海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



スペインの一地方であるカタルーニャ州の議会が、スペインからの独立是非を問う投票を行い、その結果、離脱を決定した。この判断に呼応し、スペイン議会は同地域に対する「*直接支配(direct rule)」の実行をスペイン政府に許可したと伝えられている。

(注:これが軍事・物理的行動を意味するのか、それとも、行政上の対応に制限されるのかについては現在のところ不明。)

カタルーニャ州議会で執り行われた独立に関する投票においては、一部の議員が参加をボイコットしたものの、全議員数135に対して、70の賛成票、10の反対票、そして、2の白票(*残りは棄権)が投じられ、独立が確定した。

この独立騒動は、先月上旬、カタルーニャ州の住民を対象に実施された、スペインからの独立を問う住民投票がきっかけとなっている。同州政府によれば、全有権者のうち、43%が同投票に参加、そのうち、90%がスペインからの独立に賛同を示したという。

この住民投票における結果を踏まえ、カタルーニャ州議会で決定された独立案においては、スペイン政府からの速やかな行政権移行要求が明記されている。カタルーニャ州首相であるカルラス・プッチダモン氏は支持者達に対して、”現状の勢いを維持する”よう求めると共に、平和的な対応を訴えている。("maintain the momentum" in a peaceful manner.)海外メディアの報道によれば、同地域におけるいくつかの行政施設においては、すでにスペインの国旗が取り外されていることが確認されている。

これらの行動に対して、スペイン議会上院はカタルーニャ州への「直接支配(direct rule)」を政府に認める議案を賛成多数で可決。スペイン首相のマリアーノ・ラホイ・ブレイ氏は自身のツイッター上において、市民に冷静を呼びかけながらも、同地域の支配回復に向けた決意を示した。

”全てのスペイン人に対し、冷静になることを求めたい。法による支配の下、カタルーニャ州における行政秩序は再び取り戻されることであろう。(I call on all Spaniards to remain calm. The rule of law will restore legality to Catalonia,)”

今回のカタルーニャ州独立騒動に関して、スペイン憲法裁判所は住民投票の結果を無効とする判断をすでに下しており、アメリカ、イギリス、ドイツ、そして、フランスなども、スペイン政府の姿勢を支持している。

また、欧州委員会委員長であるジャン=クロード・ユンケル氏は、”EU内におけるこれ以上の亀裂や分裂は必要ない(EU "doesn't need any more cracks, more splits".)”などとするコメントを発表、オーストリアやチェコでの選挙で判明した、欧州懐疑主義の台頭を踏まえ、EU求心力の低下を危惧する心境を吐露した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.bbc.com/news/world-europe-41780116
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/catalan-independence-spanish-prime-minister-mariano-rajoy-parliament-vote-region-spain-a8023306.html
https://www.vox.com/world/2017/10/27/16557560/catalonia-parliament-independence-rajoy-puigdemont-spain-constitution

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/923930968280485888
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在のところ、多くの国家がスペイン政府の姿勢を支持しているようです。一方、EUに懐疑的な人々・欧州政党の一部からは、カタルーニャ州を支援する動きも見られます。

---広告について---

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
この結果に大変満足している!カタルーニャよ…頑張ってくれ!!

2.海外のパネリスト
>>1
イギリスも(一部の左翼達を除けば…)彼らを応援している!!

3.海外のパネリスト
惨事の時ほど冷静さを保て…(Keep calm when the shit hits the fan.)

4.海外のパネリスト
この騒動は、平穏な終わり方をしないだろう…EUは(カタルーニャに対する)戦争を起こそうとしているのだ…

5.海外のパネリスト
スペイン政府は、フランコ将軍のごとき横暴さで、この問題を押しつぶそうとしている…スペインにおける人権水準は、トルコと肩を並べるほど低下してしまった…

6.海外のパネリスト
すばらしい知らせだ!早く彼らをEUから離脱させてやれ!!

7.海外のパネリスト
皆さん、戦いの準備を…

8.海外のパネリスト
”法による支配の下での秩序回復”だって?人々を弾圧し、逮捕するだけだろ?だれが民衆をこの暴虐から守るのか…

9.海外のパネリスト
カタルーニャの独立勢力は、共産主義とムスリム、そして、SJW達(*社会正義探求者)によって構成されている…

10.海外のパネリスト
>>9
その通り!彼らは無心論者と極左集団の集いだ!こんなものが存在してはいけない!!!

11.海外のパネリスト
独立宣言…これはスペインへの宣戦布告と、捉えられるのではないだろうか…

12.海外のパネリスト
>>11
歴史的に見れば、一部地域が独立を求め、それを認めない勢力が国内に存在している場合は、内戦へと発展することが多い…アメリカ南北戦争のごとく…

13.海外のパネリスト(*カタルーニャの方)
我々は素晴らしい決断をした!

14.海外のパネリスト(*親EUの方)
>>13
いや、むしろ愚かな決断をしたのだ。

15.海外のパネリスト
新スペイン内戦勃発の瞬間を、我々は今、目前にしている。

16.海外のパネリスト
EUという組織の本質が問われているのだろう…彼らはカタルーニャの人々を助けようとするだろうか?それとも、人民の意志を踏みにじろうとする国家(*スペイン)を支援するのだろうか?

