海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所

1

米Times紙による報道では、昨年、ネット上でのコメントを理由として、3395名が英警察機関により逮捕されていたことが判明した。逮捕の根拠としては、公共の通信手段において、”他者に対する不必要な不安、不都合、不快感”を与えた人物を罰する法律”Communications Act 2003”が利用されている。

今回の調査には、29の警察関連機関からデータ提供が行われたものの、15の警察当局が協力を拒否、もしくは、提出データが不完全なものであったため、実際の数値はさらに大きいものであると考えられている。

逮捕された容疑者のうち、半数近くは起訴に至らず釈放されていることから、一連の英警察による動きは、法律の解釈をいたずらに拡大しており、”言論の自由”を著しく脅かしているとの指摘も出ている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/10/14/british-police-arrest-at-least-3395-people-for-offensive-online-comments-one-year/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/JackBMontgomery/status/919160050077306894
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケート(*PC版のみ)orコメント蘭にて、ご報告いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
”他者に対する不必要な不安、不都合、不快感”…それを誰が判断するのだろうか?私が嫌だと思うコメントであっても、他者にとっては平気な場合もある…

2.海外のパネリスト
>>1
君がどう感じるかなど、警察にとってはどうでもいいこと…重要なのは”イスラム教徒様”が、どうお感じになるのか?…ということなんだよ。

3.海外のパネリスト(>>1)
>>2
そのおかげで一般市民が犠牲になるのか…

4.海外のパネリスト(>>2)
>>3
主観的な判断で、ろくな証拠も無しに犯罪者を仕立てあげることができる、腐った法律の存在を恨みな…

5.海外のパネリスト
こういったどうでもいいことには、異様に熱心なくせに…移民集団によるイギリス人少女達への暴力事件などには、いっさい動かそうとしない…

6.海外のパネリスト
”ヘイトクライム”なんてものは、想像上の犯罪…これに刑罰を与えること事態がおかしい…

7.海外のパネリスト
イギリスは警察国家となりつつある…フランスやスウェーデンのように…

8.海外のパネリスト
英警察によるこれらの動きは、彼らを統制するイギリスの政治家達が、ネット上に存在している自分達への批判を恐れ、弾圧していることを示すのだ。

9.海外のパネリスト
今イギリスでは、移民達が関わる様々な犯罪が頻発している…それにも関わらず、警察が標的とするのは、それらの移民犯罪を糾弾する人々だけ…

10.海外のパネリスト
彼らは”被害者”を逮捕している…

11.海外のパネリスト
一方、イギリスに潜伏中のテロリスト達は、自由に街中を闊歩するのであった…

12.海外のパネリスト
所詮”言論の自由”なんてものは、幻想だったんだよ…特に、今のイギリスにおいてはね…

13.海外のパネリスト
年間に3000人近くが逮捕か…それと同じくらい、不法移民も強制送還してくれよ…

14.海外のパネリスト
なぜイスラム教徒達の”ヘイトクライム”は無視されるのか?生粋のイギリス人達は、危機を訴え、生き残ろうとするだけで処罰されるのに…

15.海外のパネリスト
テロリストや移民の犯罪を指摘して、注意を促すことよりも、彼ら(テロリストや移民)の心を言論で傷つけないことのほうが大事…イカレてる…

16.海外のパネリスト
侵略者が勝利し、イギリスは敗北したのだ…かつて”大英帝国”とまで呼ばれた国家は、すでに消滅した…

17.海外のパネリスト
ムスリムを愛する国家は、いずれ”言論の自由”を憎むようになる…

18.海外のパネリスト
この努力を、もっと他の深刻な犯罪に対して費やせばいいのに…

19.海外のパネリスト
「棒や石は骨を折るかもしれないが、言葉は少しも傷つけない(諺)」

世知辛い世の中になったものだね…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


(*アメリカによるドイツへの諜報活動に関して、コメントするデメジエール内務大臣)

先週月曜日、ドイツのトーマス・デメジエール内務大臣が同国の一部地域において、イスラム教の祭典日を、公的休日に設定するべきであるとの提案をしていたことがわかった。

デメジエール内務大臣は、ドイツにおいて、カトリックの祭典日が(一部地域で)公的休日と、認定されていることを指摘した上で、次のように述べた。

”ムスリムの方々が多く住む地域においては、彼らの祭日も、公的休日として認められるべきではないでしょうか?”

上記の発言は、ニーダーザクセン州の選挙対策集会において述べられたものであるが、同州はキリスト教徒(参考)が大半を占める地域のため、今回の提案は、保守層の有権者を中心に反感を招く可能性が高い。そのため、厳しい州選挙戦を強いられているCDUの議員達は、同党に所属するデメジエール内務大臣の発言に、困惑を隠しきれない様子だ。

ニーダーザクセン州のCDU地域指導者であるBernd Althusmann氏は、苛立った様子で次のようにコメントを残した。

”この国における公的休日は、ドイツの長き伝統に則ったものであり、それらを変更すべき理由は見当たらない。(Public holidays have a long tradition in Germany, I don’t see any need for a change to the current system,”)”

また、前回の連邦選挙で大幅に議席を伸ばしたAfDの副代表Beatrix von Storch氏も、ツイッター上にてデメジエール内務大臣を批判する書き込みを行っている。

”CDUはイスラム教徒用の休日を設定するべきだと主張している…これこそ、AfDが他の政党と異なる大きな特徴だ!我々ははっきりと断言する…そんなものは絶対に必要ない!と…”


//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.thelocal.de/20171013/interior-minister-upsets-colleagues-by-suggesting-germany-could-celebrate-muslim-holidays

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/918872878954754048
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケートにて、ご報告いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
誰がこんな奴を政治家にしたんだ?

