海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    @海外報道翻訳所



スウェーデンにおける移民達への風当たりは、今年に入って格段に厳しいものとなってきている。最新の世論調査によれば、過半数以上の人々が、同国における移民流入を制限すべきであると答えた。

スウェーデンの地元紙”Svenska Dagbladet”によると、2016年秋から冬にかけて行われた調査において、回答者の52%が移民流入制限を行うべきであると答えた、と報じている。一方、移民流入制限に反対と答えたのは、26%にとどまった。

2015年に実施された調査では、同じ質問に対して、流入反対が40%、賛成が37%と、拮抗していた。わずか一年の間で、スウェーデン国民における移民流入への認識が、大きく変わっていることが示されている。

http://www.breitbart.com/london/2017/04/26/sweden-majority-want-fewer-migrants/

/------------------/
メディア:米・Breitbart
コメント傾向:保守
コメント選出基準:人気・選択
/------------------/

1.海外のパネリスト
遅すぎるよスウェーデン…遅すぎるんだ…

2.海外のパネリスト
スウェーデンはよく耐えた…でも、君たちがこれまで重んじてきた”美しき多様性”は、何か良いものを、もたらしてくれたのかい?

3.海外のパネリスト
ムスリムは、異教徒の地で人生を終えることが禁じられている。ただし、聖戦を仕掛ける場合を除いて…つまり、イスラム移民なんていうのは存在しないんだ。彼らはゆっくりと、静かに、非暴力的に、異教徒の地を侵略しようとしている敵なんだよ。彼らは歴史上同じようなことをしてきた…

4.海外のパネリスト
移民制限を望む人たちは、スウェーデン民主党(*スウェーデンの右派政党)を支持しなければいけない。これ以外の政党は、みな移民増加を望んでいるのだから…

5.海外のパネリスト
ドイツでは57%の人々が、”イスラム教が危険である”と答えている。しかし、多くの人々は未だにメルケルに票を入れる…おそらく、同じことがスウェーデンでも起こるだろう…有権者の行動が理解できないよ…By ベルリン在住ドイツ人

6.海外のパネリスト
どうやら”国家危機時計”のアラームが、ようやくスウェーデンを目覚めさせたようだ…スヌーズ機能(*アラームを止めてもしばらくして再び鳴り出す機能)をOFFにするなよ!!!

7.海外のパネリスト
>>7
15年寝坊だね。寝すぎだよ。

8.海外のパネリスト
スウェーデンのリベラル達は、自国の犯罪率をもっと上昇させたいのさ。

9.海外のパネリスト
俺は多文化主義をはっきりと拒否する!なぜなら、それが俺の大切なものを傷つけるからだ。

10.海外のパネリスト
>>9
実際問題、”多文化主義”って言葉が、今の社会において示す本当の意味は、”イスラム化”なんだよね…

11.海外のパネリスト
スウェーデンはヨーロッパの笑いもの…でも、それはかつて、ヨーロッパの理想像でもあった…移民流入という大規模な社会実験は失敗に終わった…それは、この調査結果からも明らかである。ドイツよ、これで分かっただろう?それとも、まだ莫大な金や労力を、移民のために費やし続けるのか?

12.海外のパネリスト
>>11
ドイツ「(耳を手で塞ぎながら…)ラ・ラ・ラ~♪何を言ってるのか聞こえない~♪」

13.海外のパネリスト
ちょっと待て…”移民ようこそ!”って看板を掲げていた連中は何処に言ったんだ?あんたらは最初、移民を大歓迎してたじゃないか!!!これこそ、あんたたちが求めていた”多文化主義”だ!そして、それを手に入れた…せいぜい、新たな客人達と仲良くやってくれよ。

14.海外のパネリスト
人々は愚かである…物事を深く考え、議論することができない。危機に直面して初めて、彼らはようやく、それを悟ることが出来る…

15.海外のパネリスト
もうすでに多くのイスラム教徒が入り込んでいる…仮に今から彼らを排除しようとしても、彼らは居座るために、喜んで戦いに身を投じるだろう…その反面、スウェーデン人たちは、どうやって戦えばいいか…もう忘れてしまっている…

16.海外のパネリスト
>>15
次世代の連中は、現世代(の失態)に、心から感謝するだろうよ…

17.海外のパネリスト
>>15
十字軍であっても、彼らを排除することはできない…

18.海外のパネリスト
左翼のほざく夢物語を信じるな!わずかな侵略者によって国が滅ぼされることは、歴史上なんどもあった…ローマもその一つ…彼らの失敗から学ぶんだ!
 