17.海外のパネリスト
カタルーニャ州はスペインにとって貴重な税財源である…スペインの国債金利は上昇することになるだろう…

18.海外のパネリスト
スペインという国は、所詮ドイツの操り人形…言いなりですよ。

19.海外のパネリスト
この出来事は、グローバリゼーションの崩壊を如実に示している。

20.海外のパネリスト
まったく、カタルーニャですらこんなにも早くEU離脱を決めたというのに…イギリスはいつまで離脱協議をしているのか…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


(*タイトルの部分で少し音量が大きくなります。ご注意ください。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=HUuOgEilG6k

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Youtube
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//広告について
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
初期のバイオ1~3っぽい…でも(but)好き♪

2.海外のパネリスト
>>1
”でも(but)”をつける意味について…

3.海外のパネリスト
>>1
1~3は超名作だからな…4と違って…

4.海外のパネリスト
>>1
x:初期のバイオっぽいね…でも(but)好き♪
o:初期のバイオっぽいね…だから(and)好き♪

5.海外のパネリスト
>>2>>4
まったく君達は意地悪だなぁ…単なる打ち間違いじゃないか…彼が書こうとしてたのは、「尻(butt)が好き!」ってことよ…言わせんな恥ずかしい!

6.海外のパネリスト
PS1時代にも(バイオ7同様の)ファーストパーソン視点のサバイバーシリーズが出てたけどね…

7.海外のパネリスト
>>6
あれはレールシューターじゃなかったっけ?

8.海外のパネリスト
32bitの世界へお帰りなさい!

9.海外のパネリスト
お願い!フルバージョンも作って!!!

10.海外のパネリスト
”効果が無いようだ。(It has no effect)”…ワロタw

11.海外のパネリスト
この製作者さんが作ったホラーゲームを遊んでみたいな…

12.海外のパネリスト
もしペルソナ5を20年前のクオリティーでリメイクしたら…どうなるんだろう?

13.海外のパネリスト
>>12
ペルソナ2(発売日:1999年6月24日)になる。

14.海外のパネリスト
20年前にしては少しフレームレートが酷くない?バイオ2のほうがマシ。

15.海外のパネリスト
>>14
バイオ2は当時のPS1ゲームの中でも、名作中の名作だったからなぁ…

16.海外のパネリスト
むしろこっちのほうが面白そうかも…

17.海外のパネリスト
どうせならオリジナルのアイテム音を使って欲しかった…

18.海外のパネリスト
背景がプリレンダリングじゃなくて、完全な3Dになってる…やり直し!

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//--------//
Update 2017/10/28
8:13
*一部語句を修正 国を提訴→大阪府を提訴 コメントでのご指摘ありがとうございます。
//--------//

18歳の日本人女性が、地毛である茶色の髪を黒く染めるよう、学校から何度も強制されたことに関して、大阪府を提訴した。

彼女の話によると、髪の毛を黒く染めなければ退学処分になると、警告されたという。また、度重なる染色により、髪と地肌が傷ついたとも主張している。

この女性が通っていた「大阪府立懐風館高等学校」では、その規則において、髪の毛を染めたり、脱色することが禁止されているという。

彼女の親は、学校側に対して、彼女の髪色が生まれつきのものであることを伝えていたが、それにもかかわらず、学校側は彼女に髪を黒く染めるよう指導したとされる。

これらの騒動を機に、昨年の9月以降、彼女は学校に行かなくなってしまったとされ、現在、1万9300ドル(日本円で約220万円)ほどの賠償を請求する訴訟を起こしているが、大阪府は争う姿勢を見せている。

日本の学校では、外見に関する厳しい規則が数々存在しており、髪の色や、化粧、スカートの丈などが、その対象となっている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.bbc.com/news/world-asia-41776203
http://www.france24.com/en/20171027-japan-teen-sues-over-school-forcing-dye-brown-hair-black
https://www.theguardian.com/world/2017/oct/27/japanese-student-sues-over-schools-order-to-dye-hair-black
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
BBC公式ツイッター
https://twitter.com/BBCWorld/status/923888200795475968
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//広告について
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
別に髪の色が勉学に影響するわけじゃないんだし…何か意味あるの…コレ?

2.海外のパネリスト
>>1
アジアにおいては、こうした行為(*髪を染める)が個人主義や規則の緩みを示すと考えられている。社会的に受け入れられるものではないんだ。

3.海外のパネリスト
地毛なんだから…しょうがないじゃない…一体どんな理屈を持って、彼女を責め立てているのか…

4.海外のパネリスト
>>3
日本人にとっては、黒こそが美しく、自然な髪色に思えるんじゃないかな…ある種のイデオロギーみたいなものだよ。

5.海外のパネリスト
なんだこれ!?
(原文:nani the jigoku!?→英語:What's the hell!? *英語の慣用句を、無理やり日本語表記にしている。)

6.海外のパネリスト
これは日本だけの話じゃない。北東アジア地域全体…中国や台湾とかでも、髪の長さや色、または、靴や靴下の色ですら、厳しく管理されてる…

7.海外のパネリスト
よっぽど変な色で無い限り、そんなに厳しく対応しなくてもいいと思うけどな…

8.海外のパネリスト
正しい判断だよ。西洋の基準を、日本の学校に押し付けるべきじゃない。それこそまさに”政治的公平性(PC)”の強制だ。この娘一人だけを特別扱い出来ないでしょ?それこそ周りの同級生から、”外人”扱いされちゃうよ。

9.海外のパネリスト
こんな学校、私は絶対嫌。

10.海外のパネリスト
これマジか!?マジなのか!?

