海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    @海外報道翻訳所



先週、米ローカルテレビ局WRWDの女性キャスター”Laura Warren”さん宛てに、視聴者から苦情のボイスメールが届いた。

そこには、妊娠20週目となる彼女の姿が”醜い(disgusting)”こと、そして、彼女の着ている服が、体のラインを協調しすぎているとの批判が、高齢女性の声で繰り広げられていたという。

以下、内容を抜粋:

”お願いですから、お店に行って、もっとちゃんとした妊婦用の服を買ってください。今の貴方は、まるでスイカをお腹に入れて歩き回っているように見えます。ご存じないかもしれませんが、今は色々な種類のマタニティーウェアがあるんですよ。そんな格好でTVに出ることは、醜い(disgusting)ことです。”

[実際の音声(*削除される可能性あり)]



この意見に対し、Warrenさんは、”Sticks and stones(意訳:”侮辱には決して屈しない。)”と題した記事を自身のブログ上に公開し、反論を展開した。

”妊婦であることは、人生において最も感情的であり、また、不安定な時期でもあります。太りすぎてないか?痩せすぎてないか?お腹が出すぎていないか?逆に、十分に出ていないのではないか?そんな不安にずっと付きまとわれるのです。(中略)まさか”醜い(disgusting)”なんて呼ばれるとは、夢にも思いませんでした…私はまだ妊娠20週目…こんな扱いを、あともう20週も耐えなければいけないなんて…洋服を選ぶ度に、私は彼女(*文句を言ってきた視聴者)にお伺いを立てなくてはいけないのでしょうか?彼女も私と同じ女性でしょう?人の親かもしれないのに…(中略)一体彼女はどんな服を私に着ろというのでしょうか?1950年代に流行ったブカブカのマタニティウェアーですか?今は2017年ですよ?”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/pregnant-news-anchor-speaks-viewer-204902009.html
http://blog.laurawarrennews.com/2017/07/week-20-sticks-and-stones.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
こういうことにいちいち文句を言う人たちってのは、結局、自分自身に対する不満を、誰かにぶつけているだけなんだよね。彼女は醜くなんかないし、妊娠は美しいものだよ。

2.海外のパネリスト
とても綺麗に見えるけどな…服装もよく似合っている。テントみたいな妊婦服を着る時代は、もうとっくに終わったんだ…嫌なら見なければいいじゃん。

3.海外のパネリスト
キャスターの格好が気に入らない?なら、チャンネルを変えろ!

4.海外のパネリスト
人口が飽和状態になっているこの世界に、また人間を生み出そうなんて…まったく、ブリーダーの考えることは理解できんね…

5.海外のパネリスト
>>4
君の親が、なぜ君を生んだのかが理解できんね。

6.海外のパネリスト
女性キャスターが妊娠を隠す必要のない社会になった…いい事だわ。

7.海外のパネリスト
妊娠した女性に、マタニティウェアを着るよう強いることは誰にもできない…好きなものを着ればいい!!!お腹の膨らみが気持ち悪い?最低!!!隠す必要なんかないわ!貴女の幸せと誇りを、みんなに見せ付ければいいのよ!

8.海外のパネリスト
30年以上使い古したスリッパを履き潰し、花柄のブカブカな洋服を着ている婆さんが、数少ない自分の歯でムーン・パイを頬張りつつ、苦情を入れている光景が目に浮かぶ…

9.海外のパネリスト
>>8
あっはっはw想像したら笑えてきたよwww

10.海外のパネリスト
>>8
このお婆さんに負けないくらい、あなたのコメントもひどいと思う…

11.海外のパネリスト(>>8)
>>10
ごめんなさ~い♪反省しま~すw

12.海外のパネリスト
これってニュースにすべきことなの?どうでもよくない?

13.海外のパネリスト
>>12
よくない!

14.海外のパネリスト
>>13
妊婦さん?

15.海外のパネリスト
>>12
ならここに来なければいいじゃん。どっかいけよ。

16.海外のパネリスト
>>12
この話題を気にしている人は、一杯いますよ。

17.海外のパネリスト
実際、スタイリッシュな妊婦服も多くなってきているとは思うけどね…テントみたいなのじゃなくて…やっぱりお腹の膨らみは気になるよ…

18.海外のパネリスト
>>17
妊婦にとって、体にジャストフィットした(妊婦向けの)服装が一番快適なの。もし貴方の奥さんが妊娠してしまったら…さぞかし不愉快な日々を送ることになるでしょうね!

19.海外のパネリスト
>>17
お腹の膨らみは自然の成り行き。なぜ隠さなければいけないの?嫌なら見るな!

20.海外のパネリスト
こんなことにわざわざ文句をつけるなんて…最近の人たちはどうしちゃったんだ…

 

    @海外報道翻訳所



(*一部のコメントを削除しました。配慮が足りず、申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます。2017/7/12 16:20)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://boards.4chan.org/a/thread/159538151

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
4chan
[コメント傾向]
アニメ/漫画板
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
そう思わないかい?

2.海外のパネリスト
百合は別にいいんだよ…百合はね…ただ、百合板の住民たちが、いつも親百合vs反百合で喧嘩しているのがうざったい。4chanにおける最低の存在。あと「捏造トラップ」みたいなのを好きとか言っちゃう連中は、基本無視すべし!

3.海外のパネリスト
「Citrus」のアニメ化ってどう思う? どういう感じにエピソードが描かれるのかについて、今からもう不安なんだけど…

4.海外のパネリスト
>>3
あまり良いものにはならないんじゃないかな…どんなアニメ製作会社であっても、あの独特なタッチをアニメで表現するのは難しいと思うよ。

5.海外のパネリスト
私は百合好きだけど、年の差百合だけは理解できない…

6.海外のパネリスト
>>5
なに言ってんの!?年の差百合こそフェチズムの頂点!哲学の終着点なんだよ!!!

