海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



先程、ドイツの都市ミュンスターにて、歩行者の列に自動車が突っ込む事件が発生した。これまでのところ、少なくとも3名の死者、及び、26名の怪我人(うち6名は重体)が出ている模様。自動車の運転手は、事件後自殺をしている。

ドイツ警察は、現時点で犯人の動機が未だ不明であると発表、人々に対して、当事件における”憶測”を控えるよう呼びかけた。(*「イスラム教徒への憎悪」を懸念していると思われる。)

一方、ドイツ紙”Spiegel”のオンライン版には、ドイツ当局の話として、本事案が”(ドイツへの)攻撃”であるとの見解が掲載されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.telegraph.co.uk/news/2018/04/07/several-dead-car-drives-crowd-german-city-reports-say/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VOE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/982652185304551427
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在までに、ドイツ当局は犯人の情報・動機等を公開しておりません。下記の海外コメントには、当事案を”ムスリムテロ”と断定しているものが多くありますが、今回の事件がテロであるのか、もしくは、イスラム教徒が関係しているのかについて、まだわかっていません。あらかじめご了承ください。

//------------------//

1.海外のパネリスト(*風刺画)
平和の宗教の人「アッラーは偉大なり!(*テロ攻撃)」
リベラルな人たちA「これは例外。ムスリム全体の責任じゃない。」
リベラルな人たちB「彼らの土地を植民地化したのは我々だ!」
リベラルな人たちC「右翼の策略に踊らされてはいけない。」
リベラルな人たちD「彼こそ行政の犠牲者なのだ。」
リベラルな人たちE「憎悪を掻き立てるべきではない。」

2.海外のパネリスト(*写真)
”イスラムとは、凶暴な犬のようなものだ。” By ウィンストン・チャーチル 

3.海外のパネリスト(*風刺画)
毎日のように…いや、毎時間のごとく、ムスリムのテロが発生している。

4.海外のパネリスト(*写真)
ちょっと前のドイツ人「難民の皆さん!ようこそドイツへ!!!」

5.海外のパネリスト
さっさと彼らを”肥溜め国家(Shithole Countries)”に送り返せ!!!

6.海外のパネリスト
キリスト教国にイスラムは似合わない。

7.海外のパネリスト
最近、ドイツではこういった話題が毎日のように報じられている。メルケル独首相は新聞やテレビを見ていないのか?自国民がこれだけ苦しんでいるのに、よく見て見ぬ振りができるものだ。

8.海外のパネリスト
>>7
メルケルの政策による本当の犠牲者は、他のヨーロッパ諸国だよ。ドイツ人は自ら望んで彼女をリーダーに選んだけど、ヨーロッパの人々には関係ない話だからね。

9.海外のパネリスト
もし欧州諸国が生き残りたければ、ムスリム達を追い出すしかない。

10.海外のパネリスト(*写真)
リベラルな人「(ムスリムではなく)危険な車を販売停止にすべきです!!」
(注:銃規制要求勢力への皮肉と思われる。)

11.海外のパネリスト
かつてメルケルは、イスラムがドイツ社会に統合していると述べた。今でもその考えは変わっていないのだろうか?

12.海外のパネリスト
春になりつつあるからね…冬に冬眠していたテロリスト達が目を覚ましたんだろう。

13.海外のパネリスト
政治家達は事件を嘆き、口々に犠牲者を慰めるコメントを述べるだろう…しかし、如何なる行動もしないはずだ。

14.海外のパネリスト
>>13
所詮、嘘泣き人達ですから。(Crocodile tears:ワニが獲物を捕食する際、涙を流すとの逸話から、偽善者全般を示す場合もある。)

15.海外のパネリスト
こんなの別にニュースにする必要なくない?今に始まったわけじゃないし、これで最後でもない…慣れるしかないよ。

16.海外のパネリスト
彼らの目的は、ドイツからドイツ人を追放することなのだ。

17.海外のパネリスト
近い将来、欧州連合は(反移民を訴えている)東ヨーロッパに対するこれまでの冷たい態度を、後悔することになるだろう。イカれた連中を招き入れた結果がコレだよ。

18.海外のパネリスト
移民受け入れの利点って何かあるのかな?(移民を支持する)グローバリスト達って結局、国家を切り売りしているだけのような気がする。我々の指導者がトランプで本当に良かった。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//-------//
Update 2018/4/7 23:11
*一部の文言を修正:ブルカ→ヒジャブ(スカーフ)
//-------//