2.海外のパネリスト
>>1
大多数のドイツ国民

3.海外のパネリスト
中国人用休日、仏教徒用休日、ヒンドゥー教徒用休日とかは無いのに…なぜイスラムだけ特別扱いなの?

4.海外のパネリスト
>>3
イスラムは特権階級なのさ…

5.海外のパネリスト
ドイツがトルコ化して来ている…メルケルよ…これで満足か?

6.海外のパネリスト
そのうち酒場(パブ)が閉鎖されるだろう。

7.海外のパネリスト
我々の目前で、ドイツが滅びてゆく…

8.海外のパネリスト
狂気はとどまる所を知らない。

9.海外のパネリスト
クリスマスが中止になりそう…

10.海外のパネリスト
ドイツがイスラムに屈服している…このまま彼らの奴隷になるのか…それとも反乱を起こすか…終わりの時は近い。

11.海外のパネリスト
キリストを裏切り、アッラーに寝返る…

12.海外のパネリスト
スウェーデン「(その手があったか!)」

13.海外のパネリスト
不法移民として訪れ、家と食料を与えられ、No-Go-Zoneを構築し、様々な混乱をもたらした挙句…今、彼らは私達の国を乗っ取ろうとしている…だがこれは、私達が選んだことなのだ…

14.海外のパネリスト
順序がおかしい…まず外国人であるイスラム教徒達が、ドイツの習慣・文化・伝統を受け入れるべきだろ?

15.海外のパネリスト
来年…ってことは無いにしろ、5年後くらいには、普通に導入されていそう…

16.海外のパネリスト
イスラム教徒って、自分達の国では路上で集団祈祷をしないくせに、ヨーロッパ諸国ではこれ見よがしにするんだよね…挑発&扇動行為だよ…

17.海外のパネリスト
ムスリムのために休日を設定だって?あいつらは皆無職だろ?毎日が休日じゃないか…

18.海外のパネリスト
>>17
休むためではなく、他者を抑圧するための日なのさ…

19.海外のパネリスト
わかってないなぁ…こういうのは一ミリも譲歩しちゃ駄目なんだよ。少しでも妥協すれば、その隙を突いてどんどん要求を積み重ねてくるんだから…追い出すしかないんだ。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



この一件で、ドイツ世論から大きなバッシングを浴びたメルケル首相は、その後、国境開放・難民受け入れ拡大へと、政策の大転換を行うことになりました…

//------------------//
Update 2017/10/15 2:10
タイトルに付けました”水晶の涙事件”というのは、管理人が勝手に命名したものであり、この出来事を示す一般的な名称ではありません。混乱や誤解を招いてしまいましたこと、お詫び申し上げます。
//------------------//

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=G3EYY1KP8NQ(日本語版)
https://www.youtube.com/watch?v=9qaxoX9MF0M(英語版)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Youtube(*BBC公式チャンネル:英語版より)
[コメント選出基準]
人気・選択(*コメントの大半が2年前以上のものです。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケートにて、ご報告いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
僕の不勉強で大変申し訳ないのだけれど、誰か教えてくれないだろうか…なぜ中東の難民達が、石油利権で潤う、豊かな近隣のイスラム国家ではなく、わざわざはるか彼方のヨーロッパにまで来る理由を…

2.海外のパネリスト
>>1
サウジアラビアとかバーレーンにも経済移民は一杯居るよ…ほぼ奴隷状態だけどね…

3.海外のパネリスト
ドイツに難民の受け入れを強いるべきではない…ドイツがパレスチナ難民の世話をしなければいけない道理など、存在していないのだから…

4.海外のパネリスト
泣いたところで、問題の本質は変わらない…

5.海外のパネリスト
>>4
別に市民権欲しさに泣いたわけじゃないでしょ?少女相手に、そんな批判をするべきじゃないよ…あまりに未熟…君はもっと大人になるべきだ!

(*後に、この少女がドイツにおいて永住権を取得したことが判明:参考)

6.海外のパネリスト
まぁ…この少女以外の難民に関しては、冷たくあしらわれて、追放されるのがオチさ…

7.海外のパネリスト
ドイツ人ってのは本当に腑抜けになっちまったなぁ…ナチスと呼ばれることが、そんなに怖いのか?嫌なものは、はっきり嫌だと言えば良いのにさ…もっと自信持てよ!