7.海外のパネリスト
>>5
素人にゃ、年の差百合の良さは分からないだろうなぁ…

8.海外のパネリスト
>>5
昔オムツを替えていた知り合いの女の子が、今や立派な女子高生となり、なぜか自分のことが大好きで、いくら断ってもアタックしてくる…そんな35歳OLには、なりたくてもなれない…

9.海外のパネリスト
>>7
なれるかもしれないじゃん!私はまだ35になってないし!!!人生何が起こるかわからないもん!!!!!

10.海外のパネリスト
確かに、皆が百合を愛するようになれば、世界はユートピアになることだろう…だが、残念なことに、我々はあまりにも穢れているため、百合を完全には受け入れることができないのだ…

11.海外のパネリスト
>>10
ユートピアが本来持っている意味は「良い場所」ではなく、「存在しない場所」を示すんだよ…

12.海外のパネリスト
なんでBL漫画は一般に”名作”として認めらるものが多いのに、百合はダメなんだろうね…あと、”百合好き”を演じてる”百合嫌い”が本当にうざい。わざと百合好きの評判を落とすような言動をする…なんでそんなことするの?

13.海外のパネリスト
>>12
百合漫画の中には、男が割り込んでくる奴があるでしょ?あれがダメなんだよ。BLにはそういうの無いもん。

14.海外のパネリスト
>>13
結構あるよ?「窮鼠はチーズの夢を見る」とか…「俎上の鯉は二度跳ねる」とか…

15.海外のパネリスト
>>12
百合ってシリーズ物が少ないからね…短編とか同人とか…やっぱり知名度を得るためには長編が必要なんじゃないかな…

16.海外のパネリスト
>>12
BLの場合、すぐに色々な作品が見つかるんだけど、百合の場合、名作に出会うのがなかなか難しい…単純にBLのほうが出版されている漫画が多いってことなのかな…BLファンが羨ましいよ…

17.海外のパネリスト
>>16
98%のBL漫画は基本ゴミですよ?我々は常に残り2%を探しているんです。

 

    @海外報道翻訳所



今週の月曜から、日本、アメリカ、そして、インドの3カ国が、ベンガル湾周辺において合同軍事演習を行っている。

”マラバル2017”と名づけられた今回の大規模訓練においては、アジア地域におけて激化している覇権争いを、優位に進めようとする思惑が見え隠れしている。

今回の演習においては、対潜水艦模擬戦闘だけではなく、様々な陸上戦を想定した状況下において、3カ国が共に作戦を遂行しているという。日本の自衛隊が、本演習に正式参加するのは、今年で二回目となる。

近年、アジア地域においては、インドと中国、日米と中国、そして、インドとその隣国パキスタンの間において、様々な軋轢が生じている。そのため、今回の共同訓練には、日米印の軍事的連携を強める狙いがある。

一方、仮想敵国とされている中国とパキスタンも互いに連携を深めている。中国はパキスタンに武器提供などを行い、その見返りに、パキスタンも、中国が伝統的に保持してきた貿易ルートの確保・再活性化に、協力しているとされる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/u-military-trains-japan-india-160619576.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
パキスタンみたいなテロリスト国家と連携するようになるとは…中国も落ちたもんだね…

2.海外のパネリスト
>>1
別に驚くべきことでもないでしょ。中国も同じようなもんだしw

3.海外のパネリスト
日本、アメリカ、インドか…凄まじい防衛連携だ…

4.海外のパネリスト
中国がパキスタンと連携だって?パキスタンなんざお前らにくれてやるよ!ビン・ラディンを匿い、テロリスト達を支援し、アメリカ兵をアフガニスタンで苦しめてきたんだ…もし戦いが始まったら…こいつらを真っ先に潰してやる!

5.海外のパネリスト
中国は現代のナチスだ。そして、そのリーダーである習近平は、さながらヒトラーだな…世界は、テロリスト国家である中国に、団結して対抗するべきだよ。中国製をボイコットし、中国への工場移転を中止しよう!!

6.海外のパネリスト
>>5
盗むことと、脅すことしかできない国家…それが中国。

7.海外のパネリスト
ニュースの報道によれば、イラクから追い出されたISISの残党が、パキスタンに逃げ込んでいるらしいね…今やテロリストの楽園だよ…

8.海外のパネリスト
チベットと香港に自由を!!!

9.海外のパネリスト
>>8
インドはカシミール、シッキム、そして、南チベットを解放しろ!!!

10.海外のパネリスト
中国は北朝鮮とパキスタンの後援者であり、自国民の自由を制限し、さらに、他国の領土を脅かしている…まさに、現代最大級の共産テロリスト支援国家だ。

11.海外のパネリスト
パキスタンも気をつけたほうがいい…中国は自分の利益にならない友人は作らない…そのうち仲違いするだろう…

12.海外のパネリスト
正常な文明をもつ国家であれば、中国のチベット支配に対して、断固とした反対姿勢を取るべきである。歴史上、チベットが中国であったことは無いし、チベットの人々は、自らを中国人とは思っていない。

13.海外のパネリスト
日本やインドとの連携を模索したトランプ大統領の指導力は素晴らしいものだ。これは中国やパキスタンに対する強力な牽制となるだろう。日米の連携にインドが加われば、同地域において中国も簡単には、火遊びができなくなるはずだ。

14.海外のパネリスト
>>13
米印2国間の共同演習自体は、22年以上前から行われていたものだけどね…トランプは関係ないよ…

15.海外のパネリスト
日米印の3カ国連合は、今後アジア版NATOの役割を果たしていくだろう。この繋がりは大切にしていくべきだと思う。中国やロシアが台頭してきている以上、それらに対抗できる勢力は必須だ。

16.海外のパネリスト
この演習は25年前に米印間で始まったものだが、日本の参加は正しい判断だと思う。対中国包囲網として機能していくことを願う。

17.海外のパネリスト
共同訓練は良い事だ。だが、アメリカは、年間20億ドル(*日本円で2200億円くらい)にものぼる、パキスタンへの対外援助も中止すべきだ!