11.海外のパネリスト
”髪を黒く染めるか、もしくは、学校を去れ!”…教育者が語るべき言葉だろうか?

12.海外のパネリスト
そんなに髪の色って大事なことかね…学力でも上がるの?

13.海外のパネリスト
「私達は皆、違っていいんですよね!?」
「駄目です。」

14.海外のパネリスト
こんなのは間違っているよ。

15.海外のパネリスト
全ては学校のイメージを守るため…実際、日本に住む外国人の中には、髪を黒く染めている人も多い…

16.海外のパネリスト
これの何がおかしいの?各学校にはそれぞれのルールや規則がある。当たり前のことじゃないか…

17.海外のパネリスト
>>16
でも、これを支持しているのは相当古いタイプの教師だけだと思うよ…大多数の日本人はこうした考え方には反対してるんじゃないかな…

18.海外のパネリスト
正気を失っている…

19.海外のパネリスト
で、でも!日本アニメキャラ達は、皆、カラフルな髪色してるじゃないか!?

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/919263557551886338

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//広告について
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
我々アメリカ人は、この人の言葉をよく聞くべきだ!

2.海外のパネリスト
西ヨーロッパは今混乱状態に陥っている…いずれアメリカも同じような状態になる…

3.海外のパネリスト
そもそも、イスラム教徒に”協調”や”統合”を期待する方が間違っているんだよ…

4.海外のパネリスト
彼らの政府とメディアは、ケインズ主義、かつ、イスラム法支持のグローバリスト達によって支配されている。

5.海外のパネリスト
オーストリアの爪の垢でも煎じて飲んどけ。

参考記事:
6.海外のパネリスト
一方ここアメリカでは、”米民主党”によって、偉大なる米文化が破壊された…

7.海外のパネリスト
街頭インタビューなんかじゃなく、直接メルケルに言ってくれ!!!

8.海外のパネリスト
親愛なるドイツ人よ!いますぐEUを離脱するんだ!!自分達の誇りある国家を取り戻せ!!!

9.海外のパネリスト
もう遅すぎる…在独ムスリムの割合があまりにも多くなりすぎた…

10.海外のパネリスト
メルケルに票を入れた連中は、この女性に教示を受けるべきだよ…

11.海外のパネリスト
ホスト国の文化を、受け入れることも共有しようともしない…なぜそんな人々を招かねばならぬのか?これは民族・人種の問題ではない…価値観の問題なのだ!

12.海外のパネリスト
ヨーロッパで起きていることは、いずれアメリカでも起こりうる…注意せねば…

13.海外のパネリスト
1970~80年代の(西)ドイツは本当にすばらしかった…米兵として滞在していた時代が懐かしいよ…今は見る影も無いけど…

14.海外のパネリスト
左翼政治家を当選させなければいいだけの話。

15.海外のパネリスト
なぜ今頃文句を言っているんだい?君達がこれを望んだんだろ?

16.海外のパネリスト
私は今、4人の子供を持つ女性をサポートしている。彼女は外国で夫に離縁された後、祖国であるルクセンブルクへと帰ってきた。でも、この国が彼女にした援助は、帰国するための飛行機費用だけ…彼女はルクセンブルクに先祖を持つ歴としたルクセンブルク市民なのに…一方、難民達は無料の住宅供給を受けている…自国民の面倒は見れないというのか?

17.海外のパネリスト
騒動の根源であったISISは、いまや風前の灯…難民達を祖国へ帰すべき時が来ている。

18.海外のパネリスト
なんでドイツ人ってのは、いつも自ら破滅の道を選んでしまうのだろうか?

19.海外のパネリスト
>>18
それが彼らの伝統なんだよ。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



今週の日曜日、日本の安倍首相率いる政権与党は、総選挙において地すべり的勝利をおさめた。一方、この結果を受け、北朝鮮は、日本が同国への軍事侵攻を決断するのではないかという恐れを、抱いている。

日本の朝日新聞が報じたところによると、日本の政権与党連合は、選挙前から数議席ほど減らしたものの、依然として、衆議院の2/3を占める勢力となっている。

今回の衆議院選挙での大勝を受けて、安倍首相は次のようなコメントを発表した。

”私は日本国と日本国民の安全について、万全を期してまいります。(---中略---)北朝鮮の脅威に対しても、断固とした対応を取っていく所存です。(I will make sure the Japanese public is safe and safeguard our nation---We would dramatically show countermeasures against the North Korea threat.)”

