海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

[海外の反応]発売からわずか5日、PC版バイオハザード7のコピーガード解除される…




高評価を受けているバイオハザード7であるが、すでに、PC版のコピーガードが破られていることが分かった。

同ゲームPC版では「Denuvo」と呼ばれるコピーガードソフトの最新版が使用されていたが、わずか発売後5日で、クラックされてしまった。「Denuvo」を使用していたゲームソフトのなかには、昨年に発売された「Rise of the Tomb Raider」もあるが、こちらも、クラックの被害にあっている。当時、「Denuvo」の販売担当者は、「このソフトは”クラックしずらい”のであり、決して”クラックできない”わけではない。」と、かなり苦しい言い訳をしている。

また、「私達のソフトの目的としては、発売当初の(最大となる)売り上げ速度を守ることにある。」とも、述べていた。しかしながら、発売わずか5日でのクラック被害は、この主張すらも崩すことになってしまった。

同ソフトウェアを使用する、今後発売予定のPCゲームにとっても、今回の件は非常に大きな問題となるであろう。

http://www.vg247.com/2017/01/30/resident-evil-7-cracked-on-pc-in-record-5-days/

1.海外のパネリスト
Rise of the Tomb Raider以後、Denuvoを導入したゲームは、相当数クラックされてるよ。

2.海外のパネリスト
これがきっかけで、今後PCゲームの発売はさらに延期されるだろう…大手では海賊版対策としてストリーム形式に移行していくかもね…

3.海外のパネリスト
>>2
確かに…寂しいけどね…

4.海外のパネリスト
コピーする連中をもっと厳しく罰しないとだめだよ。

5.海外のパネリスト
海賊版ゲームをするやつなんて、それが何をもたらすか理解できていない子供だけだろ。

6.海外のパネリスト
新作のPCゲームをプレイするために、ゲームと同じくらいの値段がするPCパーツを買わなきゃいけない…もうストリーミングに移行すべきだよ…

7.海外のパネリスト
>>6
でもさ、PCゲームってコンソールのソフトに比べて、すぐに安くなるよ?5年もすればもとが取れる。

8.海外のパネリスト
>>7
たしかに!海賊版は無料だしね!

9.海外のパネリスト
PCゲーマーがみんな海賊版を遊ぶわけじゃない。クラックする人たちも、プロテクトを解除することだけを目的にしてるわけだし…悲しいことに、海賊版を選ぶ人もいるのは確かだけど…みんながそうじゃない!

10.海外のパネリスト
>>9
何いってんの?クラックの目的は、新作ゲームを無料で遊ぶこと。そして、それによってたくさんの人が、無料で新作ゲームを遊んでるよ。

11.海外のパネリスト
カプコンはそれでも「denuvo」に対して、使用料払わなきゃいけないの…?

12.海外のパネリスト
>>11
もちろん。「denuvo」は、それを使用しているソフトの販売数分、使用料を取ってるよ。

13.海外のパネリスト
最良の解決策は、PCで大作ゲームをリリースしないことさ。クソみたいな泥棒がうじゃうじゃいるんだから。コンソールだけで出してればいいんだよ。

14.海外のパネリスト
>>13
少数の人間の振る舞いをみて、全てを判断するのか?たいしたもんだ。最大の市場であるPCを捨てられるなら、捨てればいいさ。

15.海外のパネリスト
クラックはPCゲームの売り上げには関係ない。良いゲームは、クラックされようがどうしようが売れる。大手ゲームメーカーが、PCでゲームを販売し続ける理由が分かるか?売れるからだよ。

16.海外のパネリスト
コンソールのユーザーは60$払って新作を遊ぶ。だが、PCユーザーの俺は30$で済む。

17.海外のパネリスト
No man's skyみたいなクソゲーはクラックされてもいいけど、バイオ7みたいなのは、ちゃんと金を払うべきだと思うぞ?

[海外の反応]オバマ前大統領、ムスリムの入国停止処置に怒りの声明を発表!




オバマ大統領は、退任会見時、

「私がこの先何かを公にコメントすることがあるとすれば、
それはこの国が危機に瀕したときだけだ。」

と述べて、ホワイトハウスを去った。

しかしながら、前大統領の沈黙は、
トランプ新大統領の就任たった一週間で、
早くも破られることとなった。

家族と共に休暇をとっているオバマ前大統領は、
スポークスマンを通じて声明を発表し、
イスラム教国からの入国を制限する、
トランプ大統領の決定に抗議するよう、
アメリカ人に呼びかけた。

また、トランプ大統領が、
オバマ政権時に行われた政策をもとに、
今回の決断がなされたと主張していることに関しても、
不快感を表している。

オバマ前大統領のスポークスマンであるケビン・ルイス氏は、
「オバマ政権時の外交政策において、個人の宗教を基にした差別は、
まったく行われていない。」と、声明のなかで述べている。

いくつか例外があるものの、引退した元大統領(とくに前大統領)が、
現職の大統領に対して批判的なコメントをすることは、
アメリカにおいては、あまり行われない。
 
https://www.washingtonpost.com/politics/obama-in-a-rare-move-for-an-ex-president-breaks-silence-to-criticize-trump-on-immigration/2017/01/30/2d221bca-e72d-11e6-80c2-30e57e57e05d_story.html?hpid=hp_hp-top-table-main_obama-0849pm%3Ahomepage%2Fstory&utm_term=.f890daf88a6e
(注:ワシントンタイムズのコメント欄においては、米ヤフーとは違いオバマ氏に同情的、
そしてトランプ氏に否定的な意見が数多くみられた。)

1.海外のパネリスト
オバマが懐かしい…
アメリカは天国から地獄…いや、
愚か者の国へと変貌してしまった…

2.海外のパネリスト
>>1
オバマのような頭の良い大統領は、
しばらく出てこないんだろうなぁ~

3.海外のパネリスト
よくぞ言ってくれた!
引退したばかりで悪いけど…
私達にはあなたが必要なんだ!!