8.海外のパネリスト
気持ちが悪くなるくらいの茶番劇…私達はこんなものに騙されてはいけない…冷静に物事を判断しなければ…

9.海外のパネリスト
この少女はいずれ、イスラム戦士たちの立派な嫁となるだろう…

10.海外のパネリスト
ってか…この娘は難民じゃなくて、不法移民でしょ?

11.海外のパネリスト
十字軍の再結成が必要だな…

12.海外のパネリスト
>>11
敵はメルケルだけどね…

13.海外のパネリスト
まさにこの瞬間…メルケルは全ての政治的理性を失ってしまったのだろう…

14.海外のパネリスト
なんかねぇ…この少女の言動が芝居がかってる気がしてならないんだよなぁ…まるで合図が出たかのように泣き始めたし…

15.海外のパネリスト
メルケルは逮捕されるべきだよ…

16.海外のパネリスト
左翼達により作り上げられし、感情を揺さぶる扇動広告。誰が主導したのかは知らないが、大したもんだ…恐れ入ったよ…

17.海外のパネリスト
有色人種も白人も…皆が幸せな人生を送る権利がある…(ドイツ人たちも)民族や肌の違いに囚われず、共に愛し合うべきだ!ここアフリカにおいても、黒人と白人が共に助け合って生きている…

18.海外のパネリスト
>>17
私はドイツ人だからあまり英語が得意じゃないんだけど…一応言っておくね。これは人種や民族、肌の色の問題じゃないんだよ…外国人が優遇されれば、必然的にドイツ人が排除されていくことになるんだ…移民を助けたい気持ちはある…でも、この国を明け渡すわけにはいかないんだよ…

19.海外のパネリスト (二年前の投稿)
メルケルさん、よく聞いてください…これらの難民は、近い将来、あなたの国で数々な問題を起こすようになるでしょう…フランスで発生した”シャルリー・エブド襲撃事件”を覚えていますか?同じことがドイツでも発生するようになるのです…彼らの繁殖力はすさまじい…大量の子供達を生み出します…そして、いずれ国の一部を占有し、それらの地域は”No-Go-Zone”と呼ばれる無法地帯となるでしょう…(これはスウェーデンにおいてすでに確認されている)国家内国家が作り出されるのです。また、正規の難民・移民と、テロリスト達を見分ける手段がないことも、決して忘れないでください。賢明なご判断を期待しています…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


(*移民に関する演説部分の抜粋)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=H8xHdGSJWLs

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Youtube
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
人気・選択
(*演説全体に対する反応となります。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケートにて、ご報告いただければ幸いです。

問題が無いようでしたら、新たな広告を少しづつ導入していき、その都度アンケート結果を参照させていただければと、考えております。よろしくお願い致します

//------------------//

1.海外のパネリスト
素晴らしい!感動的な演説だ!!アメリカを再び偉大な国家にしてくれ!!!

2.海外のパネリスト
>>1
すごくわかる…彼は魅力的だ…

3.海外のパネリスト
>>1
演説終わりにタバコを燻らせて欲しかった…

4.海外のパネリスト
グローバリスト大敗北の巻…

5.海外のパネリスト
これまで、歴代の米大統領は国連の場で頭を下げ続けてきた…ようやくまともな大統領が現れたようだ…良い仕事だったよ…

6.海外のパネリスト
トランプ大統領!どうかこの国に蔓延る社会主義者達を追放してください!!彼らはアメリカにおいて恐怖と混乱を招こうとしているのです!!!

7.海外のパネリスト
>>6
”社会主義”とは、強奪と抑圧の精神により構成されている思想である。それがゆえ、平和的社会主義者などは存在し得ないのだ…

8.海外のパネリスト
彼と同じ時代を生きていることを感謝したい…彼がこれから残す偉業は、今後数千年に渡り、語り継がれるだろう…

9.海外のパネリスト
>>8
子々孫々に誇ろうではないか…我々はトランプの時代を生きていたのだと…

10.海外のパネリスト
アメリカ国民の気持ちを代弁してくれてありがとう!愛国者達は、この演説を永遠に忘れないだろう…あなたと、あなたの家族に神の祝福がありますように…

11.海外のパネリスト
物怖じせず、大胆に…なおかつ正直に語っている…大変感銘を受ける演説であった…

12.海外のパネリスト
アメリカの政治家達は、*米国愛国者法みたいな下らない法律を成立させ、ネット上の議論を制限してきた…本来、”自由を敵視するテロリスト”への対策であるはずが、”自国民の自由を制限する”法律に変化してしまっている…今ではテロリスト達への怒りを表現することすら許されない…

(*愛国者法は、テロリストによる2001年9月11日の攻撃に対応するため、特に法執行機関のアメリカ国内における情報の収集に関する規制を緩和し、財務長官が持っている資産の移動、特に外国の個人または存在が関与している場合、に対する規制の権限を強化し、法執行機関と移民を管理する当局がテロ行為に関係があると疑われる人物の拘留または移民を国外に追放するための規制を緩和するものである。愛国者法はまた、国内におけるテロ行為を含めるようテロリズムの定義を拡大し、こうして愛国者法は法執行機関の権限が適用される行為の範囲を大幅に拡大した。By wiki)

13.海外のパネリスト
世界の指導者達は、何事においても、まず自国民を最優先にするべきだ…特にカナダのトルドー首相…トランプの演説をよく聞いておけよ?