18.海外のパネリスト
中国の目標は世界征服。まず東側へと勢力を広げ、いずれはアメリカへとその触手をのばしてくるだろう…彼らの野望を打ち砕くためには、軍事力だけではなく、経済的に彼らを追い込む必要がある。

 

    @海外報道翻訳所



Life & Style誌の報道によれば、難民・無国境支援者として有名な米俳優のジョージ・クルーニーさんが、安全上の理由より、家族と共にイギリスから、米・ロスアンゼルスへと引っ越す決断をしたという。

現在、クルーニーさん一家は、ロンドン郊外の都市ソニングにある、17世紀に建てられた建物に住んでいる。

関係者によると、クルーニーさんの妻であり、国際的な人権弁護士でもあるアマルさんは、かつてISISなどのテロリスト団体を相手に訴訟を起こしたことがあり、そのため、深刻な脅迫をうけているのだという。現在、クルーニーさん一家は、元シークレット・サービスを勤めた人物などを身辺警護のため雇っているとされる。

近年、イギリスではテロ事件が多発しており、6月にはマンチェスターで行われた米歌手アリアナ・グランデさんのコンサート会場にて、自爆テロが発生、多数の死傷者を出した。イギリス政府の情報によれば、2016年度において23000人のテロリスト達が、イギリス全土で活動しているという。

クルーニーさん夫妻は、これまで難民に対する支援や、無国境主義への支持などを表明してきた。昨年には、難民受け入れを決めたドイツ・メルケル首相と面会を行い、その行動を称えると共に、移民流入防止を訴えていたトランプ大統領(*当時大統領候補者)に対しては、”外国人恐怖症の極右(xenophobic fascist)”などと、痛烈に批判している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/big-hollywood/2017/07/06/clooney-moving-twins-back-america-security-reasons/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
なにこのメシウマ物語…

2.海外のパネリスト
クルーニー…家族の安全を気にしているのはあんただけじゃない…でも、俺達はあんたみたいに簡単には引っ越しをしたりはできない…だから…銃に頼るしかないんだ…

3.海外のパネリスト
>>2
俺はスナイパーライフルに頼ってる…

4.海外のパネリスト
もしフェイクニュースを擬人化したら、きっとその人物の名前はジョージ・クルーニーだろう…

5.海外のパネリスト
彼はただ偽善者であるだけではなく、アメリカとアメリカ人に対する裏切り者だ。

6.海外のパネリスト
私はこの道化師が許せない!これまで彼は無国境を支持し、多くのムスリム達を入国させろとほざいていたんだ!それが、自分達の身に危険が迫った途端、態度を一変させ、アメリカに逃げ帰ってくるとは…もはや周囲の目を気にする余裕もなかったんだろう…

7.海外のパネリスト
すっごく平均的なハリウッドスターの姿ですね…

(*ハリウッドの俳優達には、リベラル指向の人々が多い。)

8.海外のパネリスト
この男はかつて、イタリアのコモ湖周辺に別荘を持っていたんだ…なぜそこから引っ越したのかって?イタリア政府が、押し寄せてくるムスリム移民達を、その地域へ押しつけたからさw

9.海外のパネリスト
>>8
彼は今でも、その別荘を使ってはいるよ…コモ湖周辺が、難民問題で大変なことにはなっているのは事実みたいだけどね…

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3689928/We-don-t-want-refugees-George-Clooney-s-super-rich-Lake-Como-neighbours-say-Italian-idyll-RUINED-migrants-doorstep-Switzerland-closes-border.html

(記事のタイトル訳:”我々は難民を必要としない!”ジョージ・クルーニーなどのスター御用達バカンス地・コモ湖の住人達が、スイスの国境閉鎖後、急増した難民たちへの対応に苦慮している…*コモ湖のすぐ近くに難民キャンプが設置された模様。)

10.海外のパネリスト
あなたはお金持ちだからいいよね…好きなだけ引越しができるもの…私達一般人は、そんなことできない…ムスリムの入国禁止や、銃、そして、アメリカ人の愛国心に、頼るしかないんだよ…

11.海外のパネリスト
自分で説教した内容を、自らは行わない…なんという偽善者か…

12.海外のパネリスト
イタリアからも、そして、イギリスからも…難民を恐れて逃げ惑い…そして、最終的に大嫌いなトランプのアメリカへと帰ってくる…w

13.海外のパネリスト
なぜCNNはこれを報じない?

14.海外のパネリスト
>>13
CNNが、リベラルのヒーローを貶めるようなことをすると思うかい?

15.海外のパネリスト
せいぜいトランプに感謝するんだな…アメリカを平和な国にしてくれて、ありがとうございます!って…

16.海外のパネリスト
このエリート左翼有名人は、これまで、一般人の安全を完全に無視して、国境開放を求め続けてきた。そして今、彼は自分達の安全を確保するために、最高クラスのセキュリティーを要求している…

17.海外のパネリスト
移住先のロスアンゼルスも、結構移民が多い場所なんだけど…

18.海外のパネリスト
>>17
彼がこれまで長年(難民/移民支援)活動してきた成果だよ。むしろ喜ぶんじゃない?

19.海外のパネリスト
僕たちが、難民の流入による治安への影響について不安を訴えると、即座に”差別主義者”と、罵倒されてきたんだけど…彼ならそれが許されるのか?