    @海外報道翻訳所



https://www.reddit.com/r/japan/comments/66psq4/best_novels_about_japan/

/------------------/
メディア:reddit
コメント選出基準:人気・選択
訳者による感想:日本文学に関する知識量がすごい…
/------------------/

1.海外のパネリスト
個人的には吉川英治の”武蔵”がお気に入りなんだ。僕はアメリカに住んでる白人だから、日本のことはよくわからないんだけどね…最初に彼の本に出会ったのは、フロリダの中古本屋だったんだけど、そのあとeBayで探して、他に4冊(しかも作者のサイン入り!)を見つけたんだ!僕は幸せ者だよ!!!

2.海外のパネリスト
>>1
もし、吉川の作品が好きなら”新書太閤記”もおススメ!素晴らしい作品!!これまで何度も読み返している。

3.海外のパネリスト
>>2
秀吉関連でいうと、井上靖の”風林火山”も良いよ!武田信玄をメインキャラクターとして、上杉謙信との、川中島での戦いを描いているんだ。

4.海外のパネリスト
村上春樹の”ねじまき鳥クロニクル”。近代日本を舞台とした、超現実的没入体験が味わえる。彼の作品には熱狂的なファンも多いね。

5.海外のパネリスト
>>4
この作品まったく知らなかった…恥ずかしい…これまで沢山彼の作品を読んできたのに…彼の作品ってあたりはずれが結構激しいんだよね…例えば、”海辺のカフカ”は若干興味をそそられたけど、ちょっと論点がずれている感じがしたし、1Q84なんか、自己完結型の駄作(self-indulgent slog)。彼の作品は、まさに”自己陶酔(Masturbatory)”なんだよね…アンダーグラウンドやノルウェイの森とかは、とても素晴らしいと思うけど…

6.海外のパネリスト
>>5
君の批評は完璧に正しい。僕の考えでは、小説を書き始めた当初の彼の作品は、とても素直であったと思う。でも、名前が売れていくにしたがって、ファンや出版社の要望に、影響されてしまったんじゃないかな…

7.海外のパネリスト
夏目漱石の”心”は、独創性にとんだ日本古典文学の一つ。私が思うに、この作品は、産業革命以前の日本における神秘主義的社会風潮を、人間臭い現実物語として、見事に描写していると思う。マジで泣けるから注意!

8.海外のパネリスト
>>7
これ、とても悲しいことがあったときに読んだ…とてもとても悲しい物語だった…でも、僕の中では、悲しみよりも、不可解さが、大きく残った。”先生(”心”に出てくる登場人物)”を巡る謎は、この作品における最もすっきりしない部分だ。

9.海外のパネリスト
私は、吉本ばななの”TUGUMI(つぐみ)”を薦める。これはベッドの上と、日本の漁村における朝食を舞台にした物語…とても喚情的…

10.海外のパネリスト
>>9
短編集である”キッチン”もいいよね!!!

11.海外のパネリスト
もしよかったら、三島由紀夫の”豊饒の海”シリーズを読んでみて!特に最初の二つ”春の雪”と”奔馬”は素晴らしいよ!!もちろん全部、素晴らしいんだけども…あと、英語翻訳も素晴らしい!とにかく、全部がすばらしい!!!

12.海外のパネリスト
>>11
三島由紀夫は才能にあふれている人だよね。どの映画だったか忘れたけど、彼についての映画を見たことがある。彼の最後はとても不思議なものだった…

13.海外のパネリスト
>>12
多分、イギリスで製作されたドキュメンタリー”The Curious Case of Yukio Mishima”じゃないかな?僕は三島の大ファンなんだ。最初は、彼のことを”狂人”だと思っていたんだけど、いくつか彼の著書を読んでいくうちに、その虜にされてしまった…彼の時代錯誤な自殺に至る経緯にも魅力的に感じる。僕の大学では、彼のファンがあまりいなくてね…彼のファンに出会えて嬉しい!

14.海外のパネリスト
日本では探偵小説も人気があるよね。東野圭吾とか、桐野夏生の”OUT”とか…もし、忍者とかに興味があるなら、池波正太郎のシリーズがおススメかな…日本作家に限らなくていいのなら、デイヴィッド・ミッチェルの”Thousand Autumns of Jacob de Zoet”が、長編だけど名作だよ。

15.海外のパネリスト
ジェームズ・クラベルの”Shogun”はよく読んだなぁ…ちょっと古典過ぎる?