14.海外のパネリスト
最近、地震やらハリケーンやらが立て続けに発生し…その上、北朝鮮情勢まで緊張してきた…私達には、どうすることも出来ないことばかり…

15.海外のパネリスト
自由社会はようやく信頼すべきリーダーを見つけた…強きアメリカが帰ってきたのだ!!!

16.海外のパネリスト
歴代最高の米大統領だね♪

17.海外のパネリスト
今まさに歴史が紡がれている感じがする…人生で聞く演説の中で、おそらく最も感慨深いものとなるだろう…

18.海外のパネリスト
>>17
君はもっと色んな人の演説を聴いたほうが良いよ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所

1
(*左がRica Dharさん、真ん中がPuja Mullickさん)

//-------------//
Update 2017/10/12 16:50
語句を修正(ロヒンギャ族→ロヒンギャ):コメントでのご指摘ありがとうございます。
//-------------//

ミャンマーで起きている紛争から逃れるため、バングラデシュの難民キャンプにて生活を行っているヒンドゥー教徒のロヒンギャが、同族において多数派を占めるイスラム教徒のロヒンギャから、様々な迫害を受けていることが判明した。

ロヒンギャは”国を持たない民族(stateless ethnic group:*諸説ある)”であり、主にミャンマーのラカイン州を長年生活の拠点としていた。しかし数ヶ月前、地元民とロヒンギャの間で武力衝突が発生、多くのロヒンギャ(*48万人近く)が、隣国バングラデシュへと避難する事態となっている。

それらロヒンギャの避難民において、同族で多数派を占めるイスラム教徒達が、少数派のヒンドゥー教徒を迫害しているとの報告が寄せられた。被害者の中には、イスラム教への改宗を強制させられたり、または、命を奪われるケースもあるという。

ロヒンギャのヒンドゥー教徒であるPuja Mullickさんによると、彼女は家族と共に、バングラデシュへと避難している最中、イスラム教徒のロヒンギャによる襲撃を受け、家族の大半を失ったという。生き残った彼女も、拠点へと連れて行かれ、イスラム教への改宗を強いられたと、証言している。

”生き残りたければイスラムに改宗しろと言われました…私は(イスラムの女性民族衣装である)ブルカを着るように命じられ、それから数週間、彼らのもとで、イスラムの伝統や文化を学ぶよう強制されました…”

Rica Dharさん(28)も、同様の体験を語ってくれた。

”8月25日の金曜日、彼ら(イスラム教徒のロヒンギャ)は、ヒンドゥー教徒の居住地に攻撃をしかけてきました。彼らは携帯電話や宝石を奪い取った後、私達を近くの丘へ連れて行き、数人の若い女性を除き、全員を処刑しました…その後、彼らは生き残った女性達に向かってこう言ったのです…イスラム教に改宗し、俺達の嫁になれ…と…”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4921426/Hindu-Rohingya-say-Muslim-majority-force-convert.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/912755420774719490
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
世界中イスラムのあるところでは、必ず問題が起こる…この宗教は、他者との共存を拒むからだ…

2.海外のパネリスト
>>1
イスラム教の内部ですら、対立し合っているからね…

3.海外のパネリスト
これでよく「平和の宗教」を自称できるな…

4.海外のパネリスト
大手メディアは、(イスラム教徒が多数を占める)ロヒンギャばかり取り上げているけど、(彼らに迫害されている)ヒンドゥー教徒の立場や状況については、何も報じない…

5.海外のパネリスト
なんて悲しい話なんだ…ヒンドゥー教徒の人々が救われることを祈っている…

6.海外のパネリスト
国連って本当に役立たずだよな…なんでイスラム教徒のロヒンギャばかり守ろうとするのか…結局、産油国であるイスラム国家に気を使っているだけなんだろ?

7.海外のパネリスト
これは人事ではない…イスラムの脅威は世界中に存在しているのだから…

8.海外のパネリスト
今ミャンマーに住み着いているイスラム教徒のロヒンギャは、もともとがバングラデシュからの不法移民だ!

9.海外のパネリスト
ロヒンギャによる蛮行が徐々に明らかと成り、メディアによるロヒンギャ擁護論が、減少しつつある…

10.海外のパネリスト
何も驚くべきことじゃない…典型的なムスリムの姿だ…

11.海外のパネリスト
なぜ彼らは、平和的に生きることができないのだろうか…

12.海外のパネリスト
イスラム教徒って混乱しかもたらさないよね…

13.海外のパネリスト
ラカイン州の地元民を救え!!!

14.海外のパネリスト
ムスリム達は犠牲者を演じることに関しては超一流だ…平和を維持することに関しては三流以下だが…

15.海外のパネリスト
私は、アウンサンスーチー氏率いるミャンマー政府の主張を信じるよ…

16.海外のパネリスト
今、マスコミが報道しているロヒンギャというのは、150年前、バングラデシュからミャンマーへと移住してきた人々が大半…迷惑をかけているのは彼らのほうだ!