 

    @海外報道翻訳所



先週の金曜日、アメリカ空軍は、中国が領有権を主張する南シナ海上空において、2機の爆撃機を飛行させたことを公式に認めた。南シナ海においては、近年、中国が国際法を無視して人工島や軍事施設を建設しており、周辺国との亀裂を深めている。

米空軍太平洋爆撃部隊のチーフを務めるRyan Simpson少将は、今回の飛行に関して次のように述べた。”この演習は、我々が全ての友好国と協力しながら、迅速な作戦遂行を行う能力があることを、示すものである。(“This is a clear demonstration of our ability to conduct seamless operations with all of our allies,” )”

一方、中国外務省は、この行動に対して即座に非難声明を発表している。”中国政府は、”航行の自由”を言い訳にして、領空侵犯を行い、中国の領土や安全を脅かしたり、軍事力を誇示する国家を強く非難する。~(中略)~中国人民解放軍は、国家の領土と安全、および、地域の平和と安定を、全力で死守するであろう。(Chinese military will resolutely safeguard national sovereignty and security as well as regional peace and stability.)”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/national-security/2017/07/07/china-tells-u-s-not-flaunt-military-force-after-u-s-bombers-fly-over-south-china-sea/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これってオバマ政権時代が作り出した負の遺産なんだよね…もし、あのまま続いていたら…もっと酷いことになっていただろう…

2.海外のパネリスト
”中国の領土や安全を脅かした…”だって?…何馬鹿言ってんだ…お前ら南シナ海に領土もってないだろ?

3.海外のパネリスト
>>2
”中国人民解放軍は、国家の領土と安全、および、地域の平和と安定を、全力で死守するであろう。”

この文言も最高!平和をうたいながら、軍事的脅迫を同時に含んでいる…矛盾しまくってるよねw

4.海外のパネリスト
>>3
南シナ海に無断で建設している軍事施設が、”地域の平和と安定”に寄与すると本気で思っているのかね?ふざけた奴らだ…

5.海外のパネリスト
中国製品を追放しよう!もちろん、そうすることによりウォルマートやアマゾンの商品は値上げするだろう。でも、だからどうしたってんだ?俺たちが中国製のゴミみたいな商品を買うたびに、あいつらの軍備は、その売り上げでさらに強化されるんだ!中国は俺達の敵だぞ!?

6.海外のパネリスト
>>5
あなたの意見に賛成だ。中国対する最も簡単な制裁方法は、貿易の停止だろう。我々は指一本動かす必要は無い。ただ、彼らが消えていくのを静かに見守ればいいのだ…

7.海外のパネリスト
>>5
アメリカが中国に経済的な圧力をかけれるとは思えない。いざとなれば、彼らは、保有しているアメリカのドルを売り払い、アメリカの経済に多大なダメージを与えることになるだろう。

8.海外のパネリスト
中国の要請なんてほっとけばいい。北朝鮮に対して圧力をかけろと何度も言っているのに、あいつらは無視してきたんだ。俺達も無視しよう。爆撃機を飛ばし続けるんだ!

9.海外のパネリスト
大変かもしれないけど、やっぱり中国製品のボイコットが必要なんだろうね…

10.海外のパネリスト
>>9
簡単なことさ…ウォルマートで買い物をしなければいい。

11.海外のパネリスト
>>10
一般レベルのボイコットじゃあ、あまり意味無いだろうなぁ~(やってみる価値はあるだろうけど…)国レベルで貿易を規制するか、高い関税をかけたりするのが理想だよね…

12.海外のパネリスト
”軍事力を誇示する国家を強く非難する。”…南シナ海に人工島を造って、軍事力を誇示しまくってる国が言うことかね…

13.海外のパネリスト
1950年代初頭にチベットを併合してからというもの、中国は誰の土地でも奪えると錯覚しているんだ。かといって、軍事衝突が起こるようなことは望まない…だって、中国がボロボロに負けることが目に見えているもの…まあ、借金まみれの国家財政を鑑みれば、その内自滅するだろうけど…(参考

14.海外のパネリスト
日本を再軍備化させればいいんだよ。さぞかし中国が喜ぶことだろう…

15.海外のパネリスト
いいか中国!お前らが大挙して自転車にまたがっていた時代から、アメリカは南シナ海に軍隊を派遣していたんだ。調子にのんじゃねぇ!

16.海外のパネリスト
ビル・クリントン元大統領が在任中、中国に対して、様々な軍事技術を売り飛ばしたことも忘れないで欲しい。それが今になって俺達の脅威となっているのだから…

17.海外のパネリスト
中国の思い通りには行かない…もう、オバマは去ったのだ…

18.海外のパネリスト
犬食い祭りを主催し、政治犯を迫害し続けている野蛮な国家なんざ、ぶっとばしちまえ!

19.海外のパネリスト
とりあえず、勝手に造った人工島を放棄して、軍事施設の建設を中止するなら、話くらい聞いてあげるよ。
 

    @海外報道翻訳所



ヨーロッパ外遊中のトランプ大統領は、最初の訪問国となるポーランドにおいて、熱狂的な歓迎を受けた。ポーランドの首都ワルシャワで行われたトランプ大統領の公開演説には、数千人のポーランド国民が参加したとされる。

ポーランドの現政権与党は、2015年以降、反移民・反グローバリズムの姿勢を鮮明にしており、その支持者の中には、トランプ大統領の主張する内容に、共感を覚える人々が多くいるようだ。

集まった数千人の観衆を前に、トランプ大統領は難民の割り当てを巡り、EUと確執が深まっているポーランドへの支持を、暗に示した。

”我々は共通の価値観を保有し、共存して生きることを望む人々であれば、いつでも歓迎する。しかし、テロリストや過激派に対しては、常に、国境を閉じていなければならない。~(中略)~我々が先祖から受け継いだ伝統や文化は、これまで存在したことがないものである。ゆえに、もし私達がこれらを守れなければ、それは、もう二度と復活することはないであろう…だからこそ、我々は失敗するわけにはいかないのだ。”

また、第二次大戦中ナチス・ドイツに抵抗したポーランドの自由闘士達を称え、次のように述べた。

”ポーランドが生み出してきた歴史は、ポーランド人がいかに強く、不屈であり、そして、誇り高き民族であるかを、如実に示している。”

それを聞いていた観衆は、時折トランプ氏の名前や”USA!”などと一斉に叫びながら、アメリカのリーダーに賛辞を送っていた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/07/06/pictures-president-trump-receives-rapturous-welcome-in-poland/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ドイツの駐留アメリカ軍基地を、ポーランド、ハンガリー、そして、チェコ共和国に移設して欲しい…そうすれば、これらの国々を支えることが出来るだろう。