4.海外のパネリスト
トランプとその取り巻きの嘘には、
もう嫌気する…

5.海外のパネリスト
トランプが成長して、
間違いを認めてくれればいいんだけど…
そんなこと出来る人じゃないよね…
彼は結局未熟な人間なんだ。

6.海外のパネリスト
>>5
あっというまに弾劾される可能性もあるね。

7.海外のパネリスト
オバマや民主党は声をあげつづけるべき!
一年以内にトランプは居なくなる。

8.海外のパネリスト
>>7
いなくなる?
どこへ?

9.海外のパネリスト
>>8
刑務所。
そこが一番お似合い。

10.海外のパネリスト
今回の大統領命はあくまで、
テロリストが絡んでるイスラム教国からの、
”一時的な”入国禁止処置。

普通、誰かがチャイムを鳴らしたら、
そのままドアを開けたりしないだろ?
確認するじゃん?
それと同じ事をしてるだけだよ。

なんでもかんでも差別主義者にするな。

11.海外のパネリスト
>>10
近所の人間をそこまで恐れる必要ある?

12.海外のパネリスト
ほんとにオバマはでしゃばりだよな。
いい加減だまってればいいのに…
まああいつのエゴにはもう慣れてるけど。

13.海外のパネリスト
>>12
それが言論の自由というものさ。

14.海外のパネリスト
>>12
でしゃばりじゃない大統領なんている?
トランプなんて歴代一位のでしゃばりでしょ?

15.海外のパネリスト
トランプっていう男は、
結局国家よりも自分のことを重視するやつなんだ。

今回の入国禁止処置も、
自分が取引しているイスラム教国(サウジアラビア、インドネシア、カタールなど)
は、しっかり除外している。

16.海外のパネリスト
まあ、いつかトランプを支持している奴らも、
「俺は最初からあの男を信用なんかしてなかった。」
と、ほざく日がくる。

17.海外のパネリスト
すべての前大統領は、
トランプに反旗を翻すべきだ!

18.海外のパネリスト
オバマ?
もうただの「市民」だろ?
シカゴでまったり休んでろよ。

19.海外のパネリスト
今回の政策は、「安全」のため、ではなく、
ただの「憎しみ」である。
これはアメリカの歴史に汚点を残すものになるだろう。
この国の建国理念を重視する人間ならば、
トランプに立ち向かわねばならない。

 

[海外の反応]謹慎中の美人テニス選手マリア・シャラポワ、ついに再始動!?




海外の報道によれば、ドーピングを使用したために15ヶ月間の謹慎中である、
女子テニス選手のマリア・シャラポワが、4月にドイツで行われる
ポルシェ・テニス・グランプリにおいて、復帰することがわかった。

彼女は、復帰に関して、
「去年一年は棒に振ってしまったから、帰ってこれて嬉しい。」
と、述べている。

ちなみに、デイリーメールの記事においては、
買い物中と思われるシャラポワ氏の写真が数枚掲載されており、
特に二枚目が可愛い。  

http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-4142508/Maria-Sharapova-flashes-bright-smile-rocks-leggings.html 

1.海外のパネリスト
あの脚…最高だ…
あの脚を持ってたらもう、すべてを征服できるね。

2.海外のパネリスト
>>1
ドーピングもしてるからね。

3.海外のパネリスト
超かわいい♪

4.海外のパネリスト
興味深いことに、
彼女のスポンサーが主催する試合に出場できるよう、
謹慎期間が短くされている…
怪しい…
それに、彼女の初戦は、彼女の謹慎が解ける日に合わせるかのように、
設定された…
ドーピングを使った人物にこれだけ気を使うなんて…
おかしいよ。

5.海外のパネリスト
>>4
まあ、ポルシェは彼女のメインスポンサーだからね…

6.海外のパネリスト
俺的にいれば、
アナ・イバノビッチとかキャロライン・ウォズニアッキのほうが、
シャラポワよりはるかにイケテルと思うけどね。
人間性もいいし…

7.海外のパネリスト
>>6
何言ってんだよ!
シャラポワは可愛い顔だけじゃなく、
驚愕のボディーと美脚を持ち合わせてる!
たしかに、その二人は可愛いけど、
シャラポワのボディーと美脚には及ばない!

8.海外のパネリスト
彼女は色々問題が多いよね…

9.海外のパネリスト
>>8
何が?
ドーピングの薬だって、
もともとは許可されていたものだったんだよ?

10.海外のパネリスト
いいコート着てるね。

11.海外のパネリスト
もし、これがセリーナ・ウィリアムズだったら、
もっと叩かれてるよね…
シャラポワに試合で勝っても、
叩かれるし…
美脚のブロンドが何よ!
差別だわ…

12.海外のパネリスト
>>11
残念だけど、それが世の中ってもん…
差別は教育や社会制度で無くなったりはしない…
ただ、それを隠すことがうまくなるだけさ…

13.海外のパネリスト
彼女の容姿はちょっと過剰に評価されすぎてると思うよ。

14.海外のパネリスト
また戻ってきてくれてうれしい!
テニス界には彼女が必要だ!!

15.海外のパネリスト
シャラポワの笑顔始めてみた…

16.海外のパネリスト
尻の写真をもっとくれ!

17.海外のパネリスト
こんなに可愛い笑顔をする娘だったんだ…

スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

最新コメント
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスランキング
ご意見・ご要望

コメントの削除・編集希望等もこちらへ!!

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。