日本の安倍首相は、米トランプ大統領とも非常に親しい間柄であり、来月、トランプ大統領が来日する際には、北朝鮮への”強い圧力”について、議論が交わされる予定だ。

こうした動きが表面化する中、北朝鮮は国営メディアである”朝鮮中央通信”を通じて、日本の選挙結果に関する声明を発表。日本のことを”アメリカの羽に潜む寄生虫”であると罵りつつ、”破滅に直面するであろう”などと述べた。また、日本が北朝鮮への軍事侵攻を企てているとする主張も行っている。

北朝鮮の朝鮮労働党外郭団体である「朝鮮アジア太平洋平和委員会」の報道官も、安倍首相が憲法9条の改正に意欲を示していることへの懸念を表明。”日本の反動主義者達は、今回の衆議院解散により、北朝鮮を含む、朝鮮半島の再侵略に向けた地ならしを行おうとしている。(“What the Japanese reactionaries seek in deliberately linking their step to dissolve the House of Representatives with the DPRK is to gratify their ambition for staying in power and pave the groundwork for reinvasion of the Korean peninsula,")”などと、危機感を表した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/north-korea-fears-japan-apos-132108378.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
北朝鮮は日本の上空に何度もミサイルを飛ばしておきながら…日本から侵略されることを恐れているのか…なかなか面白いことを言うじゃないか…

2.海外のパネリスト
日本とアメリカが戦っていたのは、はるか昔の話…第二次世界大戦以降、日本はその強力な経済力と共に、誇りある国際社会の一員として活動してきた。ならず者国家がミサイルを乱発している現状を鑑みれば、日本による自衛権の強化(憲法改正)は認めれるべきだと思う。軍隊を持たないからといって、紛争を免れるわけではない。中国や北朝鮮の態度が、それを証明している。

3.海外のパネリスト
っていうか、日本をここまで追い込んだのは北朝鮮の方でしょ?

4.海外のパネリスト
将軍様は、精神的にどんどん不安定になっていくね…自分の影にすら怯えているんじゃないか?彼の強迫観念が招く行動によって、北朝鮮はより窮地へと追い込まれていくことになるだろう…

5.海外のパネリスト
>>4
北朝鮮はいつもアメリカや韓国、そして、日本を消滅させてやると豪語してきた…でも、いずれ地図上から消えてなくなるのは、北朝鮮だけだ。

6.海外のパネリスト
これまで日本のことをずっと馬鹿にしてきた北朝鮮が、今頃になって”犠牲者カード”を使い始めたぞ!?

7.海外のパネリスト
なんで彼らは脅したり、敵対することしかできないのかね?そういった行為が彼ら自身をより苦しめているのに…

8.海外のパネリスト
自分達は日頃他国への攻撃を示唆する発言ばかりしているくせに…侵略されることを恐れているとは…奇妙なことだ…

9.海外のパネリスト
北朝鮮市民にとって、日本による侵略ほど喜ばしいことはないだろう。

10.海外のパネリスト
>>9
彼らの面倒を見ることになる日本の立場も想像してあげて…

11.海外のパネリスト
日本を恐れているからこそ、ミサイルを飛ばして威嚇しているのだろう…でも、同じことをロシアや中国に対して行ったらどうなるか…

12.海外のパネリスト
>>11
まぁ、戦争になるよね…

13.海外のパネリスト
>>11
多くの日本人は北朝鮮情勢に不安を覚えている…だからこそ、今回の選挙で、安倍首相に力を与えたのだろう。

14.海外のパネリスト
もう日本は核武装したほうがいい。自分以上に頼れる存在などいないのだから…

15.海外のパネリスト
日本には敵対国よりもはるかに多くの友好国がある。アメリカの介入が無くとも、アジア地域での平和と安定に貢献する、力強い存在であり続けるだろう。

16.海外のパネリスト
北のおデブ「よし!ミサイルを発射して日本上空を飛行させちゃおう!」

日本「憲法を改正して、しっかり国を守れるようにしないと…」

北のおデブ「え!?ちょっとまって!日本が右傾化してる!?なにこれ?怖いんですけど!!!」

17.海外のパネリスト
確かに、日本が本気になれば…相当恐ろしい敵となる…でも、彼らをここまで追い込んだのは、他ならぬ北朝鮮自身…もし日本と戦うことになれば、北朝鮮はこれまで自らが行った挑発行為を、心から悔やむことになるだろう。仮に日本が北朝鮮を攻撃しても、誰も日本を責める事はしない。

18.海外のパネリスト
そもそも、北の将軍様に危機感を認識するだけの感性があるのか…そこが疑問。

19.海外のパネリスト
核兵器で世界を脅しておきながら、自らは侵略に怯える犠牲者を演じる…僕個人は、彼らの道化芝居がとても好きだけど…そろそろ終幕を迎えるべきなのかもね…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


(*今月16日に発生したヘルシンボリ警察署での爆発現場映像)

今月中旬以降、スウェーデンの都市マルメを中心に、爆発事件が立て続けに発生している。一部のメディアからは、マルメに多く住む移民(*)との関連を指摘する声も聞かれている。

(*マルメでは人口の41%が外国を素地としており、その内、30%は外国生まれで、11%は外国生まれの親からスウェーデン国内で出生した人々である。By wiki)