17.海外のパネリスト
ミャンマーの地元民やヒンドゥー教徒も沢山犠牲になっているのに、なぜメディアはロヒンギャの被害だけを報じるのか?

18.海外のパネリスト
ロヒンギャにヒンドゥー教徒もいたとは…知らなかったなぁ…

19.海外のパネリスト
ヒンドゥー教徒も、ムスリムの対処に苦慮しているんだね…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所
(*音量が大きいので、ご覧になられる際はご注意ください。)

(*ドイツの歩道にて…動画の最初に写っている”Tabakwaren”というお店は、ドイツ語で”タバコ製品”という意味らしいです…)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/917841148076544000

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、広告を再選定中のため、楽天アフィリエイト様、アマゾンアフィリエイト様(Amapropを使用)、そして、コメント評価システムに付随する広告以外は、全て外してあります。もしこの状態で、ポップアップ広告が発生する場合、大変お手数ですが、お知らせいただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
街中でこれだけ好き勝手されているのに、なんでドイツ人達は何もしないの…?

2.海外のパネリスト
>>1
人の事言えんのか?(イギリスの)バーミンガムも十分酷いだろ?

3.海外のパネリスト
>>2
イギリスの政党ってのはね…名前こそ違えど、皆、同じようなものなんだよ…役立たずさ…

4.海外のパネリスト
もしアメリカで路上占拠なんかしたら、もれなく全員逮捕されるだろう…

5.海外のパネリスト
>>4
ニューヨークも、似たような状況だった件について…


(*最初の音が少し大きいので、ご注意ください。)

6.海外のパネリスト(>>4)
>>5
リベラルの仕業に違いない…

7.海外のパネリスト
放水車は何処だ!!

8.海外のパネリスト
>>7
水じゃなく、豚肉を投げ込んだほうが効果的。

9.海外のパネリスト
なぜコレが許されるのか?

10.海外のパネリスト
ステルス爆撃~♪

11.海外のパネリスト
>>10
アパッチも援護するよ♪

12.海外のパネリスト
>>10>>11
いいね…

13.海外のパネリスト
とても文明社会の有様とは思えない…

14.海外のパネリスト
ドイツは終わった…それを知らぬはドイツ人のみ…

15.海外のパネリスト
>>14
一部の人たちは理解してるよ…非常に少数だけどね…

16.海外のパネリスト
路上で祈る意味は何なの?家で祈れば良いじゃない…

17.海外のパネリスト
>>16
それな…俺達インド人も、長年、彼らの反国精神に手を焼いている…

18.海外のパネリスト
しょうがないよ…ドイツ人がこれを望んだのだから…

19.海外のパネリスト
>>18
ほんと…変な政治家ばっかり選ぶよね…彼らは…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//---------------//
Update 2017/10/11 2:00
誤字を修正(観覧⇒閲覧)&Far-rightの訳を「右翼系」に統一。コメントでのご指摘ありがとうございました。
//---------------//

先週火曜日、英内務大臣アンバー・ラッド氏は、ネット上における過激主義者の活動に対して、罰則を強化する意向を示した。これにより、”テロリスト関連”、もしくは、”右翼系関連”と目されるネットコンテンツを頻繁に閲覧した人物が、最大15年の懲役に科せられる可能性があるという。

海外メディアの報道によれば、これらの罰則強化は、近年頻繁するテロ活動への対策として実施が検討されているものであるが、興味本位や間違いで、それらのネットコンテンツを見てしまった場合、一度だけであれば(only once)処罰の対象外になるという。また、ジャーナリスト、研究者など、それらを閲覧するにふさわしい理由を保有する人物も、刑事責任は問われないとされている。

ラッド氏は今回の決断に関して、次のようなコメントを表明している。”私はネット上に存在する嫌悪すべきテロリストコンテンツ、例えば、イスラム過激派系ホームページ、右翼系の宣伝媒体などに対して、法による裁きが下されるべきであると思うのです。(I want to make sure those who view despicable terrorist content online, including jihadi websites, far-right propaganda and bomb-making instructions, face the full force of the law)”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.theguardian.com/uk-news/2017/oct/03/amber-rudd-viewers-of-online-terrorist-material-face-15-years-in-jail
http://www.breitbart.com/tech/2017/10/03/uk-to-imprison-people-who-view-far-right-propaganda-online-for-up-to-15-years/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/915318336564711424
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

「意図しないポップアップ広告」についてのご報告

アフィリエイト会社Medi8様からご連絡があり、ポップアップ広告出現におけるご説明がありました。以下はその要約となります。

*海外アドソースにおいて問題が発生している模様。
*現在問題解決に向けて着手している。
*改善までにはまだ時間がかかる。

Medi8様からいただきました今回のご返答により、当ブログにおいて、とても悪質な「ポップアップ広告」が表示される状態になっていたことが確定されました。これまで多くの方々に、大変なご迷惑、ご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳なく思っております。お許しいただければ、ありがたいです。

また、ポップアップ広告に関しまして、多大なる協力をいただきました皆様には、心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

現在、当ブログにおいてはMedi8様の広告を全て利用停止している状態にあり、今後、使用を再開する予定はありません。その他の広告につきましては、常に最新の状況をお知らせできるよう、対応したいと思います。

ポップアップ広告に再び遭遇された場合は、お手数をおかけして大変申し訳ないのですが、お知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

なお、Criteo様からも調査報告があり、同社における広告配信において、問題は確認されなかったとのことです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
これは明らかに、非テロリストの生粋イギリス人を標的としたものだ!