ベルギーのオランダ語メディア”HLN”によると、同国の”イスラム政党”が、近日行われるベルギーの地方議会選挙に参加する意向を示したことがわかった。同党は”イスラム国の樹立”、及び、”公共交通機関における男女の区別厳格化”を目指すとの声明を出している。

以下は”イスラム政党”によるコメント:
”我々のゴールは、イスラム国の樹立である。しかし、女性達に対してヒジャブ(スカーフ)の着用を義務付けることはしない。(---中略---)イスラム法をこの地で確立させることにより、イスラムの教えを完遂させたい。”

現在、”イスラム政党”は二人の地方議会議員を当選させており、今回の地方議会選挙では28地区に、候補者を擁立する予定であるという。彼らは”イスラム国の樹立”、及び、”公共交通機関における男女の区別厳格化”を、政党アジェンダとしている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/04/islam-party-in-belgium-wants-to-create-an-islamic-state-and-separate-men-and-women/#.Wsdh2J8v554.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VOE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/982227075531587584
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
”公共交通機関における男女の区別厳格化”よりも、”ベルギーにおけるイスラムとの区別厳格化”を進めるべきだね。しかし、このニュースは本当なのかい?

2.海外のパネリスト(VOE公式)
>>1
念の為、5つの異なるベルギー地元紙を確認した所、全ての新聞において同様の記述がありました。

3.海外のパネリスト
>>1
これは本当だよ。断言しても良い。だって、私はベルギー人だからね。

4.海外のパネリスト
イスラム教徒達をどこかの孤島に隔離して、そこで内戦をさせておけばいいんだよ。

5.海外のパネリスト
>>4
その孤島を造るためならば、喜んで寄付をします。イスラム国を望む人たちは、そこに移住すればいい。

6.海外のパネリスト
いちベルギー人として、”イスラム政党”が躍進しないことを願う。

7.海外のパネリスト
ベルギーの”イスラム政党”=ベルギー版*シン・フェイン党

(*1905年にアーサー・グリフィスらによって結成されたアイルランドのナショナリズム政党。北アイルランドでは、「ユニオニスト」(連合王国派)、「ロイヤリスト」(王党派)と呼ばれるイギリス支配支持派と、長年にわたり対立を続けている。)

8.海外のパネリスト
>>7
彼らはシン・フェインよりもっと酷いよ。

9.海外のパネリスト
新オスマン帝国の誕生といったところか…言っとくが、アメリカに泣きついてくるんじゃないぞ?あんたらが勝手に招いた災害なんだからな?

10.海外のパネリスト
何故彼らはヨーロッパで”イスラム国の樹立”を目指すのだろうか?彼ら自身の国へ戻り、そこで”理想国家”を作り上げればよいではないか?

11.海外のパネリスト
イスラムとは、宗教の皮を被った侵略思想である。

12.海外のパネリスト
ポーランドやロシアなら、こんな行為を絶対に許さないだろう。

13.海外のパネリスト
彼らに票を投じない人々は、もれなく”イスラム恐怖症者(Islamophobic)”のレッテルが貼られます。

14.海外のパネリスト
一体、ベルギーで何が起きているんだ!?

15.海外のパネリスト
>>14
ムスリムの人口が多いんだよ。実際、首都ブリュッセルの地方議会には、すでに二人の”イスラム政党”議員が所属している。

16.海外のパネリスト
私達も気をつけねば…イギリスも同じ状況になりかねん!!

17.海外のパネリスト
>>16
もうすでに同じ状況なんですが?

18.海外のパネリスト
国家を救うためには、時として、非情な手段を用いることも必要である。なぜなら、彼らは貴方達の国を壊そうとしているのだから…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



全ての母親達は、たとえ子供が何歳であれ、馬鹿げた要求への反論を行う権利を保有している。

米ラスベガスに位置するリゾート・ホテルのプールサイドにて、Tanja Krsticさんは、タオルで覆いながら、9ヶ月になる我が子に授乳をしていた。その時、40前後の男性に近づいてきて、授乳行為を止めるよう注意してきたという。

Tanjaさんは当時の心境をこのように述べた。

”授乳を止めるよう注意を受けるのは、これが初めてではありません。非常に沢山の母親達は、日頃から、こうした辱めを受けているのです。(---中略---)授乳は当たり前のことです。赤子に食事を与える行為を嫌う成人男性や女性がいることが、信じられません。”

この出来事について、TanjaさんはFB上で詳細を語っている。

[TanjaさんのFBより(一部抜粋・意訳)]

