海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

[海外の反応]フランス:反移民・右派政党出身の大統領が誕生の可能性あり!?




フランスで行われた大統領候補者に関する世論調査において、反移民・反イスラムを掲げる極右政党・国民戦線党首ル・ペン氏が、4月23日に行われる第一回投票において、勝利する見込みであることがわかった。しかし、 その後、5月7日に行われる第二回決戦投票においては、他候補の票が対抗馬に集まることが予想され、現時点では敗退する可能性が高い。

リヨン市で行われた演説会において、ル・ペン氏は、大統領選に勝利をおさめ、”フランス・ファースト”の政治を行うと宣言した。これは、アメリカのトランプ大統領の影響を強く受けているものと思われる。また、反移民・反イスラムを念頭に、「この国が(移民やイスラムに)影響されて欲しくない。ー(アメリカのように)自国の利益を最優先に求めるべきである。」と、述べた。

その後、ル・ペン氏は「不可能が可能になりつつある。トランプ大統領のように、いかなる抵抗勢力の妨害にも屈せず、大統領に選ばれ、そして、約束を遂行する。」と、同氏の演説を聞きに訪れた3000人の支持者に語りかけた。

加えて、先日に起きたルーブル美術館でのテロ事件を念頭に、「フランス国民が、テロと共に生きることを強いられるべきではない。」と述べ、法律や規制の強化を誓った。

https://www.yahoo.com/news/frances-le-pen-rallies-supporters-presidential-launch-062550238.html

1.海外のパネリスト
”我国における急進的なイスラム化と、宗教による過剰な政治的要請は、私達の文化を滅ぼしかねない。By ル・ペン”

まさしくその通りだ。自滅的リベラル主義を拒絶し、真実を明らかにしてくれてありがとう!勝ってくれ!!!

2.海外のパネリスト
ヨーロッパ人が目覚めるべき時がきた。自らの国と文化を取り戻すんだ!!!行け、ル・ペン!!!

3.海外のパネリスト
彼女は勝つだろう、そして、フランスは再び蘇る!!!

4.海外のパネリスト
フランスを再び偉大にしよう!

5.海外のパネリスト
左翼メディアのヤフーが、どうにかリベラル候補が勝つようにと、必死に偏向報道をしている。なんで国民戦線を「極右(far right)」なんて呼び方をするんだ?彼らは国民から最大の支持をうけてるんだぞ?

6.海外のパネリスト
トランプ大統領が、リベラルエリート達に対抗するための世界的改革を始めた。これにより、ヨーロッパの”一般人”が、目を覚ましたんだ。

7.海外のパネリスト
>>6
リベラルメディアは毎日毎日飽きもせず、くだらないことで彼を攻撃し続けてる…でも、彼はきっとこの戦いに勝つだろう。

8.海外のパネリスト
フランスの人々よ!今こそ選択の時である!!ここでどの道を進むか…それがあなた達の未来を決める。もし、ここでイスラム教徒に屈すれば…ヨーロッパ初のイスラム国家が誕生することになるだろう…

9.海外のパネリスト
ようやくヨーロッパもイスラムの脅威に気づいたようだね。まったく、キリスト教徒というものは、本当にのんびりさんだな。

10.海外のパネリスト
>>9
我々はのんびりしてたわけじゃない。ただ、私達を攻撃する人々を、攻撃することに恐怖する、腰抜け政治家たちに支配されていただけだ…

11.海外のパネリスト
>>9
キリスト教徒にとって許しと寛容は不可欠だから…でも、限界はある…

12.海外のパネリスト
ヨーロッパ人のためのヨーロッパ…すべてを取り戻すんだ!!!

13.海外のパネリスト
なんでいつもいつも!いつもいつもいつもいつも!!!ル・ペン氏が”極右”として紹介されるんだ!?おかしいと思わないか!?彼女は、フランス国民を守ろうとする、普通のフランス市民だ!

14.海外のパネリスト
ル・ペンは真に国家を案ずる、良きリーダーだ。

15.海外のパネリスト
キリスト教徒の十字軍のごとく、強くあれ!!!

16.海外のパネリスト
フランスにしろ、イギリスにしろ、アメリカにしろ…自国民を最優先するのは当然だよ。それこそ政府の仕事でしょ?

17.海外のパネリスト
第二回投票で負けるって?そうかいそうかい…あんたらの調査がどれだけ正確か…俺達はみんな知ってるよ…これだから”偽ニュース”ってのは…フランスでも一緒だな…

[海外の反応]訪米中の安倍首相、トランプ大統領より熱烈な歓迎を受ける。




(一部、記事を修正しました。2017/2/11 22:12)

トランプ大統領は、熱烈な抱擁と敬意に満ちた言葉で、訪米中の安倍首相を歓迎し、大統領選中に行っていた厳しい日本批判を、忘れさせるものとなった。

大統領執務室において、報道陣の前で安倍首相と握手をしたトランプ大統領は、「(彼の手は)とても力強い!(だから、ゴルフも上手いはずだ。[注:ジェスチャーによる表現])」と述べ、さらに、「(安倍首相とは)とても相性が良い。」と、終始、安倍首相に対して、好意に満ちた発言を繰り返していた。

