海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



---記事引用開始---

 【ワシントン、ソウル時事】トランプ米大統領は8日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の要請を受け入れ、5月までに米朝首脳会談に応じる意向を示した。

 現職米大統領と北朝鮮の最高指導者の会談が実現すれば初めて。4月末に予定される南北首脳会談に続き、米朝のトップ会談が開催されれば、朝鮮半島をめぐる緊張が緩和し、非核化実現につながる可能性もある。だが、外交担当者による入念な準備を経ずにトップダウンで交渉を進めるやり方は今後曲折も予想される。

 訪米した韓国の鄭義溶国家安保室長がトランプ氏らと会談し、5日からの訪朝時の金委員長との会談結果を説明。韓国大統領府高官によると、金委員長はトランプ氏へのメッセージの中で「直接会い、話をすれば大きな成果を出すことができるだろう」と敵対してきた北朝鮮との関係の転換に期待を示した。トランプ氏はこれを聞き、「よし、会おう」と会談受け入れを即断したという。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14409593/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://www.yahoo.com/news/donald-trumps-meeting-kim-jong-un-big-gamble-make-world-much-dangerous-place-092502922.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

一部の海外メディアにおいては、今回の決断に対する懸念の声が存在する一方で、米ヤフーのコメント欄などでは、米朝会談実現に対して、肯定的な意見が比較的多く見られました。

しかし、これまで北朝鮮が度重なり約束を反故にしてきたこと、また、(今回の会談実現を積極的に仲介してきた)韓国政府による「日本外し」の意向が見え隠れすることなど、米朝対話の有効性には、疑問が残ります。(*米朝会談実現の発表を、韓国の政府高官がホワイトハウスで行ったことにも少し違和感…まるで北朝鮮特使…)

仮に、核・ミサイル開発が凍結・破棄されたとしても、それだけで北朝鮮が抱える諸問題全てが解決する訳ではありません。米国や韓国にとっては、北朝鮮からの核・ミサイルによる攻撃阻止こそ、一番の優先順位かもしれませんが…

//------------------//

1.海外のパネリスト
全面的核戦争を繰り広げるよりも、話し合いを持つことのほうが大切。

2.海外のパネリスト
>>1
話し合いをしたからといって、全面的核戦争の勃発を防げるとは限らないぞ?

3.海外のパネリスト
もしこれが上手くいけば、歴史的な偉業となる。この会談が成功した暁には、トランプを支持する支持しないは別にして、大いなる賛辞を彼に与えるべきだ。

4.海外のパネリスト
>>3
俺はトランプが大嫌いだが…上手くいけば褒めてやるよ。

5.海外のパネリスト
トランプの失敗を願いすぎる余り、「交渉の失敗→北朝鮮との核戦争」を熱望する左翼の存在に辟易する。

6.海外のパネリスト
かつて、英首相チャーチルはこう述べた…「下らないおしゃべりであっても、戦争をするよりかはマシである。(Jaw Jaw is better than War War)」確かに、物議を醸したニクソンの中国訪問でさえ、長期的視点から見れば、成功だったと言えるだろう…

7.海外のパネリスト
チャーチルはこうも述べている…「虎の口に頭を入れながら、それと話し合うことは出来ない。」

8.海外のパネリスト
仮に北朝鮮の非核化と南北統一をトランプが導いたとしても、メディアは彼を叩き続けるだろう。

9.海外のパネリスト
なんでこれに文句を言う奴がいるの?外交交渉による解決が誰にとっても一番でしょ?

10.海外のパネリスト
>>9
これまでティラーソン国務長官に対して、北朝鮮との外交交渉を禁じてきた人物こそ、まさにトランプ総統ご自身なのですが?

11.海外のパネリスト
この期に及んでも、メディアはトランプの批判ばかりだね…それしか報じることがないのだろうか?

