海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



イギリスの約40近い中等学校(*日本の中学・高校)において、女子生徒のスカート着用が禁止されていることがわかった。保守系高級紙タイムズの日曜版「Sunday Times」によると、これらの学校では、現在、トランスジェンダーの生徒達に配慮した制服の導入を進めており、スカート着用の禁止も、そうした一連の流れに沿った判断とされる。

イースト・サセックス州に位置するPriory中等学校では、女子生徒たちにズボンの着用を義務付け、トランスジェンダーの生徒達を受け入れる環境を構築している。同校の校長であるTony Smith氏は、昨年行われた取材の中で、”我が校においては、数は少ないものの、トランスジェンダーの生徒たちが増えつつあり、男女問わず同じ制服を来ているということが、重要な意味を持つようになってきているのです。”などと、答えていた。

一方、「子供たちに、自分の着る服を選択する権利が与えられるべきだ」との意見も根強く存在し、また、オックスフォードシャー州に位置する「とある学校」においては、気温の上昇に対応するため、男子生徒にスカートを履くよう、指導しているという。(参考

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.rt.com/uk/431573-secondary-schools-ban-skirts/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1014174020156215296
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*241件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
なぜ女子生徒たちは、己の権利を侵害する行為に対して、反対の意思を示さないのか?そして、なぜ我々は、トランスジェンダーの人々に、そこまでして迎合せねばならないのか?

2.海外のパネリスト
>>1
ダメ親が増えすぎたんですよ。

3.海外のパネリスト
彼らは確実に正気を失っている。

4.海外のパネリスト
男女中変全員、*キルトを着用したらいいのさ。

(*キルト:*スコットランド高地人男子・軍人が着用する民族衣装で,格子じまで縦ひだの短いスカート)

5.海外のパネリスト
これこそが新時代の常識。古い時代に生まれてよかった…

6.海外のパネリスト
もしこのニュースが事実であるのなら、「イカれている」を通り越して、逆に「心配になる」レベルだ。

7.海外のパネリスト
え、ちょっとまって。つまりこれって、極めて少数派(トランスジェンダー)の権利を守るために、全女性生徒達のスカートを着用する権利が、否定されるってこと?馬鹿げてるね!!

8.海外のパネリスト
こういった選択をすることは、社会の衰退に他ならない。LGTBに対して、我々が保有していない新たな権利を与えるべきではないんだ。

9.海外のパネリスト
これは差別です。

10.海外のパネリスト
リベラル主義とは、反常識主義である。

11.海外のパネリスト
イギリス…偉大なるイギリスよ…かつて、貴方達はアメリカやカナダと共に、我々オランダをナチスの支配から救ってくれた。多くの犠牲を払って…しかし今、貴方達の姿は汚辱にまみれている。

12.海外のパネリスト
「女性」が「女性」であることを否定される社会。

13.海外のパネリスト
英国は終了しました。

14.海外のパネリスト
トランスジェンダーに配慮?彼らがスカートを履けばいいじゃない?

15.海外のパネリスト
ズボンであろうが、スカートであろうが、生徒たちが着たいものを着ればいい。

16.海外のパネリスト
これが、かつて世界の大半を手中に治めた大英帝国の末路…

17.海外のパネリスト
イギリスジョークなの?

18.海外のパネリスト
生徒たちの保護者は、なぜこのような学校の横暴に黙っていられるのだろうか?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



リベラルであり、親移民の姿勢等で知られるカナダのトルドー首相に、過去のセクハラ疑惑が浮上、釈明に追われる事態となっている。

今回の騒動は、18年前(2000年)に開催された音楽祭において、当時教師をしていたトルドー首相が、その場に居た女性レポーターに痴漢行為を行ったという疑惑である。この話題を報じる「18年前の地元新聞記事」の切り抜き写真がツイッター上に拡散、ネット上などで物議を醸していた。

トルドー首相は遊説先のレジャイナにおいて記者団にコメントを発表。”私はあの日をよく覚えている。大変良い日であった。如何なるネガティブな出来事も、記憶していない。”等と、述べている。

(注釈:トルドー首相の父親は、同じくカナダで首相を努めたピエール・トルドー氏。その為、政治の道に進む前から、彼の存在はカナダ社会において比較的よく知られていた。当時、このセクハラ事件が記事となったのも、彼の知名度が高かったためと思われる。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/justin-trudeau-addresses-groping-allegations-200450804.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*2425件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
カナダ!やっちまったなぁ!!

2.海外のパネリスト
>>1
アメリカも人のこと馬鹿にできないだろ?トランプ支持者さん?(別に全米国人を否定しているわけじゃないけどね…)

3.海外のパネリスト
>>1
そんなに触りたいなら、私に言ってくれればよかったのにぃ~

(*トルドー首相はイケメンの為、女性に大変人気があります。)

4.海外のパネリスト
>>1
リベラル達って「#Metoo」・「#Metoo」って騒ぎ立ててている割には、いつもセクハラ事件を起こすよね?

5.海外のパネリスト
>>1
カナダを馬鹿にしないで!これはトルドーの責任!!