現在までに5つの爆発事件が確認されており、詳細は以下の通り。

/--------/

10月13日:大規模な爆発がマルメのアパート付近にて発生。この地域では銃犯罪などが多発している。

10月16日:同じくマルメにおいて自動車爆弾によると思われる爆発を確認。警察の鑑識が現場へと急行

10月18日:スウェーデン南部の都市ヘルシンボリにある警察署の前で爆発が発生。周囲の建物の窓ガラスが割れる。

同日:スウェーデン中東部の都市ノーショーピングにて自動車爆弾によると思われる爆発を確認。都市全体に厳戒態勢が敷かれる。

10月19日:マルメのアパート内にて爆発物と思しき物体が発見・通報される。

/--------/

一連の爆発事件において、幸い、現在までにけが人などは出ていない。また、犯人についても捜査中である。

スウェーデン首相ステファン・ロベーン氏は、警察署の爆破について声明を発表。”民主主義に対する攻撃である!”と述べ、警察官達に対して、これらの犯罪行為と断固対峙するよう訴えた。また、マルモの警察署長であるStefan Sintéus氏は、地元警察力の向上を図るため、国軍投入の可能性を示唆した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://time.com/4990765/sweden-bombs/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/922492784967344129
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

新たな広告会社(MicroAd様)を追加しました。ポップアップ・リダイレクト広告が確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまでお知らせいただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
やっぱりトランプは正しかったんだな!



2.海外のパネリスト
>>1
もちろん!彼は正しかった!!

3.海外のパネリスト
何が起きているのかだって?イスラム化だよ!

4.海外のパネリスト
>>3
スウェーデンは休暇先としてふさわしくないね…

5.海外のパネリスト
>>4
旅行先候補リストから削除しました。

6.海外のパネリスト
左翼達ってのは、いつも人々に嘘を信じ込ませようとする…

7.海外のパネリスト
スウェーデン政府は自国民を危険に晒している。なぜこんなことをするのか?誰のためなのか?こんなものは、世俗主義と呼べる代物じゃないぞ!

8.海外のパネリスト
>>7
金と権力を得るためだよ。政府が力をつければつけるほど、民衆は力を失うんだ。祖国安定のため、人々はこうした横暴と、戦わねばならない。

9.海外のパネリスト
なぜ「地上の楽園」と呼ばれる国で、「地上の地獄」のようなことが起こっているのか?

10.海外のパネリスト
スウェーデンの地元民達による、移民への反発が強まっているからこそ…こういった反動が生じているのでは?そう考えれば…むしろ、これは良い傾向なのかもしれない…

11.海外のパネリスト(オランダ語をBing翻訳)
大手メディアがこの話題を一切取り扱わないんだけど…

12.海外のパネリスト
>>11
だって、イスラムのネガティブなニュースなんだもん…報道するわけない。

13.海外のパネリスト
スウェディスタン…着々と建国中。

14.海外のパネリスト
世界で最も平和な国であったスウェーデンが、今やこの惨状…

15.海外のパネリスト
これはもう戦争状態ですな…彼らは戦い方を忘れてしまっているようだけど…

16.海外のパネリスト
何も起きちゃいないさ…だってマスコミがこれをまったく伝えていないのだから…何も起きてないんだよ…

17.海外のパネリスト
素晴らしきかな多様性!

18.海外のパネリスト
オーストリアやドイツでも、この話題は報じられていないよ…

19.海外のパネリスト
移民って…本当に良いものですね(ニッコリ

20.海外のパネリスト
皆さん!結論を急いではいけませんよ?無論、犯人はムスリムですけど!!

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



現在、SNS上において、女性達が自らのセクハラ被害を証言する運動が起きている。”#MeToo”というハッシュタグを使用して行われているこの活動は、米女優であるアリッサ・ミラノさんのツイッターコメントに呼応する形で急速に広まった。


//--------//

[意訳]

もしあなたが”セクハラ”や”性的暴力”の被害者であれば、ぜひ”#Me Too”というハッシュタグと共に、このツイートに返信をください。

これは私の友人によって提案されたものです。この活動により、多くの女性たちが”セクハラ”や”性的暴力”の被害に遭っている事実を、世の人々に知らせることが出来るでしょう。

//--------//

フェイスブック上では、わずか一日で、470万人以上の利用者達による合計1200万件の”#Me Too”関連記事、コメント、レスが投稿されたという。これは全米におけるフェイスブックユーザーの内、45%以上を占める割合となる。また、ツイッター上においても、”#Me Too”というハッシュタグ付きのツイートが、2日間で120万回以上つぶやかれたとされる。この数字にはリツイートや、ハッシュタグを付けていないものは含まれていない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/metoo-hashtag-reached-nearly-half-facebook-accounts-america-consequences-just-begun-141545258.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
アリッサ・ミラノさんのツイッターに寄せられたコメント
https://twitter.com/Alyssa_Milano/status/919659438700670976/photo/1
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
セクハラ被害の記憶は、未だに、私の日常生活すべてに影響を与えている。それは私の心をバラバラに壊してしまった。今はその欠片を少しづつ拾い集めている最中。

2.海外のパネリスト
それは私が15で、彼が24の時だった…ちゃんと”やめて欲しい”と言ったんだけどね…一番悲しいのは、彼が兄の友達だったこと…信じてたんだけど…なかなか忘れられない。