12.海外のパネリスト
僕はトランプのファンじゃないけど、彼は歴代大統領の中で、一番北朝鮮の非武装化に対して尽力していると思う。それは認めてあげるべきじゃないかな。

13.海外のパネリスト
>>12
まぁ、交渉だけはすればいいんだよ。実際に核やミサイルを放棄するまで、制裁を続ければいいだけの話なんだから。

14.海外のパネリスト
>>12
過去の米政府も、北朝鮮対策はずっと行ってきた。だが幾度にも渡り、彼らに騙されてきたんだよ。歴史を無視すれば、必ずそれが繰り返される。

15.海外のパネリスト
一部の米メディアは、トランプが主導する和平を望まないだろう。

16.海外のパネリスト
>>15
彼らは、アメリカが利すること全てに反対するからね。

17.海外のパネリスト
イスラエル・パレスチナ紛争を解決し、世界中全ての飢饉や内戦を終結させ、様々な難病の治療法を生み出したとしても、左翼達はトランプを嫌う口実を見つけ出すだろう。

18.海外のパネリスト
なんにせよ、今の状態を続けるわけにはいかない…何かしら行動を始めねば…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



先月、ドイツの都市カンデルにて大規模な反国境開放&反メルケル・デモが発生した。同都市では過去に、15歳の地元少女が、アフガニスタン出身の難民に襲われ、命を落とす事件が起きている。

当初、ドイツメディアはデモの参加者を約1500名と報じていたが、地元警察の発表により、正確な参加者が4500名以上であることが判明、報道を訂正している。

同デモの参加者達は”メルケルは退陣すべき!”、”我々は沈黙しない!”、”ドイツを愛さないものは、ドイツから出て行け!”などと繰り返しながら、行進を行っていたとされる。

一部のドイツメディアは、彼らをナチス支持層の右派を暗喩する単語”rechten”などと表現しており。また、動画共有サイト”Youtube”では、同デモのライブ中継が強制的に中止されたという。

このデモを巡っては、取材に訪れた報道陣に対して警察が撮影禁止を命ずるなど、様々な圧力が報告されている。これは、公共場における撮影の自由を認めたドイツの法律に反する行為だ。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/03/germany-youtube-try-censor-increasing-anti-merkel-protests-country/#.Wpwvq65z5rQ.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/970353497731469312
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ついにドイツの人々が目覚まし、そして、行動を始めた。しかし、大手メディアは決してこれらを好意的に報じないだろう…

2.海外のパネリスト
最近ではカンデル以外でも、ドレスデン、ハンブルグ、コトブスなどの各独都市で、反メルケル・デモが毎日のように行われている。

3.海外のパネリスト
2016年のトランプ大統領選挙決起集会を思い出す。ここに集まる人々こそ、真に国を案ずる一般市民達なのだ。

4.海外のパネリスト
メルケル嫌いのドイツ人たちには、心から同情するよ。

5.海外のパネリスト
こういった動きに圧力がかかるようじゃあ、もうドイツはオシマイだね。確かに、差別心を持って参加している連中も少しはいるかもしれないが、それはあくまで一部だ。言論の自由は認められねばならない。

6.海外のパネリスト
真実を語り続けろ!決して彼らに支配されてはいけない!!徹底的に戦うんだ!!!

7.海外のパネリスト
あらゆる批判を全て統制するなんて、絶対に無理だよ…デモの参加者全員を逮捕しない限りね。

8.海外のパネリスト
日々、安全な場所でのうのうと生きているメルケルには、私達の状況を理解できないだろう。我々は今、狼の群れに投げ込まれた「羊」のようなものだ。

9.海外のパネリスト
このままいけば、ドイツもいずれ、中国のような全体主義国家へと変貌を遂げることにだろう。

10.海外のパネリスト
米Foxとかの保守系メディアにデモの映像を送ればいい。きっと取り上げてくれる。

11.海外のパネリスト
知り合いのドイツ人達は、皆、メルケルの政策に異議を唱えている。彼女は古臭い東ドイツ出身者だからね…21世紀を生きるだけの文化的価値観がないんだよ。

12.海外のパネリスト
国家による検閲を甘く見てはいけない。これこそ、グローバリズムの根幹を担う行為なのだ。

13.海外のパネリスト
我々は共に手を取り合い、立ち上がるべきなのだ!