*会談動画(strong handsの発言は0:30あたりです。):


「今日、彼(安倍首相)と会った時、握手をした後、私は彼を抱き寄せて、抱擁をしたんだ。そうしたい気分だったんだよ。」と、報道陣に対して語った。

この場において、TPPや、日本製品に対する関税、または、長年続く日米関係の維持など、様々な問題に関して、質問が寄せられたが、安倍首相はそれらには直接答えず、「トランプ大統領は、すばらしいビジネスマンだ。」と述べ、さらに「私のゴルフの腕は、彼には及ばない。」と、謙遜していた。

大統領選挙中、日本に対して厳しい注文をつけていたトランプ大統領であったが、今回の会談においては、日米の長きに渡る防衛指針を擁護し、「(安倍首相の主張する)自由で公平な相互貿易」の重要性についても、理解を示した。

「私達は、日本の安全に責任を持つ。日米二国間の絆…日米二国間の国民の絆は、とてもとても、とても深いものだ。私の政権では、この絆をより深めることに努める。」と述べ、中国が尖閣諸島へ軍事侵攻してきた場合などに関する、日本への防衛責任を再度言明した。

日本政府は以前より、中国に対するオバマ政権の”弱腰”姿勢を懸念しており、より強硬な姿勢を鮮明にするトランプ大統領への期待が高まっているようだ。

この奇妙な政治カップル(odd political couple)は、土曜日に行う予定のフロリダ・マー・ア・ラゴにある高級別荘地でのゴルフ会談に向かう前に、ホワイトハウス内で昼食を共にとった。

https://www.yahoo.com/news/trump-welcomes-abe-white-house-talks-171941165.html

1.海外のパネリスト
トランプ大統領は、オバマ8年間によって壊れた友好国の信頼を取り戻そうとしている。頑張れトランプ!

2.海外のパネリスト
中国はオバマと米・民主党とリベラルメディアを子飼いにしている。日本はトランプが信頼できる奴だとわかってるんだ。

3.海外のパネリスト
>>2
トランプも似たようなもんだろ?

4.海外のパネリスト
トランプと安倍首相が仲良さそうでよかった。

5.海外のパネリスト
こんなに良い関係の会談でも、リベラルの連中は何か文句を言いたがるんだろうな。あいつらが何言おうが気にすること無いけど…

6.海外のパネリスト
なんて素晴らしい大統領だ!アメリカを再び偉大にしておくれ!

7.海外のパネリスト
他国のリーダーと仲良くしたといって、左翼が抗議し始めるぞ。

8.海外のパネリスト
>>7
中国のリーダーと仲良くしたら、あんたらはそれはそれでわめき散らすだろ?

9.海外のパネリスト
トヨタとホンダがアメリカでたくさん車を作ってくれて嬉しい。他の国も見習って欲しいな。

10.海外のパネリスト
>>9
これは日本の車メーカーにとっても利益があるんだよ。彼らは車の部品を自国で作ってるからね。その分、税金を逃れることが出来る。

11.海外のパネリスト
日本との取引は大歓迎だね。彼らは質のいい仕事をアメリカ人に提供してくれるし、不法移民を送り込んでくることもない。彼らとの関係は、お互いにメリットがある。

12.海外のパネリスト
オバマがいなくなってくれて、本当によかった。

13.海外のパネリスト
この会談は、リベラルを苛立たせるだろう。他国のリーダーはトランプを信頼できる人物と判断しているってことさ。そのうち、(反トランプの)フランスやドイツのリーダー達は選挙で消えるだろうし…

14.海外のパネリスト
民主党時代に低迷してしまった外交を、また再び前進させるんだ!

15.海外のパネリスト
握手をしただって?他国の首脳に対して不器用に深々と頭を下げる大統領の方がよかったのに~

(天皇陛下に頭を下げたオバマ前大統領を揶揄している?)

16.海外のパネリスト
なんでこの記事は、二人のことを”奇妙な政治カップル”なんて変な名称をつけるんだ?

17.海外のパネリスト
>>16
この記者の頭がおかしいんだろ…

18.海外のパネリスト
>>16
ヤフーだからだよ。彼らはトランプに関することは、すべて否定的に報じたいのさ。

19.海外のパネリスト
第二次大戦後から、日本は常に俺達の良き友人だ。でも、中国はわからない。少なくとも俺は嫌だ。

20.海外のパネリスト
>>19
じゃあ、中国と戦争を始めるか?中東でもあんなに上手くいってることだしな…(皮肉)

 

[海外の反応]安倍総理、米・トランプ大統領とゴルフ外交へ!