3.海外のパネリスト(アリッサさん)
>>2
なんて恐ろしいこと…さぞ辛かったでしょう…

4.海外のパネリスト(>>2)
>>3
こういう事って、なかなか公言し難いですよね…実際ここ数年、兄は私と口も利いてくれません…それがとても悲しいです。

5.海外のパネリスト
>>4
私の父も、私が言ったことを信じてくれなかった。真実を口にするのは大変なこと…

6.海外のパネリスト
私の場合は、17歳の時…相手は56歳だった…今でもたまに会う機会がある…相手は笑顔で話しかけてくるけど…正直怖いし、握手すらしたくない…

7.海外のパネリスト
私は9歳のときだった…

8.海外のパネリスト(アリッサさん
>>7
信じられない…そんな…

9.海外のパネリスト
>>8
もっと前に、誰かと相談できていればよかったんだけど…言えなかった。良い機会を与えてくれてありがとう。

10.海外のパネリスト
義父達(stepfathers)に…当時、誰も信じてくれなかった…今はやっと自由になれたけど…私達は皆生存者…プライドを持って生きていくべき。

11.海外のパネリスト(*男性)
これは女性だけの問題じゃない…

12.海外のパネリスト
>>11
同じく…俺も…

13.海外のパネリスト
>>11>>12
確かに…これは女性だけの問題ではない。声を上げてくれてありがとう。

14.海外のパネリスト
大学に居た時、暖炉の前でうたた寝していた私に男が近づいてきて、体を触られた。あまりにも怖くてしばらく抵抗できなかったけど、寝返りを打った振りをして追っ払うことができた。人生で一番最悪の経験…

15.海外のパネリスト
私が働いていた時、当時の上司が私を部屋へ呼んで色々と私的な事柄を聞いてきた。それだけじゃなく、私の体について評価してきたり、”君は僕のタイプだ!”とか…挙句の果てには、デートにも誘ってきた…(ちなみに、私は結婚もしてるし、子供も居る。)彼は、私の個人ファイルを見たらしく、自宅の住所も知っているみたいだった。これらのことを会社に報告したら、彼らは上司ではなく”私”を、他部署へ異動処分にした。EEOC(*米雇用機会均等委員会)にも訴えたけど、会社側からは示談金が提示されただけ…もちろん、受け取りは拒否した。その後、会社を辞めることになったけど、これらの行動に関しては、正しい判断だったと思っている。

16.海外のパネリスト
>>15
同じような事が、僕の同僚にも起きたよ…彼女は何も言わずに辞めちゃったけどね…でも、僕もそのすぐ後に退職することになったから、その時、ちゃんと告げ口しておいた!

17.海外のパネリスト(>>15)
>>16
私の場合、擁護してくれる人はいなかった…皆、仕事を失うのが怖いから…

18.海外のパネリスト
IT聡明期…技術関連の現場は、女性にとって本当に大変職場だった…ハリウッドにも似てるけど、回りは皆、変な人達ばかり…当時は、セクハラっていう概念すらなかった…

19.海外のパネリスト
>>18
ハリウッドも変な人ばかりだよ…どうしようもない連中が集まる場所なのさ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


(*最高潮の場面は13:10~ですが…最初から見ると最後の感動が倍増します…是非!)

//--------//
2017/10/24 3:59
一部語句修正 並列駐車→縦列駐車(orz) コメントでのご指摘ありがとうございます。
//--------//

縦列駐車に苦戦する一台の車を捉えた映像がネット上で拡散、アイルランド訛りの撮影者が、一部始終を嫌味っぽく実況している。

動画内のコメントにより、車のドライバーは女性であると思われ、通行人から補助を受けながらも、その度、失敗を繰り返している様子が伺える。

当初撮影者達は、縦列駐車に苦慮するドライバーを嘲っていたものの、正しく駐車ができた際には、大きな歓声をもってこの偉業を称えていた。この動画自体は、2013年頃から確認されていたものだが、現在、フェイスブック上で再び注目を集め、3200万回以上もの再生回数を記録している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=tf4TIWECZ30
https://www.yahoo.com/lifestyle/absolutely-terrible-parking-job-video-goes-viral-right-reasons-215453002.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
https://www.yahoo.com/lifestyle/absolutely-terrible-parking-job-video-goes-viral-right-reasons-215453002.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

縦列駐車…難しいですよね…(  ̄- ̄)トオイ目

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
ドライバーはどんな人なのか…すごく気になる…

2.海外のパネリスト
車を前後に動かしているだけじゃ駄目だよ…ちゃんとハンドル操作もしないと…

3.海外のパネリスト
>>2
いや、ちゃんとハンドル操作をしている…ただ、反対の方向に回しちゃってるんだ…

4.海外のパネリスト
>>2
駐車場を探せばいいのに…僕はいつもそうしてる…そっちのが楽だもん。

5.海外のパネリスト
見てるだけでイライラする!そっちにハンドル回しちゃ駄目!!!!!

6.海外のパネリスト
>>5
ハンドル回してるかな?ずっと固定してるように見えるんだけど…

7.海外のパネリスト
もしこのドライバーが、50~60年代のアメ車で縦列駐車をしたら…

8.海外のパネリスト
>>7
70年代のも結構でかいよ…”Plymouth Duster”なんてボートくらいの大きさだった。

9.海外のパネリスト
>>7
俺の愛車”カローラ83”なんて、パワステ付いてないんだぜ?