14.海外のパネリスト
>>13
今こそ、私達の体に寄生するヒル達を一掃するべき時が来た!!!

15.海外のパネリスト
一部のEUメディアは、今回のデモ参加者達を”極右主義者(rechtspopulisten:ドイツ語?)”だと断定、地元住民たちから恐れられている、と報じている…嘘ばかり!

16.海外のパネリスト
私の国フィンランドでも、ネット上で政府や、移民、イスラムなどへの批判的な見解を示すと、YoutubeやFacebookから検閲を受けたり、アカウントを凍結される事態がおきている。

17.海外のパネリスト
今ドイツに必要なのは、デモじゃなくてクーデターだよ。国を取り返さなきゃ…

18.海外のパネリスト
いずれ、国家が望まない情報は一切ネット上に投稿できなくなるだろう。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



女性実業家であるKristina Roth氏が、フィンランド沖の島を男子禁制女性専用リゾート施設”SuperShe Island”に再開発し、話題を集めている。

Roth氏によると、この企画は女性達を「社会的抑圧からの解放させる」、また「女性同士の団結を深める」等の目的で構想されたという。

以下はRoth氏のコメント(意訳):

”素晴らしい女性達と出会うことにより、彼女達と同じ水準の人間になれる。これが私の人生哲学なのです。だからこそ私は世界の女性達に、(*この女性専用リゾート施設を通じて)自らを高める機会を提供したいと思っています。”

この島には4つの豪華なキャビンが用意されており、最大10名が滞在可能となっている。”SuperShe Island”を利用するためには、まずRoth氏による(人柄などの)選定を通る必要がある。(*宿泊者間の交流イベントなどがあるため。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://edition.cnn.com/travel/article/women-only-island-finland/index.html?sr=twCNN030518women-only-island-finland1040AMStoryGal

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
CNN公式ツイッター
https://twitter.com/CNN/status/970699223942533120
[コメント傾向]
否定的な意見が多い
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

興味を示す方達が若干存在する一方、ほとんどが否定的な意見でした。「男性差別」との認識が強いようです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
女子トイレとかを使っちゃう系「自称女子の男達」はどうなるの?彼らも”女性扱い”されるべきなんでしょ?

2.海外のパネリスト
「男性に対する差別」として問題視されるべきだと思う。

3.海外のパネリスト
私なら、男性と一緒に休暇を過ごしたいけどね…

4.海外のパネリスト
それで…このリゾート施設を実際に建設した作業員は誰なんだい?もちろん女性だろうね?

5.海外のパネリスト
この人は単なる「性差別主義者」。

6.海外のパネリスト
こんな退屈な場所、絶対嫌…行きたくない。

7.海外のパネリスト
そんなに「男性が存在しない社会」が望ましいのかね?じゃあ、道路を作ったり、病気を治したりする時、どうするの?貴女達にも必要でしょ?

8.海外のパネリスト
アメリカにいる全てのフェミニスト達は、この島へ移住するといい。

9.海外のパネリスト
「男性専用~」は批判されるのに、なぜこれは許されるのか?

10.海外のパネリスト
日頃「性差別反対!」と声高く訴えている左翼さん達が、このニュースにダンマリなんですが…

11.海外のパネリスト
え?百合島ですって!?大賛成です!!!

12.海外のパネリスト
男性差別を称賛するCNN…

13.海外のパネリスト
ヒラリーはいつ宿泊するのだろうか?

14.海外のパネリスト
これはアメリカ本土では絶対できないね…発表後、数分で訴訟沙汰になる。

15.海外のパネリスト
宿泊当初はいいだろうけど、夜にお酒とか飲み始めたら急に空しくなりそう。

16.海外のパネリスト
(トランプ夫人である)メラニアにとっては、最高のリゾート地だ。

17.海外のパネリスト
「性差別」という語句は、男性から女性に対して行われる差別にのみ、適応される。

18.海外のパネリスト
逆に男性専用リゾート島が出来たら…凄まじい抗議がくるだろう。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//-------//
Update:2018/3/8