6.海外のパネリスト
さあ皆!今のうちにコメントしておくんだ!!この手の(*リベラルにとって都合の悪い)記事は、速攻で消えていくぞ!!!

7.海外のパネリスト
>>6
他国であるカナダの痴漢首相ではなく、我が国アメリカの痴漢大統領(*トランプさん)を問題にするべきでは?

8.海外のパネリスト
>>6
記事の出現から17時間経った…まだ残っている!たいてい、4~6時間で消えちゃうのに…

9.海外のパネリスト
>>6
一方、反トランプ関連の記事はいつまでも残る…

10.海外のパネリスト
18年前、トルドーさんはトランプ支持者だったんだろう。

11.海外のパネリスト
彼の「眉毛」についてコメントしようとしたら、ヤフーに拒否られた…

(*トルドーさんはユニークな眉で有名。付け眉毛疑惑もあるらしいです…)


12.海外のパネリスト
>>11
絶対不自然だよね…あれ…

13.海外のパネリスト
今さら?トルドーが首相になる前に、話題になるべきだった。

14.海外のパネリスト
>>13
そんなこといったら「ハリウッド・セクハラ疑惑」なんて、まさに「今さら?」でしょ。

15.海外のパネリスト
もし他の政治家に同じ疑惑が出ていたら、彼は間違いなく、その人物に議員辞職を求めていただろう。

16.海外のパネリスト
カナダの放送局はこの話題を報じていない。米国の大手メディアも、トルドー擁護一色だ。

17.海外のパネリスト
こんなの氷山の一角。もっと沢山の女性に色々してるよ。

18.海外のパネリスト
これまでセクハラ問題(#Metoo)をあれだけ啓蒙してきた各著名人達が、この件に関しては、とても静かだね…
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



ドイツ公共放送「DW」によると、韓国・済州島において、千人近いイエメン人がビザ申請手続きの「抜け穴」を利用し、難民として入国したという。この事案に関しては、同国内で激しい反発が起きている。

今回の騒動は、紛争地であるイエメンから「観光客」名義で済州島へと訪れた950名のイエメン人が、入国後、難民申請を行ったことから発生した。済州島は、韓国でも有数のリゾート地として知られ、186カ国からの「観光ビザ無し訪問」が許可されている。

移民危機で混乱が続くヨーロッパ諸国の二の舞を恐れ、韓国のネット上では「移民管理の徹底」を望むネット署名が人気を集めている。これまでに52万人もの人々が署名を行ったという。また「ソウル特別市庁」の近くには、700名ほどの市民があつまり、済州島における「観光ビザ無し訪問」制度の撤回を求めた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.koreatimes.co.kr/www/nation/2018/07/356_251512.html
https://www.dw.com/en/south-koreans-resist-arrival-of-yemeni-asylum-seekers/a-44400236

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1013885108577808384
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*179件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト(*写真)
ムスリム移民達は、常に自分達の権利を最大限主張するが…大部分のイスラム教国において、少数派の意見は無視されている。

2.海外のパネリスト(*写真)
イスラムの女性「私は”言論の自由”を得るために、欧州に来ました。そして、この権利を行使し、私は欧米社会の愚かさを語ります、これらの国々を”言論の自由”が存在しない”イスラム教国”とするために…」

3.海外のパネリスト
>>2
これぞ「リベラル理論」だね。

4.海外のパネリスト
移民であふれかえるヨーロッパは、すでに世界の「ゴミ溜め」と化した。

5.海外のパネリスト
韓国人達は、欧州諸国による移民対応の失敗から、多くを学んだのだろう。

6.海外のパネリスト
俺たちも「移民」はいらない。

7.海外のパネリスト
気をつけろ。「移民達」は、君達よりも遥かに速いスピードで子孫を増やしていく…

8.海外のパネリスト
この期に及んで、「移民」を受け入れたいと思う国が存在するかね?

9.海外のパネリスト
よく親から言われてただろ?「育てられないのなら、拾っちゃ駄目!」って…

10.海外のパネリスト
アジア諸国の移民政策は非常に正しい。

11.海外のパネリスト
韓国よりも、日本のほうが遥かに「実利的移民政策」を導入している。

*添付画像(注:日本の移民政策を紹介する画像です。欧米の掲示板等で、よく見かけます。一部事実でない情報もありますが…)

12.海外のパネリスト
>>11
日本の政策を我々も見習うべきだね。いいぞ日本!

13.海外のパネリスト
国連は、難民達を世界にばら撒くのではなく、彼らの国を復興させる手助けをするべきなんだ。

14.海外のパネリスト
>>13
その難民達自身が、自分の祖国を壊したのさ…そして今、他国を同じように滅ぼそうとしている。

15.海外のパネリスト
祖国で働き、祖国を救え!

16.海外のパネリスト
北朝鮮に輸送すればいいんじゃない?

17.海外のパネリスト
なるほど…欧州諸国が「移民規制」を強めてきたから、今度はアジア諸国に目標を変えたんですね?

18.海外のパネリスト
なぜムスリム達は、こうも世界中を荒らし回るのだろうか?

このページのトップヘ