2.海外のパネリスト
>>1
テロ対策の一環として、テロリストに関する情報を共有しようとする人々が対象となるかもしれない…それはむしろ、一般人にとっても不利益なことではないか?

3.海外のパネリスト
「言論の自由」が、滑りやすい下り坂を転げ落ちている…

4.海外のパネリスト
今回の罰則強化において、テロリストは対象外です。白人迫害が目的…

5.海外のパネリスト
懲役じゃなくて、国外退去処分でいいんじゃない?15年間彼らを養うのは、金がかかりすぎる…

6.海外のパネリスト
>>5
これはムスリムではなく、俺達イギリス人を裁くためのもの…ムスリムっていうのは、この国において”特権階級”だからな…何をしても許されるんだよ…

7.海外のパネリスト
在英イスラム教徒たちによる「女性への差別」は、往々にして無視されているのに…

8.海外のパネリスト
いずれ*UKIPの公式ホームページを見ただけでも、懲役15年が科せられるだろう…

(*イギリスの右派系政党)

9.海外のパネリスト
ヒトラーの有望な参謀現る…って感じだね…考え方が甘い…

10.海外のパネリスト
ネット上で過激なサイトを2~3回みたら、テロリスト判定されるのか…

11.海外のパネリスト
そもそも、テロリストコンテンツの定義が曖昧なんだよ…*Tommy RobinsonのYoutube動画はどうなるんだ?

(*イギリスの右派系活動家。)

12.海外のパネリスト
こんなことするくらいなら、国境警備を厳重にして、テロリストの流入を防いだほうが良くない?

13.海外のパネリスト
わお…最高のテロ対策だね…(*皮肉)

14.海外のパネリスト
強制送還したほうが安上がり…*フランスのカレーあたりにでも追放すれば良いさ…

(*イギリスを目指す移民・難民が、大挙して押し寄せている町。)

15.海外のパネリスト
イギリスには自由がないな!アメリカなんかじゃ、国歌斉唱中、誰でも片膝を付けるんだぜ!?

(*NFLの黒人選手が、人種差別への抗議として、国歌斉唱中、片膝をついた出来事を皮肉っている。)

16.海外のパネリスト
なぜ右翼系ネットコンテンツがテロリスト関連と同等に、判断されるのか?左翼系ならば許されるのか!?

17.海外のパネリスト
これって法律で取り締まれるのかな…ネットを見るだけなのに…

18.海外のパネリスト
イギリスは移民を受け入れるため、自らの自由を放棄してしまったのだ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//------------------//
//News Info
//------------------//

http://boards.4chan.org/pol/thread/144601902#q144601902

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
4chan
[コメント傾向]
政治板(Politically Incorrect)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

「意図しないポップアップ広告」についてのご報告…

アフィリエイト会社Criteo様から、ご返答を頂き、該当案件につきまして調査をしていただけるとのことでした。残念ながらMedi8様からは、今のところご返答がありませんので、念のため、広告を外させて頂いております。

「現在の広告使用状況(PC版)」

Medi8様:一時使用中止
Criteo様:継続中
楽天様:継続中
AMAZON様:継続中

注:AMAZONアフィリエイトに関しましては、ポップアップ広告の確認後に導入したものであるため、使用を継続しております。

しばらく、この状態でブログ運営を行いたいと思います。広告会社の変更等ありましたら、再びご報告いたします。もしまたポップアップ広告が発生する場合は、お手数ですが、お知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
日本とかヨーロッパの食事動画を見ていると、外国のマクドナルドがいかに健康的であるかが良く分かる…皆、口を揃えて言うんだ…「アメリカよりもはるかにマシだ!」って…。なんでアメリカのマクドナルドは、人々の健康にもっと配慮しないのだろうか?世界一裕福な国の市民が、ドックフードまがいのものを日々食わされている…人間扱いされてない!!!

2.海外のパネリスト
>>1
お前が貧民なだけ。

3.海外のパネリスト
2で終わってた…(fpbp)

4.海外のパネリスト(日本の方)
日本のマクドナルドも酷い味ですよ…世界共通じゃないですか?

5.海外のパネリスト
>>4
客観的に見ても、日本のマクドナルドのほうが、アメリカよりもはるかにマシな原材料を使ってる。そりゃ、ジャンクフードには変わりないけどさ…日本や韓国の米系ファーストフード店は、大体、アメリカ本土よりもマシな商品を出してるよ。ちなみに、アメリカは学校給食もかなり悲惨…

6.海外のパネリスト
>>4
東京滞在中、試しに日本のマクドナルドに寄ってみた…アメリカの1000倍うまかったけど?