*ニュースソース追加:コメントでのご指摘ありがとうございます。

//-------//

---記事引用開始---

アメリカのトランプ大統領は1日、国内の産業を守るため、外国製の鉄鋼に25%の追加関税を課す方針を表明した。日本も対象となるのかなど、詳細は来週、発表される。

トランプ大統領は鉄鋼業界の幹部らとの会合で、外国製の鉄鋼に25%、アルミには10%の追加関税を課す方針を表明した。

(中略)

輸入制限の最大の標的は多額の貿易赤字を抱える中国だが、今回は対象国を明らかにしなかった。日本も対象となるのかなど、詳細は来週、発表される。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

*追加情報:
輸入制限については、一部の国家が除外される模様です。

参考:米輸入制限、除外を検討 同盟の日本にも可能性

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14374508/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://finance.yahoo.com/news/trump-says-u-steel-aluminum-141528279.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

少し古い話題になってしまいました。申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
トランプの娘イヴァンカの会社(*アパレル)は、中国製商品ばかりを取り扱っているわけだが?

2.海外のパネリスト
>>1
中国製ばかりなのは、イヴァンカの会社に限った話じゃないだろ…

3.海外のパネリスト
>>1
この話題が報じられてから米株は下がりっぱなしだよ…しかもその損失は、我々の税金からまかなわれるのだ。

4.海外のパネリスト
トランプはホテルを建設する際、アメリカの鉄ではなく、中国の鉄を使っていたらしい…

5.海外のパネリスト
>>4
賢い判断だ。ビジネスマンなら利益を求めるのはあたりまえ。

6.海外のパネリスト
>>4
ホテルの建築材にまで注文を出すオーナーなんかいるわけないだろ。

7.海外のパネリスト
歴史的にみれば、重関税を課すことによって得られる恩恵は少ない。トランプは経済史をもっと学んだほうがいい。

8.海外のパネリスト
>>7
トランプは本を読まないからなぁ…誰か、アニメで説明してあげてくれ!

9.海外のパネリスト
この政策が米鉄鋼業界の再興につながるとは考えられない。むしろ、(輸入鉄鋼へ重関税が課せられることにより)国内製造費がかさみ、いずれ消費者へと、その負担が跳ね返ることだろう。また、規制対象国からの反発も十分予想され、トランプを支持する労働者層(*鉄鋼業界など)が、最も大きな損失を被ることになりうる…なんとも皮肉なことだ。

10.海外のパネリスト
トランプはこれまで、いくつもの事業を頓挫させてきた。今度は、米国を破産させる気なんだろう。

11.海外のパネリスト
外国製鉄鋼・アルミに課された関税は、巡り巡って、結局アメリカ人が支払うことになる。まさに「アメリカ人に再び重税を!」だね…

12.海外のパネリスト
最近、トランプ・ファミリーに関する色んなスキャンダルが出ていたから、世間の関心を逸らす必要があったんじゃない?彼は確かな計画や考えを持たず、思い付きで政治を行っている。

13.海外のパネリスト
「貿易戦争」とやらのおかげで、アメリカの評価は急落している。これでも、トランプの支持者達は、「彼が勝ち続けている!」と虚勢を張るのか?

14.海外のパネリスト
大統領っぽいことがしたくて堪らないんだろうな。でも、それらを実行することにより、事態は混迷を深めていく。いずれ、(一部の選手がトランプさんと対立している)フットボールの観覧すらも禁止される日が来るかもしれない。

15.海外のパネリスト
今回の決断は対中国戦略などでは決してありえない。そもそも、中国は米鉄鋼輸入元国トップ10にすら入っておらず、カナダ、ブラジル、韓国などの親米国家が上位を占めている。つまり、この処置は、アメリカの友好国に対する絶縁状みたいなものさ。トランプには長期的視点というものが存在していないんだろう。

16.海外のパネリスト
中国で作られるトランプ企業の製品には、一切関税がかからないはず。

17.海外のパネリスト
報復関税が課せられる可能性に、トランプは未だ気付いていない。

18.海外のパネリスト
さてさて、お次はどんな「お馬鹿」をやらかしてくれることやら…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