10.海外のパネリスト
>>7
僕の”リンカーン・タウンカー”を運転してくれw

11.海外のパネリスト
>>7
彼女は仏・パリで車を駐車しないほうがいい…あそこの駐車マナーはかなり酷いから…どうやって車を出すんだろうって、いつも疑問に思う…車と車の隙間がまったくないんだ…

12.海外のパネリスト
>>7
「1973年製インペリアル」か「1959年製Buick Electra 225」を彼女におススメしたい…

13.海外のパネリスト
その点、俺なんか”駐車(Parking)”が”上手い(Fine)”っていつも褒められてるよ…俺の停めた車には、必ず書置きが残されているんだ…「駐車違反の罰金(Parking Fine)」って…

(注:Fineには”上手い(形容詞)”と”罰金(名詞)”、両方の意味がある。)

14.海外のパネリスト
>>13
最高。

15.海外のパネリスト
>>13
懐かしいギャグを持ち出してきたね…*トミー・クーパーだっけ?

(*イギリスのコメディアン&マジシャン)

16.海外のパネリスト
この動画を見て超笑った…自分もこの人と似たり寄ったりだけど…

17.海外のパネリスト
>>16
わかる…縦列駐車はいつも緊張するよね…前後の車にぶつけちゃいそうで…

18.海外のパネリスト
>>16
むしろ苦手だからこそ、逆に笑える。

19.海外のパネリスト
駐車場料金をケチらなければ良かったのに…

20.海外のパネリスト
スマホ片手に運転するドライバーよりもはるかにマシ。

21.海外のパネリスト
自分よりも下手なドライバーの存在が知れて嬉しい!自信が出てきたよ!!

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



今月20~21日にかけて行われたチェコ共和国の総選挙において、”チェコのトランプ”と評される大富豪Andrej Babis氏率いる右派政党”ANO Party”が、第一党に飛躍したことが確認された。一方、これまで政権与党を担ってきた左派勢力・社会民主党は歴史的大敗を喫した。

Babis氏は総額40億ドル以上(*日本円で4400億円以上)にも達する自己資産の一部をつぎ込み、2011年”ANO Party”を設立、既存政府の腐敗を批判しつつ、ユーロ通貨の導入、EUによる過度な支配、そして、移民の大量流入などを問題視してきた。それゆえ、彼らはチェコ共和国において、最も急進的な反イスラム、反移民、反EU政党であると言われている。(*選挙勝利後、反EUに関しては少し表現を抑えている模様。)

今回の選挙においては、”ANO Party”以外にも、複数の右派政党が大幅に得票率を伸ばしている。獲得議席数上位6政党のうち、3つの政党が「反移民・反EU」を主張しており、今後、それらの政党による大連立政権が発足することも考えられる。先日行われたオーストリアでの選挙結果に引き続き、ヨーロッパ内に燻っていた中央集権的欧州連合への不満が、選挙によって表面化する事態となった。(参考:当ブログ内記事

//--------//

*選挙結果(上位6政党)

1.ANO[YES] Party(得票率:29.64% 前回比:+10.98
[傾向]右派 
[政策]反イスラム・反移民・反EU

2.Civic Democratic Party(得票率:11.32% 前回比:+3.59
[傾向]右派 
[政策]反過激派イスラム・反移民・反EU

3.Czech Pirate Party(得票率:10.79% 前回比:+8.13
[傾向]左派? 
[政策]反腐敗・反巨大企業など

4.Freedom and Direct Democracy Party(得票率:10.79% 前回比:New
[傾向]超右派
[政策]反イスラム・反移民・反EU

5.Communist Party of Bohemia and Moravia(得票率:7.76% 前回比:–7.15
[傾向]共産党系 

6.Czech Social Democratic Party(得票率:7.27% 前回比:–13.09
[傾向]左派(*前政権与党)
[政策]親EU・反米

//--------//

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://en.wikipedia.org/wiki/Czech_legislative_election,_2017
http://www.breitbart.com/london/2017/10/21/eurosceptic-czech-trump-ahead-early-count-national-election-anti-migration-freedom-party-second/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/921771159020101636
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
2018年に行われるオランダの地方選挙でも、右派勢力の躍進が予想されている。この流れはまだまだ続くだろう…

2.海外のパネリスト
朗報が次から次へと…

3.海外のパネリスト
女性の人権が踏みにじられ、子供達が虐待を受け、動物たちが酷い扱いを受けるような世界を…誰も望まない…(注:イスラムの教義を批判している。)

4.海外のパネリスト
どうかイスラムによる侵略を止めてくれ!!!

5.海外のパネリスト
EUの壁に、新たなヒビができたようだな…

6.海外のパネリスト
これだけ連日の選挙で負けまくっているにも関わらず、*ヒー・フェルホフスタットのようなEU中心主義者達は、未だ自分達の権威を振りかざそうとしている。

(*欧州議会で所属する欧州自由民主同盟の会派代表。元ベルギーの議員)

7.海外のパネリスト
特権階級者達が私達を裏切った…だからこそ、ヨーロッパ全土の一般市民達が、彼らに反旗を翻しているのだ。

8.海外のパネリスト
いやぁ~ヨーロッパの旅行先候補が増えちゃって増えちゃって…迷っちゃうなぁ~w

9.海外のパネリスト
東ヨーロッパの諸国って、イスラムの脅威にちゃんと対応できる政治家をいつも選ぶよね…なぜだろうか?