2.海外のパネリスト
オバマの時代、アメリカ以外の国で”USA!”なんて観衆が叫んでくれることは、まず無かった…

3.海外のパネリスト
集まったポーランドの人達が、アメリカ国旗を振ってくれているのを見て、胸が熱くなったよ…

4.海外のパネリスト
>>3
イギリスではこうはいかないだろうな…国から補助金を受け取っている反トランプの連中が、道端で、大勢たむろしているからね…

5.海外のパネリスト
>>4
この前ロンドンを訪れたばかりなんだけど、仕事もせずに街中をうろついているムスリム達の多さに愕然とした…

6.海外のパネリスト
>>5
僕も去年イギリスにいたから良くわかる。でも、一般のイギリス人って、意外にも、今イギリスで起きていることをよく理解していないみたいなんだ。試しに、友人のイギリス人に、”*マーブル・アーチ”周辺が中東出身者によって占拠されていることについて尋ねてみたら、”知らなかった!私達はあまりロンドンには行かないね~”って言われたよ…

(*ロンドンのハイド・パークの角にある大理石の門。シリア難民危機以前より、中東出身の移民たちなどが集まる場所であったようだ。参考)

7.海外のパネリスト
>>5
私の知り合いも何人かが、昨年の夏、ロンドンに遊びに行ったんだけど…ムスリムと移民しかいないって言ってたw地元民は追い出されちゃったみたいだね…

8.海外のパネリスト
>>4~>>7
ねぇ…イギリスって…大丈夫なの…?

9.海外のパネリスト
>>8
駄目w

10.海外のパネリスト
>>5
ロンドンの市長がムスリムですもの…

11.海外のパネリスト
ポーランドの人々は、共産主義やリベラリズムが役に立たないって、身に染みて分かっているからね…

12.海外のパネリスト
>>11
いや、共産主義は役に立つよ!…反対する人間をすべて粛清することができたらねw

13.海外のパネリスト
>>11
ポーランドには国民皆保険制度があるんだぞ?

14.海外のパネリスト
>>13
だから何?共産主義とはまったく関係ないでしょ?

15.海外のパネリスト
ポーランドをヨーロッパ外遊最初の訪問国に選んだことは、素晴らしい決断であった!大切な友であるポーランドには、それだけの価値がある!

16.海外のパネリスト
仮にトランプ大統領がイギリスを訪れても、ポーランドのような暖かい歓迎を受けることはないであろう…それどころか、罵声を浴びせるような連中もいるかもしれない…イギリス人の一人として恥ずかしく思う。トランプ大統領に礼儀を尽くしてくれてありがとう…第二次世界大戦中、ポーランドのパイロット達が、ドイツ軍の爆撃機からロンドンを死守してくれたことも、決して忘れないよ…

17.海外のパネリスト
>>16
イギリスの人達は、そろそろアメリカとの関係が終焉に近づいていることを悟るべきだ…トランプが未だにイギリスへと公式訪問を行っていないことも、そのことを顕著に示している…ムスリムの侵略を甘んじて受ける国家に対して、我々は手を差し伸べるつもりはない。

18.海外のパネリスト
>>17
彼らはBrexitを選んだ。(一般のイギリス人は)一生懸命(反米&親難民の)支配層と戦おうとしているんだ。

19.海外のパネリスト
>>17
君の説教はいらない。私達イギリス人は、自分たちが置かれている状況をちゃんと把握している。アメリカの助けも必要としない。(難民を押し付ける)EUと戦い、(難民を受け入れようとする)国内の裏切り者たちとも戦っていく。トランプとその支持者達のようにね…

20.海外のパネリスト
メディアは、トランプがポーランドで歓迎されている様子を伝えないだろう…

21.海外のパネリスト
>>20
いや、結構取り上げられてるよw

http://www.bbc.com/news/world-europe-40515329
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/07/06/donald-trump-meets-polish-president-warsaw-ahead-g20-summit/
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4668724/Trump-hero-s-welcome-Warsaw.html
http://www.scotsman.com/news/world/donald-trump-opens-european-visit-in-poland-1-4496373
https://www.forbes.com/sites/danielrunde/2017/07/05/president-trump-visit-poland-us-ally-foreign-assistance-graduate/#433b9aa62c08

22.海外のパネリスト
>>21
アメリカのメディアは?ABCとか、CBSとか、NBCは?!

23.海外のパネリスト
>>22
ごめん、俺、アメリカのメディアは見ないようにしてるから…

 

    @海外報道翻訳所



ポーランド・ワルシャワを訪れているトランプ大統領が、ポーランドのファーストレディであるAgata Kornhauser-Duda夫人に、握手を拒否されたように見える動画が話題を呼んでいる。

式典に出席したトランプ大統領夫妻は、それを迎え入れたポーランド大統領夫妻と共に、ステージ上に登場した。その際、ポーランド大統領との握手を終えたトランプ大統領が、Agata夫人に手を差し伸べたところ、彼女はそれを無視して、メラニア夫人へと歩み寄ったのである。

しかしその後、無事Agata夫人とも握手ができた模様。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/polish-first-lady-agata-kornhauser-161910386.html
(転載元:Time Magazine Videos)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Related Article
//------------------//


//------------------//

1.海外のパネリスト
別に握手を拒否したわけじゃないでしょ。ただのレディーファーストだよ。何も間違ったことはしていないし、トランプ大統領を無視したわけでもない。私はヨーロッパ人だから、ヨーロッパの風習はある程度知ってる。

2.海外のパネリスト
もはやメディアは公にトランプを馬鹿にし始めてるな…偏向報道お構いなしって感じだね…

3.海外のパネリスト
”大統領、握手を拒否される”って記事のタイトル…嘘じゃん…握手してるし…

(*翻訳元の記事タイトルは「ポーランドのファーストレディーが、トランプ大統領との握手を拒否した場面をご覧あれ!」でした。)

4.海外のパネリスト
典型的なフェイクニュースだね。メラニア夫人の後に、ちゃんとトランプ大統領とも握手してるじゃないか…馬鹿なニュースメディアめ…いつも何かしらをでっち上げようと企んでいる…ヒラリーはもう負けたんだ!諦めろ!!!