今週月曜日、北朝鮮を訪れた韓国政府の代表団が、北朝鮮の金正恩氏と面会していたことわかった。今回の話し合いにおいては、北朝鮮側から、南北統一に向けた”力強い進展(vigorously advance)”を望む声が出るなど、外交・軍事関係の緊張緩和を狙った言動が散見された。

会談に引き続き行われた金正恩氏主催の晩餐会においても、「南北首脳会談の実現」などの様々な話題が話し合われたという。

北朝鮮国営メディア「朝鮮中央通信」によると、金正恩氏は韓国の代表団に対して、”民族統一という新たな歴史を作り出したい。(he wanted to write a new history of reunification)”などと、述べたとされる。

また、一部海外の報道によれば、米国との交渉結果次第で「核・ミサイル開発を停止する準備がある」とも、言及していたという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/kim-jong-un-surprise-move-100653065.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Special Thanks
//------------------//

日本視覚文化研究会

米メディア「いかにして日本は銃による犠牲者を無くしたのか?」[海外の反応]

//------------------//

1.海外のパネリスト
これは、韓国の歴代左翼政権がこれまで何度も騙されてきた、北朝鮮による罠に過ぎない。その結果が、現在、世界が直面している北朝鮮の核・ミサイル問題である。

2.海外のパネリスト
北朝鮮が述べる「南北統一」とは、自由主義を規範とした統一国家樹立ではなく、北朝鮮体制に韓国を吸収するという「併合」を意味する。

3.海外のパネリスト
>>2
まぁ…そうだろうね…

4.海外のパネリスト
「南北統一」なんて現状では不可能。金正恩は自らの権力を絶対に手放さないし、韓国側も、独裁国家・北朝鮮が主導する「統一」に、参加することはないだろう。

5.海外のパネリスト
>>4
その韓国も、少し前までは軍事独裁政権だったんだけどね…

6.海外のパネリスト
どうでもいいけど、北の将軍様太りすぎてない?今にも爆発しそうw

7.海外のパネリスト
>>6
北の新型ミサイルですからw

8.海外のパネリスト
気をつけろ!彼らは表向き友好的な態度を見せつつ、こちらを攻撃する隙を伺っているんだ。

9.海外のパネリスト
なんにせよ、話し合いで問題が解決できるのであれば、それはそれで望ましいことじゃないか。戦争するより遥かにマシだよ。

10.海外のパネリスト
>>9
ほお?じゃあ、君はヒトラーと*対話を試み、見事に騙されたチェンバレン英首相の行為が、正しかったとでも言いたいのかね?

(注:一説には、「ナチスと戦う準備を整えるため、第二次世界大戦の開始を遅らせようとした」とする意見もある模様。チェンバレン英首相自身は戦争回避を切実に願っていたとされており、それゆえ、対独宣戦布告を告げるラジオ演説は、非常に悲壮感が強いものになっている。)



11.海外のパネリスト
最終的に韓国が全ての責任を負えばいい。好きにしろ。

12.海外のパネリスト
晩餐会?よく北朝鮮の飯が食えるな…

13.海外のパネリスト
>>12
食料は持参するべきだよね。

14.海外のパネリスト
北朝鮮が韓国を支配するか、韓国が北朝鮮を支配するか…結局、その二者択一を迫られることになる。北の小太りは如何なる妥協もしないだろう。

15.海外のパネリスト
東西ドイツも統一したわけだし…韓国と北朝鮮も上手くいくんじゃない?

16.海外のパネリスト
>>15
東西ドイツと韓国・北朝鮮では、政治情勢がまったく異なる…同一には扱えない。

17.海外のパネリスト
金正恩が、どんどんトランプに似てきているな。手を振り方なんか、ほんとそっくり…

18.海外のパネリスト
キューバのカストロと一緒だ。1970年代当時、彼は共産主義を罵倒し、アメリカの友人であるとさえ宣言していた。それに呼応し、当時の米政府は多くの資金や武器を彼に提供したが、結果的に、この男はアメリカを裏切った。まさに「羊の皮を被った狼」だったわけだ。北朝鮮を信用してはいけない。


このページのトップヘ