10.海外のパネリスト
>>9
歴史上、色々な圧政や侵略に苦しんできたからじゃない?そういった危機に対してすごく敏感なんだよ。

11.海外のパネリスト(>>9)
>>10
同じような感覚を、イギリス人も保持していればよかったのに…

12.海外のパネリスト(>>10)
>>11
イギリス人の中にも、良識のある人たちは大勢居る…だけど、フェイクニュースを伝えるマスコミの力が大きすぎるんだ。

13.海外のパネリスト
ようやく常識が常識として、まかり通る世の中となった…

14.海外のパネリスト
左翼の連中(Left)っていうのは、所詮、食べカス(Left-overs)に過ぎん。捨ててしまえ!!!

15.海外のパネリスト
神により祝福されしヨーロッパ国家が増えてきている…

16.海外のパネリスト
”左翼勢力の崩壊(Left collapses)”…なんて耳心地の良い言葉なんだろうか…

17.海外のパネリスト
>>16
それな!(Yes indeed.)

18.海外のパネリスト
神がチェコの人々に、常識を与えてくださったのだ!

19.海外のパネリスト
この結果を受けたグローバリストの歯軋りが凄い。

20.海外のパネリスト
右派連立政権の樹立を心から願います!!!

21.海外のパネリスト
全欧州諸国の良いお手本。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



先日行われたオーストリアの総選挙において、オーストリア国民党に次ぐ第二位の得票率を得たオーストリア自由党党首ハインツ=クリスティアン・シュトラーヒェ氏の演説。(参考:当ブログ記事)

海外メディアによれば、オーストリア自由党は「極右政党」と評されており、右寄りとされているオーストリア国民党よりも、はるかに明確な反移民・反難民・反EUの姿勢を堅持する。

オーストリア国民党とオーストリア自由党による二大右派連立政権の樹立が噂されており、その場合は、シュトラーヒェ氏率いるオーストリア自由党も、同国の政権運営に大きな影響力を与えるものと思われる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

オリジナル

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
https://www.youtube.com/watch?v=qUaZwf1owf0(投稿日:2011/02/23)
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
演説に関するコメントのみ。

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
無法者達から自国民を守ろうとする数少ない政治家の一人。オーストリアの社会に溶け込む意思が無いものは、即刻追放すべき。

2.海外のパネリスト
なぜこの人が差別主義者と呼ばれているのか…彼はただ、秩序ある移民制度の確立と、法による支配を主張しているだけではないか?

3.海外のパネリスト
どの町の住人も、イスラム化などは望まない。

4.海外のパネリスト
”多文化主義”に反対すると、即座に極右扱いされる…自分の国を愛することがそんなに悪いことなのか?オーストリア人は、自国の文化・伝統を守ろうとしているだけさ…

5.海外のパネリスト
私は今、オーストリアの首都ウィーンに住みながら、ヨーロッパ全土を頻繁に旅行している。ここの政治家達は国を売ることに必死だ…マスコミも”多文化主義”の宣伝ばかりしている…

(注:三年前の投稿です。)

6.海外のパネリスト
自分達の文化を受け入れろだって!?差別主義者め!!

7.海外のパネリスト
>>6
他国に移り住む時は、まず自分達の文化や伝統を祖国に置いてくるべきなんだよ…

8.海外のパネリスト
イスラム文化がそんなに恋しいのなら、イスラム国家に帰れば良いのに…ヨーロッパに居る必要ないでしょ?

9.海外のパネリスト
真実を告げるものは、差別主義者と罵られる…

10.海外のパネリスト
イスラム系の店をボイコットしよう!彼らのタクシーやカバブを買うべきじゃない!トルコやエジプトへの観光も控えよう!!

11.海外のパネリスト
>>10
それでは早速、トルコ人ドライバーのタクシーを呼び、ケバブ屋に行くことにしよう。

12.海外のパネリスト
”多文化主義”に"NO"を突きつける時が来た!

13.海外のパネリスト
オーストリア自由党が躍進している背景には、移民反対の声を無視する既成政党への不満がある。この流れは止まらない…

14.海外のパネリスト
左翼ってのは本当に馬鹿ばかりだね…常識や愛国心を”極右”としか認識できないのだから…

15.海外のパネリスト
もしリベラル達がヨーロッパ文化をそこまで嫌うのなら、中東諸国にでも移住すればいいんだよ…ヨーロッパはヨーロッパ文化を愛する人々のものだ。

16.海外のパネリスト
無国境主義ほど馬鹿げた理念はない…だれがこんなものを思いついたのか?

17.海外のパネリスト
>>16
共産主義者。

18.海外のパネリスト
>>17
そうかな?低賃金の奴隷労働者(移民・難民)を欲する、企業団体だと思ってたんだけど…

19.海外のパネリスト
信念無き左翼達の活動が、現在のヨーロッパにおける、急速なイスラム化を招いたのだ…

 

このページのトップヘ