プールサイドでタオルを介しながら授乳をしていた時、40代くらいの男性が近づいてきて、授乳を止めるように注意してきた。

それを聞いた瞬間、私は彼の「@@」を握りつぶしてやろうかと思ったけど、近くにいたその人のお母さん(70歳位のスリムな女性)が近づいてきて、自分の息子を叱り始めた。

「ケビン!あんたって子は、この母親さんに対してなんてこと言うんだい!?」

その男性は咄嗟に反論をしようとしたけど、その女性はブチ切れてこう言った。

「いい加減になさい、ケビン!私はあんたをそんな子に育てた覚えはないよ!この女性に謝らない限り、あんたとはもう二度と話をしないからね!!言っとくけど、私はあんたが生後18ヶ月になるまで授乳していたんだ!」

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.boredpanda.com/elderly-mother-mad-son-breastfeeding-pool-tanja-krstic-radusinovic/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
海外ブログ系ニュースサイト
[コメント傾向]
女性多
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//

1.海外のパネリスト
授乳行為には別の問題も存在している。私はひどい貧血持ちで、子供に授乳することが難しく(注:母乳を作り出すためには血液が必要。)、最初の子供はミルク瓶で育てていた。すると、周りから「何故母乳を与えないのか?」と度々怒られ、挙句の果てには、「貴女は母親失格よ。」とまで言われた。そうした経験があったから、二番目の子供の時は、頑張って母乳で育てていたんだけど、今度は、この記事に出てきたような男性達に「公共の場で授乳をするな!」と注意される。結局、皆、だれかを批判したいだけ…

2.海外のパネリスト
>>1
私は母親じゃないけど、貴女の気持ちはよくわかる。母親という存在になった瞬間、世間の人々が急に干渉してこようとするのよね。

3.海外のパネリスト
公共の場における授乳行為を、否定する人達の気持ちがわからない。人類史上、最も当たり前の行為でしょ?

4.海外のパネリスト
このケビンって男は、ほんと、どうしようもない奴だな!

5.海外のパネリスト
>>4
残念ながら、同じような人は世の中に一杯いる。成長できていない子供みたいな成人男性が…。

6.海外のパネリスト
夜な夜なネット上でセクシーな画像を漁っているオッサン達が、授乳行為を正義面して非難するのは、なかなか馬鹿げてる話だと思う。

7.海外のパネリスト
>>6
それな。

8.海外のパネリスト
この男性が「とんでもないバカ」なのは当然として、彼の母親さんは素晴らしいと思う。

9.海外のパネリスト
不思議よね…多くの男性達は、「授乳」によって育ってきたはずなのに…なぜソレを嫌うのかしら?

10.海外のパネリスト
>>9
彼らにとって、「授乳」は「育児」ではなく、「性的」な存在としか認識できないんでしょう。

11.海外のパネリスト
40にもなろうとする男が、自分の発言の良し悪しを母親に教示されなきゃいけないなんて…本当に情けない。

12.海外のパネリスト
みんなの怒りはよくわかった。わかったから、チーズでも食べながら少し落ち着こうよ…ね?

13.海外のパネリスト
「授乳行為」が問題なのではなく、それを何か「イヤラシイもの」と勘違いしている人の精神こそが最大の問題。

14.海外のパネリスト
母と子における美しき交流に文句をいう人達の気が知れない。私が彼女の立場だったら、凄く恥ずかしいし、動揺するし、怒ると思う。まぁ、ネットの情報だから、全て本当かどうかはわからないけど。

15.海外のパネリスト
>>14
確かに、見解が一方的すぎる感じはするね。

16.海外のパネリスト
私は1967年生まれだけど(見た目はまだ若いよ?w)、当時は「授乳」による育児が「(医学的or栄養的に?)正しくない」と考えられていた。それゆえ、私の母親がお医者さんに「子供を母乳で育てたい」と告げたら、怒られたらしい。それでも、彼女は母乳による育児を続けたけどね。今はむしろ「母乳による育児」を推奨するようになっている。時代は変わるもの。

17.海外のパネリスト
>>16
私の母親も同じ話をしていたなぁ…

18.海外のパネリスト
ちょっと本題から逸れるけど…昔、小学校の授業中、先生が「カルシウムを得るための最も一般的な方法はなんでしょうか?」と聞いた所、ある男子が自信満々に「母乳!」と答えた。その後、彼は他のクラスメート達からすごい馬鹿にされていたよw


[*おすすめネット記事(外部)*]

このページのトップヘ