5.海外のパネリスト
メディアがこぞって国家の代表を貶めようとする最近の風潮…ほんとに情けないね…政治的な信条は別にしても、こんなの無意味だし、品がないよ…

6.海外のパネリスト
大手のマスコミって、本当に哀れだ…

7.海外のパネリスト
動画を良く見たら分かるけど、彼女は最初からメラニア夫人を見ている。だから、別にトランプを無視したり、握手を拒否したわけじゃないよ。

8.海外のパネリスト
信じられないほど、馬鹿げた報道だね。メディアに関わる人間が、いかに愚かな人々であるか、そして、いかに反アメリカ的であるかを良く示している…

9.海外のパネリスト
トランプが、自分の旦那(ポーランド大統領)と握手をしながら少し話をしていたから、メラニア夫人と先に握手をしようと思っただけじゃない?

10.海外のパネリスト
マスコミは、こういうことばかり報じているから、信用されなくなるんだよ…

11.海外のパネリスト
リベラルメディアによる狂った報道、再び…

12.海外のパネリスト
こんなの言いがかりもいいところ…なんでもいいからトランプを叩きたいんだな…

13.海外のパネリスト
大統領に恥をかかせようと、メディアが必死になっている…無様だねぇ…僕は別にトランプのファンじゃないけど、こんなのゴミみたいなもんだよ。むしろ、トランプ支持者の結束を強めるだけじゃない?

14.海外のパネリスト
正式なエチケットでは、男性達はまず男性と、そして、女性達はまず女性と、握手をすることが求められる。最近の西洋文明では、こういった礼儀が忘れられがちだけどね…

15.海外のパネリスト
>>14
この記事を書いた連中は、中学生レベルの知能だから、正式なエチケットなんて最初っから知らないんだよw

16.海外のパネリスト
*クリックバイト(click bait)記事ですね…

(*あえて過激なタイトルを付ける事により、より多くのクリックを得ようとする記事・ブログタイトルのことを示す。)

17.海外のパネリスト
これってわざわざ取り上げるほどの事なの?

18.海外のパネリスト
さすが!大統領選挙当日、頑なにヒラリー当選を予想していたメディアの報道は、一味違うね!w

 

    @海外報道翻訳所



トランプ米大統領vs大手米メディアCNNの戦いが、多方面でヒートアップしている。

事の発端は、先月、米上院諜報特別委員会が、トランプ大統領と関係が噂されているロシアの投資会社に対して、調査を始めたとする記事が、CNNのニュースウェブサイト上に掲載されたことだ。

この情報が公開されてからほどなくして、米保守系メディアBreitbartなどが報道の信憑性を疑問視する記事を掲載(参考)。様々な追求を受けた結果、CNNは該当記事が同社の編集基準に達していなかったことを認め、記事を削除する事態となった。また、記事の作成に関わったCNNのジャーナリスト3人が辞任に追い込まれている。

日頃、CNNに叩かれ続けているトランプ大統領は、一連の騒動について、即座にツイッターで言及。CNNのみならず、他のリベラル系メディアの報道姿勢をも痛烈に非難した。

(意訳:(辞任した3人は)CNNのフェイク(偽)ニュース病に罹ってしまったのだろう…しかし、NBC、CBS、それから、ABCはどうだ?最近業績の悪いニューヨークタイムズやワシントンポストは?彼らも皆、フェイクニュースの病原体ではないか!?)

だが、事態はこれで収まらなかった…

米掲示板Redditに投稿されたあるパロディー動画を、トランプ大統領が自身のツイッターで紹介したことが、新たな波紋を呼ぶ。

その動画では、トランプ大統領が”CNNを模した人物”を殴りつける場面がパロディーとして編集されており、それまで防戦を強いられてきたCNNを初めとするリベラルメディアは、この動画を共有したトランプ大統領を、”ジャーナリズムに対する暴力を容認する大統領”として大々的なバッシング・キャンペーンを始める。

さらに、CNNは、この動画をRedditに投稿した人物を特定、かつ、そのユーザー名を自社のニュースウェブサイト上に掲載した。その際、過去の投稿内容などを引用しながら、この人物が*差別主義者・反ユダヤ主義者”であると紹介。その後、この投稿者は謝罪に追い込まれ、現在はRedditのアカウントも削除している。しかし、この行動について、CNNにはネット上から批判が殺到している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=85Eu1heYpuc
https://uk.news.yahoo.com/cnn-accused-blackmailing-reddit-user-101821804.html
https://www.washingtonpost.com/blogs/erik-wemple/wp/2017/06/26/three-cnn-employees-resign-over-retracted-story-on-russia-ties/?utm_term=.ecb1fd3427da
https://www.theguardian.com/us-news/2017/jul/02/trump-body-slam-cnn-tweet-violence-reporters-wrestlemania
https://www.washingtonpost.com/news/post-politics/wp/2017/07/02/trump-appears-to-promote-violence-against-cnn-with-tweet/?utm_term=.10b067ab10d7
http://money.cnn.com/2017/07/02/media/cnn-trump-wwe-tweet/index.html
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/07/02/donald-trump-tweets-video-body-slamming-punching-cnn/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英ヤフー
(https://uk.news.yahoo.com/cnn-accused-blackmailing-reddit-user-101821804.html)
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
CNNなんてお笑いもんでしょ?彼らは報道社なんて大層なものじゃないよ。ただリベラル共に支配されている政治集団さ。

2.海外のパネリスト
前回の大統領選挙で分かったことがある…それはCNNが極端に偏った報道を行う組織であるということだ。彼らはもはや信頼を失っている…だが、こんな醜態を晒すとは…恥を知れ!