16.海外のパネリスト
>>15
この作品のちょっと痛いところは、恋愛小説ってことなんだよね…僕は何人か日本人の知り合いがいるんだけど、その人たちが言うには、この時代の日本で、こんな人たちや恋愛物語は、ありえないんだって…仮に、セミフィクション作品としても現実味がないんだそうな…僕は好きだけどね…

17.海外のパネリスト
>>16
でも、実際にこの時代、ウィリアム・アダムスは日本人女性と結婚しているわけで、そんなに珍しいことだとは思わないけど?

18.海外のパネリスト
>>15
まあ、日本人作者以外による最高級の日本小説であることは、間違いない。

    @海外報道翻訳所



先日の日曜日に行われた、フランス大統領選での投票予想によれば、中立派(親EU)で、元銀行員であるエマニュエル・マクロン氏と、反EU・反移民を訴えるフランスの右派政党・国民戦線党首マリーヌ・ル・ペン氏による、決選投票になる可能性が高いことがわかった。

現在までの見込みでは、マクロン氏が、およそ23~24%の票を確保したのに対し、ル・ペン氏も、21.6~23%まで追い上げている。

この両者が、5月7日に行われる決選投票へ、進むことになる公算が大きい。その結果次第では、現在のEU体制、ひいては世界情勢に対しても、非常に大きな影響を与えることになるだろう。

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(AFP通信)
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気
/------------------/

1.海外のパネリスト
マクロンさんについてちょっと調べてみたんだけど、親移民派らしいね…彼の勝利は、フランスにたいする痛恨の一撃になるだろう…

2.海外のパネリスト
>>1
だからオバマは彼が好きなんだな…(*一部報道で、オバマさんが、マクロン氏に電話でエールを送ったという報道がなされた。)

3.海外のパネリスト
>>1
差別主義者よりマシよ…

4.海外のパネリスト
今のところ、ル・ペン以外の選択肢はない。彼女しか、今フランスで急速に進んでいるイスラム化を止めることはできないんだ。フランス在住のイスラム教徒達は、モスクの建設や、移民のフランス移住に、多額の資金を援助している。このままでは、あと数十年で、フランスに住んでいる本物のフランス人達は、フランスの中で、少数派となるだろう…フランスの幸運を祈る。

5.海外のパネリスト
このマクロンって男…自分の高校で、教師をしていた女性と、結婚したんだろ?24歳年上だっけ?すごいね…

6.海外のパネリスト
一体いつから…自国民と自国のために最善を尽くすことを、”極右”と呼ぶようになったのか…

7.海外のパネリスト
>>6
ありがとう。ようやくまともな意見に出会えたよ。

8.海外のパネリスト
さあ!マクロンに票を入れるんだ!!!そしてその後、”寛容”という名の下に、君達に降りかかるであろう、冷酷な宿命を待つが良い…

9.海外のパネリスト
マクロンが”中立派”だってwwwww笑えるねwww

10.海外のパネリスト
そう遠くない未来、フランスのイスラム教徒達は、フランスを分断することを求めてくるだろう…

11.海外のパネリスト
こんなにテロが頻発しているのに、この期におよんで経済がどうのこうの気にするやつらがいるのか?安心して道も歩けないんだぞ?

12.海外のパネリスト
マクロンに票をいれる人たちがいるのが驚き…もう、フランスはイスラム教徒によって占領され始めているというのに…

13.海外のパネリスト
>>12
逆に言えば、そんな状況だからこそ、もうル・ペンが勝つのは厳しいかもね…

14.海外のパネリスト
俺は彼女を絶対支持する!

15.海外のパネリスト
フランスよ、祖国を愛しているか?ならばル・ペンを勝たせるんだ!!!

16.海外のパネリスト
(マクロン氏優位を報じる)無責任メディアの言うことなんか信じるな!必ずル・ペンが勝利するはず…

17.海外のパネリスト
(記事配信元の)AFPよ、この記事は本当に偏っている!あんたらも所詮リベラルメディアなんだな…(注:記事全体では若干マクロン氏を持ち上げている感じでした。)

18.海外のパネリスト
ル・ペンは、(前国民戦線党首であった)彼女の父や、フランスの人々の誇りとなるだろう。FREXIT(*イギリスEU離脱を意味するBrexitのフランス版)はもう近い!

このページのトップヘ