7.海外のパネリスト
>>6
マクドナルドはまだマシな方…俺が住んでいる場所は高級住宅街なんだけど、いつもポルシェやBMWが店舗のドライブスルーに列を作ってるよ。でも、ケンタッキーフライドチキン(以下ケンタッキー)はマジでゴミ。

8.海外のパネリスト
>>7
日本のケンタッキーは超旨いよ!5つ星レストランクラスだ!!!アメリカのとは比べ物にならん!

9.海外のパネリスト
カナダのマクドナルドも同じくらい酷いよ…

10.海外のパネリスト
袋の中に落ちているポテトを、拾って食べてる奴はいないだろうな?

11.海外のパネリスト
バーガーに肉を入れ忘れることもあるらしい…

12.海外のパネリスト
少なくともコーヒーは、価格のわりに結構いけるよ!

13.海外のパネリスト
イギリスのマクドナルドも一緒…食えたもんじゃない。ケンタッキーも吐き気しかしない…パブで食う飯が一番旨い…

14.海外のパネリスト
アメリカだけじゃない…私の国イスラエルにあるマクドナルドもかなり酷いよ…チキンナゲットなんかほんとに気持ち悪い…しかも「*カシュルート法」が存在するから、バーガーの上にチーズが乗せらていないんだ…当時4歳だった私の従兄弟は、チーズの代わりにチリソースが使われていた「お子様セット」を食べて泣いていた…「お子様セット」が子供を泣かしたんだ…

(*ユダヤ教の食物の清浄規定のこと。食物の清浄規定(カシュルート)に適合した食べてよい食物(適正食品)のことを指す。by Wiki)

15.海外のパネリスト(カナダの方)
世界を渡り歩いた私から言わせて貰えば、一番マクドナルドが美味しい国はカナダだと思う。

16.海外のパネリスト
どの国でも似たようなもんじゃない?その国だけしかない特別メニューとかはあるかもしれないけど…

17.海外のパネリスト
マクドナルドは下から二番目…一番酷いのは「*Dairy Queen」だよ…

(*アメリカ合衆国のソフトクリーム店。)

18.海外のパネリスト
名前が示す通り…やっぱバーガーキングが最高…

19.海外のパネリスト
>>18
高いんだよなぁ…アメリカのファーストフードは、どんどん値段があがっている…

20.海外のパネリスト
アメリカのマクドナルドってのは、福祉食の供給所的な役割を担っているのさ…*EBT card保持者のため、できる限り安い食料を提供する…結果的に、使用する食材も、低品質なものにならざるを得ない…EBT cardのシステムを変えない限り、この状況は変わらない…

(*カード形式の困窮者用食料切符 by アルク)

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



ドイツ・メルケル首相率いる政権与党CDUが、連立パートナーであるCSUと、移民受け入れの上限に関して合意に達したことが分かった。報道によれば、両党は、移民の受け入れを年間20万人にまで制限することに同意したという。選挙前、移民の無制限受け入れを公言していたメルケル首相にとっては、約束を破る形となった。(参考:当ブログ内記事)

移民政策において、CDUが大幅な譲歩を強いられた背景には、ドイツ自由民主党や、緑の党などとの連立を模索する中において、同政策を巡り対立が続いていたCSUとの連携を早急に改善する必要性があったものと考えられている。また、前回の選挙において、急速に議席数を伸ばした右派政党AfDの存在も、大きく影響を及ぼしたと思われる。

CDUとCSUはこれまで長年連立状態にあったが、2015年、メルケル首相が国境開放化政策を宣言して以降、地盤となるバイエルン州に多くの移民が流入、CSU内部に大きな不満が生じていた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.middleeasteye.net/news/merkel-agrees-german-migrant-cap-pursue-coalition-government-774863932
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/917210261936799749
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
20万人の上限!?そんなの意味あるか!

2.海外のパネリスト
>>1
本当に馬鹿げてる。第一、本当に20万人で済むのか?どうせ周辺国に押し付けるんだろ?

3.海外のパネリスト
>>2
市民権を付与することにより、移民達をEU市民にしてしまうつもりさ…

4.海外のパネリスト
そんなのいいから、さっさと不法移民を強制送還しなよ…

5.海外のパネリスト
移民受け入れの上限は”0”であるべき。

6.海外のパネリスト
数百万人の移民が流入し、その一部が社会保障費を食い物にしている現状で、ようやくこの程度の譲歩か…

7.海外のパネリスト
こんなの…何の意味も無いよ…とにかく国境を閉じなきゃ…これ以上、移民を受け入れる余裕はないんだから…

8.海外のパネリスト
この決断により、AfDへの支持がより一層増えるだろう…

9.海外のパネリスト
”後の祭り”って言葉…知ってるかい?

10.海外のパネリスト
「移民は20万人まで…あ、難民の方は何百万人でも大歓迎ですよ!」っていう意味でしょ?

