に続き、”ドイツ社会民主党”との協議が破談に終われば、メルケル首相に残された選択肢は、「少数政党政権の発足」、もしくは、「総選挙の再実施」のみとなり、彼女の求心力低下はもとより、ドイツ社会をより混迷へと導く事態にもなりかねない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.express.co.uk/news/world/884535/Angela-Merkel-demise-coalition-failure-Germany-EU-elections

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/934790237716451329
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

ドイツ:名門大学の教授がネット上で移民脅威論を展開…所属大学は同教授の解雇を検討中…
ドイツ:メルケル首相による連立協議が頓挫、再選挙の可能性も…[海外の反応]
ドイツ:難民関連費用、わずか一年で73%増を記録…総額1.22兆円に達している模様…

//------------------//

1.海外のパネリスト
さっさと辞任したほうが良い…

2.海外のパネリスト
素晴らしいニュースだ!メルケルを中東に追放しよう!!彼女が愛する偽難民達と共に、生活をさせてあげようじゃないか…

3.海外のパネリスト
もしこれが本当なら、大祝賀会を催す必要があるな…

4.海外のパネリスト
ドイツ国民はメディアが垂れ流すフェイク・ニュースに騙されず、正しい判断をしている。目覚めるべき時が来たのだ…

5.海外のパネリスト
確かに、メルケルは去るべきであるが…もうすでに時を逸しているのではないかという、不安もある…あまりにも多くの移民達が、すでに入り込んでいるのだから…

6.海外のパネリスト
彼女はドイツをめちゃくちゃにしただけさ…

7.海外のパネリスト
ようやくドイツ発の、良い知らせを聞くことができた…

8.海外のパネリスト
むしろ、遅すぎるくらいさ…メルケルが行ってきたことを考えればね…

9.海外のパネリスト
仮に彼女がいなくなったとしても…怪しげな新指導者が代わりに出てくるだけ…今や政治は選ぶものではなく、片道切符の旅路となったのだ…有権者はその乗客に過ぎん…

10.海外のパネリスト
彼女によってもたらされた無国境主義と移民政策は、とても優れたアイデアである。”ヨーロッパの崩壊”を具現化したのだから…

11.海外のパネリスト
まぁ、自業自得だよね…

12.海外のパネリスト
メルケルはドイツ国民に対する反逆罪で起訴されるべきだ。彼女はドイツ国家を壊したのだから…

13.海外のパネリスト
じゃあ、ムガベ元ジンバブエ大統領を呼び寄せよう!ドイツの新たな首相に!!

14.海外のパネリスト
>>13
そうだね…彼ならきっと良い仕事をするだろう…

15.海外のパネリスト
ドイツに破壊と混乱をもたらすという彼女の義務は、すでに完遂されている…メルケルは誇りをもって首相を辞するであろう…

16.海外のパネリスト
この記事に書かれている内容が事実だといいなぁ…でも、後任者は誰になるんだろう…もともと、今のドイツ危機を招いたのは、メルケルだけじゃなく、彼女の所属政党にも責任はあるわけで…願わくば、メルケルより酷い指導者が出てこないことを祈る…

17.海外のパネリスト
新たな総選挙がドイツで行われ、正しい秩序がヨーロッパに戻ることを期待したい。

18.海外のパネリスト
メルケルがこれまで行ってきた業績に、グローバリスト達は、さぞ満足しているだろう…

 

このページのトップヘ