安倍首相と、米・トランプ大統領は今週末、トランプ大統領が所有するフロリダ・パルムビーチにある高級別荘地マー・ア・ラゴにおいて、ゴルフ外交を行う予定だ。

トランプ大統領は、ゴルフ誌”Golf Digest”とのインタビューにおいて、今回の会談について語り、「私達は一緒にゴルフをする。これはとても素晴らしいことだ。…ゴルフコースを一緒に回ることによって、食事を共に取る以上に、相手をより深く知ることができる。」と、述べている。

大統領任期中、300ラウンド以上もゴルフを楽しんだオバマ前大統領にはまだまだ及ばないが、トランプ大統領も、多くのゴルフ場会員となっていることで知られている。

昨年11月の大統領戦後、勝利を収めたトランプ大統領に対して、安倍首相が40万円近くする、本間社製ドライバー「Honma Beres S-05」を、プレゼントしたことは一部で話題となった。

大統領選挙中、トランプ大統領は日本に対して防衛費の増額を要求し、物議を呼んだこともある。

*記事&コメント
http://www.breitbart.com/sports/2017/02/08/trump-tee-japan-prime-minister-shinzo-abe/

(注:「Breitbart」はトランプ氏の最側近バノン氏が以前、経営に携わっていた事で知られる、非常に保守傾向の強い報道機関である。一部のメディアからは、人種差別を助長する報道をしてるとの非難も受けている。)

1.海外のパネリスト
もしオバマが、こういう感じで外交のためにゴルフをしていたのなら、問題なかっただろう…でも奴は違う。あいつはただ、自分が楽しむために遊んでいただけだ。トランプの姿勢こそ、正しい大統領の姿だ。

2.海外のパネリスト
>>1
オバマのお友達はみんなゴルフをしないからな…メルケルとか…社会主義者はゴルフの楽しみ方を知らないんだ。

3.海外のパネリスト
私は日本文化が大好きだ。私の父は80になるのだが、彼は今でも、古い町並みが残る日本の町に住んでいる。そこは、手入れの行き届いた庭があって、謙虚で尊敬すべき近所の人々がいて、静かで、かつ安全。最高だよ。ちょっと南のほうにいくと、色々ごちゃごちゃしてるけどね・・・

4.海外のパネリスト
>>3
数年前、サンフランシスコで日本人と関わることがあったんだけど、彼らは私の人生で出会った人々のなかで、最も良い人たちだったよ。彼らなら、いつでも隣人として迎えたいね。

5.海外のパネリスト
トランプが過去の大統領と違うのは、彼がゴルフを政治道具として使っていることだ。ゴルフによって他国の首脳達と交流を深め、交渉を進める。いつも遊んでばかりいたオバマとは違う。

6.海外のパネリスト
>>5
オバマは身内とゴルフに行き、トランプは他国のリーダーとゴルフに行く。

7.海外のパネリスト
日本人はゴルフが好きだし、このスポーツに畏敬の念まで感じている。交渉の場としては最適だろう。きっと彼らはこう言ってくれる。"Ooooh, good shot, Donald San!"(原文)

8.海外のパネリスト
今日のホワイトハウスの記者会見で、リベラル・メディアが”だれがゴルフ料金を払うんですか?”なんて、ふざけた質問をしていたんだが…

9.海外のパネリスト
>>8
裏切り者オバマのゴルフ料金を払ってくれた奴じゃね?

10.海外のパネリスト
多くの商談やキャリアは、ゴルフを通して作られている。ビジネスに関する人間なら、このことは当然なんだ。これは仕事、遊びじゃない。オバマのように遊んでるわけじゃなく、トランプは仕事をしようとしているんだ。

11.海外のパネリスト
良い取引ができるといいね。

12.海外のパネリスト
たとえオバマが外国の首脳とゴルフをしても、絶対勝てないだろうけどねw

13.海外のパネリスト
>>12
だからいつも一人でゴルフにいってたんだよ。

14.海外のパネリスト
日本のことを良く知らない馬鹿な釣師(troll)共にいっておく。日本人はゴルフをビジネスの場所として捉えている。これは彼らの文化なんだ。お前ら左翼の釣師には分からないことなのかもしれないがな。

15.海外のパネリスト
>>14
アメリカと一緒だね。

16.海外のパネリスト
トランプにはがっかりだよ。彼は中国の為替操作に対して、就任後すぐ、非難するっていってたのに…未だにその約束は果たされていない。中国は、イスラム教徒たちよりも面倒な存在だよ。あいつらはゴキブリのように、その勢力を欧米諸国に広げてきている。早く何とかしてくれ!

17.海外のパネリスト
>>16
まあ、そう慌てなさんな。トランプは就任前からちゃんと中国に対して対策している。今はただ、少し息抜きを与えてやっているだけ。これから、クリントンやオバマ時代の屈辱を倍返しする時代が来るんだ。

18.海外のパネリスト
>>16
おいおい、お前はニュースを見てないのか?俺達のマッドドッグ(マティス国防長官)が、すでに南シナ海の領有権について噛み付いてたろ?
 
スポンサーリンク
最新コメント
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

RSS(全般):
http://foreignnews.biz/index.rdf

RSS(海外の反応のみ):
http://foreignnews.biz/archives/cat_382414.xml

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。