3.海外のパネリスト
Redditにこの動画を投稿した人は、謝る必要なんかないよ!彼は自分の意見を率直に表現しただけ。もし動画の主人公がオバマで、殴られる側がFOXニュースだったら、今頃CNNから大絶賛を受けた上に、インタビューの依頼が舞い込んでいたことだろう…

4.海外のパネリスト
CNN=フェイクニュース。ホワイトハウスの記者会見場から追い出せ!

5.海外のパネリスト
簡単なことさ…CNNのスポンサーになっている会社の商品やサービスを利用しなければいいんだ。スポンサーに対して直接訴えかけよう!そうすれば全ては解決できる。

6.海外のパネリスト
これではっきりしたね…この”オバマ&ヒラリー大好きメディア(CNN)”は、結局、民主党の広報部門にすぎなかったのさ…おまけに、今じゃ一般市民を、晒し上げるようなことまでするようになった…

7.海外のパネリスト
リベラルメディアってネットから叩かれる度に、”~が、右翼(保守)からの非難を浴びている!”っていう表現をよく使っているけど…”~が、左翼(リベラル)からの非難を浴びている!”とは言わないよね…なんでなの?

8.海外のパネリスト
>>7
彼らもその仲間だからだよ…

9.海外のパネリスト
一般人をここまで晒し上げておいて、炎上せずに済むと思ったのか?

10.海外のパネリスト
キャシー・グリフィンが”トランプの頭部模型”を持ち上げた写真を公開した時、彼らはそれを”芸術”であると擁護した…ならば、なぜただのプロレス動画が”暴力”と非難されねばならないのか?

11.海外のパネリスト
>>10
それこそ左翼のロジックなんだよ。彼らが行うことはすべて善であり、対抗者の行うことは全て、彼らの”犠牲者ゲーム”に利用されるんだ…

12.海外のパネリスト
これはCNNによる脅迫と検閲というテロ行為である!我々は彼らを事実上の国内テロ組織と認定すべきではないだろうか!?

13.海外のパネリスト
NBCのサタデーナイトライブなんか、こんな動画よりもはるかにひどいコントをやってる…それをリベラル達は喜んで見ているくせに…これの何が問題なんだ!?

(*アメリカNBCで生放送されている、深夜90分の公開コメディバラエティ番組である。トランプさんを風刺にしたコントを、多数発表している。)

14.海外のパネリスト
最近のリベラルメディアはもう統制がとれてないね…彼らが発信するクズみたいな報道を信じない人達は、彼らにとってみんな敵なのさ。たまには大統領批判をやめて、まともなニュースでも流してみたらどうだ?

15.海外のパネリスト
CNNがクソったれニュース会社であることの、新たなる証明である…

16.海外のパネリスト
”ジャーナリズムに対する暴力”だって!?CNNにジャーナリストなんていないだろ?

17.海外のパネリスト
>>16
いないね。まったく。雇われ扇動家しかいない。

18.海外のパネリスト
このまえCNNを見てみた…99%がトランプ批判に費やされていたよ…

19.海外のパネリスト
CNNは終わった…
 

    @海外報道翻訳所



(*一部掲載コメントをより適切な表現へと修正。コメントでのご指摘ありがとうございました。2017/7/7 14:00)

オーストリア政府が、イタリアとの国境沿いに、武装車両などを配置していることがわかった。イタリアに殺到している北アフリカなどからの難民/移民が、自国へと侵入するのを防ぐ目的であると思われる。

今週の火曜、オーストリアのPeter Doskozil防衛大臣は、地元紙”Kronenzeitung”のインタビューに答え、”ブレンナー峠”を含むイタリアとの国境沿いに、近く検問所を設置する(set up controls)意向を示した。

イタリアとオーストリアは共に、加盟国間の自由な行き来を認めるシェンゲン協定に批准しているが、2015年以降に発生した難民/移民の大規模流入により、多くのヨーロッパ諸国にて、国境検問が再開されている。

現在までのところ、オーストリアの対応に関して、EUとイタリアは、正式なコメントを発表していない。

同国の防衛省広報官は、次のように述べ、今回の行動を擁護している。

”現在、イタリアが直面している劣悪な状況を鑑みると、我々は2015年の難民危機を再び繰り返さないために、何らかの処置を講じる必要があるのです。”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/austria-control-italy-border-send-armoured-vehicles-block-121836631.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
すべての国家は、自国への移民を制御する100%の権利を保持している。馬鹿な左翼どもは、ただ西洋文明を壊そうとしているだけだ。

2.海外のパネリスト
まさか自分が生きている時代に、ヨーロッパの崩壊を目の当たりにするとは思わなかった…

3.海外のパネリスト
>>2
ましてや、自分達からそれを選ぶとはねw

4.海外のパネリスト
>>2
ヨーロッパの国々全てが消え去ろうとしているわけではない。ポーランド、ハンガリー、そして、チェコ共和国のように、侵略者から自らを守ろうとしている国家もある。

5.海外のパネリスト
>>4
そうは言っても、いつまでも守りつづけられるとは思えない……

6.海外のパネリスト
今、押し寄せてきている難民達は、自分達の国を自ら破壊した挙句、今度はヨーロッパに来て、そこの文化や宗教を、ぶち壊そうとしているんだ。

7.海外のパネリスト
>>6
得られるものはすべて奪い…一方で、何も恩恵をもたらさない…ただ、苦しみと困難をホスト国に与えるだけの存在。

8.海外のパネリスト
やあヨーロッパの諸君!”多文化主義(multiculturalism )”を楽しんでるかい!?

9.海外のパネリスト
>>8
”多様性”…素晴らしいよねぇwww

10.海外のパネリスト
>>8
この問いに関して、ヨーロッパ人達は”すっごく楽しいよ!”と答えるだろう…さもなくば、彼らは”ヘイトスピーチ”をしたとして、逮捕されてしまうからだ…

11.海外のパネリスト
難民なんか追い返せばいいじゃん?受け入れ続けてたら、いつか自分の国が無くなっちゃうよ?