11.海外のパネリスト
首相の座にしがみつく為なら何でもアリだな…ドイツ人は彼女のことをどう思っているのだろうか…

12.海外のパネリスト
こんな奴と、連立を組む政治家の気が知れん…

13.海外のパネリスト
遅すぎです…

14.海外のパネリスト
ドイツの国境は”ざる状態”だからなぁ…制限なんてできないよ…

15.海外のパネリスト
20万人に制限する?ドイツ脱出を試みるドイツ人の数をですか?w

16.海外のパネリスト
彼女が考えているのは、”cap(上限or帽子)”のことじゃなく、"burqa(イスラム世界における女性用ヴェール)"のことだけだよ…

(注:どちらも頭に被るもの…二重の比喩が含まれている模様。)

17.海外のパネリスト
第三次世界大戦も近い…

18.海外のパネリスト
ドイツもイギリス(ロンドン)は…もう終わり…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所

222

//----------------//
Update 2017/10/9 2:25
*タイトルを修正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
//----------------//

スウェーデン警察庁長官であるDan Eliasson氏が、ラジオ局による取材に対して、”*警察管理外地域(vulnerable areas)”の治安回復に失敗したことを認めた。Eliasson氏は警察庁長官に就任した二年前、スウェーデン国内に存在している”*警察管理外地域(vulnerable areas)”の奪還を宣言していたが、その約束が破られることとなった。Eliasson氏は自らの責任を認めつつ、同国の政治家による現状認識の”乏しさ”について、批判を繰り広げた。

(*”No-Go-Zone”と、ほぼ同義語であると思われる。)

海外メディアによる報道では、スウェーデン国内の”*警察管理外地域(vulnerable areas)”は二年前と比べ、減少するどころか、むしろ、増加に転じているという。2017年6月に警察が発表した報告書によると、現在スウェーデン全土で61箇所の”*警察管理外地域(vulnerable areas)”が確認されている。

Eliasson氏は取材に対して、今後も”*警察管理外地域(vulnerable areas)”が増えていく可能性を示しながら、政治指導者達に、何らかの対策を講じるよう訴えている。

”(”*警察管理外地域(vulnerable areas)”への対策を)快く思わない人々(政治家)が多く居るのです。彼らは、それが(大多数が移民で構成されている同地域への抑圧が)スウェーデンのイメージにそぐわないと感じているのでしょう…("There is some ignorance, there may be a belief that this does not look like Sweden, that it does not fit our self-image," he told Ekot on Saturday.)”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://speisa.com/modules/articles/index.php/item.3980/swedish-national-police-commissioner-i-have-failed.html?utm_campaign=shareaholic&utm_medium=twitter&utm_source=socialnetwork

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/916735192919887872
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
彼は第三世界による自国への侵略を、みすみす見過ごしたのだ…今や、スウェーデンの文化や歴史は失われようとしている…”失敗”という言葉で、表せるようなものではない…これは裏切りだ!

2.海外のパネリスト
こいつだけじゃない…ヨーロッパの政治家全てが、移民への対応を失敗している…

3.海外のパネリスト
間違いを認めるのが遅い!

4.海外のパネリスト
>>3
スウェーデン、フランス、ドイツはもう終わった…近いうちに、イギリスも彼らの仲間に加わるだろう…ヨーロッパでまともなのは、ポーランドとハンガリーくらいだよ…

5.海外のパネリスト
全国民に銃と剣を配布するんだ!自国のために戦え!!

6.海外のパネリスト
改めて確認するほどの事柄かなぁ…分かりきったことだろうに…

7.海外のパネリスト
それでも、今の政策を続けるんだろ?

8.海外のパネリスト
政治家が移民受け入れを決定し…その後始末と責任は、すべて警察に丸投げ…同じことが、欧州中で起きている…

9.海外のパネリスト
きっと政府の支援が受けられなかったんだろうな…この人だけいくら努力しても、結局、焼け石に水さ…

10.海外のパネリスト
スウェーデンにおける国家運営の目標は、自国を売り飛ばし、自国民を苦しめることにある…

11.海外のパネリスト
かつては誰からも羨まれる国家であったが、今や、誰からも疎まれる国家になってしまった…

12.海外のパネリスト
守れない約束はするべきじゃないね…

13.海外のパネリスト
この人は何を期待していたのだろうか…スウェーデン政府はリベラルの巣窟…彼を支援するわけが無い…

14.海外のパネリスト
ようやく認めたか…しかし、何がきっかけになったのだろう…「女性への暴力事件」が増加したから?「ムスリム移民による犯罪」が増加したから?「No-Go-Zone」が増加したから?…まぁ…認めざるを得ないよね…

15.海外のパネリスト
スウェーデンは、いずれ、歴史書の中にのみ存在する幻の国家となるだろう…

16.海外のパネリスト
コイツも社会主義擁護者の一人。スウェーデンにはもうまともな人材がいないんだよ…だからこんなのでも、警察庁長官になれる…

17.海外のパネリスト
左翼達は、妄想上のユートピアを作り上げ、その中でのみ、日々生きているのだ…

18.海外のパネリスト
一番過ちを認めなければいけないのは、ステファン・ロベーン(現スウェーデン首相)だよ…こいつがスウェーデン人に多くの災いをもたらしたんだ…彼を総理の座から追い出さねば…

 

このページのトップヘ