12.海外のパネリスト
>>11
分かりきったことなんだけどね…リベラル達にはなぜか理解できないんだよ…

13.海外のパネリスト
>>11
リベラル「聞こえな~い…聞こえな~い……」

14.海外のパネリスト
こういった対応はもっと早く行われるべきだった…でも、良い傾向だ。

15.海外のパネリスト
イスラムの侵攻が痛すぎて、ようやくヨーロッパのお寝坊さん達が目を覚ましたようだね…

16.海外のパネリスト
良い垣根は良い隣人を作る…

17.海外のパネリスト
マスコミに掲載される移民の写真って、大体子供達ばかり…同情を買うためだろう…でも、実際には、援助目的の成人男性が大半…女性や子供はほとんどいない…

18.海外のパネリスト
この問題で一番笑えるのが、こういった難民達が、受け入れてくれた国の文化や言語をまったく学ぼうとしないってこと…逆に、宗教や思想を押し付けてくる…

19.海外のパネリスト
メルケルに対する反逆罪の適応はよう…マダァ?(・∀・ )っ/凵 チンチン


    @海外報道翻訳所



スウェーデンの治安当局”Sapo”は、同国に2000人のイスラム過激派が潜入していることを明らかにした。この数字は、2010年の200人から比べると、10倍となっている。

”Sapo”を率いるAnders Thornberg局長によれば、現在スウェーデン国内には3000人の過激派が確認されているという。その内訳としては、2000人ほどがイスラム過激派であり、残りがネオナチもしくは、左翼活動家である。

7年前の2010年当時、Sapoが公表したデータによれば、イスラム過激派は200人、その他の過激派が100人程度であった。

Thornberg局長は、スウェーデンにおけるイスラム過激派急増の原因について、近年深刻化している難民流入の影響を指摘している。(参考

”我々は以前から、様々な人種を受け入れてきた。北アフリカ、中東、そして、ソマリアなどから過激な思想を持つ人々も訪れていた。だが、彼らはみなそれぞれが独立した存在であった。しかし今、ISの広報活動により、そういった(過激な思想を持つ)人々が、人種や出身国を超えて、結びついてしまっているようだ…”

(*原文)
“We used to have different circles. We had radicalised (people) from North Africa, the Middle East and Somalia, but they were all separate,” but said Islamic State propaganda had unified many of the communities.

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/07/04/swedish-intelligence-country-2000-radical-violent-islamists/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Related Article(楽園シリーズ…)
//------------------//

//------------------//

1.海外のパネリスト
この2000人ってのは当局が把握できている数でしょ?実際にはどれくらいいるんだろうね…

2.海外のパネリスト
”スウェーデン”って言葉は、いまや、”とんでもないアホ”と同義語になってしまった…自国民を奴隷にしようとしている連中に、喜んで国家を売り渡す…ノーベル賞でも貰うつもりか?

3.海外のパネリスト
これと同じことがイタリアでも起きている…難民達がヨーロッパへ訪れる際の玄関口になっているからね…隣国のオーストリアは、国境沿いに軍隊を派遣しているよ…こっちに来るなって…

4.海外のパネリスト
難民って呼ばれる連中は、絶対に南へ行こうとはしないんだよね…中東にも行かない…あいつらは助けを求めているのではなく、ただヨーロッパの国々を侵略するために来ているんじゃないかな…

5.海外のパネリスト
>>4
イスラムの覇権を広めるためさ…

6.海外のパネリスト
>>4
寄生虫っていうのは、大体どれも賢いものなんだよ…

7.海外のパネリスト
>>6
あいつらが賢いわけじゃない。スウェーデンが馬鹿なだけさ。

8.海外のパネリスト
スウェーデン人は*”集団的ストックホルム症候群”に罹っているのさ…彼らにとって、イスラム移民は、スウェーデンという国家やその国民を人質にとって、立てこもる犯人そのもの…

(ストックホルム症候群:犯罪被害者が、犯人と長時間過ごすことで、犯人に対して過度の同情や好意等を抱くことをいう。スウェーデンの首都ストックホルムで起きた事件がきっかけに、この現象が広く知られた。)

9.海外のパネリスト
イギリスも笑ってられる場合じゃないね…

10.海外のパネリスト
これら2000人のイスラム過激派のうち、シリアやイラクなどから帰還した戦闘員が150人ほどいるらしい…スウェーデンの新聞によれば、それらの連中は監視対象になっておらず、また、自分達の経歴(*テロ・殺傷・暴行行為など…)によって職業に就くことができないなどと、行政に申し立てた結果、新たな身元が与えられたんだとか…

参考:Returning Islamic State Fighters Given ‘Protected Identities’ To Start New Lives in Europe

11.海外のパネリスト
難民達の額に、十字架もしくはダビデの星をタトゥーとして掘るべきだ!彼らの忠誠を確認するために!!!

12.海外のパネリスト
イスラム過激派よりも、彼らを陰ながら支援しているムスリム達が、大量に存在しているであろうことが、なによりも深刻な問題である。

13.海外のパネリスト
2000人?実際は、もっと多いんでしょ?

14.海外のパネリスト
イスラム過激派でないイスラム教徒が存在するのか?

15.海外のパネリスト
IKEAの家具を組み立てさせるぞ!って脅せば、きっと彼らは自ら出て行くさ…

16.海外のパネリスト
>>15
www

17.海外のパネリスト
平和を盛んに訴えてきたスウェーデン政府が、”イスラム過激派”を自国へと招いたわけだ…この場合、我々は彼ら(スウェーデン政府)を何と呼べばいいのだろう?…受動的過激派?、協力者?、もしくはシンプルに…馬鹿?

18.海外のパネリスト
2010年:200人
2017年:2000人
2024年:20000人
2030年:200000人

「スウェディスタン」の誕生である…
 

このページのトップヘ